ENVIE(アンビー)こと小関ミオ、『神戸別品博覧会』会場にてインストアライブ!4月9日開催!

ENVIE(アンビー)・小関ミオ

西野カナなど様々なアーティストに詞曲を提供するシンガー・ENVIE(アンビー)こと小関ミオが2017年4月9日(日)、『神戸別品博覧会』会場にてインストアライブを行う。

フレンチスピリット満載のキュートなボーカルENVIEこと小関ミオ。 フランス語で優雅にシャンソンを歌うかと思えば、フランス語や英語を織り交ぜたHip Hopテイストの曲、現代に逆行するような言葉を突き詰めたフォーキーな曲を歌いこなすなど独自のスタイルを持つシンガーソングライター。神戸にある街の小さな洋菓子店との出会いから神戸での活動が始まった。

【「ENVIE(アンビー)インストアライブ」開催概要】

神戸別品博覧会
・開催日時/2017年4月9日(日)
1.14時00分~14時30分
2.16時00分~16時30分
・開催場所/『神戸別品博覧会』会場中地下スペース
神戸市中央区三宮町2丁目11-3(旧ゼロゲート)
アクセス :JR「元町駅」東改札口から徒歩約5分。

▼楽曲は、こちらから動画にて視聴可能♪
http://www.envie-official.com/music

【ENVIE(アンビー)PROFILE】

ENVIE(アンビー)こと小関ミオ

幼少からフランス語を勉強し、 フランス語で作った最初のデモをきっかけにシンガーとしてのキャリアをスタートさせ、2011年からは作家としても多くの詞曲提供を手がける。2013年本格的にフランス語を音楽に取り入れるため単身渡仏。 パリのアパルトマンといえば聞こえはいいが、四畳半の屋根裏部屋に住みながらライブやボイストレーニングなど生活を通してシャンソン(歌)を学ぶ。

帰国後の2015年、 神戸文化ホールで行われた第31回日本アマチュアシャンソンコンクール全国大会にて歌唱賞を受賞。その美しいフランス語と繊細な歌声が評価され、 JTのテレビCM「日本のひととき折り鶴編」に起用されるなどアンニュイで透き通るボーカルが話題になり、 テレビやweb CMソングでも活躍。

2016年、 とあるCMソングでENVIEの声を聞いた神戸の洋菓子店の方から神戸に歌いに来てほしいと突然連絡を受け、どうしてもENVIEの歌を神戸の人に届けたいという強い願いに再び神戸の地を訪れる。

音楽も人も全てが出会い。 東京からパリ、 そして神戸にある街の小さな洋菓子店主との出会いから新たなENVIE(希望)の物語がスタートした。
2017年3月には阪急百貨店フランスフェアに出演、 開館54年にして史上初の神戸ポートタワー展望台でのライブ公演、神戸路地裏にある名店を巡るライブツアーなど2016年末から神戸を中心に様々なシチュエーションでドラマティックなLiveを繰り広げている。
2016年10月にフランス語と日本語で作詞をした1st Single「Pas Pas Pas」2016年11月に尾崎豊「I LOVEYOU」や松任谷由実「卒業写真」などJ-POPや歌謡曲をフランス語でカバーしたミニアルバム「Je t’aime」をリリース。

自分にできる「表現」とは何かを追求し続け、 音楽活動の他パフォーマーとしても精力的に活動しているENVIE。
現在公演中の夏木マリ主宰「印象派NÉO vol.3 不思議の国の白雪姫」にマリナツキテロワールの一員として出演し、2017年4月25日にはパリ ルーブル美術館での公演も決定している。

【神戸別品博覧会】

神戸別品博覧会

「べっぴん」という言葉は“美しい女性”を表す意味で用いられているが、 江戸時代には「別品」と記し、 “特別によい品物”を表す言葉出会った。
NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の放映開始を受けて、 神戸から新しい「別品」を発信すべく、神戸の企業だけでなく全国から神戸を盛り上げたい企業と思いを同じくするアーティストが互いに新しい発想でコラボレーションした魅力ある神戸名産品を開発し発売するのが『神戸別品博覧会』。
この機会を神戸アピールのチャンスと捉え、官民一体となり改めて神戸を全国へ広く発信するイベントとして開催し神戸の新たな魅力度アップを目指している。

▼『神戸別品博覧会』サイト
http://beppin-expo.com/

◎情報提供:株式会社フェリシモ