日別アーカイブ: 2015年6月15日

菜々緒、艶やかな着物姿を披露!

菜々緒-着物姿

モデル・女優として活躍中の菜々緒が12日、日本髪に着物姿をインスタグラムで披露。いつもの洋風と変わって純和風の姿だが、こちらも非常に似合っていて新しい菜々緒を感じられる。洗練された和の美しさ。

これはWOWOWオリジナル連続ドラマW『ふたがしら』完成披露試写会に登壇した際の衣装。菜々緒は「お着物で登壇させて頂きました。九尾の狐の帯がとても印象的。自身初の時代劇ご覧頂けたら嬉しいです。」とキャプションでコメント。また、「お着物を着る機会が増えるのであれば、やっぱり黒髪がいいなと思うのであります。日本人で良かったな。」ともコメントしており、自身も日本髪・着物姿に手応えを感じているようだ。

・菜々緒インスタグラム: https://instagram.com/nanao_official/

<WOWOWオリジナル連続ドラマW「ふたがしら」>
2015年6月13日(土)放送スタート!
毎週土曜 よる10:00(全5話) ※第1話無料放送

※予告編

※ドラマ詳細は下記ページにて。
http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira/

蛯原友里、金髪ショートカット姿を披露!

蛯原友里-金髪ショートカット姿

モデルの蛯原友里が、金髪ショートカットヘアの写真をインスタグラムで公開し、話題となっている。いつものロングヘアからの大胆なイメチェン!?ハッシュタグで「#AneCan #yurism」とのキャプション付きで投稿されており、AneCanの撮影でのもののようだが、センスの良さにファンからは称賛のコメントが多数寄せられている。

最近では、「AneCan」「Domani」W専属モデル発表、「100枚の蛯原友里」、妊娠の発表等、話題の多い’エビちゃん’、ファンには嬉しいニュースの連続だ。

・蛯原友里インスタグラム:https://instagram.com/yuri_ebihara/

「CMタレント好感度ランキング」発表!

CM総合研究所が「2014年度のCMタレント好感度ランキング」を発表した。以下に女性部門「ベスト10」を掲載する。

「2014年度のCMタレント好感度ランキング」女性部門

1位上戸彩
上戸彩
(ソフトバンクモバイル、アサヒビール、日本通運等、14社)

2位樋口可南子
(ソフトバンクモバイル/SoftBank、2社)

3位広瀬すず
(リクルート「ゼクシィ」、JR東日本「JR SKISKI」、ロッテ「フィッツ」等、9社)

4位柳原可奈子
(KDDI/auのCM等、3社)

5位杉咲花
(KDDI/au、2社)

6位石原さとみ
(サントリースピリッツ、鏡月等、9社)

7位米倉涼子
(全国都道府県及び全指定都市、年末ジャンボ宝くじ等、9社)

8位新垣結衣
(明治・メルティーキッス等、7社)

9位ローラ
(サントリースピリッツ、ジム・ビーム等、15社)

10位有村架純
(KDDI/au等、16社)

女性部門では、3年連続で上戸彩が1位に輝いた。ソフトバンクモバイル、アサヒビール、日本通運など14社ものCMに出演し、圧倒的な存在感を見せた。3位には、リクルート「ゼクシィ」、JR東日本「JR SKISKI」等、9社のCMに出演した広瀬すずが前年の518位から一気にランクアップ。16社のCMに出演した有村架純が10位にランクインした点も注目だ。

特筆すべきは、ソフトバンクモバイルのCMとauのCMに出演した女性タレントが上位を占めている点だ。ソフトバンクモバイルのCMでは、上戸彩をはじめ、「白戸家」の上戸彩の母親役・樋口可南子、母親の高校時代役を演じた広瀬すず。(トップ3を独占。)また、auのCMに出演の柳原加奈子が4位、杉咲花が5位と続いている。

※調査概要
・2014年度のCM展開:1968社(東京キー5局)、総数:男性936人・女性699人
・集計期間:2014年度4月度~2015年3月度の年間累計
・関東1都6県在住の一般モニター男女3000人の「月例CM好感度調査」の12ヶ月分をもとに集計

【映画ランキング】週末興行成績 BEST 10 (6/13〜6/14)

週末(6月13日〜14日)の映画興行成績が、興行通信社により発表された。
下記に「動員数 BEST 10」を掲載!

・1位:『ラブライブ!The School Idol Movie

『ラブライブ!The School Idol Movie』※初週
・動員数:251,811人
・興行収入:400,235,800円 土日2日間で興行収入4億円突破!
・公開館数:121館
※参考までに、過去のアニメ作品のヒット作では、『まどマギ 叛逆の物語』で初日2日で動員27万1279人、興行収入4億3600円。『映画けいおん!』で動員23万7817人、興行収入3億1631万450円であった。

・2位:『海街diary
海街diary-ポスター

※初週
『海街diary』動員:18万1642人 興行収入:2億2911万7100円

・3位:『トゥモローランド

※2週目

・4位:『予告犯


※2週目

・5位:『新宿スワン


※3週目
※追加情報:『新宿スワン』は、公開から19日目の6月17日時点で、興行収入10億円を突破した。(興収:10億1720万1700円/観客動員数:75万3945人)。興行収入10億円は、全国公開作品のヒットの目安となる数字であり、文字通りヒットを記録。

・6位:『シンデレラ』8週目

・7位:『イニシエーション・ラブ』4週目

・8位:『映画 ビリギャル』7週目
ビリギャル-有村架純
公開45日で観客動員数200万人を突破!
原作本も累計111万部と部数を伸ばしている。

・9位:『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』9週目
先週の11位よりランクアップし、再びベスト10入り!

・10位:『あん』3週目