久松郁実、『土竜の唄 香港狂騒曲』出演決定!セクシーチャイナ服で中国人役&中国語に初挑戦!

久松郁実・土竜の唄 香港狂騒曲

モデルで女優の久松郁実(ひさまつ いくみ)が、2016年12月23日(金・祝)に全国公開される映画土竜の唄 香港狂騒曲』出演していることが明らかになった。自身の写真集やDVDが軒並み完売となることを称され「完売ガール」という異名を欲しいままにする久松郁実の出演決定で、本作への注目がさらに集まる。

本作は、原作である超大ヒットコミック「土竜の唄」(高橋のぼる/週刊ビッグコミックスピリッツ連載中)でも絶大な人気を誇る【チャイニーズマフィア編】。香港を舞台に、潜入捜査官・菊川玲二が前作以上にミッション絶対インポッシブルな任務に挑む。2014年2月に公開され、興行収入21.9億円を記録した『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』がパワーアップして帰ってくる。

生田斗真を中心に前作から引き続き仲里依紗上地雄輔堤真一も本作で大暴れし、さらに今作からの新キャストとして、瑛太本田翼古田新太菜々緒が加わり、まさに絢爛豪華なキャスト達が「モグラワールド」を彩る。スリル!コーフン!アクション!お色気!すべてにおいて前作を凌駕した超ハイテンションムービー。そしてこの度、発表された追加キャスト・久松郁実の出演決定で、さらに盛り上がるを見せるだろう。

久松郁実・土竜の唄 香港狂騒曲

久松郁実が出演しているシーンは、本作最大の見せ場である香港の高級美女オークション会場。轟迦蓮(本田翼)のボディーガードという任務中の菊川玲二(生田斗真)だったが、チャイニーズマフィア・仙骨竜により迦蓮が香港へと攫われてしまう。助けに向かった玲二が行き着いた先は、人身売買が行われる香港の高級美女オークション会場…この会場に、久松演じる中国人・チーリンの姿が!久松は人身売買の被害者という自身にとっても初めての役どころ。グラビアクイーンならでは、足を全面的に見せつける蠱惑的なチャイナ服で、値踏みをする富豪たちの卑しい視線に耐える難しい役を体当たりで好演した。

久松郁実・土竜の唄 香港狂騒曲

役どころとは言え、久松郁実のフェロモン全開のビジュアルは、まさに本作の世界観を十二分に表現しているファンタスティックな衣装。この度の発表に伴い、「モグラワールド」を押し出すため、横浜中華街で役衣装を身に着け改めて撮影された。久しぶりに衣装を身にまとった久松は撮影時を思い出しながら意気揚々と撮影に臨んだ。

【久松郁実からのコメント】

人身売買オークションにかけられる中国人の女性「チーリン」役を演じさせて頂きました。
もともと「土竜の唄」の映画の大ファンで、前作は3回観ていたので、出演が決まった時はとても嬉しかったです。
そして、初めて中国人の役でセリフも中国語だったので不安もありましたが、精一杯がんばろうと思いました。撮影中、実際に体験したことのない恐怖、絶望をどう表現していくのかを自分なりに考え、三池監督にご指導頂きながら演じていました。自分自身演じたことのない役に苦戦しましたが全力でぶつかっていけて、とても楽しい撮影期間でした。前作よりもパワーアップし、どのシーンも見逃せない、とてもハラハラドキドキする作品だと思います。
わたしも活躍シーンがあるので是非楽しみにしていて下さい。


真冬の寒さもぶっ飛ばす、クリスマスとお正月が一緒に来たようなハイテンションムービー『土竜の唄 香港狂騒曲』、久松郁実の出演も相まって、ボルテージは急上昇中!公開まで引き続き目が離せない!

line2

【『土竜の唄 香港狂騒曲』作品概要】

土竜の唄 香港狂騒曲

・タイトル:土竜の唄 香港狂騒曲
・公開:12月23日(金・祝)公開
・原作:高橋のぼる「土竜の唄」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
※「週刊ビッグコミックスピリッツ」1号(12月5日発売)にて、久松が役衣装を着てグラビアページに登場!!
監督:三池崇史
脚本:宮藤官九郎
音楽:遠藤浩二
出演:生田斗真 瑛太 本田翼 古田新太 菜々緒 / 上地雄輔 仲 里依紗 / 堤 真一 ほか
製作:フジテレビジョン
制作プロダクション:OLM
制作協力:楽映舎
配給:東宝
コピーライト表記:©2016フジテレビジョン 小学館 ジェイ・ストーム 東宝 OLM ©高橋のぼる・

▼Official Website
http://mogura-movie.com/

◎ACTRESS PRESS編集部