【入山法子・インタビュー】「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」上演直前!心境を語る!

入山法子「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」インタビュー

「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」が、いよいよ4月22日(金)から上演開始される。本作は、ジャニーズWEST・濵田崇裕が主演、入山法子がヒロインを務める「歌喜劇」で、脚本を福田転球、演出を河原雅彦が手がける。共演には、大堀こういち、玉置孝匡、高木稟、前田悟、山岸門人、まりゑ、シューレスジョー、松之木天辺と個性豊かなメンバーがそろう。

ACTRESS PRESS編集部では、舞台上演が直前に迫った女優の入山法子にインタビューを敢行。作品の見どころ、演技について、稽古について等について訊いた。

line2
Q.「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」は、どのような作品でしょうか?

「市場三郎」という”寅さん”のような昭和の香りのする男性が主人公で、彼が会社の慰安旅行で温泉に行くのですが、そこでの恋の話や「温泉旅行あるある」などを盛り込んだ歌喜劇です。歌がたくさん登場して、心から笑って泣ける人間味あふれる物語です。


Q. 入山さんは、どんな役柄を演じるのでしょうか?

市場三郎が旅先で出会い、恋に落ちる女性の役です。

市場三郎は、”寅さん”のような、今時見かけないような真面目な男性なのですが、そんな三郎が恋に落ちてしまう女性です。一生懸命で健気で、「守ってあげたい!」と思えちゃう儚さもあるけれど、心の強さもある女性。謎めいていて、ミステリアスな部分がありますね。


Q. 入山さんご自身と、今回の舞台で演じる役柄の女性との共通点はありますか?

物語のキーパーソンになる役柄なので、ネタバレしない範囲でお答えしますね。(どんな女性なのかは、物語の最後にすべてわかるんです。)

私は、演じる役に対して、いつも共通点を見つけて、そこからどういうふうに広げていくかを考えるようにしています。今回演じている役柄は、努力しているところを見せないけれど、負けず嫌いなところがあって、実は努力しているんです。そういうところは、実際の私と似ているかもしれないですね。


Q. 入山さんご自身と役柄が、異なって苦労している点などは、ありますか?

そういうところは特にないですね。面白がって、楽しみながら演じています。


Q. 先日、Twitterで「今日は(稽古中に)涙が止まりませんでした。笑 」と投稿なさっていましたが、何かあったのでしょうか?

共演者の皆さんが、面白いことをする人達ばかりなので、自分が出演していない待機時間に稽古を見ている時、ずっと笑っていて、笑いすぎて泣いちゃったんです。泣くほど面白くて(笑)。


入山法子「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」インタビュー

Q. ということは、稽古は楽しく進んでいるのでしょうね?

楽しいことも多いですけど、大変な点もあります。
今まで出演した作品は、「準備されているものに、自分が準備してきたものを乗せる」というものが多かったのですが、今回は、「まずは、皆で作ってみよう!」というスタイルでして。演出の河原雅彦さんもプランは持ってらっしゃるのですが、そこに乗っかるだけではなく、「皆は、どう思う?」と問いかけて、皆で一つずつセリフなどを作っているスタイルで、初めての経験です。毎回、どんなアドリブが来るのかドキドキします。なので、大変な面もあり、楽しさもありますね。


Q. 稽古で印象的な出来事は何かありますか?

出演者全員が、この作品を大好きで、本当に真面目に面白いことをやろうという結束力が強い稽古場なので、稽古スタートの時間前に皆が集まるんですけど、スタートまで時間が余っている時は、歌の自主練をしているんです。「稽古スタート前までに歌のおさらいをしておこう!」とか、皆一生懸命取り組んでいる姿が、すごく良い座組だと感じます。一座のような連帯感が強いですね。


Q.演出家の河原さんからのアドバイスで参考になったことなどはありますか?

基本的には、すごく自由にやらせていただいているのですけど、私にとって歌は初めてですし、ダンスのような演技も初めてなので、最初は不安に思うこともたくさんあったんです。でも、河原さんから「まずは感情の乗るところでやってみて。それで、できないところがあれば、そこから皆で作ろう!」と仰ってくださいました。そして、「こういうふうにやってみたらどうだろう?こういうやり方もあるよね。」とか、いろいろ想像させてくれるアドバイスをしてくださっています。役者の良い部分を引き出してくれますね。


入山法子「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」インタビュー

Q.ファンの皆さまへのメッセージをお願いします。

今回、「歌喜劇」ということで、すべてアカペラで、伴奏も全部口でやっているので、本番でどんな感じになるのか考えると、すごくドキドキしているんです。でも、絶対 観たこともないような面白い舞台になるという自信があるので、是非ご覧頂きたいです。初めて舞台を観る若い方などは、すこしポカーンとする場面もあるかもしれないですけど(笑)、安心して観てもらえればと思います。そして、「歌喜劇」の世界を一緒に楽しんでいただけたらと思います。舞台を鑑賞した後に、グローブ座を出たら、隣のお友達との会話も歌になっちゃうくらいに感情を上げてくれる舞台になっていると思うので、楽しみにしてきてくださると嬉しいです。


Q. 今後、どんな女優さんになっていきたいですか?

30代に突入して、こうやって新しい舞台に挑戦させていただけたりしているので、今までの経験を活かして、より自由に演技できればと思っています。毎回お世話になる現場で、スタッフの方にも先輩たちにも恵まれているなぁと思う部分がたくさんあるので、一つずつちゃんと吸収して、固くならずに、何かに囚われることなく、お芝居できればと思いますね。


入山法子「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」インタビュー

line2

【「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」紹介】

【スタッフ】
脚本:福田転球
演出:河原雅彦

【キャスト】
濵田崇裕/入山法子/大堀こういち/玉置孝匡/高木稟/前田悟/山岸門人/まりゑ/シューレスジョー/松之木天辺
【上演日程】
<東京公演>
日程:2016年4月22日(金)~5月8日(日)
会場:東京グローブ座
<大阪公演>
日程:2016年5月13日(金)~15日(日)
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

▼OFFICIAL WEBSITE
http://www.ichibasaburo.com/
▼Twitter
@ichibasaburo

line2

【入山法子・PROFILE】

・生年月日:1985年8月1日
・サイズ:T=168cm SH=24
・出身地:埼玉県
・血液型:A型
・趣 味:手芸・カメラを持って散歩
・特 技:エレキベース・アクション・ホルン・乗馬

▼BLOG
http://ameblo.jp/iriyama-noriko/
▼Twitter
@norikoiriyama

◎ACTRESS PRESS編集部