井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!ゼクシィ創刊25周年!11代目CMガールとしてCM出演!

井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM

モデルや女優として活躍している井桁弘恵(いげた ひろえ)が、今年で創刊25周年となる結婚情報サービス『ゼクシィ』の記念すべき「11代目CMガール」に決定した。そして、そのパートナーである新郎役として、俳優として活躍中の細田善彦が選ばれた。

井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM

CMは、結婚式のキスから始まり、ふたりの積み上げてきた時間を回想シーンで表現するドラマチックな内容に仕上がっている。舞台は海沿いのチャペル。結婚式での誓いのキスを交わした瞬間にシーンが切り替わり、二人が出会ってから今日までの回想シーンが始まる。ナレーションも花嫁目線で語られ、「あなたとの未来が私の一番かなんて知らないけれど、どんな未来もあなたと生きたい。」という言葉に沿い、海や公園など、付き合っていた頃の様々なキスシーンが走馬灯のように現れる。そして「結婚するとかしないとか、それよりもただ愛してる」という花嫁の強い意志に合わせ、再び結婚式の誓いのキスシーンへと戻り、二人の幸せそうな笑顔が溢れる作品となっている。

井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM

今回はいろんなシチュエーションでのキスがあった為、撮影中はなんと100回以上キスを交わしたそうだ。

井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM
井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM
井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM
井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM

新TVCMは、4月22日(日)よりオンエア開始。要チェック♪

井桁弘恵【ゼクシィ】CM

≪新CMの舞台裏≫

<二人同時にサプライズ合格発表で、セリフに違和感。予想外の合格通知に井桁弘恵は放心状態!?>

2018年2月、ゼクシィCMガールのオーディションが行われ、井桁弘恵が「ゼクシィ11代目CMガール」に決定し、そのパートナーの新郎役として細田善彦さんが選ばれた。

1次選考終了の数日後、2次オーディションとして呼び出され、ふたりで演技を行うよう促された。予め用意されたカンペを読み上げながら演技を進めると、突然カンペに「CMガール」と「新郎役」であることを伝える台詞が現れる。まずは細田善彦が「(セリフなのか、現実なのか分からず控え目に)きみがゼクシィCMガールです?」と伝えると、井桁弘恵は何が起こってるか理解ができず、セリフを絞り出すように小声で「あなたが新郎役です……? 」と細田善彦に伝える。すかさず編集長からタネあかしとして二人の出演が決定したことを告げると「ありがとうございます!」と笑顔がこぼれる細田善彦。実は、サプライズに薄々気づいていたようで「雰囲気がおかしいな… と少しだけ疑いながら演技をしていました(笑)」と明かした。一方、井桁弘恵は放心状態から抜け出せず、花束を受け取り、目を潤ませながらも「頑張ります!」と力強く応えた。ようやく落ち着いたところで『ゼクシィ』を持って改めてお互いに自己紹介をし、11代目のゼクシィCMガールが誕生した。

<撮影初日 井桁弘恵初の花嫁姿にスタッフが「カワイイ!」連発!撮影終了後には細田善彦へのサプライズも!>

井桁弘恵、花嫁姿【ゼクシィ】CM

迎えた撮影初日は発売号告知CMの収録で、まずは井桁弘恵ひとりの撮影からスタートした。真っ白なウエディングドレスに身を包み、頭にはヘッドピースをあしらった装いで登場した井桁弘恵。緊張した様子はなく終始笑顔で撮影に挑んでいた。井桁弘恵がポーズをとる度にスタッフから「カワイイ!」の声が連発するなど、和やかなムードで撮影は進んだ。また、細田善彦が合流した撮影の終盤には、撮影日前日に30歳を迎えた細田善彦へ、バースデーサプライズ計画が実行された。ニセのインタビュー収録を対応している細田善彦の背後から、井桁弘恵がこっそりケーキを運び「細田さんお誕生日おめでとうございまーす!」と伝えると、細田善彦はケーキを見るやいなや「(バースデーサプライズに気付き)その為のインタビューだったんですか!」と驚きの表情を浮かべ「ありがとうございます!」と照れ臭そうな様子。初めての共同作業ということでケーキカットとファーストバイトをしっかりやり遂げ、サプライズは無事に成功した。

井桁弘恵、花嫁姿【ゼクシィ】CM
井桁弘恵、花嫁姿【ゼクシィ】CM

<撮影2日目 とにかく寒い!井桁弘恵の震える身体を救ったのは細田善彦の・・・?>

井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM

続く2日目はカップルの日常のキスを撮影するため、様々なロケーションで行われた。まずは海辺の地平線から昇る太陽を背景に車の中で交わすキスからスタート。朝日が昇った数分間で撮影しなくてはならない。海風が強く吹き、現場スタッフも極限の寒さを我慢しながらの撮影となった。井桁弘恵は「1日中凄く寒かった印象でした。細田さんと体が近く、密着しているシーンは細田さんの体温をいただいて寒さを凌いでました。(笑)」とお茶目に語った。その後撮影は、波打ち際、昼の公園、チャペルと進んだ。CMではチャペルがラストカットとなり、ふたりが大勢の列席者の前で“誓いのキス”によって結ばれるが、このシーンを撮影するにあたり細田善彦は「僕は凄いドキドキしてるんですよ。ですけど、井桁さんはメイクをしながら直前まで昼寝をされていたそうなので肝が据わってるなと、驚きましたよ。」とふたりの温度差に笑いながら意気込みを語った。

井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM

<撮影終了後のふたりにインタビュー ゼクシィCMガールへの想いとは>

撮影終了後に、ゼクシィCMガールとは井桁弘恵にとってどんな存在かを伺うと「女優としても憧れの存在だった。合格することを目指していたが、オーディションに参加できたことがただ嬉しかった。」と、熱い想いを語った。新郎役としての細田善彦は「ゼクシィのCMから始まる1年になったので、しっかりと好きというテーマを伝えていきたい。マイペースで伸び伸び演技する彼女の魅力を新郎役として最大限引き出したいですね。」と語った。

出演者情報

井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM

井桁 弘恵(ゼクシィ11代目CMガール)
1997年2月3日生まれ 福岡県出身
映画「ひだまりが聴こえる」出演(2017年6月)
その他多数のCM出演。

細田 善彦(新郎役)
1988年3月4日生まれ 東京都出身
NHK大河ドラマ「真田丸」出演(2016年1月~)
TBS連ドラ「逃げるは恥だが役に立つ」出演(2016年10月~)
舞台「HIGH LIFE/ハイ・ライフ」出演(2018年4月14日~)
2019年には、主演映画「武蔵ーむさしー」が公開予定。

井桁弘恵、細田善彦と“ただ愛してる”の気持ちを幸せのキスで表現!【ゼクシィ】CM

ゼクシィCMガールとは

『ゼクシィ』のCMには、これまでに多くの女性タレントが出演し、その後、多くのタレントが大活躍している。そんな経緯もあり『ゼクシィ』のCMは「美少女タレントの登竜門」と呼ばれるようになった。

<歴代のゼクシィCMガール>
加賀美セイラ(2001年)、加藤ローサ(2004年)、JOSI(2005年)、倉科カナ(2006年)、岩井堂聖子(旧芸名:⾼橋真唯)(2007年)、松井愛莉(2013年)、広瀬すず(2014年)、新木優子(2015年)、吉岡里帆(2016年)、佐久間由衣(2017年)

平山彩子
【平山彩子『ゼクシィ』編集長からのCMに寄せる想い】

誰かと一緒に生きていくことは、とても楽しい。でも時に、とても難しい。それは、きっと誰もが感じていることかもしれません。それでも、どんな未来もふたりで生きていければきっと、大丈夫なんじゃないか、幸せなんじゃないか。
そう思える強さについて想いめぐらせ、辿りついたのはやっぱり“愛”でした。
そして、絶対の保障なんてないこの時代において結婚するふたりを幸せへと導くのも、ふたりで積み重ねていく“愛”なのだろうと思うのです。
今回のCMでは、溢れ出る大好きな気持ちと “愛してる”を重ねていくという意志を表現しています。
大切な誰かを思い出したり、幸せな未来を想像したりしながら、たくさんの方の心に共感頂けるとうれしく思います。

◎情報提供:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

スポンサーリンク