藤田ニコル イメージモデル!プリントシール機『Shirayuki happy ending』12月8日(木)発売!

藤田ニコル イメージモデル!プリントシール機『Shirayuki happy ending』

雑誌「Popteen」の専属モデルであり、テレビなどでも活躍中の藤田ニコルが、プリントシール機(プリ機)『Shirayuki happy ending(シラユキ ハッピー エンディング)』のイメージモデルに起用された。外観イメージはもちろん、撮影や画像装飾時のゲーム画面上にも登場する。この新機種は、2015年夏発売のプリントシール機『Shirayuki(シラユキ)』のバージョンアップ機で、2016年12月8日(木)に発売される。

『Shirayuki happy ending』は、プリ機において最も重要な“写りの仕上がり”に関して、本シリーズの特徴である白く透き通るような仕上がり“白雪肌”を、最新の画像処理により繊細に表現する。加えて、撮影画像を確認しながら美白具合(白雪度)を調整できる機能を新たに搭載する。

「2人用コース」「カップルコース」では、2人の顔写真を合成した画像を自動生成する新機能「かおまぜプリ」を新搭載。画像は携帯端末へのダウンロードが可能となっており、友人同士での共有やSNSへの投稿にも有効活用できる。また、プリ機で証明写真が撮影できるサービス「証明プリ」も搭載される。

さらに、「大人数コース」の撮影ポーズ見本モデルとして、日本一かわいい女子高校生を決定するミスコン「女子高生ミスコン」の初代グランプリ “りこぴん”こと永井理子(ながいりこ)他、全国ファイナル審査出場者5名が登場する。

line2

<プリ機『Shirayuki happy ending』特徴>

藤田ニコル イメージモデル!プリントシール機『Shirayuki happy ending』
『Shirayuki happy ending』筐体イメージ

① 最新画像処理技術と「FACEレタッチ」による「新・白雪肌」

② 2人の顔を自動で合成、「かおまぜプリ」搭載

③ 「女子高生ミスコン2015-2016」受賞者が撮影ポーズ見本モデルとして登場!

line2

<プリ機詳細>

① 最新画像処理技術と「FACEレタッチ」による「新・白雪肌」

最新画像処理により、髪の毛1本1本を繊細に表現することで、全体的に動きのある軽やかな髪に写りを仕上げる。加えて唇は、グロスを塗ったかのようなみずみずしい質感を表現する。また、撮影後の落書き画面上で、本シリーズの特徴であるキメ細やかで白く透き通るような仕上がり“白雪肌”をより一層追求できるよう「FACEレタッチ」機能を新搭載。個別に自分の顔画像を見ながら、肌の美白加減(白雪度)を調整できるようになった。

藤田ニコル
写り仕上がり イメージ

藤田ニコル 白雪度
「白雪度」調整画面 イメージ

② 2人の顔を自動で合成する機能、「かおまぜプリ」搭載
「2人用コース」または「カップルコース」の選択時に、通常のプリ撮影前に実施する個別撮影画像を使用し、撮影者2人の顔の合成画像が作成できる「かおまぜプリ」機能を搭載。プリ機で遊んでいる間に完成画像を表示し、友人やカップルでの撮影をさらに盛り上げる。また、合成画像は携帯電話やスマートフォンにダウンロードが可能なため、SNSなどへの活用にも最適だ。

藤田ニコル かおまぜプリ
「かおまぜプリ」(2人用コース)画面 イメージ

藤田ニコル かおまぜプリ
「かおまぜプリ」(カップルコース)画面 イメージ

③ 「女子高生ミスコン2015-2016」受賞者が撮影ポーズ見本モデルとして登場!
「女子高生ミスコン2015-2016」受賞者
「大人数コース」撮影ポーズ見本 イメージ -写真左- 左上:グランプリ りこぴん(永井理子) 左下:準グランプリ まゆ(神里真優) 右上:フリュー賞 あーちゅん(高見彩華) 右下:全国ファイナリスト れーいん(大木玲奈)

4名以上のグループでの撮影に適した「大人数コース」の撮影ポーズ見本のモデルとして、Netflixにて独占プレミア配信されていた「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」に出演の「りこぴん(永井理子/ながいりこ)」をはじめ、「女子高生ミスコン2015-2016」の全国ファイナリストたちが登場。大人数での撮影時におすすめのポーズを紹介する。

<「女子高生ミスコン」概要>

「女子高生ミスコン」は、プリントシール機(プリ機)・SNSなど女子高校生の生活スタイルに沿ったエントリー・審査方法を採用。“日本一かわいい女子高校生”を同世代の女の子たちが選ぶ、一般的なオーディションとは一線を画すミスコンプロジェクト。前大会の「女子高生ミスコン2015-2016」では総応募数:約64万人、総投票数:約300万票と若年女性を中心に関心を集めた。

◎情報提供:フリュー株式会社