有村架純主演!映画『夏美のホタル』予告編公開!Uruが歌う主題歌「星の中の君」の詳細も明らかに!

女優・有村架純(ありむら かすみ)が主演を務める映画『夏美のホタル』(6月11日より上映)の予告編がYouTubeにて公開された。(冒頭の映像にて視聴可能。)

本作は、森沢明夫による同名小説を『夏美のホタル』元にしたヒューマンドラマで、『ストロボ・エッジ』の廣木隆一が監督を務める。有村架純が演じる主人公・夏美は、写真家になるという夢や恋人との関係に悩む大学生。学生生活最後の夏に、父の形見のバイクで思い出の森へ向かい、そこで知り合った親子や老人との交流を通して成長していく姿が描かれる。

予告編映像には、Tシャツにジーパンという自然体な格好の夏美の姿が映されており、涙をこぼしながら「お父さん、ありがとう」と話す場面で締めくくられている。

予告編と合わせて、映画のメインビジュアルも公開された。

▼こちら♪
有村架純主演!映画『夏美のホタル』poster

そして、予告編映像で流れているのが、2016年4月14日で紹介した、Uruが歌う主題歌星の中の君だ。Uruの透き通る声で歌われる「星の中の君」が、 映画で描かれる美しい原風景にそっと寄り添うように、映像を引き立たせている。

6月15日にソニー・ミュージックよりデビューするシンガーUru。 本日、彼女の記念すべきデビューシングル「星の中の君」の詳細が明らかになった。

Uru(シンガー)

トオミヨウがプロデュースを手掛ける表題曲「星の中の君」に加えて、 蔦谷好位置が手掛ける打ちこみトラックが心地よい「WORKAHOLIC」、 武部聡志が手掛けるピアノバラード「すなお」の計3曲が収録される。

デビューシングルにも関わらず、 ミュージックシーンで確かな実績を持つ音楽プロデューサー陣が参加している。

初回生産限定盤には「星の中の君」のMV(ミュージックビデオ)と、 Uru本人デザインによるポストカードが封入される。

【トオミヨウからのコメント】

透明、 透明、 透明。
空から心に直接語りかけられる様な、 透明な声。
そして、 どんな曲でも最初のワンフレーズで自分の世界を作ってしまう、 圧倒的な存在感。これから、 まだ彼女が出会ったことのない曲の中で、 どんな歌を歌っていくのか、
ファンの1人として楽しみにしています。

【蔦谷好位置からのコメント】

初めてYouTubeで歌声を聴いたとき、 気付いたら何曲も聴き続けていました。
柔らかさの中に危うさと怪しさも併せ持つような中毒性の高い声。
もっと別の魅力も知りたいと、 頭のなかでいろんな音が鳴り響いています。


【武部聡志からのコメント】

僕はボーカリストの一番大切な武器は声質と、 その人にしか出来ない唄い回しだと思っている。
彼女のデモテープを最初に聞いた時、 何よりもその声にやられてしまった。
そしてつい先日レコーディングを共にした時、 その独特な節回しにも驚かされた。
最大の武器を持った彼女がこれからの音楽シーンを変えていくことを期待しています。
新たな才能との出会いに感謝!!


【Uru Debut Single「星の中の君」情報】

2016年6月15日 Release
初回生産限定盤[CD+DVD]
AICL-3119~20 ¥1,800(tax in)

通常盤 [CD]
AICL-3121 ¥1,200(tax in)

【CD】
1.星の中の君 作詞:Hidenori , Uru 作曲、 編曲:Hidenori , トオミ ヨウ
※映画「夏美のホタル」主題歌
2.WORKAHOLIC 作詞:Uru 作曲:Daniel Kim , mayu wakisaka 編曲:蔦谷好位置
3.すなお 作詞、 作曲:Uru 編曲:武部聡志
4.星の中の君 -instrumental-
5.WORKAHOLIC -instrumental-
6.すなお -instrumental-

【DVD】
星の中の君 MUSIC VIDEO

line2

【映画「夏美のホタル」】

有村架純主演!映画『夏美のホタル』poster
(c)2016「夏実のホタル」製作委員会

映画「夏美のホタル」 6月11日全国ロードショー!
原作:森沢明夫「夏美のホタル」(角川文庫刊)
監督:廣木隆一
出演:有村架純
工藤阿須加 淵上泰史 村上虹郎 中村優子
小林薫 光石 研 吉行和子

微妙な感情に日々揺れるヒロイン・夏美を演じたのは、 第58回ブルーリボン賞主演女優賞、 第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞、 新人俳優賞をダブル受賞し、 若手のホープとしてめざましい活躍をみせる、 有村架純。
監督は、 日本映画界の屋台骨を支える廣木隆一。 それぞれの出会いにより、 人生が動き出し、 想いがつながれていくストーリーを丁寧に描き、 原風景の美しさとともに、 見る人の心をあたたかく、 豊かにしてくれる作品が誕生した。

<ストーリー>
有村架純 主演映画『夏美のホタル』
父は私に何を伝えたかったのだろう。
導かれるように向かったのは、 父との思い出の場所だった―。
“写真家”になる将来の夢と、 恋人の慎吾(工藤阿須加)との関係に悩んでいた夏美(有村架純)は父の形見のバイクで思い出の森へ向かう。
そこで小さな商店を営んでいる、 通称地蔵さん(光石研)とヤスばあさん(吉行和子)親子に出会い、 居候することに。
地蔵さんの友人、 雲月(小林薫)の不遜な態度を腹立たしく思いながらも、 地元の子供たちと触れ合い、 自然に囲まれ、 地元の食を楽しみ、 穏やかに過ごしていた。
しかし、 ある日、 地蔵さんが別れた家族との間に埋められない溝を抱え、 長い間苦しんでいることを知る。 親子、 夫婦、 家族、 友達。
誰かを大切に想うことが、 夏美の心を少しずつ癒していく。 まるでホタルの淡い灯火のように。

▼映画「夏美のホタル」OFFICIAL WEBSITE
http://natsumi-hotaru.com

line2

【Uruプロフィール】

Uru(シンガー)

2013年よりYouTubeの公式チャンネルを立ち上げ、 J-POPを中心に様々なジャンルの楽曲をカバー。
楽曲の歌唱、 演奏、 アレンジ、 プログラミング、 動画の撮影、 編集など、 そのすべてを一人で行い、 動画をアップロードする事をスタート。
素顔をほとんど見せないモノトーンに統一された映像と、 透き通る歌声が徐々に注目を集め、 これまでに90本以上の動画をアップし続けてきた結果、 総再生回数は4000万回以上、 チャンネル登録者は13万人越え(2016.4.22時点)となり、 幅広い年代から支持を得ている。

3月31日には、 初の単独LIVEを品川教会グローリアチャペルにて開催。
オフィシャルホームページを持たなかった彼女はYouTubeでライブの告知を公開し、 SNSで拡散。チケット先行予約には用意されていた座席の約10倍の申し込みがあり、 一般発売も2分でチケットは即完売。 ネット上での影響力の強さを早くも感じさせている。

【Uru オフィシャルinfo】
▼WEBSITE
http://www.uru-official.com
▼YouTube
https://www.youtube.com/user/kimidorinohana
▼Twitter
@uru_super
▼Facebook
https://www.facebook.com/uru.singer

◎情報提供:株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ