月別アーカイブ: 2015年8月

女性アーティストデュオ「group A」、ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト始動!

group-A

㈱パルコが運営するクラウドファンディング・サービス「BOOSTERブースター)」にて、若手日本人女性アーティストデュオ「group A」によるヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクトが立ち上がった。

group Aは、Tommi Tokyo(トミー・トーキョー)とSayaka Botanic(サヤカ・ボタニック)の2人が音楽とビジュアルアーツを融合させたライブパフォーマンスを行う、“アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ”。今年9月末から1カ月以上をかけてヨーロッパ全土をめぐる大陸横断ツアーを敢行することが決定し、3作目となる新作アルバムを携えて、各国のフェスティバルやライブハウスを巡る予定。

現在イギリス、ドイツ、フランス、デンマーク、ベルギー、オランダ、スウェーデンの7カ国でのライブ出演が決定しているが、ツアーには渡航費・滞在費・レンタル機材代など多大な費用がかかる。BOOSTERで資金が集まれば、この機会を利用して、よりたくさんの国でパフォーマンスを行うことが可能になるため、この支援プロジェクトの意義は大きい。募集は、いよいよ本日8月31日(月)よりスタート!

【プロジェクト概要】

・タイトル:「アヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ『group A』ヨーロッパ大陸横断ツアー支援プロジェクト
・オーナー:group A
・目標金額:70万円
・募集期間:2015年8月31日(月)~10月14日(水)

・クラウドファンディング募集ページ
http://www.booster-parco.com/project/19

■リターン一覧
・1,000円:限定公開ツアー報告ブログへのアクセス権
・3,000円:限定公開ツアー報告ブログへのアクセス権、group A オリジナルトートバッグ進呈
・5,000円:限定公開ツアー報告ブログへのアクセス権、group A オリジナルトートバッグ進呈、サイン入新作アルバム進呈
・7,000円:限定公開ツアー報告ブログへのアクセス権、サイン入新作アルバム進呈、group A Tシャツ進呈
・10,000円:限定公開ツアー報告ブログへのアクセス権、サイン入新作アルバム進呈、新作アルバムビジュアルフォトブック進呈
・30,000円:group Aが出演する国内ライブの1年間フリーパス券進呈
・50,000円:group Aの世界観がつまったボックスセット(※完全非売品)進呈(これまでの全リリース作品(アルバム3点、リミックスシングル1点、雑貨数点を含む)*限定数10
・100,000円:今回のツアーで実際に着用するハット1点進呈 *限定数2

group-A

line2

【group A(グループ・エー)プロフィール紹介】

2012年1月に結成。
トラックメイキング・シンセサイザー・ボーカル担当のTommi Tokyo(トミー・トーキョー)と、ヴァイオリンとカセットテープを使用したサウンドコラージュ担当のSayaka Botanic(サヤカ・ボタニック)からなるアヴァン・エレクトロニックパンク・ビジュアルアーツデュオ。
初期衝動がそのまま音に現れたようなシンセサイザーのノイズ、そこに加わる金属系の爆音ヴァイオリンと叫び声は、ライブの途中に半裸で行われるボディーペインティングによって視覚情報へと変化し、その刺激によってさらに加速した音の混沌が最終的にノイズの波へと変化していくという独自のライブパフォーマンスで、勢力的にライブ活動を行う。
2012年5月には台湾の「Urban Nomad Film Festival」で初の海外公演を実施。「六本木アートナイト」へ参加、「Tokyo Art Book Fair 2014」ではヘッドライナーを務めるなど、アート色の強いイベントにも多数出演。
最近ではVJとのコラボレーションによって、プロジェクターの視覚効果を利用したライブ活動を行う。2015年初めにはUKロックバンド「THE HORRORS」のTom Furseによるremixシングルをリリース。5月には初のヨーロッパ公演をドイツの「Gothic Pogo Festival X」を含む3カ所にて成功させ、アンコールツアーとなるヨーロッパ大陸横断ツアーを9月末から敢行予定。

http://groupaband.com/

line2

【パルコが運営するクラウドファンディング・サービス「BOOSTER(ブースター)」とは】

「BOOSTER」は、パルコが運営する購買型クラウドファンディング・サービス。

クラウドファンディング“crowd funding”とは、群衆“crowd”と資金調達“funding”を組み合わせた言葉で、新たな挑戦を志す人や組織がプロジェクトを始める前のタイミングで、モノやサービスなどの対価を予約販売することで、必要な資金をインターネット経由で生活者個人から調達する仕組み。投資型クラウドファンディング最大手のミュージックセキュリティーズ株式会社と連携してサービスを提供している。
「インキュベーション(=新しい才能の発見と応援)」を掲げてきたパルコは、「BOOSTER」を通じて、想いや才能を持った個人がチャレンジしつづける社会が実現し、イノベーションが次々に湧き起こる世の中を多くの人々と一緒に創りたい、と考えている。
http://www.booster-parco.com/

◎情報提供:株式会社パルコ(PR TIMES)

【映画ランキング】週末興行成績・BEST 10発表! (8月29日~30日)

週末(8月29日~30日)の映画興行成績が、興行通信社により発表された。

下記に「動員数 BEST 10」を掲載!
「予告編」も掲載するので、これから見る映画を決める際にご参考にどうぞ♪

・1位:『テッド2』


※初週・348スクリーンで上映

2013年に公開された前作『テッド』に続き、本作も初登場で動員ランキングのトップに輝いた。

テッド2
(C)Universal Pictures

・2位:『ジュラシック・ワールド』


※4週目・348スクリーンで上映

・3位:『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』


※4週目・354スクリーンで上映

8月29日・30日の週末2日間で興収2億5890万600円、観客動員19万170人。8月7日の公開後、8月30日までの24日間で累計興行収入40億5171万5200円、観客動員309万4626人を記録!前作『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』の同期間(公開24日間)の興行収入 対比104%と好調に推移している。

・4位:『ミニオンズ』


※5週目・331スクリーンで上映

・5位:『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』


※初週・317スクリーンで上映

・6位:『バケモノの子』


※8週目・358スクリーンで上映

・7位:『インサイド・ヘッド』


※7週目・349スクリーンで上映

・8位:『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』


※4週目・268スクリーンで上映

・9位:『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』


※5週目・332スクリーンで上映

・10位:『HERO』


※7週目・343スクリーンで上映

℃-ute、BS-TBS開局15周年特別企画『クールジャパン~道DOU~』で居合道と朗読道に挑戦!

℃-ute-居合道

東京・池袋サンシャイン劇場にて、8月26日(水)より開幕した、BS-TBS 開局15周年特別企画『クールジャパン~道DOU~』。 8月30日(日)、5日目の公演は、 ℃-uteが登場した。日本古来の武術である、居合(いあい)を使って新しいエンターテインメントを体現する「居合道」とショートコントに初めて挑戦する、「朗読道「刑事(デカ)×刑事(デカ)」」の二本立てで行われた。ファンにとっては、丸一日 ℃-uteと共に過ごせる最高の日曜日となった。

彼女たちに「居合い」を指導したのは、今回の『クールジャパン~道(DOU)~』イベントの2日目、8月27日(木)、モーニング娘。’15に殺陣を教え込んだ、清水順二率いるアクションエンタテインメント演劇ユニットの30-DELUX。日本刀を使っての立ち回りまでを教えた。

居合道の抜刀と納刀…シンプルに見えながらも、この基本をしっかりと見せる…いやいや…魅せることにあえてこだわり、最後には、居合道を使ったエクササイズへと進む。まずは、日本刀を知ることからスタート…刀を持ち振る前に、刀の各部分の名称を学習。刃、峰、柄など、名称を覚えた℃-uteのメンバーは、基本の居合十手を披露。その後は、30-DELUXのメンバーが、℃-uteのメンバーをイメージして作った、刀を抜く抜刀と、刀を納める納刀を、各メンバー用の型を指導。

30-DELUX主宰の清水順二は、℃-uteここのメンバーの性格までも詳しく知らないので、あくまでもイメージ…と言いながらも、男らしい太刀の裁きができそうと、リーダーの矢島舞美には、大きな降りの抜刀と納刀を…、セクシーな魅力たっぷりの中島早貴には、艶を感じさせる刀裁きを…雑誌「Ray」のモデルも務める鈴木愛理には、雑誌の表紙をも飾れるような居合道の方と言うよりもポーズを教え込む。これには、客席の℃-uteファンも、メンバーの魅力やイメージを、見事に表現した居合道のポーズだと、拍手喝采と大爆笑の連続。そんな基本をたたき込まれた℃-ute全員が、何と、居合殺陣を一人一人披露した。30-DELUXメンバーが披露した見本を、℃-uteがトライすると聞いた客席のファンも、あまりの難しさ…一歩間違えると大ケガにもつながりかけない真剣勝負の居合道を、固唾をのんで見守る。そして、彼女たちは、それを見事に完成度の高いパフォーマンスをやってのけたのだ!

こればかりは、この公演を見ることができた人にしかわからない、とてつもない緊張感の中の真剣勝負!この真剣勝負を見ることができた、この日の観客は、この上ない瞬間を℃-uteと共に過ごせたことだろう。
最後には、居合の型を取り入れたエクササイズを観客と共に楽しむという趣向に、客席の温度も最高に温まったところでお開きとなった。

30-DELUXのメンバーは、この、『クールジャパン~道(DOU)~』イベントの期間中、9月4日(金)の18時30分の回にも登場し、今度は、チーム・負けん気チャオベッラチンクエッティ・吉川友・アップアップガールズ)と、「13人の刺客」という演目でも登場する。

◎情報提供:株式会社BS-TBS(PR TIMES)

『mamagirl』独立創刊!田丸麻紀が秋のファッションを素敵に着こなし♪

田丸麻紀-『mamagirl』-秋号
mama girl(ママガール) 2015年10月号 [雑誌]

8月28日(金)、『mama girl(ママガール) 秋号 2015』 が㈱エムオン・エンタテインメントから発売された。

『mamagirl』 は、今まで雑誌 『andGIRL』 の臨時増刊として発刊されていたが、人気の高まりから部数が増加しており、今号から年4回の発刊の季刊誌として独立創刊した。

また、『mamagir WEB』 では8月28日(金)より、日々、ママガールライター陣による読者目線のファッション・ビューティー・ゴシップなどの記事を配信していくことが決定。

mamagirl2015秋

本誌、WEBともに充実していく 『mamagirl』 からますます目が離せない!

なお、注目の「独立創刊号」となった今号の表紙は、女優の田丸麻紀が飾っている。誌面では、「秋のファッション」特集に登場。秋の新作の中から、今すぐチェックするべきアイテムを田丸麻紀が素敵に着こなしている。旬の着こなしが1枚で完成する主役級のアイテムやカラーに注目!

本誌では 「カーキ、ライダース」 「ベスト、モカシン」 「ミリタリージャケット」 「オルテガ柄」 「ボルドーカラー」 など、この秋のトレンドアイテムを田丸さんのコーディネートとともに紹介している。

【田丸麻紀からのコメント】

「この秋、プライベートで購入したのはデュベチカのダウンベスト。ママになってからは、荷物が多いので腕まわりがモコモコしないベストはワードローブの定番です。その他、ジョンストンズのストールとニットもオーダーしているので届くのを楽しみにしています。定番のベーシックアイテムが基本ですが、旬のアイテムとしてドゥーズィエムとケイト・スペードでフリンジスカートを購入したので、これからの季節なら、カラータイツやブーティーと合わせて着こなそうと思っています。今、気になっているカラーはトレンドのネイビー、ボルドー、カーキ。モード感の強いイメージだけど、普段はブラックを使っているところをネイビーに、ブラウンを使っているところをボルドーやカーキに……というふうに取り入れれば日常で楽しめるんじゃないかなと思っています。」

line2

<『mamagirl』 秋号 2015詳細>

発売日:2015年8月28日(金)
価格:670円(税込)
仕様:A4ワイド、無線綴じ、並製
ページ:236ページ
・ウェブサイト:http://www.mamagirl.jp/
・Facebookページ:http://www.facebook.com/mamagirl.jp
・Instagram:@mamagirl_jp

【その他の特集】
安室世代ママの「このメイクがやめられない」
■「これって古い?」 見直し実践ドリル!安室世代ママの 「メイク、ここがやめられない!」
青春時代の憧れは安室ちゃん、“大人可愛い” ブームの先駆者、でか目効果を狙った 「盛り」 が基本……
トレンドファッションは楽しんでいるのに、メイクは何年も変わらないまま。こんな読者たちを対象にリサーチをし、なんとなく 「古いかも!?」 と思いながらも、見て見ぬふりを続けてきた “時代遅れ顔” から抜け出せない “あるあるメイク” に、プロのヘア & メイクアップアーティストが Q & A 方式で解説。

■優木まおみさんとご一緒に 季節初めのセレクトショップ巡り
■秋スニーカー、進化系スリッポン、ショートブーツ、モカシン、ローファー トレンド靴84足!「秋の足元倶楽部」
■ヘルシー派ならL.L Bean、上品シンプルならエルベシャプリエ、甘コンサバ派ならケイト・スペード etc. 「次に買うならコレ!」定番ママバッグの新作ナビ
■整理収納アドバイザーママさんが教える お手軽・簡単 「子どもの写真整理」 レスキュー
などなど

なお、ユニクロとGUからmamagirl読者全員に、オンラインストアで使えるクーポンをプレゼントも用意されている。(注文手続きに従いクーポンコードを入力すれば、お買い上げ金額から送料相当分(450円)が割引になるお得なクーポン。)

<『mamagirl』 とは>

ママだけどガールだもん♪ おしゃれも子育ても楽しんでいこうよ。」 をテーマとし、毎日必死だけど最高に幸せな新米ママたちに、いつまでも 『楽しいこと』 をお届けするファッション誌。

◎情報提供:株式会社エムオン・エンタテインメント(@Press)

バニラビーンズ、エイベックスに移籍!今秋ニューシングルをリリース!

vanillabeans(バニラビーンズ)live20150829

本日8月29日(土)、バニラビーンズワンマンLIVE Vol.7が渋谷asiaで行われ、大盛況で終了した。

会場には、ゲストとして現在 テレ朝動画でバニラビーンズとレギュラー番組「シノ×バニ」に出演中の篠原ともえも駆けつけ、会場を大いに盛り上げた。当初はサプライズゲストとして出演予定だったが、開場30分前に篠原自信がTwitterでゲスト出演を告知してしまうと言うハプニングもあったが、ピチカートファイブの『東京は夜の七時』を一緒に歌い会場は大盛り上がり!「いつかは一緒にユニットでデビューできたらイイネ」と言葉を残しステージを後にした。

vanillabeans(バニラビーンズ)-篠原ともえ

この模様は9月11日のテレ朝動画「シノ×バニ」にて放送予定。

また、アンコールでレナから「秋に約1年ぶりとなるシングルがエイベックスからリリースになりま~す!」っと声高らかに観客へ報告!リサが「あれ、それ発表していいやつだっけ?」と舞台袖を見ると、スタッフは両手で大きくバッテンを差す。レナがあたふたする場面もあったが、7回目となるワンマンLIVEは大成功で終演した。

vanillabeans(バニラビーンズ)live20150829

今年3日目となるワンマンLIVE Vol.8も渋谷aisaにて11月21日(土)に行うことも発表された。

エイベックスに移籍というサプライズ発表を行ったバニラビーンズ!これからも彼女たちの活動は要チェック!

line2
バニラビーンズ オフィシャルホームページ
http://www.flowerlabel.jp/vanillabeans/

オフィシャルTwitterアカウント
https://twitter.com/OFFICIAL_VB

レナ・Twitterアカウント
https://twitter.com/VB_Rena

リサ・Twitterアカウント
https://twitter.com/cha_maru