【映画ランキング】週末興行成績・BEST 10発表! (9月12日~13日)

週末(9月12日~13日)の映画興行成績が、興行通信社より発表された。ハリウッド映画『ピクセル』のほか、今週末に公開された新作3本がランクイン。なお、ベスト10にランクインした10本のうち、洋画が7本占めている。

下記に「動員数 BEST 10」を掲載!
「予告編」も掲載するので、これから見る映画を決める際にご参考にどうぞ♪

・1位:『ピクセル』


※初週・312スクリーンで上映

ハリウッド映画『ピクセル』が初登場第1位に輝いた。アダム・サンドラーが主演し、クリス・コロンバスが監督を務めた大作。人気ゲームキャラの外見をしたエイリアン種族が地球侵略し、レトロゲーマーたちが立ち向かう様子が描かれている。

・2位:『アンフェア the end』


※2週目・327スクリーンで上映

篠原涼子-アンフェア

・3位:『天空の蜂』


※初週・311スクリーンで上映

東野圭吾の小説を江口洋介、本木雅弘の共演で映画化した『天空の蜂』が3位!

・4位:『テッド2』


※3週目・348スクリーンで上映

・5位:『ジュラシック・ワールド』


※6週目・360スクリーンで上映

・6位:『キングスマン』


※初週・217スクリーンで上映

・7位:『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』


※6週目・346スクリーンで上映

・8位:『ミニオンズ』


※7週目・330スクリーンで上映

・9位:『カリフォルニア・ダウン』


※初週・217スクリーンで上映

・10位:『S -最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』


※3週目・319スクリーンで上映

なお、今週末での成績でベスト10圏外ではあるが、『日本のいちばん長い日』が来場者100万人突破したことが明らかになった。