桐谷美玲、Netflixのドラマに出演決定!世界へ発信!

桐谷美玲-Netflix-アンダーウェア

女優の桐谷美玲が、Netflixオリジナルドラマアンダーウェア』で主演することが14日、明らかになった。Netflixは、世界50カ国で会員数約6,200万人を抱える、世界最大手の動画配信サービスで、今秋、日本に上陸する。日本のメディアを大きく変える存在として、以前から注目されてきた。

『アンダーウェア』は、今年の秋から配信されるNetflixとフジテレビによる共同オリジナルドラマ第1弾(全13話)。本作のストーリーは、桐谷美玲が演じる主人公“繭子”が、田舎から上京して銀座の高級下着メーカーに就職し、成功をつかんでいく姿を描くドラマ。繭子は、長野県での大学時代に繊維の研究をしていた“繊維オタク”という設定で、ひょんなことから銀座のオーダーメイド高級下着メーカー・“emotion”で働くことになる。新たな価値観に戸惑いながらも、ジャパニーズドリームを実現していくサクセスストーリー。

脚本は、安達奈緒子が手がける。下着メーカー・トリンプが全面協力し、リアルな業界の姿が描かれるのも楽しみだ。

ドラマ『アンダーウェア』は、世界配信も決定しており(英題:Atelier)、日本のエンタメコンテンツが世界中の人々のもとに届けられるとともに、日本の良さが世界に発信されることに期待したい。そして、桐谷美玲の熱演が世界中の人々に届けられることにもなるので、彼女が世界的女優になることにも期待したい。

コメントを残す