日別アーカイブ: 2017年1月17日

松井玲奈、名古屋鉄道の系統板に登場!メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車」をPR!

松井玲奈 名古屋鉄道 系統板

女優・松井玲奈(まつい れな)がデザインされた系統板を掲出した名古屋鉄道の車両が1月16日(月)から運行開始された。これは、メ~テレ 開局55周年記念番組ドラマ「名古屋行き最終列車2017」(2月6日(月)~9日(木)まで4夜連続で放送)をPRする企画。

系統板とは、 通常、 列車の行き先を示すため、 先頭や最後尾の車両に取り付けられるものだが、 名古屋鉄道の協力により、 一昨年から引き続き今回もドラマPRのため、 主演の松井玲奈をデザインしたものが掲出されている。

松井玲奈 名古屋鉄道 系統板

鉄道ファンにも認められその運行状況は、Twitterなどで語られ人気の系統板だ。この系統板のニュースは、メ~テレのニュースで放送された。
▼YouTubeのメ~テレ公式チャンネルにて視聴可能♪

1月16日(月)に名鉄常滑線 大江駅で、 6000系車両の先頭部と最後部に松井玲奈をデザインした系統板の取り付け作業が行われた。 名鉄小牧線、 瀬戸線を除く、 各路線で、 2月9日(木)まで運行する。

【系統板掲出実施概要】
■掲出期間 2017年1 月16日(月)~2 月9 日(木)
■掲出車両 6000系車両1編成
■掲出箇所 車両前面部(前後2箇所)
■運行エリア 名鉄小牧線・瀬戸線を除く全線

ドラマ「名古屋行き最終列車2017」は、 名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、 乗客たちの人生のふれあいを描いたヒューマン・コメディー・ドラマで、 今回の作品が第5弾となる。 名古屋鉄道の沿線が舞台となっており、 実際の撮影も名鉄の駅や車両で行われた。

2012年放送の第1弾は「東京ドラマアウォード2013ローカル・ドラマ賞」、 2014年放送の第2弾、 2015年放送の第3弾は「平成26年、 27年日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組優秀賞」を連続受賞した、 メ~テレの冬の風物詩とも言えるこのドラマが今年も放送となる。 乞うご期待♪

【メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2017」番組概要】

松井玲奈 メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2017」

<タイトル>
開局55周年記念番組 メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2017」
<放送日時>
2月6日(月)深夜0時20分~4夜連続放送
※放送エリア:東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)
<4Kについて>
4Kでの視聴方法についてはひかりTV独占で。
▼詳しくはこちら
http://www.hikaritv.net/

<出演>
松井玲奈、六角精児、大杉 漣、吹越 満、松下由樹、浜野謙太、入山法子、波岡一喜、黒川芽以、宮崎香蓮、関 太(タイムマシーン3号)、谷 花音、JOY、小林 豊(BOYS AND MEN)ほか
<脚 本> 菊原共基
<監 督> 神道俊浩(メ~テレ)<プロデューサー> 大池雅光(メ~テレ)

【ドラマ内容】
名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、 笑いあり、 涙あり、 人情あり、 コメディありのストーリー。
普段は交わることのないそれぞれの人生がふとしたきっかけで最終列車で交錯し、 そこで生まれるリアルな人間ドラマが描かれる。 そして、今回は登場人物たちも視聴者の皆さんとともに1歳齢を重ねた物語になっている。
第4弾から1年後の姿・・・第5弾となったいまだからこそ描ける愛にあふれた4作品。 もちろんはじめてご覧いただく方も、すんなり物語に入っていただけて心がほっこりすること間違いなしの内容。冬の寒い夜中だからこそ共有できる物語の世界観を楽しめる。

▼番組ホームページ オープン!
http://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2017/

◎情報提供:メ~テレ

マジカル・パンチライン、初定期公演スタート!ソールドアウトの初公演は大盛況!

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)

2016年7月のデビューから約半年を迎える新アイドルグループ、マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)が1月15日(日)、AKIBAカルチャーズ劇場にて待望の初定期公演「マジパン定期公演〜MAGiLiVE in アキヴァルハラ〜」を開催した。この初回公演では、前売りチケットはソールドアウト、わずかに出された当日券を求めるファンが殺到し、大盛況となった。

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)

“魔法”をコンセプトとした、様々なパロディやオマージュを取り入れた作品と、遊び心やユーモアあふれる活動、そして何よりメンバー全員がかわいいと話題の新アイドルグループ、マジカル・パンチライン。アイドルファンの中でも注目を集めているアイドルグループとあって、この日の初公演には注目が集まった。

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)

超満員の中で行われたライブでは、初の定期公演ということで「初心に返ってがんばります!」とメンバー自らテーマを掲げ、2016年7月にリリースされたデビューミニアルバム「MAGiCAL PUNCHLiNE」の衣装で登場。

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)

デビューミニアルバムの楽曲を中心に、その他メンバーのソロ歌唱やカバーも披露した。その他、ファン参加型のゲームコーナーやトークなど盛りだくさんの内容で大盛況となった。

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)

マジカル・パンチラインの定期公演は2017年1月から3月にかけて全6回開催。各公演ごとに各メンバーがフィーチャーされ、楽曲はもちろん、ゲームやトークなども内容を大きく変えて行われる。第2回公演は1月29日に、「ヒマワリと鏡の魔女」と題して開催。チケットは1月19日まで先行販売中、その後一般発売される。今後の公演についてもチケットが入手困難となる可能性があるので、お申し込みはお早めに♪

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE、略称:マジパン)

【マジカル・パンチライン ライブ情報】

[タイトル]
マジパン定期公演〜MAGiLiVE in アキヴァルハラ〜

[日時]
1月15日(日) 開場17:00/開演17:30 「アンナとアキヴァルハラの城」
1月29日(日) 開場12:00/開演12:30 「ヒマワリと鏡の魔女」
2月4日(土) 開場17:00/開演17:30 「ユーナと未知なる聖杯」
2月19日(日) 開場17:00/開演17:30 「ミドガールと魔術師の一団」
3月5日(日) 開場17:00/開演17:30 「リーナと小悪魔の弓矢」
3月19日(日) 開場17:00/開演17:30 「レナとアスガールのローブ」

[会場]
AKIBAカルチャーズ劇場

[料金]
2,500円 (当日券 3,000円) +1ドリンク500円

https://map.pigoo.jp/events/artist/1674

【「MAGiCAL MYSTERY TOUR」商品情報】

[発売日]
2016年12月21日

[形態]
★シリウス盤 [初回限定生産]

CD+DVD / ¥3,500(税込) / PCCA-04398

★プロキオン盤

CD / ¥2,000(税込) / PCCA-04399

★ベテルギウス盤 [マジパンSHOP限定盤]
CD+グッズ / ¥5,000(税込) / SCCA-00043
→マジパンSHOP:http://magipun2nd.ponycanyon.jp/

[CD収録内容]
01. Prelude
02. マジカル・ジャーニー・ツアー
03. 108 煩悩 BOMB
04. Happy New Kitchen
05. 那由多不可思議ソウルライブツイスター
06. 謎から謎めくMystery

[DVD収録内容] ※シリウス盤のみ
・マジカル・ジャーニー・ツアー -Music Video-
・Making of MAGiCAL MYSTERY TOUR
・magipunTV vol.1 : ファンのことを本気(マジ)で考えよう。

[グッズ内容] ※ベテルギウス盤のみ
メンバー別デザインTシャツ(全5種)

[初回生産分封入特典]
「マジカルクエスト」経験値シリアルコード

[予約購入・先着購入特典]
全国の対象CDショップにて2016年12月21日発売の2ndミニアルバム「MAGiCAL MYSTERY TOUR」(シリウス盤[初回限定生産] PCCA.04465/プロキオン盤 PCCA.04466)をご購入のお客様に、先着で「オフショット生写真(全4種)」を一枚プレゼント。メンバーの沖口優奈によるプロデュースアイテムとなります。各店舗、ご用意している特典数量に限りがございますので、お早目のご予約・ご購入をお勧めいたします。

【「マジカル・ジャーニー・ツアー」MUSIC VIDEO】

line2

【マジカル・パンチライン・プロフィール】

マジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE)。女性アイドルグループ。通称「マジパン」。

所属事務所:ボックスコーポレーション所属
レーベル:ポニーキャニオン

2015年11月、元・アイドリング!!!の”さとれな”こと佐藤麗奈をリーダーにプロジェクトが発足し、ボックスコーポレーション内でオーディションが実施され、小山リーナ、浅野杏奈、清水ひまわり、沖口優奈をメンバーとして5人組グループとして結成された。グループ名のマジカル・パンチライン(MAGiCAL PUNCHLiNE)とは、”魔法のような”の「MAGiCAL」と、英語で”ジョークのオチ”、もしくは、ヒップホップ用語の”決め台詞”的な意味合いの「Punchline」を組み合わせた造語で、「魔法の決め台詞」を表している。略して「マジパン」。

佐藤麗奈(さとう れな)
▼Twitter
https://twitter.com/Rena_Sato_box

小山リーナ(こやま りーな)
▼Twitter
@Rina_Koyama_Box

浅野杏奈(あさの あんな)
▼Twitter
https://twitter.com/Anna_Asano_Box

清水ひまわり(しみず ひまわり)
▼Twitter
@HimaShimizu_Box

沖口優奈(おきぐち ゆうな)
▼Twitter
@YunaOkiguchiBox

▼マジカル・パンチライン 公式サイト
http://magipun.com/
▼LINE公式アカウント
http://line.me/ti/p/%40magipunofficial
▼LINE公式ブログ
http://lineblog.me/magipunofficial/
▼公式Twitter

▼公式ポイントサイト「マジカルクエスト」
http://magipun.rw-artist.club/

◎ACTRESS PRESS編集部

水原希子のハリウッド挑戦に完全密着!大根仁監督が手掛けるドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」始動!

水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

2017年1月18日(水)より「ひらけ、世界。」をキャッチコピーに、水原希子(みずはら きこ)のハリウッドでの挑戦を大根仁監督が追いかけたドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」が始動する。プロジェクト始動に伴い、ショートムービー本編「Borderless!Special Document Movie」が本日1月17日(火)より公開され、新TVCM「オーディション」篇、「過去」篇、「レッスン」篇、「移動中に」篇の4篇が1月18日(水)から2月11日(土)にかけて順次放映開始される。

<ドキュメンタリープロジェクト「Borderless」とは>

「Borderless!」プロジェクトにおける「ボーダー」とは、単に国境や言語の壁を超えるという意味だけではなく、すべての人の中にある「今までの自分と、新しい自分の境界線」を意味してつけられている。このプロジェクトは、今の自分から一歩踏み出して、新しいことに挑戦する人を応援したい、という想いからはじめたもの。第一弾となる本作では、モデルとしてキャリアをスタートし、女優として国内で活躍する水原希子の次のチャレンジを間近で取材。水原希子の姿を通して、また、文化・国境・言語等の“ボーダー”を越えて、今より大きな世界へ踏み出す人が続くことを願っている。

水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

<大根仁監督によるショートムービー本編と全7篇に及ぶドキュメンタリーCM4篇を2017年1月18日(水)より放映開始!>

明日より順次放映するTVCMは、水原希子が映画オーディションや現地エージェンシーとの打ち合わせのためにロサンゼルスに短期滞在した時の様子を、大根仁監督がスマートフォンなどを駆使し、7日間に渡り密着した全7篇にも及ぶドキュメンタリー映像となっている。水原希子がレッスンを受け発音を真剣に練習する様子や、自身の過去について語る様子など、ドキュメンタリーならではの水原希子の素顔を捉えた作品となっている。また、本日よりキャンペーンサイトにて公開される「Borderless! Special Document Movie」では、その全貌を5分39秒に渡る映像でお届け。

▼「Borderless! Special Document Movie」は、こちらにて視聴可能♪

【新CM概要】

★「オーディション」篇
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」
CM放映開始日:2017年1月18日(水)

(15秒)

(30秒)

★「レッスン」篇
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」
CM放映開始日 :2017年1月20日(金)

(30秒)

★「過去」篇
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」
CM放映開始日 :2017年1月26日(木)
(30秒)

★「移動中に」篇
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」
CM放映開始日 :2月11日(土)
(15秒)

(30秒)

・広告主 :NOVAホールディングス株式会社
・制作プロダクション :株式会社 東北新社
・プロデューサー/キャスティング :乗鞍大樹(ベクトル)
・プロデューサー :麻生峻司(東北新社)
・プロダクションマネージャー :菊地聖(東北新社)
・クリエイティブディレクター/コピーライター :田中直基(電通)
・アートディレクター :青木謙吾/瀧上ちひろ(電通)
・コ・ミュニケーションデザイナー :加我俊介(電通)
・クリエイティブアドバイザー :原田英樹(エイジアクロス)
・アカウントエグゼクティブ :藤原由唯/織戸沙輝子(ベクトル)
・監督/撮影(ムービー):大根仁
・撮影(スチール) :平野太呂
・音楽 :D.A.N

【CM撮影秘話】

水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

今回の撮影ではロサンゼルスで“挑戦”する水原希子のリアルドキュメンタリーにこだわり、大根仁監督を中心に、最低限のスタッフで打ち合わせ中、移動中、レッスン中、食事中、あらゆる瞬間も逃さないようカメラを回し続けた。

特に、移動中の車内や滞在先でのインタビューシーンでは可能な限り監督と水原希子二人のみの空間を作り上げ、リラックスした環境を整えたことにより、「素」の水原希子から出てくる、普段では聞くことができない、ありのままのエピソードが語られた。

また、撮影の合間に訪れたレストランで、現地の店員にスラスラと注文をする水原希子の様子を見て、大根監督がおもむろにスマートフォンで撮影を始め、本人も「こんなところまで撮るの!?」と驚く場面も。滞在中は、スケジュールの隙間を埋めるように本場L.Aの演技レッスンを受けていた水原希子。現地映画エージェンシーの演技レッスンでは、ネイティブ水準で同じ発音を何度も指摘される中で、めげることなく挑む姿がとても印象的であった。

【主演:水原希子 プロフィール】

水原希子

Date of Birth:1990.10.15
Birth Place:アメリカ テキサス州 ダラス生まれ、兵庫県育ち
Blood type:A型
Hobby:ショッピング、映画音楽鑑賞
Speciality:食べること

【監督:大根仁 プロフィール】

[大根仁] 1968年東京都出身。「週刊真木よう子」(08)
「湯けむりスナイパー」シリーズ(09・10・12)など深夜ドラマでその才能を発揮し、業界内外から高い評価を受ける。マキシマムザホルモン「予襲復讐」
スチャダラパー「ライツカメラアクション」などのMVや、ゆらゆら帝国のライブDVD「YURA YURA TEIKOKU LIVE
2005-2009」、ロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」などを手掛ける傍ら、ラジオパーソナリティ、コラム執筆、イベント主催と幅広く活動。2010年に手掛けたドラマ「モテキ」が大ブレイクし、同作の映画化作品『モテキ』(11/脚本・監督)で監督デビュー。『バクマン。』(15/脚本・監督)では第39回日本アカデミー賞優秀監督賞他、多数の映画賞を受賞。その他にTV「まほろ駅前番外地」(13/脚本・演出)映画『恋の渦』(13/編集・撮影・監督)ドキュメンタリー映画『DENKI
GROOVE THE MOVIE?』(15/監督)
「SCOOP!」(16/脚本・監督)など。最新作『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(17.9/脚本・監督)の公開を控えている。

生きた英語を毎日紹介する「KIKO’S NOTES」連載開始!
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

また、本プロジェクトの一環として海外で使える生きた英語を紹介する「KIKO’S NOTES」を、1月18日(水)から3月31日(金)までNOVAの公式FACEBOOK及びInstagramにて毎日配信される。”言葉や文化の境界線を越えて「ボーダレス」に生きたい”そんな想いを後押しするリアルな
英語表現を綴っておりますので、要チェック♪

▼FACEBOOK
https://www.facebook.com/nova.jp/
▼Instagram
https://www.instagram.com/nova_official_insta/

水原希子×NOVAオリジナルノベルティグッズがもらえるキャンペーン開催中!
さらに来校、体験、入会特典として、オリジナルノベルティがもらえるキャンペーンを期間限定で実施!

水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

▼「Borderless」キャンペーンサイト
http://www.nova.co.jp/borderless/

◎情報提供:株式会社 NOVA