カテゴリー別アーカイブ: Movie

土屋太鳳 主演!映画『PとJK』、ぴあ映画初日満足度ランキング・1位に!

土屋太鳳 主演!映画『PとJK』

“P=POLICE(警察官)”と“JK=女子高生”の恋愛模様を描いた三次マキの人気コミックを、亀梨和也土屋太鳳らで実写化した『PとJK』が、2017年3月24日・25日公開の“ぴあ映画初日満足度ランキング”にて、見事1位を獲得した。

第2位は、やまもり三香の人気コミックを、 永野芽郁・三浦翔平・白濱亜嵐らで実写化した『ひるなかの流星』。第3位は、文明社会と隔絶した孤島を舞台に、過酷なサバイバルを繰り広げながらマンガに情熱を燃やす男たちの運命を描いた『まんが島』に決定。

以下に、上位11位までを掲載!

1位『PとJK』92.8点
2位『ひるなかの流星』92.7点
3位『まんが島』90.6点
4位『キングコング:髑髏島の巨神』87.9点
5位『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』87.5点
6位『グッバイエレジー』86.6点
7位『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』81.6点
8位『未来よ こんにちは』81.3点
9位『パッセンジャー』80.8点
10位『サクラダリセット 前篇』80.7点
11位『サラエヴォの銃声』76.2点
(3月25日ぴあ調べ)


【観客からのコメント】
1位『PとJK』92.8点
「ザ恋愛映画で、 ドキドキしっぱなし! 特に観覧車やシャツのシーンでの亀梨さんがヤバくて、 キャーッてなった。
セリフもかっこよくてキュンキュンした。 」(12歳・女性)
「出会って仲良くなって…というふたりの経過が丁寧に描かれていたので真剣に受け取れた。 恋愛の話なので、 カップルで観るのもオススメ」(16歳・男性)
「ガッツリ恋愛を描いた映画かと思ったら、 家族愛もあって、 感動した。 笑える場面もあったし、 愛する人のため、 その人を守るため、
そんな“愛”がつまった作品だった」(31歳・女性)

2位『ひるなかの流星』92.7点
「わたしも恋がしたくなりました! 白濱亜嵐くんの演技が初々しくて可愛かった。 友情あり、 笑いあり、 涙ありで、 こんな恋愛に憧れる」(14歳・女性)
「嫉妬する気持ちは、 男から見ても共感したし、 振られるシーンは切なかった。 心に響くものがある映画で、
三浦さんは自分から見ても大人のカッコよさがあった」(15歳・男性)
「原作を知っているので、 キャストがみんな合っていて大満足。 獅子尾先生は本当にそのまま実写化した感じだった。 ラストシーンは、
どっちにするの~って一番ドキドキした」(16歳・女性)

3位『まんが島』90.6点
「ストーリーはぶっ飛んでいるので、 理解しきれない部分もあるが、 意外と緻密なところもあって、 理屈じゃないおもしろさ!とにかく観てほしい!」(54歳・男性)
「景色の美しさと、 素敵な音楽が印象的。 何かしら創っている人が観ると、 良い刺激を受けそう。 好き嫌いが分かれるタイプの作品だと思うが、
観て損はないと思う」(33歳・女性)
「自分も漫画を書いているので興味を持った。 彼らに向かってくるピンチは現実味があり、 引き込まれた。
自分と重なっていく部分があっておもしろかった」(50歳・男性)

<ぴあ映画初日満足度調査とは>
ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。

▼ぴあ映画初日満足度ランキング
 http://cinema.pia.co.jp/ranking/

◎情報提供:ぴあ株式会社

松風理咲 初主演!映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』先行ロードショー決定!

松風理咲 主演!映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』

ネスレ「キットカット」6代目受験生応援キャラクターを務め、 注目度急上昇中の女優・松風理咲(まつかぜ りさき)が主演を務める映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』の先行上映が、5月6日(土)にイオンシネマ銚子およびイオンシネマ幕張新都心にて行われることが決定した。そして、5月20日(土)より新宿武蔵野館ほか、 全国の映画館で順次公開される。

本作は、 現在95歳を迎え、 生誕100 歳に向けて走り続ける「銚子電鉄」を背景に描かれた映画。 原作は、吉野翠の短編小説『トモシビ-銚子電鉄の小さな奇蹟-』(TO文庫刊)。 映画では、 原作とは違った物語が展開され、松風理咲が演じる女子高生・椎名杏子を主人公に、 高校生ランナーと銚子電鉄との競争イベント、 そして電車を支える人々と、 電車とともに地元で暮らす人々との交流が描かれる。

松風理咲 主演!映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』

主人公・椎名杏子を演じる松風理咲は、本作にて記念すべき映画初主演を果たす。そして、地元の撮鉄青年・熊神守役を、auのCM「三太郎シリーズ」の一寸法師役で一躍脚光を浴びた個性派俳優・前野朋也、 人生に疲れ、 調子に訪れた女性・キミエ役を、 本作の主題歌「灯」も書き下ろしたシンガーソングライター・植田真梨恵が演じる。 そのほか、 有野晋哉富田靖子井上順など、 豪華なベテラン陣が脇を固める。

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』

メガホンをとったのは、「の・ようなもののようなもの」の杉山泰一監督。 高校生たちの“あきらめない気持ち”と、 あきらめずに走り続ける銚子電鉄の姿が、5月の風とともにさわやかな勇気と希望を運んでくれる。

▼【映画「トモシビ~銚子電鉄6.4kmの軌跡~」予告編】

出演者のファンも、 銚子電鉄のファンも、要チェック♪

【映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』 概要】

松風理咲 主演!映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』

先行公開は5月6日(土)イオンシネマ銚子、 イオンシネマ幕張新都心にて。 5月20日(土)より新宿武蔵野館ほか、 全国にて順次ロードショー!

<出演>
松風理咲、 前野朋哉、 植田真梨恵、 有野晋哉、 富田靖子/井上順

・監督:杉山泰一(「の・ようなもの のようなもの」)
・原作:吉野翠『トモシビ~銚子電鉄の小さな奇蹟~』(TO文庫)
・主題歌:植田真梨恵「灯」(GIZA studio)
・配給:トモシビパートナーズ
・配給協力:アーク・フィルムズ
・制作:クリーク・アンド・リバー社
・上映時間:96分

【STORY(物語)】
走る、 走る。 想いを乗せて—。

高校生の椎名杏子(松風理咲)は、 父を亡くし、 母(富田靖子)と二人で銚子の街で暮らしていた。 彼女が企画した<銚子電鉄と高校生ランナーとのレース勝負>が、 地元メディアにも注目され、 地元の期待も高まる中、 最後のランナーが決まらず焦る杏子。 時を同じくして、 人生に疲れ果て、 ふと銚子を訪れた一人の女性キミエ(植田真梨恵)の美しさに目をとめる電車撮り鉄青年の熊神(前野朋哉)。 荒れた生活を送るキミエを世話する羽目になった熊神だったが、 キミエを少しずつ理解し、 徐々に 2 人の距離も近づいていく。 一方、 銚電の名にかけてもその勝負に負けられない銚子電鉄側では、 万全の準備を期していたが、 まさかの部品故障が発生。 運転士の磯崎(有野晋哉)がレースを諦めかけた時、 母と親しくする磯崎を疎ましく思っていた理咲が言い放つ…。 そして、 レース当日、 それぞれの想いを乗せて、 走る、 走る。

▼Official Website
http://tomoshibi-choshi.jp/
▼Facebook
https://www.facebook.com/tomoshibi.choshi/
▼Twitter
@tomoshibi_tw

(C)2017 トモシビパートナーズ

【松風理咲・Profile】

松風理咲(まつかぜ りさき)
女優/スウィートパワー所属

・生年月日:2001年1月17日
・出身地:岐阜県
・血液型:B型

中学生の時にスカウトされ、2015年に芸能界入り。2016年に連続ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』でドラマデビュー。ネスレ日本「キットカット」の第6代受験生応援キャンペーン イメージキャラクターでも注目を集めた。2017年、映画『トモシビ〜銚子電鉄6.4kmの軌跡〜』で初主演。

◎情報提供:株式会社クリーク・アンド・リバー社

岡本夏美 主演!映画『女流闘牌伝 aki [アキ] 』2017年 夏公開 決定!

岡本夏美主演!映画『女流闘牌伝 aki [アキ] 』

元祖アイドル麻雀プロ・二階堂亜樹(にかいどう あき)が原案を務めたコミックス「aki」が、『女流闘牌伝 aki -アキ-』のタイトルで実写映像化され、2017 年夏に公開されることが決定した。モデル・女優で人気沸騰中の岡本夏美(おかもと なつみ)が、主人公の亜樹を演じる。そして、『太陽を掴め』の中村祐太郎が監督を務める。

岡本夏美主演!映画『女流闘牌伝 aki [アキ] 』

原作コミックスは家出、中卒、親の離婚、倒産、一家離散…!人気・実力ナンバー1 麻雀女流プロ・二階堂亜樹の知られざる過去を描いた物語。二階堂は実家の家業が雀荘であったということもあり、幼い頃から親しんでいた。幼少期に両親が離婚。姉妹は父親の親戚に預けられた。そして、中学 3 年生の頃、高校には進学せず雀荘を転々とし、プロデビュー後「最年少女子プロ」のキャッチフレーズとそのルックスで脚光を浴び、テレビや雑誌などへも出演。数々の麻雀大会やイベントに出場、多岐にわたる活躍をしている。

【二階堂亜樹からの自著の映画化についての喜びのコメント】

「映画化のお話を聞いたときは、正直とても驚きました。自分のことを漫画にして頂いただけでも嬉しかったのですが、単行本、ついには映画化ですからね。
10 代の頃にはまさかそんな事が自分の人生にあるなんて露ほども思っていなかったかと。人生って本当になにがあるかわからないものです。何に焦がれたのか。何者になりたかったのか。誰かの何かになれたのか。まだまだ道半ばですが、そんな半生を物語として、二階堂亜樹に興味がある方はもちろん、無い方にも是非観て頂きたいと思います」


そして、主人公の亜樹を演じるのは、モデル・女優で人気沸騰中の岡本夏美。岡本は「Seventeen」の専属モデルとして活躍中。2015 年より「ワイドナショー」に準レギュラーとして出演すると、一躍人気者に。『仮面ライダー1 号』『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』『咲 -Saki-』と映画にも多数出演している。

【岡本夏美からの意気込みコメント】

「アキちゃんは、自分の意思をしっかり持っていて、ただまっすぐ
前を向いているなと思いました。周りに対して、大人に対して、繊細な感情を持っていながら、麻雀の愛をひたむきに信じる力がある。。共感できる部分も、尊敬できる部分もあります。アキちゃんの感情に寄り添って、表現できたらいいなと思います。」


岡本夏美
【岡本夏美からのコメント】(おかもとなつみ:アキ役)

アキちゃんは、自分の意思をしっかり持っていて、ただまっすぐ前を向いているなと思いました。周りに対して、大人に対して、繊細な感情を持っていながら、麻雀の愛をひたむきに信じる力がある。。
共感できる部分も、尊敬できる部分もあります。
アキちゃんの感情に寄り添って、表現できたらいいなと思います。

二階堂亜樹
【二階堂亜樹からのコメント】

映画化のお話を聞いたときは、正直とても驚きました。
自分のことを漫画にして頂いただけでも嬉しかったのですが、単行本、ついには映画化ですからね。
10 代の頃にはまさかそんな事が自分の人生にあるなんて露ほども思っていなかったかと。
人生って本当になにがあるかわからないものです。
何に焦がれたのか。
何者になりたかったのか。
誰かの何かになれたのか。
まだまだ道半ばですが、そんな半生を物語として、二階堂亜樹に興味がある方はもちろん、無い方にも是非観て頂きたいと思います。

【中村祐太郎監督からのコメント】

岡本夏美さんは爆発でした。
彼女の瞳から溢れる活力が、そう僕を確信させました。
若干18歳。春には高校を卒業する彼女が、女流麻雀士二階堂亜樹の激動の10代を演じ、今しかできない女流闘牌伝を作り上げます。
麻雀は孤独な旅のようです。
akiが作ったその軌跡を、岡本さんがどのように辿っていくか、闘っていくか。
その神秘こそ映画体験で、皆様にお届けしたいです。
また麻雀の素晴らしさが少しでも伝わる作品になるよう、一同頑張っていきます!


【映画『女流闘牌伝 aki [アキ] 』概要】

<ストーリー>
15歳の少女アキ。「本物の人生」そして「本物の麻雀」を目指して突き進む様を描いた麻雀青春録。
雀荘で生まれ育った少女・アキ。15歳の冬、ボストンバッグひとつで東京にやってきた彼女が求めたのは、自分の力だけで勝
ち取る「本物の人生」だった。大都会の厳しさに打ちひしがれながらも、自身が持つ唯一の武器「麻雀」によって生きることを決
意するアキ。しかし、その前に立ち塞がる汚い大人たちと大都会の現実…。だが、少女雀士・ひまわりと【ミスター麻雀】小島武
夫との出会いが、彼女の「人生」と「麻雀」を大きく変えていくこととなる…。

・主演:岡本夏美
・監督:中村祐太郎
・原作:花崎圭司
・作画:大崎充 「aki」 竹書房刊
・協力:二階堂亜樹
・闘牌指導:麻雀企画集団バビロン
・協力:日本プロ麻雀連盟
・企画・配給:AMG エンタテインメント
©2017 花崎圭司・大崎充/竹書房/『aki』製作委員会

▼Official Website
http://aki-movie.com

◎情報提供:AMG エンタテインメント

広瀬すず、映画『ラプラスの魔女』に出演決定!嵐の櫻井翔・福士蒼汰と初共演!

広瀬すず

女優・広瀬すず(18)が、東野圭吾のデビュー30周年記念作を三池崇史監督が実写映画化する『ラプラスの魔女』に出演することが明らかになった。本作では、嵐の櫻井翔が主演し、福士蒼汰も出演する。

広瀬すずにとって、三池崇史監督作品に出演するのは、これが“初”。櫻井翔・福士蒼汰とも初タッグだ。

『ラプラスの魔女』のストーリーは、地球化学の研究者である大学教授・青江修介が、自然科学的に不可能な事件の調査を警察から依頼され、事件の真相に迫るもの。櫻井翔が、青江修介役を演じる。そして、広瀬すずは、事件現場に現れ次に起こる自然現象を言い当てる謎の女・羽原円華を、福士蒼汰は羽原円華が探す失踪した青年・甘粕謙人を演じる。

映画は、3月16日から撮影が始まっており、4月下旬にオールアップ予定。来年2018年に全国で公開される。

【『ラプラスの魔女』原作】

AKB48・田野優花、初主演映画!『リンキング・ラブ』クランクアップ!田野優花からのコメント到着!

田野優花 初主演映画!『リンキング・ラブ』AKB48

AKB48の田野優花(たの ゆうか)が初映画、そして主演を務めた映画『リンキング・ラブ』が、無事にクランクアップした。

本作は、「平成ガメラシリーズ」「デスノート前後編」などの話題作を手掛けた金子修介監督の最新作。同名のネット小説を実写映画化した作品で、1月21日にクランクインし、約1ヶ月の撮影を終え、クランクアップ。今年2017年に公開される。

田野優花が演じるのは、2017年から「バブル末期」にタイムスリップした主人公・美唯。女子大生である母親やその友人たちと、アイドルグループ・ASG16を結成する。田野優花石橋杏奈をはじめ、益田恵梨菜樋井明日香未浜杏梨長谷川眞優眞島優佐々木しほ などフレッシュな女優が顔を揃えたASGメンバーは、クランクイン前から約2ヶ月、共にダンスなどの練習に励みチームワークを育みながら撮影に挑んだ。

グループをまとめる主演の田野優花は、本作が念願の映画初主演となるが、金子監督は「小柄だけどビッグでパワフルな女優が現れた」と、その思い切った演技を大絶賛。脇を固める個性豊かな俳優陣との息もぴったりで、先日20歳の誕生日を迎えたばかりの田野優花の新境地を感じさせる初主演映画となった。笑って泣いて元気が出る最強のガールズパワームービーがここに誕生!

【田野優花 からのクランクアップコメント】

今回、初映画、そして主演をやらせていただきました、真塩美唯役のAKB48田野優花です。
このお話をいただいた時、こんなに経験豊かなキャストさんの中で、主演というのは大丈夫なのだろうかと不安はありましたが、みなさんに支えていただきながら、無事撮影を終えられました。コメディ要素はもちろんありますが、美唯から出てくる言葉で、すごく考えさせられる台詞がいくつもあるので、観ていただくみなさんの心に届いてほしいなと思います。ぜひ映画館でご覧下さい。


【金子修介監督からのクランクアップコメント】

26年前に自分で撮った「就職戦線異状なし」のバブリーな世界を再現してみると、その能天気ぶりに笑えるが、田野ちゃんのウケ方が上手で更に2倍笑える。田野優花、可愛くて面白い。小柄だけどビッグでパワフルな女優が現れた。映画では彼女はAKBに落ちたという設定だ。その彼女が何故26年前にAKBのようなグループを作るのか、見て下さい、納得出来ます。バラバラだった16人のガールズが一つに結集してゆく青春は、ウソであっても胸打たれ、今を生きるアイドルたちに敬意を抱くことでありましょう。僕がそうでした。これは一つのアイドル讃歌。石橋杏奈もこんなに可愛くハートを射抜く。白洲迅の懸命なイケメンオタクぶりにも注目下さい。そしてガールズにも。


【リンキング・ラブ(LINKING LOVE)映画概要】

作品名 : リンキング・ラブ(LINKING LOVE)
原作  : 萩島宏「Linking Love」 https://www.linking-love.com
監督  : 金子修介
脚本  : 長谷川隆、金子修介
音楽  : MOKU
製作  : AiiA Corporation
企画  : Y&N Brothers クムナムエンターテインメント
企画協力: ユーティリティ
制作会社: シネムーブ
配給  : BS-TBS (C)2017 AiiA Corporation
公開日 : 2017年公開予定
▼Official Website
http://movie.linking-love.com/

<STORY(ストーリー)>
2017年。両親と同じ青山星陵学院大学に通う真塩美唯。
アイドルになる夢は叶わず、鞍替えして始めたラップもフリースタイルバトル決勝戦で負けてしまう。
ダメなお父さんに愛想を尽かし、お母さんは家出。家庭崩壊の大ピンチ!
途方にくれた美唯の前に現れたのは、魔法のランプから飛び出してきた守護神と名乗る怪しい男。
美唯の“3つの願い事”を叶えてくれるというが、早合点した守護神が叶えた願いとは――
突如、美唯はバブル末期の1991年へとタイムスリップ!そこは若き日の両親が通うキャンパスだった!!
そこで出会った両親はなんだか不仲。このままでは美唯は生まれない!?
アイドル好きのお父さんを振り向かせるために、美唯は若きお母さんやその友人たちとアイドルグループを結成!
仲間との友情、家族の絆、そして最後の手段は1991年にAKB!?
厳しいレッスンと数々の試練を乗り越え、美唯は未来を変えることができるのか!?

<CAST:出演陣について>
主演は、唯一無二の存在感とダンスを武器にミュージカルにも活動の幅を広げているAKB48の田野優花。そのほかに、女優・ファッションモデルとしての活動だけでなく『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)でコントにも挑戦するなど幅広い才能を見せる石橋杏奈、ミュージカル『テニスの王子様』でデビューして以来、注目度上昇中のイケメン俳優・白洲迅ら、今話題のフレッシュな俳優や、中尾明慶、落合モトキ、加藤諒、木下隆行、大倉孝二、渡辺徹、西村雅彦ら個性豊かな実力派俳優が脇を固める。

▼配給お問い合わせ
BS-TBS
TEL:03-5575-2250

◎情報提供:アイア株式会社