松井玲奈出演『名古屋行き最終列車』、日本民間放送連盟賞で2年連続受賞!第4弾制作も決定!

松井玲奈-『名古屋行き最終列車』

松井玲奈が出演したメ~テレ(名古屋テレビ放送)制作のドラマ『名古屋行き最終列車』が、平成27年日本民間放送連盟賞・番組部門「テレビドラマ番組」にて、昨年に続き2年連続で優秀賞に選ばれた。

日本民間放送連盟の表彰番組ページにて掲載されている。
http://www.j-ba.or.jp/category/awards/jba101573#TVdorama

ドラマ『名古屋行き最終列車』は、メ~テレの開局50周年特別番組で、名古屋鉄道の地方の駅から名古屋駅へ向かう最終列車を舞台とした作品。2012年12月に第1弾、2014年1月に第2弾が放送され、今回受賞した番組は「第3弾」として2015年2月に放送(2月2日〜2月6日の深夜に5夜連続放送)、その後、オムニバス形式で再構成して放送された。

プロデューサー:大池雅光
監督:神道俊浩
脚本:菊原共基
カメラ:恒川正次

【内容】
名古屋行きの最終列車に乗る人々を主人公に描いたドラマの第3弾。2月に放送した各30分の物語をオムニバス形式で構成「40年近く続けたラーメン店を閉じることにした店主のドラマ」、「寸借詐欺師の老人と反撃に出る女性の話」、「鉄道会社の忘れ物係である森本の物語」の3話からなる。出演は、六角精児、松井玲奈、大杉漣ほか。

・メ~テレ オフィシャルサイト:http://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2015/

【日本民間放送連盟からの評価】

「列車での“忘れ物”をきっかけに物語が始まり、名古屋行きの最終列車で終了する、楽しくも、ちょっとほろ苦い人間模様が綴られている。個性的なドラマであり、回を重ねるごとに完成度が上がっている。ディテールがしっかり描かれており、地元で愛される番組となっていることが画面からも伝わってくる。」との高評価を受けた。


なお、『名古屋行き最終列車』第4弾の制作も決定し、今冬放送予定。主演は、松井玲奈。

真冬の寒い夜中に、ほっこりとした物語。第4弾も楽しみである。

line2

【『名古屋行き最終列車』第3弾 出演者】

■全話共通
六角精児:森本 宗太郎 役

■第1夜
田山涼成、ラサール石井、山村紅葉、小島範子、田村侑久(BOYS AND MEN)、犬塚志乃(dela)

■第2夜
山崎樹範、増井みお(PASSPO☆)、岩崎う大(かもめんたる)、阿佐ヶ谷姉妹、岡田明子、田内康介、こじまけいこ

■第3夜
大杉漣、波岡一喜、小林豊(BOYS AND MEN)

■第4夜
滝沢沙織、谷花音、片岡信和、石河美幸、鳥居美江

■第5夜
松井玲奈、小野武彦、いとうあさこ、やしろ優

◎情報提供:名古屋テレビ放送株式会社