カテゴリー別アーカイブ: TV・RADIO

『SKE48 ZERO POSITION』TBSチャンネル1で2月18日(土)オンエア!SKE48・高柳明音が“6年前”の心境を初告白!その言葉にキャプテン・斉藤真木子が涙…

SKE48 ZERO POSITION・高柳明音、斉藤真木子、内山命、石田安奈
※左から:高柳明音、斉藤真木子、内山命、石田安奈

CS放送・TBSチャンネル1にて好評放送中のSKE48真剣勝負バラエティ番組『SKE48 ZERO POSITION(ゼロポジション)』の2月18日(土)の放送回にて、昨年末に放送した“期”対抗のスポーツ対決企画で優勝した2期生のための“ご褒美企画”後編がオンエア。石田安奈、内山命、斉藤真木子、高柳明音の4人が、SKE48として活動してきた8年間の軌跡を当時の写真とともに振り返り、今だから言える様々な思いを本音で語り合う。(午後11時00分〜オンエア)

4人の“ヒストリートーク”は、オーディションの話題からスタート。デビュー前の初々しい写真が登場すると、思わず全員が絶叫。また、審査の際に歌った歌を1人ずつアカペラで披露することに。活動初期の思い出トークでは、石田安奈が握手会での悔しかったエピソードを告白する。2010年12月には内山命と斉藤真木子が研究生へと降格。同じチームのリーダーだった高柳明音がその時の心境を初めて2人に伝える。「墓場まで持っていくつもりだった」というほど秘め続けたその言葉に、斉藤真木子は胸を熱くする。

ほか、AKB48との兼任期間に石田安奈が感じたグループによる考え方の違いや、高柳明音が斉藤真木子にグループのキャプテンとして期待すること、SKE48を引っ張る2期生が今後どうあるべきかについて熱く語り尽くす。グループの歴史がぎっしりと詰まった4人のトークを要チェック♪

番組の後半では、 「KUNOICHI」(TBS系列にて2月12日放送)に出場した二村春香の舞台裏密着の模様を紹介。緊張の本番前からチャレンジ後まで、夢の舞台で奮闘した彼女の挑戦、そのすべてをオンエア♪

【『SKE48 ZERO POSITION ~チームスパルタ!能力別アンダーバトル~ #52』』放送概要】

SKE48 ZERO POSITION・高柳明音、斉藤真木子、内山命、石田安奈

〈放送チャンネル〉
CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」
〈放送日時〉
2017年2月18日(土)午後11:00~11:30 ほか
〈出演〉
石田安奈、 内山命、 斉藤真木子、 高柳明音/二村春香

http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/ichioshi/ske48zeroposition/

【CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」とは】
株式会社TBS テレビ(本社:東京都港区、
代表取締役社長:武田信二)が運営。TBSの人気番組が満載!ドラマ「下町ロケット」「天皇の料理番」「SPEC」「JIN」「渡る世間は鬼ばかり」「水戸黄門」、
AKB48グループ&乃木坂46オリジナルバラエティ、 独占音楽ライブ、 新作アニメ&特撮、 大ヒット映画、 話題の韓国ドラマ&
K-POPなど“見たい番組が必ずある”総合エンタメチャンネル!

<視聴方法>
スカパー!(CS296)、 スカパー!プレミアムサービス(Ch616)、 J:COMほか全国のCATV、 ひかりTV、 auひかりなどで視聴可能。

◎情報提供:株式会社TBSテレビ

詩人・最果タヒの世界を若手監督と女性アーティストがショートフィルムで表現!『さいはてれび』3作品を配信開始!

さいはてれび

詩人“最果タヒ”(さいはて たひ)の世界を若手監督と女性アーティストがショートフィルムで表現した『さいはてれび』3作品が、本日2017年2月13日(月)15時00分よりFOD(フジテレビオンデマンド)にて配信開始された。ショートフィルム番組『さいはてれび』として、最果タヒの詩集を原作とする作品が配信される。

・GIRLS ARTIST:上坂すみれぽん(ORESAMA)、吉澤嘉代子
・映像監督:山戸結希、 荒船泰廣、 二宮健

『さいはてれび』は、 詩人、 最果タヒの詩集「死んでしまう系のぼくらに」、 「夜空はいつでも最高密度の青色だ」を原作としたショートフィルム集。 新進気鋭の若手監督(山戸結希、 荒船泰廣、 二宮健)と女性アーティスト(上坂すみれ、 ぽん(ORESAMA)、 吉澤嘉代子)が独自の視点で描き出した作品だ。 初回配信は3作品「恋する心臓」、 「文庫の詩」、 「MEDIOCRITY GIRLFRIEND」が配信される。 楽曲は、小島英也(ORESAMA)、 Vampillia、 浅見北斗(Have a Nice Day!)が提供。 下記に、各作品詳細を掲載。

【#1 「恋する心臓」】

ぽん(ORESAMA)

フクはサイコキネシスが使える女の子。
超能力の研究のため研究施設に収容されているが、
別の被験者のゆーりのことが気になっている。
そのゆーりから、 ある日施設を脱走して
「東京」に逃げようと誘われるフク。
能力を駆使して脱走に成功したフク達であったが、 ある事故が起こる。

出演:ぽん(ORESAMA)
渋谷を中心に活動中の2人組ユニットORESAMAのボーカル。
2014年「オオカミハート」でデビュー。
トラックメイカーKOJIMAと共に80s’Discoをエレクトロやファンクでリメイクした新しいダンスミュージック作品をリリースしている。

監督:荒船泰廣
1984年生まれ。 2009年水戸短編映像祭グランプリ受賞。
これまでにポルノグラフィティー、 MISIA、 酸欠少女さユりなどの
MVを手がけている。

【最果タヒからのコメント】

生きていても、 それが未来への自分に期待することだとは思えなかった。 どれほどに夢を見ても、 なにかを手に入れたいという感情が溢れても、 それで幸せになれるという確信があったわけじゃない。 どうあがいてもこの虚しさからは逃れられない気がして、 だからこそ、 欲してしまう。 それが夢で、 希望だとして、 そのために身を焦がすことは、 愚かなんだろうか。 生きて、 自分の愚かさに直面しながらそれでも、 明日のことを、 明後日のことを、 考えられるならそれだけでその人は強く、 美しい。

【ぽん(ORESAMA)からのコメント】

私の演じる主人公のフクは、 まるで私の写鏡のような子でした。 内向的で自信がなくて、 臆病で。 だから彼女の言動にどんな気持ちが隠れているのか手に取るように分かる気がして、 初めて台本を頂いた時からずっと彼女を抱きしめてあげたい気持ちでいっぱいでた。 演技は初めてでしたが、 沢山の方のお力添えにより、 奇妙で切ない、 とても素敵な作品になりました。 「恋する心臓」ぜひ見て下さい。


【#2 「文庫の詩」】

上坂すみれ

さい「ひとはね、 何を汚いと思うかで、 その人の価値が決まるんだよ」
はて「どういうこと?」
どうしようもなく続いてしまう場所、
離れ離れになってゆくふたり。
口ずさむのか、 叫ぶのか。
一篇の詩が、 離れ離れになってゆく。

出演:上坂すみれ
2012年「パパのいうことを聞きなさい!」で声優として本格的にデビュー。
その後「艦隊これくしょん-艦これ-」、 「アイドルマスターシンデレラガールズ」などの
ヒット作に出演。 2013年に「七つの海よりキミの海」でアーティストデビュー。 2016年12月には両国国技館にて単独ライブを開催した。

監督:山戸結希
2012年、 上智大学在学中に「あの娘が海辺で踊ってる」でデビュー。 2014年、 「5つ数えれば君の夢」が渋谷シネマライズの監督最年少記録で公開され、 「おとぎ話みたい」がテアトル新宿のレイトショー観客動員を13年ぶりに更新する。 2015年、 第24回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。 2016年、 小松菜奈・菅田将暉W主演の「溺れるナイフ」が公開され、 乃木坂46、 RADWIMPSのMusic Videoを発表した。

【最果タヒからのコメント】

簡単に「私達」という言葉を、 私達は使ってしまうけれど、 私とあなたの痛みが、 一致することなんてきっと永遠にないとも知っている。 私とあなたが見ているものはいつだって違っていて、 感情を共有なんてできるわけもなかった。 それでも近くで生きていくことができたのは、 あなたが引き裂かれそうになりながら言葉を叫ぶからだ。 誰かにわかってもらおうなんて思っていない、 あなたの精一杯の言葉に、 息遣いに、 触れて、 私はあなたの共犯者になろうと決める。 それが、 私達が「私達」という言葉を叫ぶ、 唯一の瞬間。


【上坂すみれからのコメント】

普段は声優として声のお芝居をしているので、 映像の作品に参加させていただくと聞いたときはとても驚きました。 監督のイメージは自由自在で、 その場で次々に変化していくので、 「台本を読んできて、 あらかじめ作ってきたものを出す」ということが成立しない、 そして自分を取り繕うことのできない空間でした。 「文庫の詩」の、 有機的な鉱物みたいなこの詩の言葉の力が、 届くことを願います。

【#3 「MEDIOCRITY GIRLFRIEND」】

吉澤嘉代子
ウラノスは、 自分の凡庸を嘲り笑うが、
アフロディテは、 自分の凡庸がどこにあるのかなんて知らない。
ウラノスは、 自分の関心を知っているが、
アフロディテは、 自分の「はい」も、 自分の「いいえ」も、 知らない。 結局、 「凡庸の恋人」は誰なのか、 なんて、 ふたりにも、 ふたり以外にも、 よく分からなくて。
それでもウラノスは、 自分の凡庸が覆されることを期待した。
アフロディテは、 自分の「はい」か、 自分の「いいえ」くらいは、 知られる気がした。

出演:吉澤嘉代子
埼玉県川口市生まれ。 ヤマハ主催”The 4th Music Revolution” にてグランプリ受賞をきっかけにメジャーデビュー。 2016年国際フォーラムC公演を成功させ、 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」など大型フェスに出演。
2017年3月15日(水)3rdアルバム「屋根裏獣」をリリース予定。
私立恵比寿中学、 南波志帆らへの楽曲提供も行う。

監督:二宮健
1991年生まれ。 大阪芸術大学の卒業制作として制作した「SLUM-POLIS」(2015年)が全国で劇場公開。 現在、 映画やMV 等幅広い映像制作を行う。 監督作に「眠れる美女の限界」(2014年)、 待機作「MATSUMOTO TRIBE」(2017年)など。

【最果タヒからのコメント】

「理解」とは献身ではないし、 「理解されない」ことは孤独ではないと、 観ていて思います。 拒絶が繰り返されていくたびに二人は近づき、 理解が示された瞬間に、 離れていく。 誰かにとって別の誰かは必ず、 「凡庸」になる、 「天才」になる。 けれど決して、 同等にはなれないでいた。 自分とまったく同じ存在はこの世界にはいないのだと信じつづけることだけが、 他者に誠実でいるたった一つの方法で、 だからこそ、 彼女の冷たさはとても優しいと私は思う。


【吉澤嘉代子からのコメント】

生涯、 ふとももは出さないと思っていました。 初めてのニップレス、 吸ったことのない煙草、 美少女とのキス。 もうわたしどうなっちゃうの~!という不安こそあったものの、 二宮健監督から完成として送られた映像はうつくしいものでした。 撮影ではほとんど睨んでおり、 わたしの中の怒りをひとつの場所にあつめようと集中しました。 すると愛情があふれてくるのです。 ふと怒りと愛情は近しく在るのかと思いました。

【最果タヒ プロフィール】

最果タヒ

詩人・小説家。 1986年生まれ。 現代詩手帖賞、 中原中也賞、 現代詩花椿賞受賞。 詩集に「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(リトルモア)、 「グッドモーニング」(新潮社)、 「空が分裂する」(新潮社)などがある。 昨年末には、 小説「渦森今日子は宇宙に期待しない。 」がSUGOI JAPANエンタメ小説部門のSUGOI 20に選出。 第一詩集「グッドモーニング」の文庫版が新潮社より発売した他、 小説「十代に共感する奴はみんな嘘つき」(文藝春秋)も今春に発売が予定されている。 最新詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、 石井裕也監督による映画化が決定している(5月公開予定)。 近作の詩集「死んでしまう系のぼくらに」(リトルモア)が、 評判を呼び、 多くのファンを獲得する。 今最も注目されている若手詩人。

【『さいはてれび』概要】

さいはてれび

■タイトル: 『さいはてれび』
■配信開始日: 2月13日(月)15:00~
■出演・スタッフ: 「恋する心臓」 出演 ぽん(ORESAMA)
監督 荒船泰廣
楽曲 小島英也(ORESAMA)
「文庫の詩」 出演 上坂すみれ
監督 山戸結希
楽曲 Vampillia
「MEDIOCRITY GIRLFRIEND」 出演 吉澤嘉代子
監督 二宮健
楽曲 浅見北斗(Have a Nice Day!)
■制作協力: THINKR
■制作著作: フジテレビ
▼『さいはてれび』公式サイト
http://saihatv.jp/
▼FOD『さいはてれび』配信ページ
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4953/

◎情報提供:株式会社フジテレビジョン

松井玲奈 主演!メ~テレ開局55周年記念ドラマ「名古屋行き最終列車2017」DVD化決定!

松井玲奈・名古屋行き最終列車2017

女優・松井玲奈(まつい れな)が主演を務めた、メ~テレ(名古屋テレビ放送)開局55周年記念ドラマ「名古屋行き最終列車2017」(東海地区ローカル番組)のDVD化が決定した。本ドラマは、名古屋の冬の風物詩としてすっかり定着した、地元を舞台にしたドラマの第5弾。2017年2月6日(月)から4夜連続で放送された。

全話に放送しきれなかった“未公開シーン”が追加された「ディレクターズカット版」が、 メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車season5」として発売される。 本編とは別に、メイキング映像などを収録した「特典ディスク」も加えた2枚組。メ~テレのネットショップ「メ~コレ」で予約受付中だ。

【「名古屋行き最終列車 season 5」 ディレクターズカット版DVD・商品概要】

松井玲奈・名古屋行き最終列車2017

■商品内容:disk 2枚組 ※本編映像(4話収録) 1枚、 特典映像1枚(メイキング映像等)
■販売価格:4,000円(税別)
■予約開始日:2017年2月11日(土)
■予約:メ~テレのネットショップ「メ~コレ」 http://mei-colle.com/ で受付中
■発売:2017年6月予定

<メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車 season 5」>
名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、 笑いあり、 涙あり、 人情あり、 コメディありのストーリー。
普段は交わることのないそれぞれの人生が、 ふとしたきっかけから最終列車で交錯し、
そこで生まれるリアルな人間ドラマが描かれる。2012年放送の第1弾は「東京ドラマアウォード2013ローカル・ドラマ賞」、2014年放送の第2弾と2015年放送の第3弾は、「平成26年、
27年日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組優秀賞」を連続受賞するなど、高い評価を得ている。

■脚本:菊原共基
■監督:神道俊浩(メ~テレ)
■プロデューサー:大池雅光(メ~テレ)
■出演
 <一美、 失業する編>
  松井玲奈・浜野謙太・JOY ほか
 <今村、 手伝いに行く編>
  大杉漣・波岡一喜・関 太(タイムマシーン3号)・黒川芽以 ほか
 <奈美、 おっかけをする編>
  吹越満・松下由樹・宮崎香蓮・小林豊(BOYS AND MEN)ほか
 <宗太郎、 音鉄になる編>
  六角精児・入山法子・谷花音 ほか

▼Official Website
http://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2017/

◎情報提供:メ~テレ

女優・のん、「ヤングキング」に登場!漫画雑誌で前代未聞の16ページぶち抜き特集!「今年もバレンタインを楽しみたい。」

女優・のん(能年玲奈)ヤングキング

大ヒット中の映画「この世界の片隅に」の主演女優を務める”のん”が、2月13日(月)に発売の「YOUNG KING(ヤングキング) 2017年 3/6 号」の表紙を飾る。巻頭 &
中ページでも特集が掲載。通常は巻頭と中ページで別の被写体を起用することが多い中、インタビューを含め、 全 16ページとヤングキング創刊以来、 初めてとも言えるほど豊富に登場する。

本企画には、 フォトディレクションに定評のあるアートディレクターの岡田考功
(FIRSTORDER)がクリエイティヴを担当。本件について岡田考功は、「今回のお話を伺った際に現場の雰囲気を含め、のんとの不思議なマッチングが思い浮かび、 藤代冥砂さんにカメラマンをご依頼しました。 撮影はスタッフと会話をしながら終始和やかでしたが、ぼーっとしているようで、 レンズを向けられた瞬間、 のんさんの目やポージングがカチッと決まるので、 撮影中からページ構成が思い描けました。
逆に良すぎてセレクトが大変でしたね」とコメントしている。

撮影は、 青山をのんびりと歩きながら行われ、スタジオでは、一年半前から習っているバレエのピルエットを彷彿させる、動きのあるポージングも披露した。
様々な表情の詰まった、バレンタインシーズンに相応しい特別な贈り物の1冊になっている。なお、藤代冥砂が漫画雑誌の表紙のカメラマンを務めるのは実に約10年ぶりとなる。

【のんからのコメント】

「こんにちは、 のんです。
バレンタインのシーズンですね!私はバレンタインを『たくさんチョコレートを食べてもいいイベント』だと思ってるので、
今年もチョコを楽しみたいと思います!(笑)まだまだ『この世界の片隅に』が上映中ですので、 気になる方はぜひ足を運んでいただけたらと思います。
ヤングキングさんには初めてお邪魔いたしましたが、 すごく楽しい撮影でした。 ぜひ、 写真にもご注目ください!」


【藤代冥砂からのコメント】

「のんちゃんは僕と一緒でおそらく宇宙から降りてきた者同士、 この後も一緒に頑張っていきましょう。 」

【ヤングキング 2017年2月13日号 概要】

のん(能年玲奈)ヤングキング
発売日 :2017年2月13日(月)
価格 :400 円(税込)
出版社 :少年画報社
▼WEB SITE:
http://shonengahosha.co.jp/

◎情報提供:インベスターズクラウド

美山加恋、福原遥のwebラジオ番組『福原遥のVOICEステーション~フクステ~』3月度ゲストに登場!

美山加恋、福原遥のwebラジオ番組

声優・女優として活躍中の美山加恋(みやま・かれん)が、福原遥(ふくはら・はるか)が初めてパーソナリティーを務めるWEBラジオ番組『福原遥のVOICEステーション ~フクステ~』の3月度のゲストとして出演することが決定した。

『福原遥のVOICEステーション~フクステ~』は、2009年4月から2013年3月まで放送されていた子ども向け料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(NHK・Eテレ)で主演の柊まいん役を務め、現在はTVアニメ『プリキュア』シリーズの最新作『キラキラ☆プリキュアアラモード』にてキュアカスタード(有栖川ひまり)役を務める声優・女優・モデルの福原遥がナビゲーターを務めるWEBラジオ番組で、1月12日(木)よりスタートしている。声優やアニメ関係のゲストを月替わりで迎え、福原遥がゲストへのインタビューを通じて「仕事内容や仕事に対する姿勢、心構え」を学ぼうと奮闘する番組。

1月には、『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』で福原遥が演じる“まいんちゃん”の母親役を務めた声優の佐久間レイをゲストにお迎えし、“まいんちゃん”時代の思い出話や、大先輩・佐久間レイの声優としての心構えなど、濃厚なトークが届けられた。

そして、3月度のゲストとして女優・声優の美山加恋が出演することが決定。美山加恋は、本日2月5日(日)より放送がスタートしたTVアニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』にて福原遥と共演中で、主演であるキュアホイップ(宇佐美いちか)役を演じている。

高校卒業を控える福原遥と20歳になったばかりの美山加恋は、まさに“プリキュア世代”。夢にまで見たプリキュアを演じることになった二人の心境など、貴重なトークをお届け。また、「女優」としての活躍でも広く知られている二人が繰り広げる、年齢や経歴が近いからこそ感じる声優としての演技の苦労や楽しみなど、ここでしか聴くことのできない話にも乞うご期待♪

なお、2月9日(木)には第3回、23日(木)には第4回の配信も行われる。2月度のゲストには、アイドルグループ「夢みるアドレセンス」のメンバーで、モデル・女優・声優としても活躍する荻野可鈴が登場。荻野可鈴がTVアニメ『てさぐれ!部活もの』で共演した声優仲間についてのトークが盛り上がっている。

荻野可鈴と福原遥は、ファッション雑誌「ピチレモン」で先輩・後輩だったこともあり、声優の大先輩がゲストだった1月とはまた違った福原さんの一面が見られる友達同士の対談を要注目。

『福原遥のVOICEステーション ~フクステ~』は、ニコニコチャンネルにて毎月第2・第4木曜日に配信中。チャンネルでは有料会員(月額540円)向けのおまけとして『反省会』を配信しているほか、放送後記として福原さんからの手書きのメッセージも公開中♪

【福原遥のVOICEステーション~フクステ~番組概要】

福原遥・ラジオパーソナリティー
■番組名
福原遥のVOICEステーション~フクステ~
■パーソナリティー
福原遥
福原遥
1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』(柊まいん役)、『なめこ〜せかいのともだち〜』(なめこ役)、『キラキラ☆プリキュアアラモード』(キュアカスタード役)ほか。研音所属。
▼公式プロフィール
http://www.ken-on.co.jp/haruka/profile.html
■配信局
ニコニコチャンネル「福原遥のVOICEステーション~フクステ~」
チャンネルページ:http://ch.nicovideo.jp/fuku-sta
■配信日
毎月第2・第4木曜日 夜
■今後のゲスト予定
荻野可鈴(第3回、第4回)、美山加恋(第5回、第6回)

※最新回以外の回(第1回分は除く)および「フクステ反省会」につきましては、「福原遥のVOICEステーション〜フクステ〜」会員(月額540円)の方限定で視聴可能♪

[関連リンク]
▼「福原遥のVOICEステーション~フクステ~」放送後記
http://cho-animedia.jp/blog/
▼TVアニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』公式サイト
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure_alamode/
▼映画『プリキュアドリームスターズ』公式サイト
http://www.precure-dreamstars.com/
▼美山加恋 公式プロフィール
http://www.horipro.co.jp/miyamakaren/
▼荻野可鈴 公式プロフィール
http://tambourineartists.com/md_ogino.html

◎情報提供:株式会社 学研ホールディングス