日別アーカイブ: 2015年9月14日

橋本環奈主演!『セーラー服と機関銃 – 卒業 -』特報映像とポスター解禁!

橋本環奈-映画『セーラー服と機関銃』ポスター
(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会

“天使すぎるアイドル”として人気を集めている橋本環奈(Rev.from DVL)が初主演を果たした映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』のポスター画像特報映像が本日9月14日(月)、解禁された。

本作は、赤川次郎の大ヒット原作(シリーズ累計260万部超)をもとに、1981年12月に公開され、興行収入47億円(1982年の邦画1位)を記録した角川映画の代表作『セーラー服と機関銃』(監督:相米慎二/主演:薬師丸ひろ子)のその後を描いた作品。橋本環奈が映画’初’主演を務める注目の映画だ。

公開された特報映像は、下記にて視聴可能。

この特報では、橋本環奈がトレードマークのロングヘアをばっさりと30センチカットし、セーラー服を身に着けて組長に成り切った姿を見ることができる。機関銃をぶっ放し、『セーラー服と機関銃』シリーズの代名詞「カ・イ・カ・ン」の名セリフも登場!そのような組長としての勇ましい姿の一方で、無邪気に居眠りしたり、浴衣を着て夏祭りに参加している姿など、等身大の女子高生の姿も描かれている。

『セーラー服と機関銃 –卒業-』は、2016年3月5日(土)より全国ロードショー!

2016年は、1976年の市川崑監督『犬神家の一族』から始まった角川映画の40周年の節目の年にあたり、本映画は40周年記念作品第1弾になる。乞うご期待!

・『セーラー服と機関銃 –卒業-』オフィシャルサイト:http://sk-movie.jp/

原作:赤川次郎
監督:前田弘二(今年公開された「夫婦フーフー日記」でもおなじみ)
脚本:高田亮氏
出演者:橋本環奈 長谷川博己 安藤政信 大野拓朗 宇野祥平 古舘寛治 鶴見辰吾 榎木孝明 伊武雅刀 武田鉄矢

(C)2016「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作委員会

横田ひかるの「adidas neo・逆再生ムービー」、Twitterで5000お気に入りを突破!

横田ひかる-adidasneo逆再生

adidas neo(アディダス ネオ)のスペシャルサポーターを務める横田ひかるがTwitterに投稿した逆再生動画が、5,000お気に入りを突破する大人気ぶりを見せている。

「こんな帽子の被り方どうです?」とのコメントとともに投稿された動画で、横田ひかるが、路上から飛んできた帽子をスムーズにキャッチし、さり気なく被っている。GOODTIMEというアプリを使用して逆再生で編集しているからこそ可能な芸なのだが、その姿が、とても不思議でかっこ良く、思わず何度も見てしまう。(下記にて視聴可能。)


【横田ひかる・プロフィール】
1995年8月5日生まれ。埼玉県出身。
愛称:るん。チョキチョキガールズ(CHOKi CHOKi GiRLS)専属モデルとして活躍中。

なお、現在、adidas neoのブランドアンバサダー・池田エライザ主演で「#どこでもランウェイ逆再生ムービー企画が展開されている。adidas neo を着ると、どんな場所でもランウェイになるというコンセプトのもと、「逆再生でランウェイをしてみたら面白いかも?」とひらめいた「自撮りの神」こと池田エライザと共に、逆再生でランウェイをするというブランドムービーを制作。 下記にて池田エライザの華麗なランウェイ姿を見ることができる。

第1弾『ストリート編』2015年9月1日(火)公開

逆再生の特徴を使って宙を舞うジップパーカーやスニーカーを池田エライザが着ながら、ランウェイにみたてた原宿のキャットストリートをウォーキングするちょっと不思議なムービー。

第2弾『キャンパス編』2015年9月8日(火)公開

キャンパスにある池に物を落として困っている学生を助けるため、池田エライザがエスパーのように、次々と落としたものを池から取り出していく逆再生動画になっている。このムービーには、adidas neo スペシャルサポーターと、キャンペーンに当選した約40名のティーンがエキストラとして登場。池田エライザとスペシャルサポーターが身にまとった adidas neo のジップパーカーがカラフルに舞い、ワクワクするようなムービーに仕上がった。

第3弾『パーク編』2015年9月15日(火)公開

ここでの撮影道具はなんと 4000 個のスーパーボール。カラフルに逆流で舞うスーパーボールの中で、あたかも順再生のような華麗なランウェイ姿を披露する池田エライザの姿は乞うご期待!

是非、皆さんも逆再生ムービーにチャレンジを♪

line2

【池田エライザ・プロフィール】

1996年4月16日生まれ。福岡県出身。
2009年度『ニコラモデル・オーディション』のグランプリ受賞をきっかけに、2009年9月より新潮社『ニコラ』専属モデルとして活動を開始。現在は小学館『CanCam』専属モデルとして活躍の他、9月4日公開 映画「みんな!エスパーだよ!」でヒロインに抜擢されるなど、女優としての今後の活躍も期待されている。また自身のtwitter、instagramのフォロワー数はいずれも13万人を超えるなど、ソーシャルメディアでのファンも多い。

【adidas neo スペシャルサポーター】

横田ひかる(@_rncn950805)
天野眞隆(@naoppp221099)
高﨑哉海(@CpKanami)
金岡美樹(@dance21_m)
新井優(@yuu_mode)
菅又雄大(@VIPX_YUDAI)

【adidas neo(アディダス ネオ)について】

adidasneo

adidas neoは、アクティブでフレッシュな若者に向けて、最新トレンドをデイリーに楽しめる、スポーツカジュアルスタイルを提案するレーベル。メンズ・ウィメンズのアパレルからスニーカー、アクセサリーと幅広いラインナップのもと、豊富なカラーとポップなデザインを多く取り揃えている。

・adidas neo shop:http://shop.adidas.jp/
・adidas neo Twitter:@adidasneo_jp

◎情報提供:アディダス ジャパン株式会社

【映画ランキング】週末興行成績・BEST 10発表! (9月12日~13日)

週末(9月12日~13日)の映画興行成績が、興行通信社より発表された。ハリウッド映画『ピクセル』のほか、今週末に公開された新作3本がランクイン。なお、ベスト10にランクインした10本のうち、洋画が7本占めている。

下記に「動員数 BEST 10」を掲載!
「予告編」も掲載するので、これから見る映画を決める際にご参考にどうぞ♪

・1位:『ピクセル』


※初週・312スクリーンで上映

ハリウッド映画『ピクセル』が初登場第1位に輝いた。アダム・サンドラーが主演し、クリス・コロンバスが監督を務めた大作。人気ゲームキャラの外見をしたエイリアン種族が地球侵略し、レトロゲーマーたちが立ち向かう様子が描かれている。

・2位:『アンフェア the end』


※2週目・327スクリーンで上映

篠原涼子-アンフェア

・3位:『天空の蜂』


※初週・311スクリーンで上映

東野圭吾の小説を江口洋介、本木雅弘の共演で映画化した『天空の蜂』が3位!

・4位:『テッド2』


※3週目・348スクリーンで上映

・5位:『ジュラシック・ワールド』


※6週目・360スクリーンで上映

・6位:『キングスマン』


※初週・217スクリーンで上映

・7位:『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』


※6週目・346スクリーンで上映

・8位:『ミニオンズ』


※7週目・330スクリーンで上映

・9位:『カリフォルニア・ダウン』


※初週・217スクリーンで上映

・10位:『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』


※3週目・319スクリーンで上映

なお、今週末での成績でベスト10圏外ではあるが、『日本のいちばん長い日』が来場者100万人突破したことが明らかになった。