『ラーメン女子博’16 -Ramen girls Festival-』 全12店舗発表!全店初出店!3月17日~21日横浜で開催!

ラーメン女子博’16-Ramen-girls-Festival

2016年3月17日(木)~21日(月・祝)、横浜赤レンガ倉庫 イベント広場にて開催される「ラーメン女子博 ’16 ?Ramen girls Festival-」の出店店舗が決定した。ラーメン大好き女子のため、“女性”に特化したラーメンイベント「ラーメン女子博」は、2015年3月に第一回目を開催し、売切れ続出の2日間で29,675人の来場者数を記録。大好評を博し、第二回開催が決定した。

ラーメン女子博16

第二回目の開催となる今回は、出店ラーメン店を総入れ替え!前回とは異なるバリエーション豊かな12店舗が軒を連ねる。全店舗が初出店だ。

また、そのうち1店舖は日替わりで店舗が変わるスペシャルブースとなり、合計15店舗が、“ラーメン女子に捧げるラーメン”をコンセプトにアレンジしたメニューを提供する。

すずらん-ラーメン

総入れ替えとなる出店ラーメン店は、本イベントプロデューサーの森本聡子氏が選りすぐった名店がずらり。

『黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン』(市ヶ谷)
(ミシュランガイド掲載の有名店)

『蔭山樓』(恵比寿)
(フカヒレ専門中華料理店)

『元祖タンメン屋』(岐阜)
(森本氏自身が“ラーメン女子”になるきっかけとなった店)

『自家製麺 ほうきぼし』(赤羽)
(ラーメンイベント初出店。美人すぎるラーメン店主・友紀乃店主が作る「汁なし担々麺」が看板。)
ほうきぼし_豆乳野菜健康担々麺

『新旬屋 麺』(山形)
(鶏の卵巣「きんかん」独特のしっとりした手もみ麺が売り)

『中華そば すずらん』(恵比寿)
(カルト的な人気を誇る高級ラーメン店)
すずらん-ラーメン

『チラナイサクラ』(御徒町)
(Japanese Artな内観や女性スタッフの浴衣が海外の方にも人気)

『Miso Noodle Spot 角栄 (KAKU-A)』(代々木)
(和の味噌とエスニックなカレーを融合させ、野菜たっぷりの「美」を追求した一杯が人気)

『麺屋宗』(高田馬場)
(日本各地のラーメンイベントで売上杯数1位を獲得してきた伝説の塩ラーメンを提供)

『麺屋 Hulu-lu』(池袋)
(ハワイアンカフェをイメージした店内で、独創的なメニューが魅力の女子ウケ抜群)

『ラーメン神豚』(横須賀)
(“ガッツリ系”を欲する女子へ捧げる、優しい店主が作るこだわりの体育会系ラーメン)
などなど♪
女子のハートをつかんで離さない店舗の出店が決まった。

また、今回初の試みとなる⑫女子博スペシャル企画『日替わりブース』も決定!『らーめん香月』 (六本木)(17日出店)、『地球の中華そば』 (横浜)(18日出店)、『麺屋 翔』 (新宿)(19日・20日出店)、『ラーメンダイニングJingu』 (原宿)(21日出店)という名店が、会期中入れ代わり立ち代わり出現!友達と、家族で、彼氏と、会期中何度でも、毎日足を運びたくなるはず!

普段一人でラーメン店に入りにくい女性でも思う存分ラーメンを楽しんで頂けるように…という想いで企画された本イベントは、前回同様、多くの“ラーメン女子”に楽しんでもらえる様々な仕掛けが。人目を気にせずラーメンを食べられる女性限定の飲食スペースでは、ブランケットやレンゲ、ヘアゴム等女性に嬉しいホスピタリティも用意。更に、“美”を意識したドリンクや美容コンテンツ、女子たちの心も温める“IKE麺(イケメン)”がやさしくおもてなし・・など女性が喜ぶコンテンツが満載となる。

ほうきぼし_豆乳野菜健康担々麺

とことん女子に特化した、史上初のラーメンイベント『ラーメン女子博 ’16-Ramen girls Festival-』。もちろん、男性も入場可能なので、是非家族やカップルで訪れ、美味しいラーメンを堪能あれ!

line2

<「ラーメン女子博 ’16 -Ramen girls Festival-」実施概要>

ラーメン女子博’16-Ramen-girls-Festival

■タイトル: ラーメン女子博 ’16 -Ramen girls Festival- (読み:ラーメンジョシハク ニセンジュウロク ラーメンガールズフェスティバル)
■日程:  2016年3月17日(木)~3月21日(月・祝) 11:00~21:00(L.O 20:30) ※21日のみ20:00終了(L.O 19:30) ※予定
■場所:  横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
■飲食券: 詳細は後日発表
■入場料:  無料  ※飲食の際には、飲食券購入が必要。 ※男性も入場可能。
■主催:  ラーメン女子博実行委員会 (TEL: 03-5545-9704/音声ガイダンス)
■後援:  公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー
■協力:  辺見プロモーション

▼公式HP
http://www.ramengirls-fes.com
▼公式Instagram
http://instagram.com/ramengirlsfes
▼公式Facebook
https://www.facebook.com/RamengirlsFestival
▼公式twitter
@RamengirlsFes
▼公式LINE ID
@ramengirlsfes
(アカウント名: ラーメン女子博)

◎情報提供:エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社