今野杏南&夏目花実、ギリギリ限界に挑戦!人気マンガ『ドメスティックな彼女』、体験型恋愛シミュレーション実写ドラマ化!

人気グラビアアイドルの今野杏南(こんの あんな)と夏目花実(なつめ はなみ)が、「週刊少年マガジン」連載中の漫画『ドメスティックな彼女』の実写版シミュレーションドラマに起用され、YouTubeにて公開された。これは、講談社はコミックス最新9巻の発売(5/17)を記念して制作されたドラマで、新しい形のドラマ企画「体験型恋愛シミュレーションドラマ『ドメスティックな彼女』WEB MOVIE」。(本記事冒頭の映像にて視聴可能。)

視聴者体験型ドラマとは、YouTubeの画面上の選択機能を使用して、視聴者の選択によって恋愛ストーリーの展開やエンディングが変わるというもの。各ストーリーでは、原作コミックス掲載時に話題になった過激なシーンについても再現されており、主演の今野杏南と夏目花実による迫真の体当たり演技にも要注目!

今回のWEBドラマ化に際しては、原作者の流石景氏も「ホント可愛くて、きっと映像観たら好きになっちゃうよ?」と主演の二人を大絶賛している。

今野杏南・夏目花実・ドメスティックな彼女

なお、「週刊少年マガジン」25号(5/18発売)では関連記事が、またマンガアプリ「マガジンポケット」では17日より『ドメスティックな彼女』 特集として「WEBドラマ フォト&カラーイラストギャラリー」も公開されるので、こちらもあわせてチェックしよう!

▼【公式体験型恋愛シミュレーションドラマ】『ドメスティックな彼女』WEB MOVIE
https://youtu.be/MKzd_s3EHsI
▼「週刊少年マガジン」公式サイト『ドメスティックな彼女』作品ページhttp://www.shonenmagazine.com/smaga/domekano/

視聴者体験型ドラマ『ドメスティックな彼女』とは

主人公は視聴者!キミの選択によってストーリーやエンディングが毎回変わる!陽菜と瑠衣、キミはどっちを選ぶ?過激シーンやドキドキシーンが観られるかは、キミの腕次第!

『ドメスティックな彼女』とは

『GE~グッドエンディング~』の流石景が描く、「週刊少年マガジン」連載中の衝撃のラブストーリー! 初体験の相手・瑠衣&想いを寄せる高校の教師・陽菜と突然家族になった夏生は‥‥。一つ屋根の下、ピュアで過激な三角関係!!

【原作者・流石景からのコメント】

まさかの実写化です(笑)。演じてくれた主演のお二人は輝くばかりに可愛かった…!『ドメカノ』も気に入っていただいて、今野さんには演出のアイディア出してくださったり、夏目さんもこの撮影のために黒髪にして撮影に臨んでくださったり、本当にありがとうございました!ホント可愛くてきっと映像観たら好きになっちゃうよ?


【今野杏南(陽菜役)からのコメント】

私が演じたヒナ姉はナイスバディで可愛くて天真爛漫な女性です。
そんな素敵なキャラクターを任せていただけて感激でした!
『ドメカノ』はエッチで笑えて、甘酸っぱい恋物語。
原作もめちゃめちゃ面白い漫画です。
杏南もハマって一気読みしてしまいました!


【夏目花実(瑠衣役)からのコメント】

杏南さんと初めてあんなに至近距離での撮影をして、緊張で汗が止まらず杏南さんの胸の谷間に私の汗のしずくを落としてしまうというちょっとエッチなハプニングもありwすごく楽しかったです。
瑠衣という役は、私自身にすごく似ているところがあって、原作でも一番共感出来る部分が多く、個人的に瑠衣を応援しているので(笑)、魂を入れて撮影にのぞみました。
作中で衝撃的!?だった、数々のあの名シーンを再現しています^_^
どのシーンがくるか、予想しててね!


★キャスト
陽菜: 今野杏南
Twitter @konno_anna
瑠衣: 夏目花実
Twitter @hanami_natsume

★ドラマの登場人物紹介・相関図はこちら
http://www.shonenmagazine.com/smaga/domekano/diagram/

★制作スタッフ
監督:横大路伸
BGM:MusMus

▼原作コミックス1話を今すぐ無料試し読み&最新第9巻(5/17発売)の情報はこちら♪

http://www.shonenmagazine.com/smaga/domekano/

▼書籍は、こちら♪


◆『ドメスティックな彼女』はじめ「週刊少年マガジン」の連載作品が無料で読める!
公式マンガアプリ「マガジンポケット」
【期間限定】今野杏南&夏目花実『ドメスティックな彼女』WEBドラマ フォト&カラーギャラリーも5月17日(火)より公開!
http://www.shonenmagazine.com/special/magazinepocket/

▼『ドメスティックな彼女』公式Twitter
@dome_mousou

◎情報提供:株式会社講談社