小島梨里杏、映画初主演決定!『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』7月2日(土)公開決定&キャスト発表!

小島梨里杏・映画『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』

原作小説&コミカライズがシリーズ累計60万部突破!アプリゲームもスマッシュヒットの「人狼ゲーム」の実写化。『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』の公開が7月2日(土)に決定した。

「人狼ゲーム」をモチーフとした劇場シリーズで、2013年公開の第1弾『人狼ゲーム』では桜庭ななみ、2014年公開の第2弾『人狼ゲーム ビーストサイド』では土屋太鳳、2015年公開の第3弾『人狼ゲーム クレイジーフォックス』では高月彩良が主演を務めており、旬の人気女優が登用されてきた。そして、第4弾の本作では、小島梨里杏(こじま りりあ)が主演を飾ることが決定!本作が記念すべき映画初主演だ。

小島梨里杏は、「烈車戦隊トッキュウジャー」でブレイク。その後も、映画『先輩と彼女』、『オオカミ少女と黒王子』、ドラマ「表参道高校合唱部 ! 」、「みんな!エスパーだよ! ~欲望だらけのラブ・ウォーズ~」など話題の作品に続々出演。さらに、6/4(土)スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『朝が来る』(毎週土曜23:40~)にて、片倉茜役で出演、今秋放送の連続ドラマ、BS時代劇『子連れ信兵衛2』にてヒロイン・おぶん役での出演も決定しており、これからの活躍が期待されている。

小島梨里杏・映画『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』

そして、メガホンを取るのは前作に続き、dTVオリジナルドラマ「みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブウォーズ~」を監督し、『みんな!エスパーだよ!』や『新宿スワン』の続編など日本映画界を代表する鬼才・園子温作品の助監督として活躍する、園子温監督の秘蔵っ子とも呼ぶべき綾部真弥監督

共演には、「となりの関くんとるみちゃんの事象」の渡辺佑太朗(わたなべ ゆうたろう)、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」や映画『寄生獣』の山谷花純(やまや かすみ)、『死んだ目をした少年』『独裁者、古賀。』の清水尚弥(しみず なおや)、高校生に大人気のSeventeen専属モデルであり、女優としても注目されている岡本夏美(おかもと なつみ)など、それぞれの分野で抜群の存在感を示す若手俳優たちが集合。今、もっともフレッシュなキャストが集結した極限のデスゲーム・ムービーが開幕する!

line2

【ゲームの概要】

「人狼ゲーム」とは1930年頃、ヨーロッパでプレイされていた伝統的ゲームを発展させた心理ゲームとその亜種の総称。協力しあいながら”人狼”と呼ばれる正体を隠した少数人を見つけ出し処刑する“村人”と、多数の”村人”たちを騙し、その皆殺しを狙う“人狼”との命をかけた究極の頭脳ゲームである。

①村の中には村人に扮した人狼が混ざっている。
②人狼は夜になると一人ずつ村人を殺す。
③昼は全員で相談し、人狼だと思う相手を多数決で一人選び処刑する。
④人狼を処刑できれば村人の勝利。人狼は村人を食べつくしたら勝利。

●プレイヤー(役職)説明
◇人狼(3人):毎晩、一人だけ村人を殺すことができる。村人を騙し、村人を全滅させるのが目的。
◇村人(3人):ほかの村人と協力して、人狼を探す。多数決で一日一人を処刑。
◇予言者(1人):村人側。毎晩一人選び、その人物が人狼側か村人側かわかる。
◇用心棒(1人):村人側。毎晩一人選び、その人物が人狼に襲われた場合、護れる。
◇共有者(2人):村人側。共有者同士は互いの正体が村人だとわかっている。
◇霊媒師(1人):村人側。毎晩、投票で処刑された人物が人狼側が村人側かがわかる。
◇狂人(1人):能力は村人と同じだが、ゲーム終了時に人狼側が勝利した場合、勝利となる。シリーズ初の役職。

line2

【出演者からのコメント】

小島梨里杏

【小島梨里杏からのコメント】
(こじまりりあ:乾朱莉 役)

初の映画主演のお話をいただいたとき、嬉しかったです。今までの映画「人狼ゲーム」のバトンをしっかり受け継ぎ、力強い素晴らしい作品だったからこそ、打ち勝っていきたいと思います。

差し迫ったときに起こる何か、それは撮影するまでわからないというハプニング性にも面白さを感じました。その瞬間にしか生まれないものを大切にしていきたいです。

人狼ゲームは正直苦手です。人を信じられなくなります、とか言って信じちゃうんですが。誰かを疑わなければいけないこと、罪のない人に投票している可能性があること、信じていても平気で裏切られるという心理戦。映画「人狼ゲーム」ではこれが現実になります。言葉で片付けることができないので、本当に恐ろしい。みんな望んでここに存在し、ゲームに参加しているわけではないのに生きていくために誰かを殺していかなくてはなりません。誰も悪くないのに。当たり前の葛藤を抱え、どう朱莉がみんなが変わっていくのか、どう人と向き合っていくのか、人狼ゲームとの戦いにいい結末を願っていてください。誰ひとり欠けてもできない、みんなの「人狼ゲーム」、楽しみにしていてください。


山谷花純

【山谷花純からのコメント】
(やまやかすみ:土屋みづき 役)

何が何でも生き残ってやるっという強い思いを持って今回この作品のオーディションを受けました。今思えば、私の人狼ゲームはもうその時点で始まっていたのです。

どの役よりもキチガイで生きることに貪欲なみづきの静かな心の波をスクリーンに刻み込み、自分自身も役と一緒に魂を削りながら精一杯演じきりたいと思います。


【渡辺佑太朗からのコメント】
(わたなべゆうたろう:相馬葵 役)

この役を頂いた時は、嬉しかったのと同時に、この映画の重要な役を担う事のプレッシャーを感じた事を覚えています。

台本を読んでみて、罪の無い高校生12名が、人狼ゲームという理由なき殺し合いをし、尊い命を奪い合わなければいけない事にとても心苦しさと切なさを覚え、それでも、何とかして生き残ろうと懸命にもがく姿に感動しました。そんな世界観を綾部監督の元、スタッフさん、共演者の皆さんと丁寧に創り上げていけたらと思います。是非、お楽しみに!!


【清水尚弥からのコメント】
(しみずなおや:阿久津悠生 役)

まず嬉しかったのと同時にプレッシャーがありました。4作目になる人狼ゲームですが、過去作に負けないものを皆さんと作りたいと撮影前から鼻息が荒いです。目覚めたら拉致されているという非現実的なシュチュエーションにどう説得力を持たせられるか、自分も今までにない経験なので、よく考えて、周りの同年代の役者さんに負けないお芝居を見せられたらと思います。


【岡本夏美からのコメント】
(おかもとなつみ:金城渚 役)

人狼ゲームシリーズは、以前からやりたいと思っていた作品の1つでした。なのでオーディションも、絶対勝ち抜きたいという強い思いで臨ませてもらいました。出演が決まった時は嬉しい気持ちはもちろん、壮絶な台本のなかでいかに自分のキャラクターや、心情を演じれるかと考え、わくわくがとまりませんでした。同世代の役者の皆さんと、この本でお芝居させていただけることも凄く楽しみでした!今回やらせていただく渚は、わたし自身挑戦したことのないキャラクターなので新しい岡本夏美をみていただけたらなと思います!


【綾部真弥監督からのコメント】

この映画の登場人物は、強制的にさせられるゲームの中で、割り振られた立場・役割に混乱しながら、何とか生き延びようとします。ただ、それは気付いたら、与えられた〝枠〟の中で生かされているということであり、決して自分達で選んだわけではありません。彼等がこの不条理な世界そのものと対峙して、自由を渇望し、押しつけられるルールの枠外へと、初めて自らの意志で進もうという、その強烈なエネルギーを感じて頂ける作品になれば、これ以上ない喜びです。

小島梨里杏さん演じる、乾朱莉は、正義感が強く、この究極のゲームについて、疑問を抱き続けます。自分が助かりたいのか?それとも人を助けたいのか?自己愛と自己犠牲に葛藤し、また過去のトラウマとも直面しながらも、それでも一歩前へ足を踏み出そうとします。その彼女の決断を、是非劇場で目撃して下さい。


line2

【「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」概要】

<ストーリー>
「皆さんにはこれから人狼ゲームをプレイして頂きます――。」
拉致・監禁した高校生たちに殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“殺戮ゲーム”。人呼んで<人狼ゲーム>。目覚めると私はそれに参加していた。一体誰が、どのような目的で行っているのか…。参加メンバーのひとりが、以前“賭け側”としてゲームを観戦したことがあると告白した。生き残るためには、殺し合いしかないのか?私は、ゲームを続けながら殺戮の連鎖から抜け出す方法を模索する。互いを信じられない中、この牢獄から脱出できるのか?

7月2日(土)よりシネマート新宿他 公開!

・出演
小島梨里杏
渡辺佑太朗、清水尚哉、岡本夏美、花影香音
篠田諒、小山莉奈、金子大地、濱正悟 / 山谷花純

・監督
綾部真弥
・脚本
川上亮、綾部真弥
・企画・配給
AMGエンタテインメント

(C)2016「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」製作委員会

≪原作本情報≫

著:川上亮
発売:竹書房文庫
発行:アミューズメントメディア総合学院 AMG出版
定価:本体700円+税
発売中
(C)川上亮/アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

▼Official Website
http://jinro-game.net/

◎情報提供:AMGエンタテインメント