ローラ、ハリウッド映画出演決定を報告!『バイオハザード』の最新作

ROLA(ローラ)

8月21日(金)、タレントでモデルのローラが、Twitter・Instagramを更新し、『バイオハザード』の最新作に出演することを報告した。
投稿内容:

みんなにご報告があるんだ!実は映画バイオハザードに出演する事がきまったの!とってもかっこいい女性役を演じるの!ハリウッド映画にでることはわたしの夢で英語も演技もずっと練習をしていたから合格してほんとうにうれしい。来月からしばらく南アフリカで撮影なの!がんばってくるね(I got a part in Resident Evil: The Final Chapter!! I’m so so excited!!I’m gonna give it my beeeeest!!)

ローラが出演する作品は、『Resident Evil:The Final Chapter(原題)』で、来月から南アフリカで撮影を行う予定とのこと。ハリウッド映画出演とは本当に素晴らしい。今から公開が待ち遠しい。『Resident Evil:The Final Chapter』は2017年1月に全世界公開予定。

line2
<追記・8月25日>

8月25日(火)、配給のソニー・ピクチャーズ エンタテインメントからローラの映画出演が正式に発表された。

本作でローラが演じる役柄は、アメリカのラクーンシティで発生した人々をアンデッド(ゾンビ)化してしまうT-ウィルスの流出事件を生き延び、その開発元である巨大企業アンブレラ社とアンデッド達の大群を相手に、主人公のアリスと共に最後の戦いを挑む女戦士コバルト役であることが明らかになった。

この重要な役柄にローラを起用した理由に関して、映画製作プロデューサーは「彼女は、驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性。 今回のコバルトは彼女が適役でした。」と語り、ローラを賞賛している。