AKB48・鈴木まりや、映画『口裂け女inL.A.』公開記念舞台挨拶に登壇!監督と共に映画について語る!【舞台挨拶レポート】

AKB48-鈴木まりや-映画-口裂け女-舞台挨拶

日本の都市伝説をテーマにしたホラー映画『口裂け女 in L.A.』の公開を記念して、1月20日(水)にヒューマントラストシネマ渋谷にて舞台挨拶・トークショーが開催され、AKB48・SNH48で活躍中の鈴木まりやが登壇。本作の監督である比呂啓監督廣瀬陽監督小川和也監督曽根剛監督、そして、出演者のエイジ・レオン・リーと共に、本作品の魅力やロサンゼルスでの撮影秘話について語った。
(上記写真は、向かって左から、小川和也監督、廣瀬陽監督、鈴木まりや、エイジ・レオン・リー、比呂啓監督、曽根剛監督)

AKB48-鈴木まりや-映画-口裂け女-舞台挨拶

鈴木まりやは、映画『こっくりさん 劇場版』(2011)、 『2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危』(2012) 、 『こっくりさん 劇場版 新都市伝説』(2014)で主演を務め、AKBメンバーでは“ホラーの女王”と言われている。

MCから「ホラー映画」について聞かれた鈴木まりやは、「ホラー映画は、見始めるまでは勇気がいるんですけど、見始めると、すごくのめり込んでしまって、大好きです!この映画を自宅で観ていた時、自分以外は誰もいない部屋のタンスの中から誰かが蹴るような音がして、怖くて観るのやめようと思ったんです。でも、その時、ちょうど映画の画面で「きゃぁぁぁぁ〜」という字幕が入って、ここまで字幕を入れるんだと思ったら、ちょっと愉快な気持ちになれて、怖さが和らいで、続きが見れました。」と語り、“ホラーの女王”ぶりを見せた。

冒頭の挨拶で、「今日、この会場に来て、一番怖かったのが、比呂啓監督と会ったことです。この映画を観ていただいた方なら、わかると思うんですけど、「あ、あの気持ち悪い役の人だ」って思って。」と語り、会場に集まった観客の笑いを誘った。(比呂啓監督は、本作に出演もしている。)

鈴木まりや-比呂啓監督-映画-口裂け女-舞台挨拶

また、「L.A.で撮影された作品だけあって、素晴らしいお胸が映っているので、そこも楽しんでいただければいいなと思います(笑)」と、ホラー映画の怖さに中にもセクシーな場面もアピールし、会場を和ませた。

AKB48-鈴木まりや-映画-口裂け女-舞台挨拶

L.A.での撮影については、小川和也監督から「現地の方を起用したのですが、オーディションに多くの希望者が集まってくれて、現地の映画の文化の凄さを実感しました。また、現地に住んでいる日本の方々が凄く協力してくれました。今日、MCをしていただいている方は、本作にも出演いただいているのですが、現地で活動されていて、その繋がりにも助けられました。」と語り、感謝を表した。

小川和也監督-映画-口裂け女-舞台挨拶

また、本作は4監督が務めていることに関しては、「”4人の監督で1本を作る”という大変さが、逆に「絆」になって、良い経験になりました。」と語った。

AKB48-鈴木まりや-映画-口裂け女-舞台挨拶

鈴木まりやは、「海外の方が本作を通じて日本の文化や都市伝説を見ることが、日本のPRにもなると思いました。」と期待を語った。

映画『口裂け女 in L.A.』は、現在、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開中!是非、劇場でお楽しみください♪

line2

【映画『口裂け女 in L.A.』】

映画『口裂け女 in L.A.』

【STORY】
口裂け女の噂が広まるロサンゼルス市。ある日、クレアは友人のモニカを口裂け女に殺されてしまう。以後、口裂け女の悪夢にうなされるクレアだったが、都市伝説研究者である姉のサラが口裂け女ではないかと感じはじめる。
一方、サラは時々幻覚を見ているクレアこそが口裂け女の正体ではないかと疑い出すが、やがて口裂け女だけではなく、こっくりさん、ゾンビ、幽霊などによる事件も起こりはじめ・・・。

いまだアメリカでは実写化されていない日本の都市伝説ホラーを日本的な恐怖描写を視覚的巧みに取り入れ4人の日本人が監督した作品。口裂け女以外にもこっくりさん、陰陽師、幽霊などの日本のキャラクターが登場し、一方で西洋ホラーのゾンビや悪魔も描かれている。またアニメオタク、メイドカフェ、ゲーム、日本食などの日本文化の描写もある。このようなオリジナルストーリーで日本の都市伝説ホラーをアメリカで現地キャストを起用し、日本人が監督するというのは例を見ない新たな試みである。

完成後、AFM(アメリカンフィルムマーケット)やTIFFCOM(Japan Content Showcase)に出展した本作は、その後、アメリカ本国以外にも海外20ヶ国の映画祭で幾度となく上映され、高い評価を受けている。スペイン、イギリス、シンガポール、香港、イタリア、モロッコ、プエルトリコ、メキシコ、ポルトガル、ブラジル、ドイツ、フランス、コロンビア、オーストラリアなどに招待。受賞やノミネートも相次ぎ、日本公開が決定した現在も海外上映を続けている。

【キャスト】
ローレン・テイラー、ジョン・クロッピン、エイジ・イノウエ、ステファニー・エスティス、メンネル・アル=カワジャ、エリッサ・ロウ、エイジ・レオン・リーほか

【監督】
比呂啓、廣瀬陽、小川和也、曽根剛

(C)映画『口裂け女 in L.A.』製作委員会

▼Official website
http://www.slitmouthwoman.com/

▼予告編

◎ACTRESS PRESS編集部