ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』予告編映像 公開!

ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画 ジャニス:リトル・ガール・ブルー

伝説の女性ロックシンガー・Janis Joplinジャニス・ジョプリン)の最新ドキュメンタリー映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』(配給:ザジフィルムズ/提供:キングレコード)のポスタービジュアル予告篇映像が、2016年9月の公開に先駆けて解禁された。(ポスタービジュアルは、本記事冒頭にて掲載しているもの。)

▼予告編映像は、こちらにて視聴可能♪

今も人々を魅了してやまない伝説に包まれた生涯。ひそかに書き綴られていた手紙が開封され、今、等身大の「ロックの女王」が私たちの前に現れる。

「音楽史上最高の女性スター」と称される伝説のシンガー、ジャニス・ジョプリン。ベトナム戦争や公民権運動、ウーマンリブといった反体制の波にアメリカが揺れ、あらゆるカルチャーが花開いた混沌と変革の時代、彼女の存在は社会現象を巻き起こし、1970年10月4日、27歳の若さでこの世を去るまで、その激動の真っただ中を全速力で駆け抜けた。

ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画 ジャニス:リトル・ガール・ブルー

派手なボヘミアン・ファッションを身にまとい、臆面もなく「私だけを愛して!」としゃがれた声で高らかに歌いきる彼女の奔放な生き様は、世界中の若者たちを熱狂させ、自分らしく生きたいと願うあらゆる世代の女性に勇気を与えた。

ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画 ジャニス:リトル・ガール・ブルー

本作を監督したのは、『フロム・イーブル~バチカンを震撼させた悪魔の神父~』(06)がアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた気鋭のドキュメンタリー監督・Amy Bergエイミー・バーグ)。製作は、公開中の『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王 ジェームス・ブラウン』を監督した、アレックス・ギブニーが務めている。

ジャニスが亡くなった年に生まれたエイミー・バーグ監督は、妹弟やバンド仲間、恋人などの全面協力のもと、ジャニスが生前書き綴っていた貴重な手紙の数々を開封していく。

映画では、今まで明かされることのなかったジャニスの声を聴くことができる。
その他にも、名曲「サマータイム」のレコーディング中の映像や、モンタレー・ポップ・フェスティバル(1967)や、ウッドストック・フェスティバル(1969)のライブ映像など、1960年代の貴重なジャニスの映像も満載だ。

ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画 ジャニス:リトル・ガール・ブルー

今回解禁された予告では、ビートニク詩人マイケル・マクルーアとジャニスが書いたアカペラの歌「ベンツが欲しい」(Mercedes Benz)にのせて、ジャニスの幼いころの写真や貴重なライブ映像のほか、関係者によるジャニスについての証言を聞くことができる。

ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画 ジャニス:リトル・ガール・ブルー

これまで二度のグラミー賞を受賞したメリッサ・エスリッジは、女性アーティストとしてはじめて時代を切り開いたジャニスを「ロック界のジャンヌ・ダルク」と表現。さらに、グラミー賞3冠、全世界で6000万枚セールスを誇るスーパースターP!NKは「心の痛みやつらい現実を隠そうとしなかった」と回想している。

本作のナレーションを担当したのは、アルバム「You Are Free」により世界中の注目を浴び、カルチャー的アイコンとしても名を馳せるキャット・パワーことSean Christopher Marshall(ショーン・マーシャル)。監督のエイミー・バーグは、たまたまインターネットでキャット・パワーのインタビュー映像を観て、ジャニスの複雑でエモーショナルな気持ちを表現できる人はこの人しかいない、と直感的に思ったそうだ。
ジャニスの手紙を朗読するという大役について、キャット・パワーは以下のように語っている。

「ジャニスを傷つけてしまうんじゃないかと思って怖かったわ。
彼女は漫画のキャラクターなどではなく、熱いハートをもったひとりの女の子だったのよ。でも、彼女の手紙を読んで心が動かされたの。
わたしも、故郷の南部を飛び出してきて、家族の中では変わり者の一人だった。
ジャニスの手紙は、私自身が祖母に宛てて書いた手紙を思い出させたわ。
自分が書いたものかと錯覚するくらいだった。彼女の最後の手紙を読むのは、
本当に辛くて取り乱してしまった。でも、彼女が近くで私を励ましてくれていると思ったら、なんとか乗り越えることがきでたわ。」


line2

【映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』概要】

ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画 ジャニス:リトル・ガール・ブルー

【監督】
エイミー・バーグ『フロム・イーブル~バチカンを震撼させた悪魔の神父~』
【製作】
アレックス・ギブニー『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王 ジェームス・ブラウン』
【ナレーション】
キャット・パワー
【出演】
サム・アンドリュー、ピーター・アルビン、デヴィッド・ゲッツ(以上、ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー)、
クリス・クリストファーソン、カントリー・ジョー・マクドナルド、ボブ・ウィアー(グレイトフル・デッド)、
デヴィッド・ドルトン(作家)、クライヴ・ディヴィス(コロンビア社長)、ディック・キャヴェット(TVタレント)、
ローラ・ジョプリン(妹)、マイケル・ジョプリン(弟)他
【アーカイブ映像】
ジャニス・ジョプリン、オーティス・レディング、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、ピンク他

2015年|アメリカ|カラー|ビスタ|DCP|103分 原題:『JANIS:LITTLE GIRL BLUE』
サウンドトラック盤:ソニー・ミュージックインターナショナル 提供:キングレコード 配給・宣伝:ザジフィルムズ
(c) 2015 by JANIS PRODUCTIONS LLC & THIRTEEN PRODUCTIONS LLC. All rights reserved.

▼Official Website
http://www.janis-movie.com/

◎情報提供:ザジフィルムズ