橋本環奈、「セーラー服と機関銃」で映画初主演!

橋本環奈-映画セーラー服と機関銃

1981年に薬師丸ひろ子主演で大ヒットした映画『セーラー服と機関銃』のシリーズ最新作『セーラー服と機関銃 -卒業-』が製作されることが23日、東京・品川プリンスホテルで行われた会見で発表された。そして、主演・星泉役を“1000年に1人の逸材”、“天使すぎるアイドル”として人気の橋本環奈(Rev.from DVL)が務める。話題作への出演である上に、映画’初’主演であり、注目が集まる。

『セーラー服と機関銃』は1981年12月に公開され、興行収入47億円を記録し、1982年の邦画1位。1982年に原田知世、2006年に長澤まさみ主演で2度もTVドラマ化されてきた伝説的映画。今回製作される『セーラー服と機関銃 -卒業-』は、リメイクではなく、その後の続きのストーリー。7月上旬にクランクインし、8月まで撮影される予定。11月には完成し、来年2016年の公開予定。

2016年は、1976年の市川崑監督『犬神家の一族』から始まった角川映画の40周年の節目の年にあたり、本映画は40周年記念作品第1弾になる。

橋本環奈-映画セーラー服と機関銃-記者会見

この大役を務める橋本環奈は、「初めてこのお話を聞いた時、まさか自分が!と思いました。ですが、それと同時にとても大きな喜びを感じました。この映画で主演として演じさせて頂くという事で、プレッシャーを感じていますが、プレッシャーに負けては到底、組長 星泉という役を演じる事は出来ません!なので!私、橋本環奈にしか出来ない自分らしい星泉を演じられたらいいなと思っています。」と抱負を語っている。

なお、映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作発表会見の模様は下記映像にて見ることができる。

原作:赤川次郎
監督:前田弘二(今年公開された「夫婦フーフー日記」でもおなじみ)
脚本:高田亮氏

コメントを残す