日別アーカイブ: 2015年10月2日

きゃりーぱみゅぱみゅコラボ!MixChannelでハロウィンダンスコンテスト開催!

きゃりーぱみゅぱみゅ-コカ・コーラ-ハロウィンキャンペーン2015

本日10月2日(金)から、10代女子に大人気の動画コミュニティ「MixChannel」と「コカ・コーラ」がタイアップし、きゃりーぱみゅぱみゅが歌うハロウィンキャンペーンソング「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」に絡めた投稿型ダンスコンテストが開始された。

きゃりーぱみゅぱみゅ-コカ・コーラ-ハロウィンキャンペーン2015

近年、思い思いのコスチュームに身を包んでパーティーを楽しむなど、ハロウィンは日本の恒例行事として着実に定着しつつあるが、今年は、「コカ・コーラ」が「ハロー!ハロウィン!! 一緒に、はじけちゃおう!」をテーマに、きゃりーぱみゅぱみゅと一緒にハロウィンを盛り上げる。

キャンペーンの目玉は、きゃりーぱみゅぱみゅ“初”のハロウィンソングである新曲「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」とそのダンス。


独特のファッションセンスや感性からハロウィンと親和性が高いイメージを持つきゃりーぱみゅぱみゅのポップで楽しい世界観が、日頃の自分を解放する「コカ・コーラ」のイメージと融合し、元気に明るく弾けたハロウィンを訴求する。
line2

【「コカ・コーラ」ハロウィンダンスコンテスト概要】

きゃりーぱみゅぱみゅ-コカ・コーラ-ハロウィンキャンペーン2015
応募期間
2015年10月2日(金)12:00~2015年10月16日(金)11:59

参加方法
スマートフォンからMixChannel公式アプリをダウンロード(無料)し、アプリを起動。「ハロウィンダンスコンテスト」チャンネル(特設ページ)から、動画を作成・投稿すると、参加可能。

コンテスト対象動画の必要条件
下記3点を満たしたものが条件。
・MixChannel内の「ハロウィンダンスコンテスト」チャンネルに投稿された動画。
・きゃりーぱみゅぱみゅ「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」をBGMにした動画。
・どこかに『コカ・コーラ』が出てくる動画。

※『コカ・コーラ』は、「コカ・コーラ」、「コカ・コーラ ゼロ」、「コカ・コーラ ライフ」が対象。どのパッケージ・サイズでも問題なし。また、ご自身で撮影された製品画像でも、MixChannel内の「ハロウィンダンスコンテスト」ページ内にある仮装ボトルのスタンプでも可。スタンプについては、該当のスタンプ画像を保存すると使用可能。
※上記『コカ・コーラ』以外の飲料は対象外。

「Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~」BGMについては、動画をアップロードした際に♪マークの楽曲提供コーナーが表示されるので、そこから使用可能。

賞品
・一緒に、はじけちゃおう賞 3名
限定発売の「コカ・コーラ」ハロウィンキャラクターパーカー(Mサイズ)と、「コカ・コーラ」500mlPET 1ケース(24本入り)

・ハローハロウィン賞 100名
amazonギフト券1,000円分

審査について
コンテスト対象の動画の中から、
・twitterのRT
・MixChannelアプリでの再生回数
・MixChannelアプリでのLike数
などを総合的に見て審査。

なお、審査基準・方法の詳細に関しては、お問い合わせ不可。

※ブラウザからは、 下記サイトでも詳細を確認できる。
https://mixch.tv/p/24vwjrrm

◎情報提供:株式会社キャッチボール

人気YouTuberの素顔に迫る「THE SOCIAL PLAYERS 」誕生!Sekine Risaドキュメンタリー公開!

risasekine-youtuber

若い世代を中心に絶大な人気を得て、注目を集めている“YouTuber”。日々多くの視聴者へ作品を贈り続ける彼らを一人のクリエイター、アーティストとしてスポットライトをあて、通常の番組内では垣間見せることのなかったカメラの裏側にいる姿を映しだしたYouTube Documentary Series「THE SOCIAL PLAYERS」が公開を迎えた。

「THE SOCIAL PLAYERS」弾として、10月1日(木)に「Episode SekineRIsa」と題して、SekineRisa関根理紗)にスポットライトをあてた動画が公開された。Beauty系動画で多くの女性のハートを掴み、日本を代表するYouTuberとして一躍時代の寵児へと駆け上がったSekineRisa。彼女がなぜYouTubeと出会ったのか、そして、クリエイターとしての彼女、視聴者の存在など、カメラの裏に隠れ、普段垣間見れない一人の女性クリエイター“関根理紗”の姿が克明に刻まれる。

下記にて視聴可能。

※ なお、「Episode SekineRisa 2/2」は、10/15(木)22:00公開予定。今から楽しみだ。

line2

【THE SOCIAL PLAYERS】

socialplayers

「YouTube」という動画サイトが公開されて10年、今では1分間に300時間以上の動画が投稿され、世界中で10億人以上が利用し、その視聴回数は1日あたり数10億回を超えている。
そして、「YouTube」からは新世代のクリエイターやアーティストが常に生まれ、彼らは”YouTubeStar”、“YouTuber”と呼ばれ、若者ならばハリウッドスターやメジャーアーティストよりも絶大な人気を博している。さらに、「YouTube」に映像を公開することで得られる広告収益だけでも年間数千万以上、中には数億円以上もの金額を稼いでいるクリエイターも存在し、このような現象が今まさに世界中で起きている。日本でも若者から絶大な支持を受ける彼らを、各メディア内で特集が組まれ、本も出版され、イベントも組まれるなど、日に日にその勢いは増すばかりである。

しかし、その収益やテクニックなどが注目されているのも事実であり、カメラの裏にある本当の彼らを知る機会はほぼ皆無である。そんな、彼らを一人のクリエイター、アーティストとしての活動や生き方など、なぜ動画を公開し始めたのか、何を思って動画を公開し続けるのか?彼らが見る未来とは?など描き出したの本作である。「カメラの裏側にいる彼らを、私たちはまだ知らない。」

◼︎YouTube Channel [The Social Players] ► http://bit.ly/channel-socialplayers
◼︎隔週木曜日22:00~ THE SOCIAL PLAYERSチャンネルにて公開
■EpisodeTakarabeRyoji︎► https://youtu.be/UK0HWLWAEhE?list=PLER3YZ1PJKtHIFaPpevtuSkdjXczW8mwl
◼︎Presented by BREAKER INC.

line2

【SekineRisa(関根理紗)・プロフィール】

メイク動画を中心にBeauty系動画をSekine Risaチャンネルに投稿。多くの女性のハートを掴み、日本を代表するYouTuberとして一躍時代の寵児へと駆け上がった。

・YouTube ch:https://www.youtube.com/user/SekineRisa
・Twitter:@risase0610
・Instagram:https://instagram.com/risa.s0324/
・facebook:https://www.facebook.com/RISAMARU0610

◎情報提供:BREAKER

藤田ニコル、「みんなのラズパイコンテスト2015」受賞作品発表会に登壇!

藤田ニコル-ITpro-EXPO-2015

本日10月2日(金)、日経BP社が東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2015」で「みんなのラズパイコンテスト2015受賞作品発表会が行われ、イメージキャラクターの「にこるん」こと藤田ニコルが登壇した。

イメージキャラクターに決まったとき「ラズパイ」をお菓子だと思っていたという藤田は、「最初は何で私が?って思ったけど、しっかり考えて選考しました。難しそうだけど、やってみたい。きっと私ができれば、みなさんもできますよね。」と笑顔を見せた。

「みんなのラズパイコンテスト」は、英国のラズベリーパイ財団(Raspberry Pi Foundation)が開発した安価で小型のコンピュータ「Raspberry Pi」(ラズパイ)を使った電子工作やアプリケーションのコンテストで、雑誌「日経Linux」と「日経ソフトウエア」が主催し、今年で2回目の開催となる。下は10歳の小学生から上は68歳のシニアまで100件を超える応募があり、音楽や天体観測といった趣味の分野を題材にしたもの、日々の生活に役立つ工夫が満載のものなど、多岐にわたるアイデアや作品が集まった。

授賞式には、「学生賞」、「アイデア賞」、「にこるん賞」、そして「グランプリ」受賞者が登壇。本年度のグランプリを獲得した大槻正樹さんは、「天体を静止画として長時間撮影できる装置」を作成。大槻さんは賞金10万円と賞状などを藤田から受け取り記念撮影に応じた。

藤田ニコル-みんなのラズパイコンテスト2015

授賞式後の囲み取材で藤田ニコルは、「みなさんの作品を見て、私も作ってみたい気持ちが芽生えました。毎日カラコンを付けるので、自動でコンタクトを入れてくる装置を作りたい。女の子の時短に役立つものがいいですね。それで、次回応募したいと思います!」と意気込んだ。

「にこるん賞」の受賞作、見たい場所をつぶやくと映像で見ることができる「どこでも(見える)ドア」で行ってみたい場所をきかれると、「ニュージーランドで生まれたけど、物心つくまえに日本に来たので、覚えていない。旅行でも行った事がないので、生まれた場所を見たみたいです」と感想を述べた。

なお、受賞作は10月に発売予定の雑誌「日経Linux」と「日経ソフトウエア」にも掲載される予定。

・日経ソフトウエア 主催・みんなのラズパイコンテスト2015: http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/itpro-s/seminar/LIN/rpic15/

撮影:BRONICA 吉岡教雄

◎情報提供:株式会社キョードーメディアス