【映画ランキング】週末興行成績 BEST 10 (7/4〜7/5)

週末(7月4日〜5日)の映画興行成績が、興行通信社により発表された。今週は大きな動きがあった。
下記に「動員数 BEST 10」を掲載!

・1位:『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

アベンジャーズ-エイジ・オブ・ウルトロン-poster

※初週・347スクリーン
全世界46各国でNo.1を記録し、全世界興行収入が約1660億円にまで達している本作品。7月4日、ついに日本全国公開され、週末2日間で7億9390万円の興行収入。今年大ヒットした『シンデレラ』のオープニング興行収入が5億5600万円だったので、それをはるかに凌ぐ成績。大ヒットスタートだ。最終的には70億円を超えると予想する声も上がっている。年齢層が高めのコア映画ファンだけでなく、若い女性の観客も多数集客している点も大ヒットを予感させる。

・2位:『ラブライブ!The School Idol Movie』


※4週目・121スクリーン
3週連続1位から2位になるも、累計観客動員数が、公開から23日の7月5日に100万人を突破(102万6,068人)!累計興収収入は、14億円(14億8,485万7,000円)を突破した。
(追伸)なお、本作の挿入歌「Angelic Angel/Hello,星を数えて」(7月1日発売)が、発売初週で約8万2000枚を売り上げ、2位にランクインする大ヒットしていることも明らかになった。

・3位:『映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~』


※初週・145スクリーン

・4位:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』


※3週目・341スクリーン

・5位:『海街diary』


※4週目・324スクリーン

・6位:『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』


※初週・163スクリーン
土日2日間の動員数は約7万600人、興行収入は約8500万円。なお、本作では女優の大島優子がゲスト声優として出演。ミージャ役を演じている。

・7位:『予告犯』


※5週目・321スクリーン

・8位:『トゥモローランド』


※5週目・343スクリーン

・9位:『呪怨 -ザ・ファイナル-』


※3週目・144スクリーン

・10位:『愛を積むひと』


※3週目・244スクリーン

コメントを残す