『きみがくれた物語』8月13日公開決定!予告編&ポスタービジュアル公開!

きみがくれた物語

日本国内興行収入15億円、全米8,000万ドル突破の大ヒット作『きみに読む物語』の作者、Nicholas Sparksニコラス・スパークス)が贈る最新作『きみがくれた物語』が8月13日(土)、渋谷シネパレス他にて全国公開することに決定した。そして、予告編とポスタービジュアルも公開された。(ポスタービジュアルは、本記事冒頭に掲載。)

▼予告編映像は、こちらにて視聴可能♪

累計1億部と、いま世界で最も読まれている恋愛小説家ニコラス・スパークス。『きみに読む物語』『メッセージ・イン・ア・ボトル』『親愛なるきみへ』など映画化されたヒット作品も多い。そして、スパークスが自身の最高傑作と謳う全米で500万人が涙したミリオンセラー小説が待望の映画化。監督はアカデミー賞®脚本賞ほか国際映画祭で94部門受賞117部門ノミネート作品『ロスト・イン・トランスレーション』のプロデューサーロス・カッツ。このふたりの素晴らしい才能の融合により、ここに誰もがきっと涙する珠玉の恋愛映画が誕生した!

【監督:ロス・カッツからのコメント】

「ニコラスの原作と映画化作品のファンは『きみがくれた物語』を見て、驚き、そして満足するだろう。我々はニコラスが描いたユーモアや人間らしい面を、さらに膨らませて作品を作り上げた。この映画は人生は選択だということを思い出させてくれる。なぜ選択をするのか、その決断が何をもたらすのかは、登場人物たちを通じて分かるだろう。この映画に出てくる人物は、あなたの友達かもしれないし、恋人かもしれないし、姉妹や兄弟かもしれない。そしてあなた自身かもしれない。観客にはこの映画を見て、自分自身に重ね合わせ、人生のパートナーを見つけることや、友情や約束について考えてほしい」


【原作・製作:ニコラス・スパークスからのコメント】

「『きみがくれた物語』のあらすじを読むと、私の処女作である「きみに読む物語」を思い起こすかもしれない。だが、本作はより印象的で深遠な物語だ。一組の男女が愛し合い、彼らの暮らしが展開していく過程を見せているんだ。トラヴィスとギャビーが道を選び、その結果起きる出来事を目撃することになる。単純ではなく、さまざまなことが起き、深みのある忘れられない物語なんだ」


きみがくれた物語

過酷な運命に翻弄される主人公のトラヴィスを演じるのは、『リンカーン/秘密の書』の主演に抜擢され注目を浴びた・Benjamin Walkerベンジャミン・ウォーカー)。トラヴィスの恋人で後に妻となるギャビー役には、『ウォーム・ボディーズ』、『X-ミッション』などで知られる・Teresa Palmerテリーサ・パーマー)。キュートな魅力に意志の強さと聡明さを兼ね備えたテリーサほどギャビーにぴったりの女優はいないだろう。また、映画のカギを握るトラヴィスの父親役にはアカデミー賞®の常連Tom Wilkinsonトム・ウィルキンソン)が挑み、物語にリアリティを与え感動を誘う。さらに、『96時間』シリーズの人気女優・Maggie Graceマギー・グレイス)、『パーシー・ジャクソン』シリーズの新星Alexandra Daddarioアレクサンドラ・ダダリオ、「ヤング・スーパーマン」主演のTom Wellingトム・ウェリング)など豪華共演が実現。

また、極上の映像美と音楽にも注目を。アカデミー賞®ノミネート作品『しあわせの隠れ場所』の撮影監督アラー・キビロが映し出す美しい映像が、観る者を心地よい世界へと連れて行ってくれる。そして、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」に選出されたジェイムスやザ・ナショナル、エフタークラング、といった大御所から、イギリス注目のインディ・ポップ・バンド、ヴェロニカ・フォールズまで、ときにポップに、ときにセンチメンタルに、映画により一層の深味と豊かな表情を与える音楽にも耳を傾けてほしい。

なお、本作は衣装にも注目!ハリウッド今最も期待されている女優の一人テリーサ・パーマー最新作。数々のファッション広告のモデルにも抜擢されている。
http://ciatr.jp/topics/39882

line2

【映画概要】

きみに読む物語

【STORY】

あなたなら 愛する人のために どこまで できるだろうか。
人は幾度となく人生の岐路に立ち、そのたびに選択を迫られる。
もし真実の愛を貫くための、人生最大の決断の時が訪れたら――?

ノースカロライナ州の海沿いにある小さな町で運命的な出会いを果たして結ばれた、トラヴィス(ベンジャミン・ウォーカー)とギャビー(テリーサ・パーマー)。二児を授かり幸せな家庭を営む二人だったが、久しぶりのデートの約束にトラヴィスが遅れた日、ギャビーが交通事故にあってしまう。自責の念に駆られるトラヴィスは、目を覚まさないギャビーを前に「真実の愛のために人はどこまでできるのか」と何度も自問する。選択肢は白か黒か、二つしかない。トラヴィスには人生でもっとも重い、究極の選択が求められていた…。

出演:ベンジャミン・ウォーカー、テリーサ・パーマー、マギー・グレイス、アレクサンドラ・ダダリオ、
トム・ウィルキンソン、トム・ウェリング
監督:ロス・カッツ 『ロスト・イン・トランスレーション』 『マリー・アントワネット』(プロデューサー)
製作:ピーターサフラン 『死霊館 エンフィールド事件』
脚本:ブライアン・サイプ 『Demolition(原題)』
撮影:アラー・キビロ 『しあわせの隠れ場所』『イルマーレ』
編集:ジョー・クロッツ 『大統領の執事の涙』『プレシャス』
美術:マーク・ガーナー 『きみに読む物語』『親愛なるきみへ』
原題:The Choice/2016年/アメリカ/カラー/111分/DCP/配給:AMGエンタテインメント
(C) 2016, Choice Films, LLC All Rights Reserved.

8月13日(土)より渋谷シネパレス他全国公開!

【全国の上映劇場で特典付き前売券も発売中!】
全国共通特別鑑賞券\1,400(税込)絶賛発売中!劇場窓口でお買い求めの方に、特製“愛のポストカード”プレゼント! (数量限定)

▼Official Website
http://kimi-monogatari.com/

▼Official Twitter
https://twitter.com/kimi_mono

◎情報提供:AMGエンタテインメント