渋谷公園通りメモリアルパレード〜みんなで歩こう渋谷公園通り〜 8月7日(日)開催!

渋谷公園通りメモリアルパレード

渋谷のファッションビル渋谷PARCO(パルコ)が、2016年8月7日(日)をもって一時休業し、2019年秋に生まれ変わる。渋谷PARCOは、1973年6月から43年間にわたり、渋谷の街と共に歩んできた象徴的な存在であり、このリニューアルが渋谷の街にもたらす影響は大きい。8月7日(日)、そんなメモリアルな日に、「渋谷公園通りメモリアルパレード〜みんなで歩こう渋谷公園通り〜」が開催されることが決定した。このパレードは、渋谷公園通商店街振興組合が中心となって開催されるもので、「渋谷に思い出のある方々と共に、公園通りを歩き、渋谷の街、公園通りの魅力を再発見してもらえたら」という想いが込められている。参加者には、記念グッズが進呈される。
(主催:渋谷公園通りメモリアルパレード実行委員会)。

line2

【渋谷公園通りメモリアルパレード〜みんなで歩こう渋谷公園通り〜・概要】

渋谷公園通りメモリアルパレード
・開催日時:8月7日(日)15:00~16:00
(受付開始:13:30予定)
・参加人数:600名
・主催:渋谷公園通りメモリアルパレード実行委員会
・後援:渋谷区

・記念グッズの進呈
メモリアルパレード参加者には8月7日(日)当日に、オリジナルのchappieコラボ記念グッズを進呈。
[記念グッズ]
・手ぬぐい
・団扇
・ミネラルウォーター

▼Official Website
http://parade.parco.jp

line2

【渋谷公園通りの歴史】

歴史を振り返ってみると、1973年に渋谷PARCOが完成する以前の公園通りは、今とは全く異なる寂しい光景であった。

1970年の渋谷公園通り
1970年の渋谷公園通り

渋谷PARCOが1973年6月に完成してからは渋谷の街が大きく変わった。1970年頃まで若者文化の流行の発信地であった新宿から渋谷へと若者文化の中心地が移行。1980年代には、さらに興隆を極めた。

1983年の渋谷公園通り
1983年の渋谷公園通り

line2

【オンラインパレード(PARCO PARADE)開催!】

8月7日(日)のメモリアルパレード開催に先立ち、公園通りメモリアルパレードを盛り上げるため、オンラインで渋谷公園通りパレード動画がつくれる、渋谷PARCO×chappie(※)コラボアプリが公開。chappieアプリで参加者が自分のアイコンを作成後、特設サイトで渋谷で遊んでいた頃の年代を選択することにより、オリジナルのパレード動画を作成でき、それをSNSシェアやダウンロードすることができる。

<chappieとは?>
chappie(チャッピー)とは、1994年にデザインスタジオgroovisions(グルーヴィジョンズ)が製作した、人間のかたちのグラフィックデザイン。チャッピーは、直立で正面を向いた基本形があり、髪型や服装、肌や目の色を変えることで、世界中の誰にでもなることができる。これまで、広告、展示会、CDリリースなど幅広いジャンルで活躍し、PARCOとも様々な仕事でタッグを組んできた。

昨年6月に配信を開始したiPhoneアプリ「chappie」では、背景色や髪型、小物などのパーツを選択するだけで、オリジナルのchappieを作成することができる。