宮沢りえ主演!『連続ドラマW グーグーだって猫である』の続編、製作決定!6月放送予定!

宮沢りえ主演-連続ドラマW-グーグーだって猫である

2014年10月にWOWOWで放送された、宮沢りえ主演の土曜オリジナルドラマ『連続ドラマW グーグーだって猫である』の続編となる『連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』の製作が決定し、今年2016年6月放送予定であることが発表された。

前作『連続ドラマW グーグーだって猫である』は、2014年11月度ギャラクシー賞月間賞受賞。さらに第41回放送文化基金賞【番組部門】テレビドラマ番組奨励賞と同賞【番組部門】演技賞 宮沢りえ(主演)を受賞し、話題になったが、放送から約1年・・・ついに続編が発表され、番組のファンや猫好きの方にも朗報だ。

本作では、前作では描ききれなかった“グーグーとともに過ごした15年8ヶ月の間に起きた出来事”を原作をもとにオリジナルストーリーとして作り上げられる。主人公・麻子(宮沢りえ)と猫たちとの愛しい生活の日々、編集者・大森(長塚圭史)の結婚、アシスタント・ミナミ(黒木華)の独立、消えたホームレス(田中泯)の行方…。

2014年10月に放送された「連続ドラマW グーグーだって猫である」のファンならずとも主演の宮沢りえと犬童一心監督の再タッグによる大島弓子原作の世界感は見逃せない。

宮沢りえ主演-連続ドラマW-グーグーだって猫である2
※2014年放送「連続ドラマW グーグーだって猫である」より

本作の主人公の小島麻子役を演じる宮沢りえは、映画『紙の月』では第38回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞、「連続ドラマW グーグーだって猫である」以来の連続ドラマ出演となる。

編集者の大森役は、連続テレビ小説「あさが来た」や「Dr.倫太郎」への出演や劇作家・演出家としても知られている長塚圭史

アシスタントのミナミ役は、映画『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞、さらに現在放送中の大河ドラマ「真田丸」に出演している黒木華

そして、前作で麻子とグーグーを引き合わせたホームレス役には、連続テレビ小説「まれ」でのコミカルかつ職人気質な人物像の演技が記憶に新しい田中泯が扮する。

今日本を代表する実力派・演技派のキャストが勢ぞろいし、どのような世界を作り上げてくれるのか期待が高まる。

さらに、脚本は『そこのみにて光輝く』で第88回キネマ旬報ベスト・テン日本映画脚本賞を受賞した高田亮。そして、今回もシリーズ構成と監督を『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』の犬童一心が手掛ける。

line2

宮沢りえさん主演「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」

〈スタッフ・キャスト〉

・原作:大島弓子(「グーグーだって猫である」角川文庫)
・シリーズ構成・監督: 犬童一心(『グーグーだって猫である』 『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』)
・脚本:高田亮(『婚前特急』 『そこのみにて光輝く』『セーラー服と機関銃 ‐卒業‐』 )
・音楽:高田漣(『横道世之介』『箱入り息子の恋』)
・出演:宮沢りえ 長塚圭史 黒木華 田中泯 ほか

〈放送情報〉
・6月放送予定 毎週土曜よる10時(全5話)

▼『連続ドラマW グーグーだって猫である」番組サイト』
http://www.wowow.co.jp/dramaw/gou-gou/

line2

<原作>


<前作『連続ドラマW グーグーだって猫である』・DVD>


◎情報提供:株式会社WOWOW