広瀬すずも参加!TOKYO FM番組「18歳からの選挙権~投票編~ 」でリスナーと選挙について考えるトークセッション開催!

18歳からの選挙権

TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』(月-金22:00~放送)では、4月17日(日)に、品川のグランドホール(東京都港区)にて総務省主催のイベント「18歳からの選挙権〜投票編〜 supported by 『SCHOOL OF LOCK!』」が開催される。選挙権年齢がいよいよ今夏の参議院選挙から18歳に引き下げられることに伴い、番組リスナー世代とともに政治や選挙について理解を深めるためのイベントだ。

『SCHOOL OF LOCK!』 番組リスナー200名を招待し、『SCHOOL OF LOCK!』内『GIRLS LOCKS!』(月-木22:15-22:25)毎月2週目を担当している女優・広瀬すず(ひろせ すず)も参加、とーやま校長、あしざわ教頭、若者と政治をつなぐNPO法人Youth Create・原田謙介代表とともに選挙について考えるトークセッションが開催される。

広瀬すずは、今年の6月19日にちょうど18歳を迎える。18歳を目前にし、彼女が選挙に関してどのように考えているのか要注目!

イベントでは、参加リスナーとともに「選挙」について考えるトークセッションも開催される。イベントへの参加方法など詳細を下記ページにてチェックの上、是非参加を♪

https://www.tfm.co.jp/lock/senkyo/

line2
【『SCHOOL OF LOCK!』 と「18歳選挙権」について】

TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』(月-金22:00~放送)では、2015年6月24日の放送で社会学者・古市憲寿を迎え「18歳選挙権」について10代リスナーと2時間生放送で話し合われた。番組では、「10代のキミに選挙権があったら選挙に行きますか?」と番組LINE@アカウント上でアンケートも実施。

18歳からの選挙権・アンケート

6,051人の10代リスナーが回答し、うち71%の10代リスナーが「選挙権があったら選挙に行く」と回答。これは、平成26年度の20代の投票率、20~24歳=29.72%、25~29歳=35.32%(※総務省 第47回衆議院議員総選挙年齢別投票者数調 より)と比較して圧倒的に高いことがわかった。

また、10代リスナー6,051人を年齢別に集計したところ、18歳以上である、ないに関わらず「選挙に行く」と答えた10代リスナーの割合はどの年齢でも60%以上であることもわかった。最近の10代にて、選挙への関心が高まりつつあるようだ。

2015年12月5日には、としまセンタースクエア(東京都豊島区)で番組リスナー世代とともに政治や選挙について理解を深めるイベント「選挙権年齢が18歳以上に。Inシンポジウムsupported by 『SCHOOL OF LOCK!』」を開催、高市早苗総務大臣が登場し、開会宣言が行われた。『SCHOOL OF LOCK!』 とーやま校長・あしざわ教頭、さらに『SCHOOL OF LOCK!』の”女子クラス”『GIRLS LOCKS!』にレギュラー出演中の女優・小芝風花(月-木22:15-毎月1週目担当)が、若者と政治をつなぐNPO法人Youth Create代表・原田謙介を迎えて「政治って何ですか?」「選挙って何ですか?」「なぜ選挙権年齢が18歳に引き下げられたんですか?」など基礎的なポイントを学んだ。原田謙介は「今、政治が若い人の力を求めているんです。選挙以外のタイミングでも、思ったことがあれば政治家にメールやSNSで自分の意見を送ることもできます。ぜひ伝えてみてください」と呼びかけた。同イベントは東京ほか全国8都市で開催された。

line2

【TOKYO FM番組「SCHOOL OF LOCK!」とは】
SCHOOL OF LOCK!

“全国の蒼き若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!”をコンセプトに、パーソナリティのとーやま校長・あしざわ教頭ほか、人気アーティストやタレントをレギュラー講師陣に迎え、TOKYO FM をはじめとするJFN38局ネットで放送中のラジオ番組。2005年10月の番組開始以来、ラジオとWEB、時にイベントや出版も連動させた内容でネット世代の若者を中心に支持を得ている人気番組だ。

・放送日時: 毎週月曜日~木曜日22:00~23:55 / 毎週金曜日 22:00~22:55
・放送局 : TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット※一部東京ローカル
▼番組WEBSITE
http://www.tfm.co.jp/lock/

◎情報提供: TOKYO FM