2015年 年間観客動員ランキング発表!女性アイドル部門で、1位・ももクロ!2位・乃木坂46!

株式会社音技の杜が運営する音楽ライブ情報サービス「LiveFans」から、2015年の「観客動員ランキング」(※1)および、「メーカー別ライブ動員シェア」(※2)が発表された。(当調査結果は、LiveFansに登録されている2015年1月1日~2015年12月31日までに行われたライブコンサートを元に作成されたもの。)

総合部門では、全国10会場16公演で75万人を動員した スタジアムツアー『STADIUM TOUR 2015 未完』にくわえ、全20公演のアリーナツアー『TOUR 2015 REFLECTION』を行ったMr.Childrenが、年間で計100万人以上を動員し、1位を獲得。

女性アイドル部門で、“ももクロ”こと、ももいろクローバーZが1位に輝き、ライブ動員力の高さが目立っている。そして、2位に乃木坂46がランクインしている。

メーカー別ライブ動員シェアでは、総合ランキング3位の三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、同4位のEXILE、同6位の東方神起などを擁するエイベックス・グループがトップシェアを堅守した。

以下に、「総合ランキング」、「各部門別のランキング」、「メーカー別ライブ動員シェア」を掲載!

line2

【2015年 ライブ動員ランキング(総合)1位~30位】

2015年 年間観客動員ランキング(総合)

line2

【ジャンル別ランキング】

【J-POP・ロック】
2015年 年間観客動員ランキング ROCK

【フォーク・ニューミュージック】
2015年 年間観客動員ランキング フォーク・ニューミュージック

【男性アイドル】
2015年 年間観客動員ランキング 男性アイドル

【女性アイドル】
2015年 年間観客動員ランキング 女性アイドル

【声優・アニメ】
2015年 年間観客動員ランキング 声優・アニメ

【演歌】
2015年 年間観客動員ランキング 演歌

【海外アーティスト】
2015年 年間観客動員ランキング 海外アーティスト

【K-POP】
2015年 年間観客動員ランキング K-POP

line2

【ライブ動員メーカー別シェア】

ライブ動員メーカー別シェア-2015年

line2

※1 ライブ動員ランキングについて

LiveFansに登録されている2015年1月1日~12月31日までに開催されたライブコンサートの情報を元にした独自の調査結果となり、実際の数とは異なる場合があります。
ライブ動員数は、チケットが完売したと仮定して、当社で独自に調査した各会場の収容人数を合計した推定値です。複数のアーティストが出演するイベントやフェスは集計対象外としています。

※2 メーカー別ライブ動員シェアについて

ライブ動員シェア(占有率)は、上位400組の集計結果です。
今回調査したライブ動員数を元に算出した推定値となり、実際の数値とは異なる場合があります。

※3 CDシェアについて

2016年1月15日に株式会社阪神コンテンツリンクが発表した、サウンドスキャンジャパン 2015年年間オーディオ・ソフト売上動向レポート内、メーカー別売上占有率上位10組の順位と数値になります。

【LiveFansについて】

LiveFans は、株式会社音技の杜(川崎市高津区、代表取締役社長・渡辺泰光)が運営する音楽ライブ情報サービスです。音楽ライブ/フェスのスケジュールやセットリスト、インタビュー、ニュースなどを掲載した情報サイ(http://www.livefans.jp)と、「ドーム」や「スタジアム」などの音場を再現できる、無料ライブ再現プレイヤーアプリがあります。LiveFans ならではのセットリスト情報を使えば、思い出のライブも行けなかったライブも、曲順そのまま、会場そのままの雰囲気で再現できます。

◎情報提供:株式会社 音技の杜