本田なお 主演!日食なつこ書き下ろしの「ローカルミーハーのうた」MV公開!

本田なお ローカルミーハーのうた

「101回目のプロポーズ」「高校教師」などを手掛けた脚本家・野島伸司が講師を務めるポーラスター東京アカデミーの第二期特待生として注目されるタレント・本田なおが主演を務める、福屋不動産販売が2016年11月から展開している「東京ローカルプロモーション」のMV(ミュージックビデオ)が公開された。

ミュージックビデオでは、街に溢れる“ローカルミーハー”に本田なおが次々と触れていく。その過程で、普段はただのパン屋が「放課後は子供の秘密基地」になり、駄菓子屋は「礼儀作法を学ぶ道場」となるなど、遠くから街を見ているだけではわからない隠れた魅力に気づいていく。通勤や通学に便利、家賃、駅近、広さ…、スペックだけで住まい探しをせずに住んでいる人が自慢したくなるような、その街に根付く「物語」を住まい探しの新しい視点として提唱する福屋不動産販売の想いを表現している。

本田なお ローカルミーハーのうた

MV内に登場するエピソードは、SNSキャンペーンを通して募集した「実際に東京の街に実在」するものとなっている。流れている楽曲は、近年大型フェスへの出演など活躍の場を広げるアーティスト・日食なつこによる完全書き下ろし曲だ。

▼東京ローカルプロモーションミュージックビデオ「ローカルミーハーのうた」は、こちらにて視聴可能♪

「ローカルミーハー」とは、全国的に有名なことではなくても、「自分や地元の人なら知っている」というローカルな情報がテレビやメディアなどによって世間に公開されるとうれしくなったり、自慢したくなったりする人。また、そのような街のスポット(店/場所)や人に関する情報のこと。

【本田なお・インタビュー】

本田なお

Q. 本田さん自身の「ローカルミーハー」はありますか?

A. 私の地元に西新商店街という商店街があって、いつも行っていた「むっちゃん万十」というお店があるんですね。そこは地元の人が老若男女問わず訪れていて、そこの店主の方が私の名前は覚えてないんですけど、顔を覚えてくれてるんですよ。久しぶりに行っても、まるで昨日訪れたかのように暖かく迎え入れてくれて。そこが私にとってはローカルミーハーな場所ですね。


本田なお

Q. 今回の動画の見どころを教えてください。

A. 最初に今回の動画のお話をいただいて、脚本や内容を拝見したときに感じたのは、東京なのにすごく懐かしい感じがするというか、地元は九州なんですけど、東京にもこんなところがあるんだなあと思いました。今回のプロモーションのコンセプトもそうだと思うんですけど、こういう街の良さというか人と人のつながりとか、その街だけの愛情を感じられることって見落としがちだと思うんですよね。私も実際に訪れたお店や色んな人に触れあえたことで、懐かしさとかつながりのようなものを感じられて嬉しかったですね。誰が見てもどこか懐かしさを感じる動画なんじゃないかなと思います。

【本田なおプロフィール】

本田なお

・生年月日:1995年2月10日
・出身地:福岡県
・血液型:A型
・趣味:観た映画のイラストを描くこと、カレー屋巡り
・特技:韓国語

主な出演作品は、映画「リングサイド・ストーリー」(2017年春公開)、フジテレビ「スカッとジャパン」「Chef~三ツ星の給食~」、TVCM「リクナビNEXT」「モスバーガー」「象印 極め羽釜」など。
ラジオ日本「本田なおと梛野里佳子のきみのきのまま」
雑誌「Soup」2016年11月号/雑誌「ゼクシィ」2017年2月発売号

◎情報提供:アウル株式会社