日別アーカイブ: 2017年3月28日

欅坂46、4thシングル共通カップリング曲『W-KEYAKIZAKAの詩』MV公開!欅坂46 & けやき坂46・全32名が初めて合同で歌唱!

欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』MV

欅坂46 待望の4thシングル『不協和音』全TYPE共通カップリング曲『W-KEYAKIZAKAの詩』のMV(ミュージックビデオ)が公開された。先週、4thシングル表題曲『不協和音』のMVが公開され、なんと公開から3日で再生回数が300万回を超え、欅坂46の楽曲の中でも過去最速スピードで再生数が伸びていることで話題となっているが、その4thシングルの全TYPEに収録される共通のカップリング曲『W-KEYAKIZAKAの詩』のMVが遂に公開だ。

欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』MV

秋元康総合プロデュースの乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾として結成され、2016年4月6日に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを飾った欅坂46。この楽曲では、初めて欅坂46とけやき坂46(ひらがなけやき)の全32名が合同で歌っている。

欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』MV

『W-KEYAKIZAKAの詩』は、2016年12月に有明コロシアムで開催されたワンマンライブにて初披露された楽曲。ファン待望の欅坂46全員楽曲であるこの楽曲のMVも公開前から期待が高まっていた。

欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』MV

欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』MV

『W-KEYAKIZAKAの詩』のMVは『サイレントマジョリティー』や『世界には愛しかない』、『大人は信じてくれない』のMVを手掛けた池田一真が担当。 これまでの欅坂46の歴史をなぞるようなMVとなっており、欅坂46の『サイレントマジョリティー』や『二人セゾン』、けやき坂46の『誰よりも高く跳べ!』などこれまでの楽曲の振り付けが散りばめられていたり、長濱ねるの途中加入を感じさせるシーンがあったり、と様々な象徴的な出来事がMVを通して追体験することができる作品に仕上がっている。

▼『W-KEYAKIZAKAの詩』MVは、こちらにて視聴可能♪

いよいよ4月5日にリリースを控え、 翌日の4月6日には代々木第一体育館でデビュー1周年記念ライブを控えている彼女たち。心温まる作品に仕上がった、 欅坂46初となった全員楽曲のMVも必見である。

【欅坂46 4thシングル『不協和音』概要】

【Type-A】

DISC1-CD-
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.微笑みが悲しい
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.微笑みが悲しい off vocal ver.

DISC 2-DVD-
1.不協和音 Music Video
2.W-KEYAKIZAKAの詩 Music Video
3.石森虹花 個人PV
4.上村莉菜 個人PV
5.小林由依 個人PV
6.原田葵 個人PV
7.長濱ねる 個人PV
8.柿崎芽実・佐々木美玲 ペアPV

【Type-B】


DISC1-CD-
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.チューニング
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.チューニング off vocal ver.

DISC 2-DVD-
1.不協和音 Music Video
2.チューニング Music Video
3.今泉佑唯 個人PV
4.尾関梨香 個人PV
5.齋藤冬優花 個人PV
6.守屋茜 個人PV
7.渡辺梨加 個人PV
8.齊藤京子・高本彩花 ペアPV

【Type-C】


DISC1-CD-
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.割れたスマホ
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.割れたスマホ off vocal ver.

DISC 2-DVD-
1.不協和音 Music Video
2.割れたスマホ Music Video
3.小池美波 個人PV
4.佐藤詩織 個人PV
5.志田愛佳 個人PV
6.土生瑞穂 個人PV
7.渡邉理佐 個人PV
8.潮紗理菜・加藤史帆・佐々木久美 トリオPV

【Type-D】


DISC1-CD-
1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.僕たちは付き合っている
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.僕たちは付き合っている off vocal ver.

DISC 2-DVD-
1.不協和音 Music Video
2.僕たちは付き合っている Music Video
3.織田奈那 個人PV
4.菅井友香 個人PV
5.鈴本美愉 個人PV
6.長沢菜々香 個人PV
7.平手友梨奈 個人PV
8.米谷奈々未 個人PV
9.井口眞緒・影山優佳 ペアPV

【通常盤】


1.不協和音
2.W-KEYAKIZAKAの詩
3.エキセントリック
4.不協和音 off vocal ver.
5.W-KEYAKIZAKAの詩 off vocal ver.
6.エキセントリック off vocal ver.

<4thシングル「不協和音」発売記念全国握手会>
・2017年4月29日 (土)京都:京都パルスプラザ
・2017年5月13日(土)愛知:ポートメッセなごや
・2017年6月24日(土)千葉:幕張メッセ

<4thシングル「不協和音」発売記念個別握手会>
・2017年4月8日(土)千葉:幕張メッセ
・2017年4月30日(日)京都:京都パルスプラザ
・2017年5月14日(日)愛知:ポートメッセなごや
・2017年5月27日(土)千葉:幕張メッセ
・2017年6月25日(日)千葉:幕張メッセ
・2017年7月9日(日)神奈川:パシフィコ横浜
※個別握手会の詳細はforTUNEmusicをご参照下さい。
URL: http://fortunemusic.jp/

【欅坂46・Profile】

欅坂46

欅坂46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)

秋元康 総合プロデュース、 乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾。
2015年8月21日、 乃木坂46結成から4年後の同じ日・同じ場所で結成。
応募総数22,509名の中から選ばれたメンバーで、 2016年4月6日『サイレントマジョリティー』でデビュー。
また、 5月8日にけやき坂46(ひらがなけやき)が誕生。
2016年末の「第67回NHK紅白歌合戦」にも出場。
2017年4月5日4thシングル『不協和音』をリリース。

■デビュー1周年記念ライブ情報
・日程:2017年4月6日(木)
・開場:16:30/ 開演:18:00
・会場:国立代々木競技場第一体育館

■欅坂46 レギュラー番組情報
・テレビ東京「欅って、 書けない?」
毎週日曜24時35分~25時05分
番組HP: http://www.tv-tokyo.co.jp/keyaki/
・日本テレビ「KEYABINGO!2」
毎週月曜25時59分~
番組HP: http://www.ntv.co.jp/KEYABINGO2/
・ニッポン放送「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」
毎週金曜24時20分~24時50分
番組HP: http://www.1242.com/radio/keyaki/

▼欅坂46オフィシャルサイト
http://www.keyakizaka46.com/
▼Twitter
https://twitter.com/keyakizaka46

◎情報提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

浅野杏奈(マジカル・パンチライン)、伝説のシスターラビッツ・二代目に決定!

浅野杏奈(マジカル・パンチライン)

“魔法”をコンセプトとした、様々なパロディやオマージュを取り入れた作品と、遊び心やユーモアあふれる活動、そして何よりメンバー全員が可愛いと話題のマジカル・パンチラインのメンバーの浅野杏奈(あさの あんな)が、4月から始まる「ポンキッキーズ」に伝説のシスターラビッツ二代目として出演することが決定した。

浅野杏奈(マジカル・パンチライン)

1994年の「ポンキッキーズ」に登場した安室奈美恵と鈴木蘭々のユニット「シスターラビッツ」が2017年4月から浅野杏奈(マジカル・パンチライン)と平塚日菜(ふわふわ)による二代目として復活する。4月からの番組では新生シスターラビッツに注目だ。

【浅野杏奈からのコメント】

2代目シスターラビッツをさせていただくことになりました‬‬‬‬
浅野杏奈です!
初代グレーうさぎさんと言えば鈴木蘭々さん!
蘭々さんの『元気』を受け継ぎ日曜日の朝、小さいお子様からお爺ちゃまお婆ちゃままで、ポンキッキーズを通してワクワク楽しい時間を過ごしていただけるように日菜ちゃんと頑張っていきますので、2代目シスラビをよろしくお願い致します!

【浅野杏奈・PROFILE】

浅野杏奈

・生年月日:2000年12月25日(16歳)
・出身地:東京都
・特技:バスケットボール、ラグビー、早口言葉
・趣味:ギリシャ神話を読むこと、映画鑑賞

▼浅野杏奈Twitter
https://twitter.com/Anna_Asano_Box

【マジカル・パンチライン】
2016年2月19日、モデルやタレントとしても多彩な活躍を見せるメンバーにより結成。グループ名、「魔法の言葉」を意味する造語。2016年7月20日、ポニーキャニオンよりメジャーデビュー。2017年1月からAKIBAカルチャーズ劇場にて初の定期公演を開催、3月までの全6回は連日大盛況となった。

▼マジカル・パンチライン Official Website
http://magipun.com/

▼マジカル・パンチライン Official Twitter
https://twitter.com/MAGiPUNofficial

BSフジ「ポンキッキーズ」
4月2日から毎週日曜日 朝8:00〜8:55

◎画像提供:ボックスコーポレーション
◎ACTRESS PRESS編集部

MAPLEZ・小泉明音を中心とした新ユニット・ヲルタナティヴ、初CDリリース発表!

ヲルタナティヴ

広島を中心に活動しているアイドル“MAPLEZ”から誕生した新ユニット“ヲルタナティヴ”が2017年3月27日(月)、タワーレコード新宿店7Fにてトーク&ライブイベントを開催し、㈱音遊にて新しく設立されたレーベル「OTODAMA RECORDS」から第1弾記念シングルCDをリリースする事を発表した。

小泉明音、今井双葉、柴田恵芽、相沢奈那、姫川風子の5人からなるヲルタナティヴは、東京を拠点として活動するユニット。今後の活動が楽しみだ。

メンバーからのコメントが到着したので、早速紹介!!!

【小泉明音からのコメント】

「デビュー間もないのにリリースが決まり、本当に恵まれすぎて驚いています。色んなことを教えてくれた先生や先輩、マツモトさん、これさださんを始めとした製作の方、事務所のみんな、運営さん、そしていつも私を信じて応援してくれる親衛隊の方。本当に皆さんに感謝しています。みんなが作ってくれたこの道、ここからは覚悟を決めてこのシングルが多くの人に届くよう、必死に頑張ります!」


【今井双葉からのコメント】

「今回、OTODAMA RECORDSさんよりシングルリリースが決まりました!デビューしたばかりなのに、シングル出せることがすごく感動しています。自分の声が入ったCDができること自体未体験でうまく言えませんが、すごくかっこいい曲ばかりなので、1日でも早くみんなに聞いてほしいです!」

【相沢奈那からのコメント】

「昨日デビューしてすぐの今日、シングルリリースをさせて頂くと聞いて本当にびっくりました。それと同時にとても嬉しかったです。たくさんの人に聞いて貰いたいです。そしてこのシングルリリースを機に、ヲルタナティヴのことをもって知っていただけたら嬉しいです。たくさんイベントも開催されるみたいなので、ぜひ会いに来てください!」

【柴田恵芽からのコメント】

「3月26日にデビューして6月14日発売のシングルリリースまで決まり、とても恵まれた環境で私たちはスタートしたと実感しております。たくさんの人にCDを聞いて貰いたいです!収録曲はどれも素敵な曲ばかりです。曲の世界観をライブやイベントで、私たちで表現していきたいと思います。」

【姫川風子からのコメント】

「今回デビューしたばかりでリリースをできるのが本当にびっくりと嬉しい気持ちで、携わって頂いてるスタッフさん、そして期待や応援をしてくれている皆さんにとても感謝しています。まだまだ未熟な私たちですが、ずっと高いところを目指して、それを実現していけるように頑張ります。そしてわたしたちの初のシングルをよりたくさんの人の手に渡るように頑張っていきたいです。ずっと見守っていて下さい!」


【「夏の香のパ・ド・ドゥ / ALMIGHTY†GLIDER」】

2017.6.14 On Sale!
<収録形態>CD シングル・配信
<価格>926 円(税別)
<品番>POCS-11016~11020
<発売元> 株式会社 音遊 <販売元>ユニバーサル ミュージック合同会社
<収録内容>
M-1 夏の香のパ・ド・ドゥ
作詞:これさだゆい
作曲:マツモトマサヤ
M-3 夏の香のパ・ド・ドゥ
-InstrumentalM-2
ALMIGHTY†GLIDER
作詞:これさだゆい&マツモトマサヤ
作曲:マツモトマサヤ
M-4 ALMIGHTY†GLIDER- Instrumental-

◎情報提供:OTODAMA RECORDS

ミスキャンパス決定!「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2017」 松田有紗がグランプリ受賞!

ミスキャンパスコンテスト「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2017」

2017年3月27日(月)、日本最大級のミスキャンパスコンテスト「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2017 supported by トラベルコ」が開催された。(主催:学生団体MARKS・株式会社エイジ・エンタテインメント)

全国のミスキャンパスから「日本一美しい女子大生」を決めるミスコンテストで、全国53大学・総勢81名の出場者の中から、ミスキャンパス日本一“ミス オブ ミス”を立命館大学2年の松田有紗(まつだ ありさ)が見事に受賞した。

松田有紗

松田有紗は、5000万円相当のティアラをつけ、「本当に私もまさか選んでいただけると思っていなかったので、すごくびっくりだったんですけど、今までずっと支えてくれた家族や実行委員の皆さんのおかげがあったからこそ、今ここでこうやって立っていられるので、これからも感謝の気持ちを忘れずに、頑張っていきたいと思います。」と語った。
(副賞:ハワイ旅行 ペア2組/4名様、ティアラ(5000万円相当)貸与)

続く、準グランプリには千葉大学1年の浅古あいり、東京理科大学2年の大迫瑞季が選ばれた。そのほか、審査員特別賞やミスコレ賞など、各賞も発表された。

ミスキャンパスコンテスト「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2017」
※写真左から:青木美奈実、浅田春奈、浅古あいり、松田有紗、大迫瑞季、楫真梨子

<審査員特別賞>
青木美奈実
(ミス同志社大学2年)

<審査員特別賞>
浅田春奈
(ミス日本女子大学2年)

<審査員特別賞>
楫真梨子
(ミス立教大学2年)

<ミス永野>
兼保友紀子
(ミス大阪市立大学4年)

<ミスコレ賞>
山下耀子
(ミス高知大学3年)

<ラザールダイヤモンド賞>
シュレスタ メガ (モナ)(ミス関西外国語大学4年)
秋山未有(ミス龍谷大学1年)
東辻美由紀(ミス中央大学3年)
ラザールダイヤモンド賞

<楽天ファッション大賞>
篠原梨菜
(ミス東京大学2年)

<ミスモデルプレス賞>
浅田春奈
(ミス日本女子大学2年)

<ヘザー賞>
雨宮七紀
(ミス國學院大學3年)
雨宮七紀

<C CHANNEL賞>
浅田春奈
(ミス日本女子大学2年)

<DHC賞>
大迫瑞季
(ミス東京理科大学2年)

<アナトレ賞>
楫真梨子
(ミス立教大学2年)

今回のコンテストでは、全国予選となるWEBを通過したファイナリスト20名が、最終審査の鍵となる私服ファッションショーを通じ、最後の自己アピールを実施。当日の会場投票、事前のWEB投票、審査員投票などの総合得点に基づいてグランプリ、準グランプリ、各賞が決定した。

今年で14回目を迎える「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST」は、全国のミスキャンパスの中からその最高峰に立つミスキャンパス日本一を決定する日本最大級のミスコンテスト。昨年度は、青山学院大学の山賀琴子がグランプリ受賞。そのほか高見侑里、伊藤弘美、小正裕佳子などアナウンサー、タレント、女優などを多数輩出している。

松田有紗

会場には、特別審査員として1年先輩の山賀琴子も登場。本コンテスト終了後に行われた囲み取材では、山賀琴子がグランプリ受賞者に「輝いてますね。かなり輝いてます。すごいお綺麗ですし、こんな素敵なティアラ私の時にあったかな?って。ティアラも本当にお似合いで素敵だと思います。」と褒め称えた。

そして、1年先輩の山賀琴子について訊かれた松田有紗は、「すごい綺麗な方で、憧れの方だったので、お会いできて嬉しいです。」と喜びを語った。

また、「将来の夢」について訊かれた山賀琴子は、「私もちょうど去年このミスオブミスのグランプリをいただいた時ぐらいに女優をやろうと思ったので、ちょうど同じタイミングだなと感じました。全然これから自分のなりたい道に進んでいけると思うので、頑張ってください。」と後輩を激励した。

松田有紗は、「将来の夢はまだ見つかっていないのですが、このミスオブミスに至るまでで学んだことを生かして、何かできたらいいなと思っています。」と語った。

【Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2017 開催概要】

<名称>
Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2017 supported by トラベルコ
Mr. of Mr. CAMPUS CONTEST 2017 supported by トラベルコ
<開催日時>
2017年3月27日(月)
<会場>
Zepp Diver City Tokyo(東京都江東区青海1-1-10ダイバーシティ東京プラザ)
<主催>
学生団体MARKS / 株式会社エイジ・エンタテインメント
<企画制作>
MISS COLLE https://misscolle.com/ MR COLLE  https://mrcolle.com/
<特別協力>
モデルプレス
<PLATINUM PARTNER>
トラベルコ
<PARTNER>
アナトレ、C Channel株式会社、SHOWROOM株式会社、株式会社DHC プリモ・ジャパン株式会社、Heather、楽天株式会社

◎ACTRESS PRESS編集部