HARUHI、新曲「ソラのパレード」がアニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」エンディングテーマに決定!3rdシングルとして4/26発売!

HARUHI「ソラのパレード」

17歳のアーティスト・HARUHIの新曲「ソラのパレード」が、TVアニメ「GRANBLUE FANTASY The Animationエンディングテーマに決定した。「GRANBLUE FANTASY The Animation」は、 大人気のソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』のアニメ化、 OPテーマはBUMP OF CHICKENの「GO」という話題作だ。 HARUHIの歌うエンディングテーマは、 1月21日(土)に特別先行放送された「ザンクティンゼル編」のオンエアをもって解禁された。書き下ろしの新曲「ソラのパレード」は、 『グランブルーファンタジー』の世界と絡み合う爽快なロックチューンとなっている。

そして、この曲を含む待望の3rd single「ソラのパレード」が4月26日に発売されることも決定した。

HARUHIはロサンゼルス生まれの17歳。 映画「世界から猫が消えたなら」主題歌、 カンヌ受賞映画「淵に立つ」主題歌、 ドラマ「コック警部の晩餐会」主題歌に続き、 今作でアニメテーマソングと、 “聴いた瞬間、 別世界へ誘う声”とも称される才能に、 クリエーターからのラブコールが集まっている。

【HARUHIからのコメント】

空に向かって旅を続けていく前向きなイメージと同時に、 表と裏を意味するような、 2つの世界を表現した楽曲です。 誰しも毎日、 今日という日を明日に向かって生きているけれど、 明日も必ず生きているという確証はない。 誰にでもいつかは平等に必ず死がやってくることを当たり前のこととして認めることで、 今出来ることの大切さを感じられたり、 生きていることへの見方が変わってくるはず。 そんな想いを2つの世界について描くことで表現しました。
今回、 「グランブルーファンタジー」が描く世界と音楽でコラボレーションさせて頂けることを、 とても楽しみにしています。

【HARUHIプロフィール】

HARUHI

1999年2月25日 ロサンゼルス生まれ。 インターナショナルスクールに通う17歳。
12歳の時、 学校のミュージカルの主役に抜擢され、 数ヶ月間の練習と本番を経て歌手への志を持つ。
13歳から楽曲制作を開始。 即興性を含む柔軟で鋭敏な歌唱表現力や楽曲制作力は、 関係スタッフに、 次世代の真の女性アーティストの誕生を予感させる。
映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌に「ひずみ」が決定し、 2016年5月デビュー。
「ひずみ」はiTunes J-POPアルバム初登場1位、 レコチョク上半期新人ランキング2位を記録。
同年10月公開のカンヌ受賞映画「淵に立つ」主題歌に「Lullaby」を書き下ろす。 2作連続となった映画主題歌に加え、
12月に発売された2ndシングル「BANQUET」にて初のドラマ「コック警部の晩餐会」主題歌を担当。
さらにはBose BRAND AMBASSADORに決定するなど、
聴いた瞬間、 別世界に誘う独創的な声・世界観に映像クリエーターからのラブコールが殺到している。

▼Official Website :
http://www.haruhi99.jp/
▼Twitter :
@haruhi_99
▼Facebook :
https://www.facebook.com/haruhi99
▼Instagram
https://www.instagram.com/haruhi_99/

◎情報提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ