アニエスベー、“初”の長編監督映画『わたしの名前は…』10月公開!

アニエスベー監督映画-わたしの名前は

世界的に有名なファッション・デザイナーのAgnes b.アニエスベー)は、今までに多くの映画製作も手がけてきたが、“初”の長編監督映画『わたしの名前は…』を製作し、10月に日本で公開される。本名のAgnes Troublé(アニエス・トゥルブレ)名義で発表した長編監督デビュー作だ。

アニエスベーが新聞で読んだ記事を基に自身で脚本を手がけたストーリーで、家出した少女と、トラック運転手をめぐる二人のロードムービー。少女はフランス語を話し、トラック運転手はスコットランド人で英語を話す。言葉が通じない2人だが、逃避行をするうちに、次第に心を通わせていくが、その後の展開はいかに!?楽しみだ。

アニエスベーは「旅で経験する出会いや、日常から切り離された純粋な自由を描きたかった」とコメントしている。

キャストには、アニエスベーと親交のある豪華アーティストや文化人たちが参加しており、トラック運転手役を務めるのは、「ジダン/神が愛した男」の監督で現代美術家のダグラス・ゴードン。家出した12歳の少女を演じるのは、ルー = レリア・デュメールリアック。また、音楽では、フランスのエレクトロポップ・デュオ、Air(エール)のジャン=ブノワ・ダンケルが参加し、Sonic Youthも未発表音源を提供している。

本作は2015年10月、渋谷アップリンクほか全国順次公開される。

<映画『わたしの名前は…』・詳細>

・監督・脚本・撮影・美術:アニエス・トゥルブレ(アニエスベー)
・ゲストカメラマン:ジョナス・メカス

・音楽:デビッド・ダニエル、ソニック・ユース
・オリジナル音楽:ジャン=ブノワ・ダンケル(Air)
・出演:ルー=レリア・デュメールリアック、シルビー・テステュー、ジャック・ボナフェ、ダグラス・ゴードン、アントニオ・ネグリ
・提供:アニエスベー

・配給、宣伝:アップリンク
・オフィシャルサイト:http://uplink.co.jp/mynameis/
(C)Love streams agnes b. Productions

コメントを残す