環境ナビゲーター・上田マリノをリーダーに「ジョシエネLABO」スタート!

ジョシエネLABO-上田マリノ-永峯恵-殊野真緒-五十嵐美樹-秋葉莉緒

みんな電力株式会社が、環境エネルギー分野の学習と雇用を支援して自らの意思で社会貢献活動に取り組む「女史」を生み出す機関「ジョシエネLABO」を開始する。

第一弾として、みんな電力の本社所在地である世田谷区の廃校を活用したビジネスインキュベーション施設「IID 世田谷ものづくり学校」を舞台に、11月1日より「ジョシエネLABO勉強会」(無料)を開始。

ジョシエネLABO-上田マリノ-永峯恵-殊野真緒-五十嵐美樹-秋葉莉緒

みんな電力株式会社は、東日本大震災以降、エネルギーや環境への関心が非常に高まる中で、一般の方に「難しい」と先入観を持たれやすいエネルギー分野に対して、より関心と理解を深めてもらえるよう「エネギャル・エネドルProject」などの啓発活動、手のひら発電「空野めぐみ」、発電する巻物「solamaki」などの商品開発、「エネくじ」などのサービス開発を継続して行ってきた。また、専門紙での連載などで環境ナビゲーターとしても活躍をしている上田マリノは、創業間もない頃からそれら個人向けサービス開発に携わり、かつて自治体主導で開催された無料の環境講座がきっかけとなり、現在の環境分野での活躍に繋がった。

「ジョシエネLABO」設立の背景は、その自らの体験を活かし「女性を中心により多くの方々に環境やエネルギー分野に関心を持ってもらい、その分野で活躍をしてもらいたい。最終的には自らの意思で社会貢献活動に取り組む“女史”を一人でも多く生み出したい」との想いを持って始められた。環境ナビゲーター上田マリノをリーダーに5人の華やか、 かつ骨太な女性が集結し、意気込みを語った。以下に、5人のプロフィール及びコメントを紹介。

line2

【立ち上げメンバー・プロフィール、コメント】

1:上田 マリノ(うえだ・まりの)
上田マリノ
元祖・本格派エコアイドルとして2008年より活動。現在は環境ナビゲーターと名乗りエコをテーマにした歌の披露や専門紙の連載などで活躍。本プロジェクトのリーダー。

メンバー皆さんの実現したい学びや活動を丁寧に拾い上げ、少しずつ形にしていきたいと思っています。その輪を広げ、世の中に環境や社会の事を想う女性を一人でも増やすことで、微力ながら持続可能な社会の構築に役立ちたいと思っています。
勉強だけしたいという方も歓迎です!また何かしたいけど何をしたらいいかわからないという方もぜひいらしてください。一緒にどんなことができるか考えていきましょう!

2:永峯 恵(ながみね・めぐみ)
永峯恵
元エネドル太陽光担当。エネルギー民謡の歌い手として全国で楽しく自然エネルギーの普及活動をしている。また福島県の観光交流大使としても活動中。

ジョシエネLABOの素地となった2011年からのエネギャル・エネドル活動を活かし、歌を通じて日本中に元気とエネルギーの大切さをお届けしていきたいと思っています。

3:殊野 真緒(ことの・まお)
殊野真緒
元エネドル省エネ担当。家庭の省エネエキスパート・診断級の資格を持つ0歳児のママ。現在は端材を使った工作や手芸をしたり、エコなママブロガーとして情報発信中。

今までのエネドルの経験やこれからの学びを活かし、ライターとして活動したりエコライフに役立つ様々な資格に挑戦することで、自立した子育て主婦を目指していきます。

4:五十嵐 美樹(いがらし・みき)
五十嵐美樹
ミス理系2013グランプリ。親子向け体験型実験教室の開催や理系女子学生向けキャリア教育、サイエンスに楽しく触れられるイベントを企画運営するなど活発に活動中。

実験教室を通じて電気の仕組みなどから理科の楽しさを広めていきたいと思います。具体的には分科会で文系の方にもわかりやすい理科教室を開催致します。


5:秋葉 莉緒(あきば・りお)
秋葉莉緒
大学4年生。学生環境団体「エコ・リーグ」所属。レアメタルにまつわる諸問題を学生に広めるため、オリジナルのレアメタルかるた作成など積極的に行っている。

世界のレアメタルが取れる現場では女性への被害も多く含まれています。貧困問題や社会問題などと絡めながら、日本の女性にも知っていただける場を提供したいと思っています。


line2

【サービス概要】

ジョシエネLABO-上田マリノ-永峯恵-殊野真緒-五十嵐美樹-秋葉莉緒

・「ジョシエネLABO」にて「女史」を目指す女性を「LABO生」と呼び、LABO生へ「学びの場」と「活動の場」を無料提供。

・「世田谷屋根貸し」など、みんな電力の売電収入や電力売上を原資とし、社会貢献意識を持つ女性の育成や雇用の創出をする本プロジェクトを行うことで、利益を社会へ還元。

・「すべての女性に学びのチャンスを」をモットーに、社会人も学生も主婦も参加可能なプロジェクトを目指す。

・「学びの場」については、世間で注目されているテーマはもちろん、持続可能な社会の構築に必要な3つの要素「低炭素」「循環型」「自然共生」を中心に講座を開催する。また、自身の知識を発表する勉強会や現場見学会なども行っていく。

・「活動の場」については、各LABO生の特性を活かし、自ら企画・実行していただくプログラム(分科会)を実施する。また商品開発や企業・団体・自治体などとのコラボレーションも積極的に行っていく。

・それら「学びの場」と「活動の場」を女性へ提供することで、「女史」と名乗るに相応しい女性や女史を目指し能動的に活動する「LABO生」を世の中へ増やす。

・「女史」の認定はLABO生の知識量、活動歴に個々の特性を加味し、ジョシエネLABO事務局が判断する。

【定例会】
原則各月第一日曜日
ジョシエネLABO 勉強会(参加無料)
…女性はどなたでも参加可能。(要連絡)

【分科会】
12月 3日 第一回 知の自分磨き!やさしい電力自由化講座(全3回)
12月20日 第一回 文系にもわかる理科教室
1月下旬 第二回 知の自分磨き!やさしい電力自由化講座(全3回)
2月中旬 第二回 文系にもわかる理科教室
3月上旬 第三回 知の自分磨き!やさしい電力自由化講座(全3回)
4月中旬 第一回 知の自分磨き!CSR基礎講座(全3回)

今後は上記のような講座を開催していくと同時に、大学や自治体とのコラボレーション、商品開発、ステージイベントなど実施していく。

<参加申し込みについて>
みんな電力及びジョシエネLABOのFacebookページで告知される。
https://www.facebook.com/joshienelabo

<目標>
「ジョシエネLABO」への参加者10万人

【今後の展望】
世田谷を拠点に活動を始めるが、企業や団体、自治体などと協力して日本各地に支部を募集し、「女史」や「LABO生」を全国に増やすことで日本中の女性の「女史化」を目指す。「ジョシエネLABO」を通じて「難しい」と先入観を持たれやすい環境エネルギー分野への理解を促し、日本のエネルギー意識の底上げや環境業界の人材育成を目指す。また、業界内の女性雇用の創出や社会意識の高い人々を国全体に増やすことに貢献する。

◎情報提供:みんな電力株式会社