日別アーカイブ: 2017年4月6日

工藤綾乃、ニシタチダンスでPR!宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」 観光動画公開!

工藤綾乃・ニシタチダンス・宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」

宮崎市出身で、2009年国民的美少女コンテストでグランプリとモデル部門賞をダブルで受賞した女優・工藤綾乃(くどう あやの)が、宮崎最大の歓楽街『ニシタチ』の観光PR動画に出演し、本日2017年4月6日(木)、公開された。

工藤綾乃・ニシタチダンス・宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」

「ニシタチ」という歓楽街は地元では長く親しまれており、多くの飲食店が軒を連ねている。人口あたりのスナックの店舗数も、宮崎県はなんと日本一だが、「ニシタチ」は、県外からの認知は非常に低い状況。この状況を打開するために、都会の歓楽街とは一味違う、情緒と風情あふれる「ニシタチ」の魅力を、全国へ発信する観光PR動画が制作された。映像の見どころはちょっと妖しい「ニシタチダンス」!

工藤綾乃・ニシタチダンス・宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」

多くの著名アーティストの振付を担当する「振付稼業air:man」が振付を担当し、女優・工藤綾乃がダンスを披露している。ニシタチという街が持つ独特の雰囲気に合わせた、妖しく、艶のある振付だ。そして、もう一人のメインキャストの男性は・・・まるで別人!正体は、宮崎市出身のあの人。動画を要チェック♪

▼「ニシタチ」 観光動画「This is Nishitachi」は、こちらにて視聴可能♪

【宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」とは?】

工藤綾乃・ニシタチダンス・宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」

宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」。その歴史は古く、1955年に旧国鉄の寮跡地が払い下げられたときから始まった。当時は、まだ空き地が目立つ閑散とした場所だったが、翌1956年に県内で初めて洋酒を扱うスタンドバー「赤煉瓦」がオープン。(現在も営業中、今回のPR動画にも登場)昭和32年には、県庁前に並ぶ屋台が、中央
通付近に移転し、集合飲食店街「安兵衛小路」ができ、多くの人々が集う場所となった。

また「ニシタチ」は、作家の壇一雄や川端康成、志賀直哉をはじめ、多くの作家・芸能人等が訪れ、過ごした場所としても有名。時代を通じて、「ニシタチ」は、数多くの庶民・文化人たちの憩いの場であり続けている。

工藤綾乃・宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」

今回、「ニシタチ」という街が持つ魅力を発信するために「ぬるいいね、ニシタチ。」というコンセプトを設定された。ニシタチには、宮崎の温暖な気候と共に、
都会の歓楽街とは一味違う、情緒溢れる、ゆるく心地いい時間が流れている。気づいたら、知らないお客さん同士が乾杯していたり、誰もが肩肘はらずに楽しい時
間を過ごしている。都会にはない、ぬくもりと寛容さがニシタチの魅力。きっと、それは世の中のみんなが浸りたい、ちょうどいい温度感。

工藤綾乃・ニシタチダンス・宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」

【工藤綾乃 PROFILE】

工藤綾乃(くどう あやの)
工藤綾乃(くどう あやの)

女優/オスカープロモーション所属

・生年月日:1996年5月28日
・出身地:宮崎県宮崎市
・身長: 170cm
・血液型: O型

2009年8月「第12回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリおよびモデル部門賞をダブル受賞し芸能界入り。ダブル受賞は史上初。2010年公開の『劇場版 怪談レストラン』で映画初出演し、主演。2012年6月に1st写真集『ayano』を発売。

小さい頃からダンスを習ってきたという工藤さんの妖しくもキレのあるダンス。そして、本編の中で、宮崎の名物を次々と本当に美味しそうに食べるシーンは必見。ラストの工藤綾乃からの一言を聞けば、思わずニシタチへ行ってみたくなるのではないでしょうか。

工藤綾乃・ニシタチダンス・宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」

◎情報提供:宮崎市 ・ 公益社団法人宮崎市観光協会

ローラ、オリエンタルラジオと光り輝く豪華ユニット結成!「Twinkle Twinkle 2017」公開!

ローラ・オリエンタルラジオ

モデル・タレントのローラが、人気お笑いコンビ・オリエンタルラジオと共に、東京シティ競馬 (TCK) のWEB 限定動画「Twinkle Twinkle 2017 」に出演。本日2017年4月6日(木)公開された 。動画にて、2017年度のテーマ「 NEW TWINKLE.~光と遊べ。 ~」のもと、様々な光の中で演技や「馬ダンス」を披露している。

ローラ・オリエンタルラジオ・Twinkle Twinkle

この動画は、 明治時代と現代の競馬場を体現した内容で、 時代が変化しても変わらない競馬の楽しさと、2017年に新しく生まれ変わったTCKを表現している。競走馬の疾走感を表現したローラとオリエンタルラジオのカッコいい「馬ダンス」や、200人以上のエキストラが出演、 煌びやかで豪華な演出は必見!

ローラ・オリエンタルラジオ・Twinkle Twinkle

また、 1994年のTCKのタイアップ楽曲 Winkの「トゥインクル トゥインクル」を再度起用。 2017年、TCKが、さらなる輝きを放つため、 昨年大ヒットし、 紅白出場を果たした「PERFECT HUMAN」の作曲を手掛けるJUVENILEに楽曲のリバイバルを依頼。 歌い手には、相田翔子を迎え、上質な大人の輝きを担保しつつも、 勢いがあり、 繰り返し聞きたくなるような音楽を目指した。

▼WEB限定動画は、こちらにて視聴可能♪

WEB限定動画「ローラ&オリエンタルラジオ / Twinkle Twinkle 2017」

・公開日:2017年4月6日(木)
・出演者:ローラ&オリエンタルラジオ
・原曲:トゥインクル トゥインクル/ Wink
・作詞:秋元康
・ラップ作詞:深田充宏(YOMIKO)
・作曲:ジェイムス下地
・編曲:JUVENILE
・音楽プロデューサー:佐藤能久(サーティース)
・歌唱者:相田翔子、 オリエンタルラジオ

【Storyboard(ストーリーボード)】

ローラ・オリエンタルラジオ・Twinkle Twinkle 2017
明治時代の装いを彷彿とするドレス姿のローラ。 競馬の実況が流れる中、豪華な車からまるでランウェイを歩くかのように登場。登場とともにファンファーレが鳴リ響く競馬場では、アーティストが踊っていたり、いろんな服装をした人々がいたりと賑やかだ。

ローラ・オリエンタルラジオ・Twinkle Twinkle 2017
そんな中、同じく明治時代の装いを彷彿とさせる中田敦彦や、
アタッシュケースを持ってセレブな装いの藤森慎吾が登場。パドックを歩く美しい馬を見ながら狙いを定める中田敦彦。
バーカウンターの老人にアタッシュケースを渡して何やらコソコソ話をする藤森慎吾。モニターに映し出された美しい白馬に釘付けになるローラ。

ローラ・オリエンタルラジオ・Twinkle Twinkle 2017
3人とも 覚悟を決めたのか、キリッとした目をした瞬間、「3・2・1」の掛け声とともにレーザーの光の世界を馬が一斉に出走。客席も盛り上がる中、
激しいレースが繰り広げられる。 勝利を目前にさらに応援に熱が入る3人。 光にそれぞれの馬が向かっていく。

ローラ・オリエンタルラジオ・Twinkle Twinkle 2017
場面は突然切り替わり、 現代の輝かしい衣装を着た3人が光の空間に登場。「
3・2・1・TWINKLE!」の掛け声と共に、光と遊ぶようにダンスを始める。3人を中心に動画の中の全員が連鎖するように踊り出す。

ローラ・Twinkle Twinkle

<歌詞>
トゥインクル トゥインクル
流れ星を1ダース ちょうだい
(♪~前奏)
(YOYOYO Ladies and Gentlemen.
Everybody come to the TCK.)

夜の空の下では ここに立ってる自分が 何もできないくらい 小さく 思えて来る
彼を愛してるけど 広い宇宙のように 光る星の向うから そう 見えないのでしょう

(TWINKLE始まる Everybody みんな準備はOK? TCK!)

Three Two One TWINKLE

ずっと トゥインクル トゥインクル 同じ場所で (TWINKLE TWINKLE) きれいになって 輝くわ
トゥインクル トゥインクル I LOVE YOUを(COME ON TOKYO) 永遠にあげたい
一晩もかかって 流れ星を待つより 彼の瞳の中 トゥインクル トゥインクルしたい

Three two one TWINKLE

きっと トゥインクル トゥインクル 願うだけじゃ
( come on twinkle )
私の夢は叶わない
( yes show)
トゥインクル トゥインクル
流れ星を ( TWINKLE TWINKLE )

1ダースちょうだい
( L O V E the TCK )
だって トゥインクル トゥインクル 欲しいものは
( come on twinkle )
自分の腕でつかまなきゃ
( Yes TCK Yes )
トゥインクル トゥインクル
流れ星を( TWINKLE TWINKLE )
1ダース ちょうだい
(東京シティ競馬へcome on)

トゥインクル トゥインクル

【ローラ・オリエンタルラジオ インタビュー・撮影エピソード公開!】

ローラ・オリエンタルラジオ インタビュー

Q. 今回の動画の見所を教えてください。

A.
ローラ:今回の動画の見どころは、 100人以上のたくさんの人が出演していて、
衣装も明治時代を反映させるような本当におしゃれな衣装で時空を超えた感じで、 私もずーっと写真を撮っちゃいました。 すごく気に入ってる。
中田:かっこよかったよね藤森:似合ってたよねローラ:あ、 ほんと?ありがとう。中田:綺麗だったわー藤森:あれが似合うってすごいローラ:みんなのダンスもすごいよかった。中田:また、 ダンスが今回見どころ なんですよ。
馬を意識した感じのおしゃれな大人のダンス なんです。藤森:結構激しく踊ったんだよねーローラ:すごい汗かいて踊ってたよね。

中田:めちゃめちゃ汗かいて踊ってたよ

ローラ:私逆に寒くって、 めちゃくちゃ大量のブランケット体に巻いてた。

中田: スタッフさん困ってたよ。 俺らが暑い暑い言う隣でローラが寒い寒い言ってるから。

ローラ: なんか沖縄と北海道が一緒に来ちゃったみたい。

中田:でもほんと全体としてすごくかっこよく仕上がってると思います。

ローラ:うん。 ほんとかっこよかった。

藤森:あと、 照明ね。 光の感じもすっごいかっこよかった。 光と、 馬の疾走感。すごくかっこよく作り上げられているんで、 そこもめちゃめちゃ見て欲しいね。

中田:撮ってる人の才能がすごいよね。

藤森:そうね。 見た目もかっこいいしね、 監督のね。

中田:誰が入ってもかっこよくなるようになってたもんね。そこに我々が入ったから倍かっこよくなったんでしょうね。

藤森:プラス、 ローラとやらせてもらえるっていうね。

中田: 俺らだけが入ってるときには、 その褒め言葉なかったんだけど、
ローラが入った瞬間にやっぱ倍よくなったって言われた んだよね。

全員:笑

藤森: ローラパワーありがとうございます! 今回ローラと一緒にできて超うれしいもん。

中田:光栄だよね。

ローラ:ローラこそうれしい。

藤森:久々じゃない?仕事で一緒になるの。

中田: CM の共演は、 2011年ぶり なんじゃない?

ローラ:えっ?忘れた!

藤森:覚えててくれよ!!

中田: ローラが輝き続けた6年間俺ら一回引っ込んでまた 戻って きた んだよ。

ローラ:そうなの?おかえり!

藤森:浮き沈みすごいから。

中田: ローラがすごいのは、 ずっと輝いてるからね。

藤森:ローラさんと一緒だと現場、 撮影中も楽しいよね。

ローラ:ありがと。

中田:いい作品になっていると思います。


ローラ・オリエンタルラジオ インタビュー

【撮影エピソード】

ローラ・オリエンタルラジオ

<舞台裏の様子>
今回の作品の見どころのひとつである、 総勢200名以上のエキストラ。 その一人ひとりに施された、 風変わりで煌びやかなメイクや衣装に、当日スタジオに入ったローラのひと言目は「WOW!」。

エンタテインメント界に身を置くオリエンタルラジオも「スゴいですね」と口をこぼす、 不思議な人々にあふれるスタジオで撮影が行われた。エキストラと一緒になって競走馬を応援するシーンでは、 ローラ自身のプライベートカメラでエキストラの人々と記念ショット。オリエンタルラジオも、 エキストラと一緒になって大声で「行けーッ!」と叫びながらその胸の高揚が伝わる白熱の演技した。

<豪華なセット>
丸2週間をかけてつくられたその豪華なセットは、 ローラ・オリエンタルラジオを含め、 その他出演者も驚く程の出来栄えだった。
まず、動画の冒頭でローラの頭上に登場するTCKの巨大電照看板、 そして二人組のパフォーマーとジャズバンドが踊る巨大ステージ、パドックを思わせる馬のランウェイなど、 細部までこだわった美術セットの中で撮影が行われた。 ローラとオリエンタルラジオも、豪華なセットの中での撮影にテンションMAX。 朝から晩まで続いた撮影も、 3人の明るくハイテンションな雰囲気の中、あっという間に終えた。

<その他こだわり>
光の空間で行われた、 ローラとオリエンタルラジオのダンスシーン。 オリエンタルラジオが、 ローラのまわりで、 かなりハードな「馬ダンス」 に挑戦 。 3人が息とタイミングを合わせて撮影する緊張のシーン。 当日は輝かしくフォーマルな衣装を着ているにも関わらず、休憩せずに汗だくになりながら何度も馬ダンスにトライした。

▼ローラ&オリエンタルラジオ 出演!「Twinkle Twinkle 2017」メイキング映像は、こちら♪

【相田翔子 インタビュー】

相田翔子

Q.久しぶりにトゥインクル  トゥインクルを歌った感想 は?

Wink時代に歌ってたのは、 もう23年前になりますので、 ものすごいタイムラグがあり、 新鮮な気持ちで歌わせていただきました。 ただ実は、昨年のジャズフェスティバルの主催者の方から、 トゥインクル トゥインクルを是非歌って欲しいと依頼があり、 歌いました。 そこで、自分の中でベースができていたので少し落ち着いて歌えたのですが、 それがもし無かったらと思うと、 もっともっとドキドキしていたのかなと。(笑)ジャズフェスティバルで歌ったとき、 16バージョンやジャズバージョンなどいろんなアレンジがあったんです。 改めて、凄いカッコいい曲なんだなって、 当時Wink時代には感じなかったトゥインクル トゥインクルの魅力を感じていたので、そんな矢先に今回のお話を頂けて、すごく嬉しかったです。

Q.23年の時を経て、 TCKに再度起用されて、 どう思 いますか ?

23 年の時を経て、 同じ曲を使って頂けることが嬉しいというか驚き だったりします。

Q.TCKのグランドオープンに合わせて、 当時のトゥインクル  トゥインクルをリバイバル した今回の 音楽についてどう思 いましたか?

お話を頂いた時は凄く嬉しかったです。 さらに、 私が大好きなパーフェクトヒューマンをアレンジされたJUVENILEさんが、今回のトゥインクル トゥインクルを手掛けて下さったことを知り、 すごく嬉しかったです。
ミーハー的にパーフェクトヒューマンは大好きな曲だったので、 そんな凄い方の手によって生まれ変わり、 そこでまた私も歌うことができるんだなと、純粋に凄く嬉しくて。
楽曲は、 スピードアップして現代風になったというのが、 私の中で感動 。 トゥインクル競馬のキレイな馬達が凄いスピードで走っていく風景にも、老若男女が楽しめるような凄くドリーミングな東京シティ競馬場の雰囲気にも合っていると思います。 あとは、 オリラジさんのラップが入って、そこも凄くお洒落で、 勢いもついて、 純粋にカッコいい曲になりました ね。

相田翔子

Q. オリエンタルラジオさんとローラさんと盛り上げていくわけですが、 その意気込みをお願いします。

オリエンタルラジオさんとローラちゃんと一緒にTCKを盛り上げさせて頂けること、 凄く嬉しく思います。私自身も あの頃以上に ロマンティック になったトゥインクル 競馬を見に行ってみたいなと思います し、 多くの皆さんにまた改めてTCKの魅力を再発見して頂きたいですし、 さらに、 行こう!という気持ちになって頂きたいと思います。


◎情報提供:特別区競馬組合

ENVIE(アンビー)こと小関ミオ、『神戸別品博覧会』会場にてインストアライブ!4月9日開催!

ENVIE(アンビー)・小関ミオ

西野カナなど様々なアーティストに詞曲を提供するシンガー・ENVIE(アンビー)こと小関ミオが2017年4月9日(日)、『神戸別品博覧会』会場にてインストアライブを行う。

フレンチスピリット満載のキュートなボーカルENVIEこと小関ミオ。 フランス語で優雅にシャンソンを歌うかと思えば、フランス語や英語を織り交ぜたHip Hopテイストの曲、現代に逆行するような言葉を突き詰めたフォーキーな曲を歌いこなすなど独自のスタイルを持つシンガーソングライター。神戸にある街の小さな洋菓子店との出会いから神戸での活動が始まった。

【「ENVIE(アンビー)インストアライブ」開催概要】

神戸別品博覧会
・開催日時/2017年4月9日(日)
1.14時00分~14時30分
2.16時00分~16時30分
・開催場所/『神戸別品博覧会』会場中地下スペース
神戸市中央区三宮町2丁目11-3(旧ゼロゲート)
アクセス :JR「元町駅」東改札口から徒歩約5分。

▼楽曲は、こちらから動画にて視聴可能♪
http://www.envie-official.com/music

【ENVIE(アンビー)PROFILE】

ENVIE(アンビー)こと小関ミオ

幼少からフランス語を勉強し、 フランス語で作った最初のデモをきっかけにシンガーとしてのキャリアをスタートさせ、2011年からは作家としても多くの詞曲提供を手がける。2013年本格的にフランス語を音楽に取り入れるため単身渡仏。 パリのアパルトマンといえば聞こえはいいが、四畳半の屋根裏部屋に住みながらライブやボイストレーニングなど生活を通してシャンソン(歌)を学ぶ。

帰国後の2015年、 神戸文化ホールで行われた第31回日本アマチュアシャンソンコンクール全国大会にて歌唱賞を受賞。その美しいフランス語と繊細な歌声が評価され、 JTのテレビCM「日本のひととき折り鶴編」に起用されるなどアンニュイで透き通るボーカルが話題になり、 テレビやweb CMソングでも活躍。

2016年、 とあるCMソングでENVIEの声を聞いた神戸の洋菓子店の方から神戸に歌いに来てほしいと突然連絡を受け、どうしてもENVIEの歌を神戸の人に届けたいという強い願いに再び神戸の地を訪れる。

音楽も人も全てが出会い。 東京からパリ、 そして神戸にある街の小さな洋菓子店主との出会いから新たなENVIE(希望)の物語がスタートした。
2017年3月には阪急百貨店フランスフェアに出演、 開館54年にして史上初の神戸ポートタワー展望台でのライブ公演、神戸路地裏にある名店を巡るライブツアーなど2016年末から神戸を中心に様々なシチュエーションでドラマティックなLiveを繰り広げている。
2016年10月にフランス語と日本語で作詞をした1st Single「Pas Pas Pas」2016年11月に尾崎豊「I LOVEYOU」や松任谷由実「卒業写真」などJ-POPや歌謡曲をフランス語でカバーしたミニアルバム「Je t’aime」をリリース。

自分にできる「表現」とは何かを追求し続け、 音楽活動の他パフォーマーとしても精力的に活動しているENVIE。
現在公演中の夏木マリ主宰「印象派NÉO vol.3 不思議の国の白雪姫」にマリナツキテロワールの一員として出演し、2017年4月25日にはパリ ルーブル美術館での公演も決定している。

【神戸別品博覧会】

神戸別品博覧会

「べっぴん」という言葉は“美しい女性”を表す意味で用いられているが、 江戸時代には「別品」と記し、 “特別によい品物”を表す言葉出会った。
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の放映開始を受けて、 神戸から新しい「別品」を発信すべく、神戸の企業だけでなく全国から神戸を盛り上げたい企業と思いを同じくするアーティストが互いに新しい発想でコラボレーションした魅力ある神戸名産品を開発し発売するのが『神戸別品博覧会』。
この機会を神戸アピールのチャンスと捉え、官民一体となり改めて神戸を全国へ広く発信するイベントとして開催し神戸の新たな魅力度アップを目指している。

▼『神戸別品博覧会』サイト
http://beppin-expo.com/

◎情報提供:株式会社フェリシモ

JY(知英)の楽曲『女子モドキ』が、フジテレビ系ドラマ『人は見た目が100パーセント』主題歌に決定!

 JY(知英)

元KARAのメンバーで現在女優として活躍中の知英(ジヨン)は、JY(ジェイワイ)というアーティスト名義でも活躍している。JY(知英)の楽曲『女子モドキ』が、2017年4月13日からスタートする桐谷美玲主演のフジテレビ系木10ドラマ『人は見た目が100パーセント』の主題歌に決定した。

主題歌に大抜擢されたJYの『女子モドキ』は、2017年4月26日にリリースされるJYの1stアルバム『Many Faces~多面性~』のリード曲だ。恋する女子の思いを軽快なトラックに乗せて歌うJYからの新たな応援歌として制作された楽曲。ドラマ『人は見た目が100パーセント』のサントラを手掛けるm-floの☆Taku Takahashiが全体のサウンドプロデュースやアレンジを、 作詞は『好きな人がいること』など、 これまで多くの楽曲でJYとコラボレーションしている山本加津彦が担当。

 JY(知英)

一聴して体が動きだしそうな、 軽快なドゥワップサウンドが楽曲の骨組みとして見事に機能し、跳ねて楽しげなメロディを歌いあげるJYのボーカルも印象的な一曲だ。☆Taku Takahashiによる楽曲アレンジも、このドゥワップを現代的に昇華させた素晴らしいものである。

歌詞はドラマのストーリーに合わせつつ、 「わたし もっと可愛くなれば変われるの?/あなたがちゃんと振り向いてくればいいだけよ」と恋する女の子の“可愛くなりたい!”“好きなひとに振り向いてもらいたい!”という思いをサウンドに合わせて解釈している。 “明日こそ変われるはず”という前向きな応援ソングで、 サウンド・歌詞ともに渾身の仕上がりに。

 JY(知英)

【JYからのコメント】

 いつでも綺麗で可愛くいたいのが女心ですが、 自分に自信がなかったり、 ついついオシャレをさぼってしまうことは誰でも経験があると思います。 そんな「女子モドキ」に向けての応援ソングができました。
もっと綺麗になって、 好きな人に振り向いて貰いたい!という女の子ならば誰もが共感できる歌詞に注目して頂きたいです。 明るくテンポの良い前向きな曲なので、 ドラマを盛り上げていけたら嬉しいです!


また今後発表されるMVや“私は、 いろんな女で出来ている。 ”という今回のアルバムキャッチコピーなどをはじめとしたアルバム全体のクリエイティブには、 Y!mobileのCMなどでも話題の永見氏率いるクリエイティブチームが参加。 歌詞の面白さや、 JYが持つ様々な多面性を引き出す手腕にも是非注目してほしい。

【草ヶ谷大輔プロデューサー(フジテレビ第一制作センター)からのコメント】

 初めてこの楽曲を聞かせて頂いた時、 流行のメイクやファッションに体当たりで大真面目に研究して、
ステキ女子を目指していく“女子モドキ”たちにピッタリな応援歌だと思いました。
JYさんの可愛い歌声とガーリーな歌詞、 そして一度聴いたら耳に残るメロディがドラマの世界観とも見事にシンクロしており、 より一層このドラマを盛り上げてくれる事でしょう。

【ドラマ『人は見た目100%』番組概要】

タイトル:『人は見た目100%』
放送日時:2017年4月13日スタート 毎週木曜日 22:00~22:54(初回放送は15分拡大 22:00~23:09)
キャスト:桐谷美玲、 水川あさみ、 ブルゾンちえみ、 成田凌、 町田啓太ほか

<スタッフ>
原作:大久保ヒロミ「人は見た目が100パーセント」(講談社「BE・LOVE」)
脚本:相沢友子
チーフプロデュース:中野利幸
プロデュース: 草ヶ谷大輔
演出:松山博昭、 品田俊介、 永山耕三
制作:フジテレビ

【JY(知英)PROFILE】

 JY(知英)

JY(ジェイワイ)

1994年1月18日生まれ。 韓国出身。
2008年KARAとしてデビューし、 2014年4月に卒業。 同年8月より日本を拠点に知英(ジヨン)として女優活動を開始。
2016年3月、 アーティスト名義JYとして日テレ系ドラマ『ヒガンバナ』の主題歌「最後のサヨナラ」でCDデビュー。
同年8月の2ndシングル「好きな人がいること」がフジ月9ドラマ『好きな人がいること』の主題歌となり、 配信チャートで12冠を達成!
さらに、 蜷川実花監督のMVはYouTube再生回数2000万回を超えるなど、 10代を中心に大ヒットとなった。
同年12月には3rdシングル「フェイク」と4thシングル「恋をしていたこと」を同時リリースし話題となった。

▼OFFICIAL WEBSITE
http://www.jy-official.com/
▼Twitter
@JYofficialxxx

【リリース情報】
2017年5月10日(水)JY「Many Faces~多面性~」
・完全生産限定盤(SRCL-9403~04)[CD+スペシャルフォトカードセット+ボーナストラック] ¥3,700+tax
・初回生産限定盤(SRCL-9405~06)[CD+DVD+ボーナストラック] ¥3,700+tax
・通常盤(SRCL-9407)[CD only] ¥2,700+tax
※タイアップ情報:主題歌『女子モドキ』
2017年4月13日スタート
フジテレビ系木10ドラマ「人は見た目が100パーセント」(毎週木曜日22:00~22:54)

【ライブ情報】
「JY 1st LIVE TOUR“Many Faces 2017”」
・2017年5月13(土) Zepp Nagoya
・2017年5月14(日) Zepp Namba
・2017年5月21(日) Zepp DiverCity
チケット好評発売中

◎情報提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

女優・のん 出演!LINE モバイル・CM 第2弾『交差点篇』公開!

女優・のん 出演!LINE モバイル・CM 第2弾

女優、声優、アーティストなどとして幅広く活躍しているのんが出演する、「LINEモバイル」の第2弾CM「愛と革新。(交差点)」編が4月6日(木)、YouTubeにて先行公開された。

前作(第1弾)に続き、キリンジの楽曲「エイリアンズ」がCMソングとして起用された。そして、今回もセリフを一切言わない内容になっている。雨上がりの交差点で、大勢の人たちの中にまぎれたのんが立ち止まって振り返り、セリフを言わずにこちらを見ている、という展開だ。

▼こちらにて視聴可能♪

誰かに呼ばれたように、こちらを振り返る演技が絶妙で、のんの女優としての素質の高さを実感できるCMとなっている。

4月8日(土)からTVCMとして放送される。


楽曲『エイリアンズ』は、キリンジの6thシングル(2000年10月12日にリリース)。キリンジの代表的な楽曲だ。2000年11月8日リリースのオリジナルアルバム『3』にも収録されている。