日別アーカイブ: 2016年12月22日

川本真琴、初のピアノ弾き語り&セルフカバーアルバムから、人気写真家・佐内正史が手がけたMV フル尺公開!

川本真琴

シンガーソングライター・川本真琴(かわもと まこと)のデビュー20周年記念となる初のピアノ弾き語り&セルフカバーアルバム『ふとしたことです』に収録されている「ドーナッツのリング」のMV(ミュージックビデオ)がYouTubeにて公開された。

ミリオンヒットとなった「愛の才能」や「1/2」から、インディーズの活動を繰り広げる中で生まれた名曲「アイラブユー」や「gradation」など、川本の20年におよぶ音楽活動が俯瞰的に網羅された今回のアルバム。その中から今回ミュージックビデオが作られたのは、川本の隠れた名曲として知られている「ドーナッツのリング」だ。

撮影したのは、人気写真家の佐内正史。2012年に「川本真琴 and 幽霊」名義でユニットを結成したこともある佐内が、川本自身や風景を捉えた15枚の写真で構成した、まるで写真集のようなMVに仕上がっている。

▼川本真琴「ドーナッツのリング」MVは、下記にて視聴可能。要チェック♪

(撮影・監督:佐内正史)

【川本真琴デビュー20周年企画「ふとしたことです」アルバム情報】

川本真琴

2016.11.23 RELEASE
COCP-39770  \3,000+tax

【収録曲】
1.アイラブユー (作詞・作曲:川本真琴)
2.fish (作詞:川本真琴  作曲:川本真琴・mabanua)
3.愛の才能 (作詞:川本真琴  作曲:岡村靖幸)
4.gradation (作詞:川本真琴  作曲:川本真琴・mabanua)
5.OCTOPUS THEATER (作詞・作曲:川本真琴)
6.ドーナッツのリング (作詞・作曲:川本真琴)
7.やきそばパン (作詞・作曲:川本真琴)
8.タイムマシーン (作詞・作曲:川本真琴)
9.ふとしたことです ※新曲(作詞:川本真琴・トクガワロマン  作曲:川本真琴)
10.1/2( 作詞・作曲:川本真琴)

歌&ピアノ:川本真琴
ピアノアレンジ:川本真琴、林正樹、葛岡みち
ダビングアレンジ:沢田穣治(ショーロクラブ)

【川本真琴 プロフィール】

1974年1月19日生まれ。福井県出身。
1996年、ソニーレコードよりシングル「愛の才能」(岡村靖幸プロデュース&作・編曲)でメジャーデビュー。キュートでスピード感のある独特の歌唱とオリジナリティ溢れるソングライティングでヒットシングル(アニメるろうに剣心・主題歌「1/2」など)を連発し、1stアルバムはミリオンセラーとなった。2000年代初頭よりプライベートオフィスを設立し、メジャー/インディーにとらわれない活動で、自由に作品を発表し続ける日本の女性シンガーソングライターとしては稀有な存在。
近年は「mabanua」「佐内正史」「神聖かまってちゃん」らとのコラボレイト作品や「竹達彩奈」「ぱいぱいでか美」「嶽本野ばら」「峯岸みなみ」への楽曲提供、絵本の原作、CMの歌唱など活動の幅を広げている。
また「SUMMER SONIC」「YATSUI FESTIVAL」「JOIN ALIVE」「ボロフェスタ」「残響祭」「夏の魔物」など様々なフェスにも積極的に参加している。

川本真琴Official Website:
http://www.salon-kawamoto.com
川本真琴 Columbia Website
http://columbia.jp/kawamotomakoto/
twitter
@19740119

◎情報提供:日本コロムビア

ねこ大好き!忽那汐里、映画『ねこあつめの家』ヒロインに決定!

忽那汐里 映画『ねこあつめの家』ヒロイン

大のねこ好きの顔を持つ女優・忽那汐里(くつな しおり)が、来春公開の映画『ねこあつめの家』のヒロインを演じることが明らかになった。

本作は、驚異の 1,900 万ダウンロードを記録し、日本のみならず、全世界で注目を浴びるゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化する作品。ねこ好きのねこ好きによるねこ好きのための映画だ。「ねこあつめ」は 2014 年 10 月にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリで、庭先に訪れる猫たちをただただ眺めて楽しむゲームにファンが急増。人気は日本のみならず、世界に飛び火し、あの「CNN」でも特集されるなど世界中で、愛されるアプリとなっている。

忽那汐里が演じるのは、小説家の佐久本(伊藤淳史)を担当する若き編集者ミチル役。『マイ・バック・ページ』「家政婦のミタ」などに出演し、第 85 回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第 66 回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第 37 回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、さらに来年全米公開映画『THE OUTSIDER』でハリウッドデビューが決定した若き実力派にして、大のねこ好きの顔を持つ、忽那汐里のヒロイン抜擢により、さらに注目を集めそうだ。

映画『ねこあつめの家』

ストーリーのないゲームアプリと違い、映画では、小説家の佐久本(伊藤淳史)と、編集者のミチル(忽那汐里)の二人が、どう作品に繋がっていくのか?二人に恋は?そこに猫は?胸キュン必至のまさに猫まみれな作品の誕生。気になる本作は、2017 年 4 月 8 日(土)より、新宿武蔵野館他全国にてロードショーが決定!公開まで、『ねこあつめの家』を猫かわいがしながら猫も杓子も猫にまたたび状態で待とう♪

【忽那汐里 (十和田ミチル役)からのコメント】

こんなにたくさんの猫ちゃんとお仕事するのは初めてですが、現場に動物がいると本当に和やかな
雰囲気になります。この作品の主人公である作家の佐久本の人生の中で、様々な決断や変化ととも
に、猫ちゃんの魅力にたっぷり癒されながら見てもらえたらなと思います。この映画は決して大きなでき
ごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心にそっと寄り添う、そんなお話です。


映画『ねこあつめの家』概要

【ストーリー】
若くして新人賞を取り一躍人気作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、暇に任せてエゴサーチして
はさらにドツボに陥る日々。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、佐久本
には苦しかった。そんなある晩、不思議な占い師から予言を受け、佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移住
する。だが、場所は変われど暮らしに変わりなく、生活は下降線をたどる一方。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1
匹の猫がやってくる。しばし見つめあう小説家と猫。ほどなく、ぷいっと猫は行ってしまう。猫にも見捨てられたよ。と落ち込
む佐久本。しかし、どうも猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める…。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

出演:伊藤淳史、忽那汐里
監督:蔵方政俊/製作総指揮:吉田尚剛/企画・脚本:永森裕二/原案:ねこあつめ(Hit-Point)
企画・配給:AMG エンタテインメント
制作プロダクション:MEDIAND
製作:「映画 ねこあつめ」製作委員会

◎情報提供:AMG エンタテインメント

苺スイーツを いろいろなスタイルで食べつくす「ストロベリーマニア」開催!

ストロベリーマニア

ハイアット リージェンシー 大阪の「ロビーラウンジ」にて、2017年新春にアフタヌーンティーブッフェ「ストロベリーマニア~苺に恋する午後~」が開催される。今回は、オーバーサイズドスイーツとして、50センチを超えるジャンボエクレアや直径30センチものパリブレストなどが登場。ゲストが好きなだけ豪快に切り分ける楽しみもある。

ストロベリーシュークリーム、ストロベリーショートケーキ、ピンク色のチョコレートファウンテンにフレッシュストロベリーなど、20種を超えるスイーツが圧巻だ。期間中はデザートブッフェのほか、ラップロール、キッシュ、イチゴ風味大福、ストロベリーミルクフランス、マフィン、スコーンなどもティータワーより楽しめる。苺に恋する午後のひとときを過ごそう。

ストロベリーマニア

【「ストロベリーマニア~苺に恋する午後~」 概要】
・開催期間:
 2017年1月7日(土)~3月26日(日)
 12:00~16:00 ※土・日・祝のみ開催
・会場:
 ロビーラウンジ(1F)
・住所:
 大阪市住之江区南港北1-13-11
・価格:
 お一人様4,500円(税・サービス料別途)
・メニュー:
 苺スイーツブッフェ、ハイティーセット、コーヒーor紅茶を選択
 プラス800円にてストロベリーカクテル
・ご予約・お問合せ:
 06-6612-1234(代表)

*1~2月末まで、ストロベリーカラーを身に着けてご来店の方は、4,000円(税・サービス料別途)

▼詳細は、下記ウェブサイト参照♪
http://www.hyattregencyosaka.com/restaurant/ll/index.html

◎情報提供:ハイアット リージェンシー 大阪