加治ひとみ、香港で海外デビュー!第七回「香港アジア・ポップミュージックフェスティバル」

香港アジア・ポップミュージックフェスティバル 2017

東京ガールズオーディション出身のアーティスト・加治ひとみが2017年3月17日(金)、香港のコンベンション・エキシビジョンセンター(HKCEC)にて開催された「香港アジア・ポップミュージックフェスティバル2017」に出場した。

加治ひとみは、新曲「ラヴソング」が香港や台湾などアジア各国で人気の配信サイト「KKBOX」にて連続で1位を獲得し、日本の新人アーティストとし話題となっている。この日のフェスに新人アーティストとして日本を代表して出場し、力強い歌声で新曲「ラヴソング」を歌い上げ、白のきらびやかなドレスの衣装でも観客を魅了した。

3月1日にファーストフルアルバム「NAKED」をリリースした加治ひとみ。アジアを始めとした、世界での活躍が楽しみだ。

このフェスティバルは「Music in One Asia」をテーマに香港政府の支援のもと、 東アジア8
ヶ国・地域(日本・中国・韓国・マレーシア・シンガポール・タイ・台湾・香港)の音楽関係団体が協力して2011年から毎年開催しており、日本レコード協会もこの趣旨に賛同し、本フェスティバルに協力している。当日は、 8ヶ国・地域の代表として新人アーティスト8 組と、各国・地域を代表するスターアーティスト7組が参加、 それぞれパフォーマンスを披露した。

日本からスターアーティストとして出演した「LOVE PSYCHEDELICO」は、 「Last Smile」「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」と香港でも広く知られる2曲を2人の多彩なギター演奏で披露し、会場は大きな拍手に包まれた。

LOVE PSYCHEDELICO

なお、このフェスティバルの模様は、 本フェスティバルの日本地域メディアパートナーである(株)ドワンゴがniconicoで5月上旬頃に配信予定(日程未定)。

【香港アジア・ポップミュージックフェスティバル 2017概要】

主催:IFPI香港グループ (香港レコド協会)
日時:2017年3 月17 日(金) 20:00~22:30(現地時間)
会場:香港コンベンション&エキシビションセンター(HKCEC)

【8 ヶ国・地域の出演アーティスト】(敬称略)
(1) 新人アーティスト:
日本:加治ひとみ
中国:自畫像(Self-Portrait)
韓国:Lydia Lee (李睿珍)
マレーシア:Hanz Koay (郭文翰)
シンガポール:Alfred Sim (沈志豪
タイ:Pannawach
台湾:Yeh Bing Ham (葉秉桓)
香港:Jocelyn Chan (陳明憙)

(2) スターアーティスト:
日本:LOVE PSYCHEDELICO
中国:Jiang Dunhao (蔣敦豪)
韓国:B1A4
マレーシア:Joyce Chu 四葉草
シンガポール:Jocie Guo (郭美美)
台湾:NICKTHEREAL (周湯豪)
香港:Hacken Lee (李克勤)

(3) 審査員:
日本:URU
中国:Andy Ng (吳偉林)
韓国:Professor Lee Kyung Nam (李暻南教授)
マレーシア: V Chuan (陳威全)
シンガポール:Eric Ng (黃韻仁)
タイ:Danai Thongsinthusak
台湾:Benjamin Lin (林明陽)
香港:Elisa Chan (陳潔靈)


番組【LOVE PSYCHEDELICO、 加治ひとみ出演】第七回香港アジア・ポップ・ミュージックフェスティバル 概要

・放送日時:2017年5月7日(日)20:00-23:00
・タイムシフト視聴期間:90日
・視聴地域:日本国内のみ
▼番組サイト
 http://live.nicovideo.jp/watch/lv295063522

◎情報提供:日本レコード協会