『anan』歴代表紙が表参道駅構内をジャック!2000号を記念した「ananアーカイブ展」4月11日(月)より開催!

『anan』歴代表紙が表参道駅構内をジャック

本日4月11日(月)~17日(日)の期間限定で『anan』創刊から46年間分の表紙を振り返る「ananアーカイブ展」が、東京メトロ・表参道駅構内にて開催が始まった。これは、株式会社マガジンハウスが刊行する女性週刊誌『anan(アンアン)』が、2016年4月13日(水)発売号で記念すべき通巻2000号を迎えることを記念したもの。ちなみに、通巻2000号は「週刊女性ライフスタイル・総合誌」としては唯一の快挙である。

冒頭の画像・一番右上に見えているのが、創刊号の表紙。

『anan』2000号記念!ありがとう!

また、「好きな男、嫌いな男」「おしゃれ美乳」など、創刊以来独自の切り口と言葉で多くの読者にインパクトと共感を与え続けてきた『anan』が、今回企業とのスペシャルコラボにより、新たな“ananワード”を制作した。厳選した過去の特集ワード9本を含む計18本の“ananワード” を「『anan』言葉辞典」として、4月12日(火)より7日間限定で東京メトロ全9路線中づり広告にて展開する。

※一部展示していない表紙もございます。ご了承ください。
※駅・係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

【表紙を飾った歴代著名人たちが大集結!「ananアーカイブ展」開催】

1970年の創刊から46年間分の表紙をずらりと並べたグラフィック展示では、往年のアイドルから、今もなお活躍中の人気女優や俳優をはじめとした歴代著名人達が華やかに飾った表紙が大集結。話題をさらった表紙や、俳優&モデルの貴重な2ショット表紙など、その時代を反映した懐かしの表紙に再び出会えることができる。
歴代『anan』の表紙と共に、発売当時の世相や出来事などを振り返りながら『anan』がこれまで創り続けてきたカルチャーを感じられる。

【特設フォトブースで『anan』の表紙モデルになろう!】
『anan』2000号記念・表紙モデル・特設フォトブース
特設フォトブースイメージ図

また、『anan』の表紙風撮影ができるグラフィックも登場。創刊2000号記念の限定表紙をバックに、記念撮影をお楽しみいただけます。撮影した写真はハッシュタグ「#じぶんanan」で是非シェアを!
【ハッシュタグ:#じぶんanan】

line2

【「ananアーカイブ展」 概要】

■掲出期間:2016年4月11日(月)~17日(日)
■エリア:東京メトロ表参道駅構内
(中央B口壁面/中央C口壁面/銀座線エスカレーター壁面/構内柱/B1出口方面通路、B2出口方面通路各壁面)

【女性の気持ちがぎっしり詰まった『anan言葉辞典』を東京メトロ全9路線の各1編成「中づり貸切電車」にて展開!】

anan 電車中吊り広告 2000号記念
『anan』は、1970年の創刊以来、その時代、その瞬間を生きる女性に寄り添い、心を動かすトレンドキーワードを生み出してきた。“抱かれたい男”や“おしゃれ美乳”など『anan』が創り出してきた言葉の数々には、“いま、これがすき!”という女性の気持ちがぎっしりと詰まっている。

2000号を迎えた今回、企業とのスペシャルコラボにより、『anan』編集部が新たな“ananワード”を制作。厳選した過去の特集ワード9本を含む計18本の“ananワード” を、『anan言葉辞典』として、東京メトロ全9路線の各1編成「中づり貸切電車」にて4月12日(火)~18日(月)の7日間限定で展開!

※東京メトロ全9路線とは・・・
銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線。

anan words

『anan』ならではの切り口で生み出す言葉に注目を♪

※運行状況に関するお問い合わせは一切お答えできません。また、東京メトロ駅係員・乗務員・お客様センターへのお問い合わせはご遠慮ください。

『anan』特集ワード

その他、厳選した70本に及ぶ過去の特集ワードを4月13日(水)発売の本誌でも紹介される。こちらも要チェック!

anan 特集ワード辞典 2000号記念

line2

【『anan』について】

anan創刊号表紙(雑誌)
▲創刊号表紙

1970年3月、日本で初の大型グラビアファッション誌として創刊。創刊当初は海外ロケを中心とした美しい写真で展開するファッションページと、高感度の読み物ページの二つ柱で展開していた。

1970~80年代には旅行ガイド的な記事も早くから掲載し、当時の『non・no』(集英社)とともに若い女性同士で旅に出るブームを牽引、その旅行者は「アンノン族」と呼ばれるほどであった。

1980年代半ばにはファッション誌というテイストを残しながらも、特集テーマとして恋愛、美容なども扱うように。その後「好きな男、嫌いな男」、「セックスできれいになる」などエポックメイクな特集も多数組まれ、扱うテーマも広がり90年代後半にはファッション誌からライフスタイル誌へ変貌を遂げた。

2016年4月13日発売号で、「週刊女性ライフスタイル・総合誌」としては唯一の通巻2000号を迎え、今もなお、好奇心旺盛なすべての女性と共に歩み続けている。

▲2000号表紙

2000!特別記念号

<内容>
2000th anan always with you.
黒柳徹子さんに聞く、パンダとアンアンの深~いカンケイ!
COVERを飾った女性たちが語る 私とanan
「大好きな男が嫌いになるとき。」~「美女入門」まで 林真理子さんとアンアンの時間。
描き下ろしエッセイ「Dear anan」/指原莉乃さんとスペシャル対談「マリコとサシコのオンナ道場」
あの出会いも、この出会いも、誌面で起こりました。江原啓之さんのアンアン論。
キョンキョン~AKB48まで。秋元康さんが語る、アンアン表紙論。「アンアンの表紙は、“時代のランウェイ”だ」
いつだって、ときめいています!男とanan
「当たる!」と言われ続けて30余年!占い文化はアンアンとともに育った。
1999冊を振り返る あんな連載、こんな連載。
イラストと漫画/小説とエッセイ/映画とanan/目次横のanan/おんなのanan/掘りおこしanan
ただいま連載中のみなさんからのメッセージ。「私のanan」
1970年代にひとっ飛び!ananパンダ探偵団

特集:2000!特別記念号
発売日:2016年4月13日(水)
価格:特別定価650円(税込)
出版社名:株式会社マガジンハウス

◎情報提供: 株式会社マガジンハウス