タグ別アーカイブ: インタビュー

【山谷花純・インタビュー】初主演映画『シンデレラゲーム』公開直前!心境を語る!

山谷花純・インタビュー 映画・シンデレラゲーム

映画『シンデレラゲーム』が、いよいよ10月1日(土)に公開になる。本作は、夢に敗れた女性アイドルたちが繰り広げる命を懸けたサバイバルカードゲームバトルを描く作品。「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のモモニンジャー役等で人気の山谷花純(やまや かすみ)が映画初主演を果たし、灰谷沙奈役を熱演している。また、映画『みんな!エスパーだよ!』に出演したグラビアアイドルの清水あいり、ファッション誌「KERA」で人気のモデル・阿知波妃皇、元「乙女新党」メンバーで「すイエんサーガールズ」として活動する其原有沙、「半沢直樹」『真田十勇士』の駿河太郎らが共演。監督は、加納隼が務めた。

ACTRESS PRESS編集部では、初主演映画公開が直前に迫った女優の山谷花純にインタビューを敢行。映画初主演の心境、演技について、お気に入リのシーン、撮影のエピソード等について訊いた。

line2

山谷花純・インタビュー 映画・シンデレラゲーム

Q. 映画初主演おめでとうございます。初主演が決まった時の感想はいかがでしたか?

ありがとうございます!小さい頃から女優業をやっている中で、主演を演じる方の背中を見て、その存在の大きさを感じてきましたので、今回、自分自身が主演を務めさせていただくことが決まった時は、本当に嬉しかったです。


Q. 主演としてどんな意気込みで撮影に臨みましたか?

それほどプレッシャーは感じなくて、いつも通り、今まで演じてきた役と同じような感覚で、作品に関わらせていただきました。芯の弱い、人の意見に惑わされる役柄が真ん中(主演)に来るからこそ、「ブレてはいけないなあ」って思いまして、その部分を意識しながら撮影に臨みました。


山谷花純・シンデレラゲーム 映画

Q. 映画「シンデレラゲーム」という作品には、どんな印象をお持ちですか?

最初に台本を読んだ時には、「非現実的なお話だな」と感じたのですが、出来上がったものを観た時に、「これって、もしかしたらいろいろな人が持つ自分の中での格闘だったり、人間関係のバランスなども遠回しに描かれているのではないかな。」と感じました。誰しもが持っているものが描かれていると思います。


Q.アイドルが生死をかけて争いますが、ご自身も女優活動をされていて、近い部分もありますか?

作品のオーディションなどは、争いがわかりやすく表れる場面だと思います。たくさんの女優が受験して、その中で名前が呼ばれた子だけが、そのまま残ることも多いので、ある意味、「誰かを蹴落として、上に登っていけなければいけない」、という意味で同じだと思います。


Q.演じた「灰谷沙奈」という役柄は、ご自身と比べていかがでしたか?

灰谷沙奈は人の意見に惑わされやすかったりして、その部分での性格は私とは違うと思うんですけど、人にだまされたり、つらく当たられた時でも、人を嫌いになれなかったり、「自分だけが悲しかったらいいや」、というふうに発想の転換をするあたりは自分と似ているのかなと思います。


山谷花純・シンデレラゲーム 映画

Q. 役柄を演じるために、何か準備はしましたか?

今まで私が演じてきた役というのは、気が強かったり、キャラクター性が強いものが多かったのですが、今回の役柄では弱い印象を持つ子だからこそ、「今までのイメージを壊せたらいいな」と思って臨みました。鏡を見ながら、どうやったら気の弱い子に見えるかを研究したりしました。


Q. 撮影は、どこで行われたのでしょうか? ロケ地は、いかがでしたか?

千葉の館山です。東京からそれほど離れた場所ではないのですけど、自分の地元よりも田舎の場所があるんだということにビックリしました(笑)でも、同じ敷地内で、これだけたくさんの描写を撮ることができて、すごく面白かったです。


Q. 今回の撮影で印象に残ったエピソードはありますか?

毎日泥だらけになりながら、汗をかいて撮影できたのは、ある意味、作品と一緒に戦えた感じがしています。「負けてたまるか」というような気持ちで撮影に挑みました。役と一緒に自分も追い込まれていった印象がありますね。


山谷花純・シンデレラゲーム 映画

Q.同世代の出演者が多かったですが、オフタイムなどはいかがでしたか?

私は一人でいるのが好きなタイプなのですが、皆でワイワイしているのを見てるのはすごく楽しかったです。


Q. 一番お気に入りのシーンは?

エンディングと言いたいのですけど、逆に、リーダーである涼夏が亡くなった後、決戦会場に向かう道中の一本道で、オプションカードを何も表情を変えずに買った時の数秒間のシーンは、すごく好きですね。それまで自分の感情をあまり表に出さない子だったのが、初めて感情を態度や目線で表せた感じがしました。その時、台風が来ていて、天気も崩れていたので、そのシーンを撮る時に、雨に濡れてビチョビチョになりながら撮った思い出もあります。私の中では、それが逆に追い風のようにも感じていて、「ああ、いいシーンになったなぁ」と感じています。


Q.撮影は、いつ行われたのでしょうか?

7月ですね。ちょうど台風が直撃の時です(笑)


Q. ラストシーンの笑顔が印象的ですが、どんなことを考えて演じられたのでしょうか?

台本では、「最後に何とも言えない表情で終わる沙奈」とだけ書かれていたので、最初、「どういう表情で演じるのかな」と考えました。ただ、クランクアップ直前にそのシーンを撮影していただいて、本当に撮影の佳境でもあったし、ストーリーの佳境でもあり、肉体的にも精神的にも最高潮に来ていたので、「どういう感情で」ということを言葉で伝えるのはすごく難しいですけど、吹っ切れて何も考えずに、「今、自分はここに立ててるんだ」ということを意識しながら、撮影しました。演じながら、「心から笑っていない笑顔」だとも思いました。

カメラの横にずっと監督がいて、一緒に海に入ってビチョビチョになりながら、声を荒らげて、一緒に叫びながら撮ってくれたシーンでもあったので、だからこそ、絶対に泣きたくなかったですね。泣いてたら、今までの沙奈と何も変化がなく終わっちゃうのは嫌だったので、だからこそ、ああいう表情にたどり着いたのかなって思います。ある意味、ちょっと強くなって、今まで持ってたものを無くして、さらに次の道に行こうとしている、悲しさや強さを表現できたらいいなと思って演じてました。


Q.それは、主人公が強くなったことの表れでしょうか?

得たものもあるけど、無くしたものもあることが表れていると思いますね。


山谷花純・シンデレラゲーム 映画

Q.加納監督は、いかがでしたか?

監督とは一回ご一緒したことがあって、「リアル鬼ごっこ3」のメイキングを撮ってくださったことがあるんです。4年ぶりくらいにお会いして、またお互い違った立ち位置で、年齢も重ねて、ご一緒できたことがすごく嬉しかったです。
現場では、そんなに話すことって多くなかったんですけど、撮影が終わった後に連絡をくださって、「山谷の武器は、その目だから、目を大切にしてやっていきなさい。」と仰っていただいたので、「ああ、この監督を信じて走ってこれて良かったなぁ」っていうふうに思いました。


Q. 本作を通じて、演技について何か変わりましたか?

台本の読み方がちょっと変わったと思います。「言葉に書かれている以上のことを探す」ということを今までもしてきたのですが、いっそう強く感じることができた“きっかけ”でもありました。それから、「作品作りは一人では成り立たないんだ」ということも気づかせていただきました。


Q. 今後、どういう女優さんになりたいですか?

好きなことを続けていけることって、すごくありがたい環境で、それだけでもすごく嬉しくて。年を重ねても、同じ新鮮な気持ちでいられたら一番だなぁって思います。これから20歳になって、30歳になって、年を重ねた時に「新しく挑戦する」ということをやめないで、もっともっと貪欲に追い続けられるような女優さんになっていきたいと思います。


Q.新しい挑戦ということは、また新しい役柄も演じてみたいということでしょうか?

今回アイドルの役を演じさせていただきましたが、もっとやったことのない役柄も多いので、挑戦したいですね。たとえば、医療系もやったことがないし、弁護士もやったことないし、警察官もやったことがないし。これからやれることがたくさんあることが、すごく嬉しいです。年齢を重ねるごとに一つ一つ叶えて、知ることや勉強することがどんどん増えてくるから、それによって、将来自分が結婚して、家族を持った時に「これだけ自分は持っているんだよ」というふうに伝えられるものが、たくさんあったら素敵だなぁと思います。


Q.こうして演じたことが「映像」として残るって素敵ですよね。将来、お子さんにも見せられますし。

そうですね、ヒーローもやってますしね(笑)


山谷花純・インタビュー 映画・シンデレラゲーム

Q. 最後に、ファンに皆さまにメッセージをお願いします。

今回、「シンデレラゲーム」というタイトルを見ると、「どういうお話なんだろう?」と思う方も多いかもしれないですけど、アイドルとゲームという2つが組み合わさって成り立っている作品で、今の芸能界だったりアイドル業界の中で生き抜いてきた女の子達が、実際にこの作品を通して、切磋琢磨しながら、作品を良くしようとしたり、誰よりも良い芝居をしようとして、いい意味で体当たりでぶつかり合えたことが、すごくキレイにスクリーンの中に収まっていることが見所だと思います。普段のアイドルや女優としては見せない顔を見た時に、お客様がどのように感じるのかが、すごく気になります。
映画館で、それをいい形で受け取って帰っていただけたら良いなぁって思ってます。


Q.10月1日に公開後、ファンの皆さんの感想も気になりますよね。

すごい気になりますね。


Q.SNSでの反応とかもチェックされますか?

そうですね、「そういう視点もあるのかぁ」とか、気づかさせていただくきっかけにもなるので。コメントの返信はしていないのですが、ちゃんと見てますし、感想はいただけた分だけ嬉しいですね。
特に、ブログでコメントをいただけると嬉しいです。ブログのコメント欄は見やすいですし、結構熱心にコメントくださる方も多くて、毎回コメントくださる方のことは覚えてます。私も、ブログは特別な場所だと思ってて、映像や音声だけでなく、文字で伝えることも、私達のやっている職業で大切なことだと思っているので、そこに来てくれる方に対しては、感謝の気持ちでいっぱいです。


映画は、いよいよ10月1日公開!
是非、映画をご覧になり、感想を山谷さんのブログに投稿してみましょう!

▼ブログは、こちら♪
http://ameblo.jp/kasumi-wold-1226/

▼そして、映画情報は、こちら♪

line2

【映画『シンデレラゲーム』】

シンデレラゲーム poster 山谷花純 主演 映画

▼予告編映像

<出演者>
山谷花純
吉田明加 春川芽生 佐々木萌詠 清水あいり 阿知波妃皇 其原有沙 水木彩也子
駿河太郎

<スタッフ>
監督:加納隼
脚本:いながわ亜美
原作:新井淳平「シンデレラゲーム」AMG出版刊
制作:メディアンド
企画・配給:AMGエンタテインメント

製作年:2016年
上映時間:77分
▼Official website
http://cinderella-game.com

▼Twitter
https://twitter.com/cinderella_film

line2

【映画『シンデレラゲーム』初日舞台挨拶 概要】

日時:10月1日(土) 10:00~の回(上映終了後舞台挨拶)
場所:シネマート新宿 SCREEN1
【チケット料金】2,000円均一(全席指定席)
【チケット販売方法】「チケットぴあ」にて販売
「チケットぴあ」
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1645723
■一般販売 2016/09/24(土) 10:00 ~ 2015/09/30(金) 23:59
■Pコード556-095

line2

【主演 山谷花純・プロフィール紹介】

山谷花純

山谷花純(やまや かすみ)
女優・モデル / エイベックス・ヴァンガード所属

・生年月日: 1996年12月26日
・出身地: 宮城県仙台市
・身長: 162cm
・血液型: O型
▼Blog
http://ameblo.jp/kasumi-wold-1226/
▼Twitter
https://twitter.com/minmin12344
▼Instagram
https://www.instagram.com/kasuminwoooow/

◎ACTRESS PRESS編集部

SCANDAL、結成の地で開催の野外コンサートをWOWOWで8月21日(日)生中継!【インタビュー掲載】

SCANDAL(スキャンダル)

4人組ガールズバンド・SCANDAL(スキャンダル)が8月21日(日)に大阪の泉大津フェニックスにて野外ワンマンライブ「SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』」を開催する。このライブの模様が、WOWOWにて午後4:30より生中継される。同日には、SCANDALのこれまで、 そして、これからへの想いの詰まったドキュメントムービーがWOWOW初放送される。

ライブ直前のSCANDALメンバーのインタビュー内容を下記にて掲載。

【SCANDAL インタビュー】

Q. 8月21日に結成10年を迎えるということで、 率直な気持ちを聞かせてください。

HARUNA(Vo):体感としてはすごく早かったなと思います。 気づけば10年経ってたなという感じがしてるんです。 ダンス&ボーカルスクールで結成した4人が同じメンバーで10周年を迎えられたのは、 客観的に見てもすごいことですよね。 バンドに出会って新たな人生を歩み始めてから10年という感じで、 いろんなものを吸収してきました。

TOMOMI(B):最初はメンバーと何人かのスタッフだけだったんですけど、 10年間でいろんな人に出会えました。 ファンの人とか、 コピーバンドをしてくれる人もそうですけど。 私は学生のころに部活に所属してなかったので、 初めて後輩ができた感覚なんです。 自分たちがきっかけで楽器を持ってくれる人がいる現実はうれしく思ってます。

RINA(Dr):もしバンドを組んでなかったら、 こんなに興味のあることが多くなかったと思うんです。 私はカメラが趣味なんですけど、 いろんな街とか国に行くようになって、 その景色のなかで4人を撮ってみたいっていうことから始めたんですね。 だから自分の幅を広げてくれたのがバンドだったし、 そこで経験した悔しいことも悲しいことも全部必要だったなって今は思える。 良い10年でしたね。

MAMI(G):最近、 10年前に小学生だった子が、 テレビで私たちを見て、 制服を着たお姉さんたちが楽器をやってるのがかっこいいと思って楽器を始めたんですって言ってくれたんです。 「ああ、 10年って恐ろしい」って思いました(笑)。


SCANDAL

Q. バンドが10年続いた要因は何だと思いますか?

RINA:一見すると順調そうなバンドに見えると思うんですけど、 最初はイロモノ扱いされたこともあったし、 いろんな葛藤があったバンドなんですよね。 だから100%満足したことがないんです。 次はもっと良い曲を書いてやろうとか、 次はもっと良いライブをしてやろうみたいな気持ちが常にあって。 それが10年続いた理由だと思います。

HARUNA:良い感じにみんな負けず嫌いなんですよ。 満足する瞬間のすぐ先に満足していないっていう感情が生まれてくる。 「今日は悔しかったな」っていう想いをすぐにバネにできる力を、 自分も含めて他のメンバーも持ってるんです。 そういうメンバーにすごく感化される部分があるし、 リスペクトする部分もあるんですよね。

Q. この先、 SCANDALは何を目指していこうと思いますか?

HARUNA:いま日本ではアリーナクラスまでワンマンライブをさせてもらえるようになったんですけど、 もちろん日本全国いろんなところでライブをしたいっていうのと同時に、 もっともっといろんな国に行ってみたいっていう純粋な興味が湧いてきてるんです。 そういうのをこの4人でずっと続けていきたいなと思います。


SCANDAL

Q. SCANDALにとって海外でライブをやることの意味は何ですか?

RINA:日本のカルチャーはアニメとかアイドル、 細かい技術だったり、 いろんなものがあると思うんですけど、 ガールズバンドもそこに並ぶようになるんじゃないかと思ってるんです。 こんなにガールズバンドがいる国は世界的に見てもないんですよね。 アメリカで取材を受けると「どうして女の子なのにロックバンドをチョイスしたの?」っていう質問をされるんです。 それぐらい女の子のバンドは定着してない。 だから日本の良さとしてもっと外に発信できたらと思うんです。


Q. WOWOWでは昨年1月から世界9ヵ国41公演を回った初のワールドツアーの海外公演に密着したドキュメンタリー映画『SCANDAL“Documentary film「HELLO WORLD」”』が放送されます。 どんなところが見どころですか?

HARUNA:自分でもいままで知らなかったようなメンバーの顔が見られたドキュメンタリームービーになりました。 ツアー中にメンバーが何を考えてるのかが、 どんどん顔つきでわかってくるんです。 「今ちょっと言いたいことを我慢してるんじゃないかな」とか、 すごくよくわかる。 だから見てて惹きこまれると思います。 実はツアーをまわっていくなかで、 ちょっとした衝突もあったんですけど、 それも隠さずに入れていますね。


SCANDAL

Q. あえてそれを包み隠さなかったのはなぜですか?

RINA:そういうのは基本的にはあんまり見せなくてもいい部分だと思ってるから、 いままでSCANDALは裏側をあんまり出してこなかったバンドだと思うんです。 でもワールドツアーに関しては、 バンドにとって大きな変化があったし、 インプットのシーンがたくさんあったので、 これは記録として残しておこうと思ったんです。


SCANDAL

Q. WOWOWでは大阪 泉大津フェニックスで開催されるSCANDAL初の野外コンサート「SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』」が生中継されます。

HARUNA:自分たちの初の野外ライブなので、 ステージから見る景色がどういうふうになるのかはすごく楽しみにしてます。 新曲の「テイクミーアウト」も、 そんな夏の野外にぴったりの曲なので、 思いきりみんなで良い景色を作れたらなと思います。

MAMI:10周年なので自分たちにとってターニングポイントになった曲とか、 ずっとライブでやり続けてる曲をギュッとまとめて見せたいです。 プラス、 未来も感じられるライブにできたらと思いますね。 ひとり残さず楽しいって思える日したいと思ってます。

TOMOMI:ライブ以外にも、 ちょっと面白い仕掛けも用意してたりするんです。 飲食のスペースとかコピバンのトラックステージもあったりもするので、 会場に来てくれる人にはそこでも楽しんでもらえるといいなと思います。

Q. RINAさんはバンドの結成日が誕生日でもありますね。

RINA:そうなんです。 バンドが10周年で、 私は25歳になるんですけど。 2016年の夏、 スキャフェスがいちばん記憶に残ってるって、 多くの人に思ってもらえるように良いライブをしたいなと思います。 自分もとことん楽しみながらライブをしたいです。


SCANDAL

line2

【WOWOW番組情報】

生中継!SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』
8月21日(日)午後4:30[WOWOWライブ]

・収録日:2016年8月21日
・収録場所:大阪 泉大津フェニックス
★抽選でWOWOW加入者から100名様にSCANDAL×WOWOW限定カラーTシャツをプレゼント!
★SCANDALコメント映像
▼詳しくは番組特設サイトにて♪
http://www.wowow.co.jp/music/scandal/

<関連特集>
SCANDAL結成10周年スペシャル!
・SCANDAL“Documentary film「HELLO WORLD」”
8月21日(日)午後2:30 [WOWOWライブ]
初のワールドツアーから海外8カ国10公演に完全密着!SCANDALのこれまで、 そしてこれからへの想いの詰まったドキュメントムービーをWOWOW初放送。
2016年に結成10年を迎えた4人組ガールズバンド、 SCANDAL。 2012年には異例の速さで東京・日本武道館公演を成功させ、 2015年にはバンド史上最大となる世界9カ国41公演の単独ワールドツアーを大盛況に収めるなど、 ライブの実績を重ね、 日本のみならず世界を代表するガールズバンドとなった。 そんな彼女らの初のワールドツアーから海外8カ国10公演に完全密着した2015年公開のドキュメンタリー映画を初放送する。
デビュー当時からの付き合いになる映像制作チームによる撮影は、 これまで見せてきていない4人それぞれのバンドに対する向き合い方をより深いところまで赤裸々に写し取っている。 SCANDALのこれまでと、 これからへの想いが詰まった傑作ドキュメンタリーをお見逃しなく。

◎情報提供:株式会社WOWOW

小倉唯を大特集!「B.L.T. VOICE GIRLS vol.26」、5月16日(月)発売!

小倉唯・B.L.T. VOICE GIRLS vol.26

飛ぶ鳥落とす勢いで活躍中の小倉唯(おぐら ゆい)が、声優・アーティストのロンググラビア+インタビューマガジン「B.L.T.VOICE GIRLS Vol.26 [ムック]」(5月16日(月)発売)の表紙を飾る。

POP&ROCKで魅せるニューシングル「ハイタッチ☆メモリー」発売、初のLive Tourも決定と、とどまることを知らない彼女を「絶対的に、小倉唯。」をテーマに、20ページの巻頭大特集で紹介。今読むべき10000字ロングインタビューと併せて掲載される。


初夏を感じさせるさわやかでキュートなロンググラビアと、今までにない素の表情が飛び出したインタビューで、小倉唯という存在から新たな魅力が飛び出ることを再認識させられる内容となっている。

小倉唯

小倉唯

小倉唯

小倉唯

line2

【小倉 唯(おぐら・ゆい)プロフィール】

・生年月日:1995年8月15日
・身長:150cm
・血液型:O型
・出身地:群馬県みどり市

’10年、石原夏織とのユニット・ゆいかおりとして
「Our Steady Boy」でメジャーデビュー。
’12年に「Raise」でソロデビューを果たす。
7/9(土)の千葉・幕張メッセ イベントホールを皮切りに、
1st LIVE TOUR「High-Touch☆Summer」を開催。
7月スタート予定のアニメ「レガリア The Three Sacred
Stars」にティア役で出演。
そのほか、最新情報はOfficial Websiteにて♪
http://www.ogurayui.jp/

line2

【VOICE GIRLS vol.26】

小倉唯・B.L.T. VOICE GIRLS vol.26

●発売日 : 2016年5月16日(月)
※一部、発売日が異なる地域がございます
●定 価 : 本体1,389円+税
●仕 様 :A4正寸(297×210)、無線綴じ
全国の書店、ネット書店、弊社TOKYONEWS magazine&mookにてご購入可能。
▼amazonは、こちら♪
B.L.T.VOICE GIRLS Vol.26 [ムック]

◆掲載ラインナップ
小倉唯/花澤香菜/南條愛乃/三森すずこ/
内田真礼/TrySail/大橋彩香/楠田亜衣奈
/THE IDOLM@STER(沼倉愛美、藤井ゆきよ、佳村はるか)/Trident/(渕上舞、沼倉愛美、山村響)
水瀬いのり&伊波杏樹/佐倉綾音&水瀬いのり/
和島あみ/ChouCho/早見沙織

アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、TOKYONEWS Webstoreにてご購入のお客様に、限定絵柄の特典生写真プレゼント!
※ 購入特典の絵柄はVer.ごとに異なります。
※ 予約開始日はショップによって異なる場合がございます。詳しくは各社HP・各店舗にてご確認ください。
※ 特典付きの販売は、特典の在庫がなくなり次第終了いたします。在庫には限りがございます。ご了承ください。
※ 在庫状況は各店舗によって異なります。詳細は各店舗にてご確認ください。

【アニメイト Ver.】
https://www.animate.co.jp/
【ゲーマーズ Ver.】
http://www.anibro.jp/tokuten/45456/
【とらのあな Ver.】
http://www.toranoana.jp/mailorder/
【TOKYONEWS Webstore Ver.】
http://tnsws.jp/shop/item_detail?item_id=HBBLT63AD160516001001

◎情報提供:株式会社東京ニュース通信社

【入山法子・インタビュー】「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」上演直前!心境を語る!

入山法子「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」インタビュー

「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」が、いよいよ4月22日(金)から上演開始される。本作は、ジャニーズWEST・濵田崇裕が主演、入山法子がヒロインを務める「歌喜劇」で、脚本を福田転球、演出を河原雅彦が手がける。共演には、大堀こういち、玉置孝匡、高木稟、前田悟、山岸門人、まりゑ、シューレスジョー、松之木天辺と個性豊かなメンバーがそろう。

ACTRESS PRESS編集部では、舞台上演が直前に迫った女優の入山法子にインタビューを敢行。作品の見どころ、演技について、稽古について等について訊いた。

line2
Q.「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」は、どのような作品でしょうか?

「市場三郎」という”寅さん”のような昭和の香りのする男性が主人公で、彼が会社の慰安旅行で温泉に行くのですが、そこでの恋の話や「温泉旅行あるある」などを盛り込んだ歌喜劇です。歌がたくさん登場して、心から笑って泣ける人間味あふれる物語です。


Q. 入山さんは、どんな役柄を演じるのでしょうか?

市場三郎が旅先で出会い、恋に落ちる女性の役です。

市場三郎は、”寅さん”のような、今時見かけないような真面目な男性なのですが、そんな三郎が恋に落ちてしまう女性です。一生懸命で健気で、「守ってあげたい!」と思えちゃう儚さもあるけれど、心の強さもある女性。謎めいていて、ミステリアスな部分がありますね。


Q. 入山さんご自身と、今回の舞台で演じる役柄の女性との共通点はありますか?

物語のキーパーソンになる役柄なので、ネタバレしない範囲でお答えしますね。(どんな女性なのかは、物語の最後にすべてわかるんです。)

私は、演じる役に対して、いつも共通点を見つけて、そこからどういうふうに広げていくかを考えるようにしています。今回演じている役柄は、努力しているところを見せないけれど、負けず嫌いなところがあって、実は努力しているんです。そういうところは、実際の私と似ているかもしれないですね。


Q. 入山さんご自身と役柄が、異なって苦労している点などは、ありますか?

そういうところは特にないですね。面白がって、楽しみながら演じています。


Q. 先日、Twitterで「今日は(稽古中に)涙が止まりませんでした。笑 」と投稿なさっていましたが、何かあったのでしょうか?

共演者の皆さんが、面白いことをする人達ばかりなので、自分が出演していない待機時間に稽古を見ている時、ずっと笑っていて、笑いすぎて泣いちゃったんです。泣くほど面白くて(笑)。


入山法子「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」インタビュー

Q. ということは、稽古は楽しく進んでいるのでしょうね?

楽しいことも多いですけど、大変な点もあります。
今まで出演した作品は、「準備されているものに、自分が準備してきたものを乗せる」というものが多かったのですが、今回は、「まずは、皆で作ってみよう!」というスタイルでして。演出の河原雅彦さんもプランは持ってらっしゃるのですが、そこに乗っかるだけではなく、「皆は、どう思う?」と問いかけて、皆で一つずつセリフなどを作っているスタイルで、初めての経験です。毎回、どんなアドリブが来るのかドキドキします。なので、大変な面もあり、楽しさもありますね。


Q. 稽古で印象的な出来事は何かありますか?

出演者全員が、この作品を大好きで、本当に真面目に面白いことをやろうという結束力が強い稽古場なので、稽古スタートの時間前に皆が集まるんですけど、スタートまで時間が余っている時は、歌の自主練をしているんです。「稽古スタート前までに歌のおさらいをしておこう!」とか、皆一生懸命取り組んでいる姿が、すごく良い座組だと感じます。一座のような連帯感が強いですね。


Q.演出家の河原さんからのアドバイスで参考になったことなどはありますか?

基本的には、すごく自由にやらせていただいているのですけど、私にとって歌は初めてですし、ダンスのような演技も初めてなので、最初は不安に思うこともたくさんあったんです。でも、河原さんから「まずは感情の乗るところでやってみて。それで、できないところがあれば、そこから皆で作ろう!」と仰ってくださいました。そして、「こういうふうにやってみたらどうだろう?こういうやり方もあるよね。」とか、いろいろ想像させてくれるアドバイスをしてくださっています。役者の良い部分を引き出してくれますね。


入山法子「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」インタビュー

Q.ファンの皆さまへのメッセージをお願いします。

今回、「歌喜劇」ということで、すべてアカペラで、伴奏も全部口でやっているので、本番でどんな感じになるのか考えると、すごくドキドキしているんです。でも、絶対 観たこともないような面白い舞台になるという自信があるので、是非ご覧頂きたいです。初めて舞台を観る若い方などは、すこしポカーンとする場面もあるかもしれないですけど(笑)、安心して観てもらえればと思います。そして、「歌喜劇」の世界を一緒に楽しんでいただけたらと思います。舞台を鑑賞した後に、グローブ座を出たら、隣のお友達との会話も歌になっちゃうくらいに感情を上げてくれる舞台になっていると思うので、楽しみにしてきてくださると嬉しいです。


Q. 今後、どんな女優さんになっていきたいですか?

30代に突入して、こうやって新しい舞台に挑戦させていただけたりしているので、今までの経験を活かして、より自由に演技できればと思っています。毎回お世話になる現場で、スタッフの方にも先輩たちにも恵まれているなぁと思う部分がたくさんあるので、一つずつちゃんと吸収して、固くならずに、何かに囚われることなく、お芝居できればと思いますね。


入山法子「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」インタビュー

line2

【「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」紹介】

【スタッフ】
脚本:福田転球
演出:河原雅彦

【キャスト】
濵田崇裕/入山法子/大堀こういち/玉置孝匡/高木稟/前田悟/山岸門人/まりゑ/シューレスジョー/松之木天辺
【上演日程】
<東京公演>
日程:2016年4月22日(金)~5月8日(日)
会場:東京グローブ座
<大阪公演>
日程:2016年5月13日(金)~15日(日)
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

▼OFFICIAL WEBSITE
http://www.ichibasaburo.com/
▼Twitter
@ichibasaburo

line2

【入山法子・PROFILE】

・生年月日:1985年8月1日
・サイズ:T=168cm SH=24
・出身地:埼玉県
・血液型:A型
・趣 味:手芸・カメラを持って散歩
・特 技:エレキベース・アクション・ホルン・乗馬

▼BLOG
http://ameblo.jp/iriyama-noriko/
▼Twitter
@norikoiriyama

◎ACTRESS PRESS編集部

絶対直球女子!プレイボールズ 期待の新人・みゅう、大歓声に迎えられ、鮮烈デビュー★【ライブレポート & インタビュー掲載】

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

4月13日(水)、女性アイドルグループ・絶対直球女子!プレイボールズが、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTにて開催された試合(ライブ)「JAPAN IDOL SUPER LIVE 2016 vol.4」に出演し、期待の新人みゅうが遂にデビューを果たした。

会場には、みゅうのデビューの瞬間を見届けようというファンが多数駆けつけ、会場は超満員状態となった。

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

1曲目に披露した楽曲は、『絶対直球少女隊』。
2015年7月19日にリリースされた記念すべきデビューシングルだ。会場のファンからはアツいコールが起き、熱気はいきなり最高潮に。

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

続いて、2曲目は、『バ・バ・バ・バント』!
実にノリの良いパンクテイストな楽曲だ。そして、歌詞には「チームのため、送りバント」というフレーズもあり、野球のチームワークを大切にする姿勢が感じられる。

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

続いて、3曲目に披露されたのは、『Super Summer』!
1stシングル『絶対直球少女隊』に収録されている楽曲だ。シンセ音が夏の爽快感を感じさせてくれる。

3曲目を終えたところで、「盛り上がってますか〜?」と、MCが始まった。

「今日は皆さん お待ちかねの、みゅうちゃんデビューライブです!」というメンバーからの紹介により、みゅうが挨拶すると、会場に駆けつけた大勢のファンから大歓声が上がり、暖かく迎えられた。

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

みゅうは、「今日から三期生として試合(ライブ)にださせていただきます、セカンド6番の みゅうです!皆さん、私が試合に出る前からTwitterとかで盛り上がってくださって、ありがとうございます!皆さん、今後とも宜しくお願い致します!」と元気いっぱいに挨拶した。

そして、6月22日(水)に渋谷 WWWにて開催される、初のワンマンライブが告知され、1周年記念となる、3枚目のシングルをリリースすることも発表。

さらに、「皆、一つになれますか〜?」という掛け声とともに、この日、ラストとなる4曲目に突入!

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

4曲目は、2016年1月31日にリリースされたセカンドシングルから『ダイビングキャッチ』!

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

大いに盛り上がったライブとなった。

<4月13日公演セットリスト>

1、絶対直球少女隊
2、バ・バ・バ・バント
3、Super Summer
4、ダイビングキャッチ

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

line2

【新人・みゅう デビューライブ記念インタビュー】

ライブ直後、見事なデビューライブを果たした、新人・みゅうに、ACTRESS PRESS編集部にてインタビューさせていただいた。

Q. デビューライブは、いかがでしたか?

最初は、すごく緊張しました。でも、ステージに出たら、ファンの皆さまがいっぱいいて、手を振ってくださったり、盛り上がってくださったので、だんだんリラックスできて、すごく楽しかったです!

Q. 今夜のデビューライブに、ご自身で点数をつけると、何点でしょうか?

120点を出したいんですけど、今日は100点ですかね。どんどん上がって行きたいので、あと20点は次回にとっておきます。


Q. これからの絶対直球女子!プレイボールズさんのグループ全体での目標は、何でしょうか?

やっぱり、野球とエンタテインメントとの融合を皆さんにお届けしたいので、野球にあまり興味のない方にもライブを楽しんでいただき、野球を少しでも知っていただけるように、頑張りたいです。そして、WBC公式サポーターを目指しているので、球場でライブしたいですね。


Q. 今回、新たに絶対直球女子!プレイボールズさんに入られましたが、グループの雰囲気はいかがですか?

皆、優しいです。そして、個性豊かなメンバーばかりで、ノリが良かったり、面白い子がいっぱいいるので、すごく楽しいです。


Q. 今夜のライブで、メンバーの皆さんから胴上げのようなことをしていただいていましたね。

はい!かなり練習しました。失敗して床に落ちてしまったこともあるんです(笑)メンバーの腕も心配です。


絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

Q. みゅうさん個人での活動での目標は、何かありますか?

まずは、早く皆さんにメンバーの一員として認められるように精一杯頑張りたいです。「華がある」って言われるように、日々精進したいと思います。


Q. 先日、CMにもご出演なさいましたが、演技の活動も行っていきますか?

CMでは、「全身タイツ」という、なかなかできない貴重な経験をさせていただきました。もっともっと、いろいろなジャンルの演技のお仕事もやっていけたらいいなぁと思っています。


Q. グループとしては、6月22日(水)に、渋谷 WWWで初のワンマンライブがありますが、どんな意気込みをお持ちですか?

そうですね、そこで3rd CDも出るので、いろいろな人に聞いてほしいですね。そして、結成1周年なので、もっともっとレベルアップした自分たちを見せていけたらと思います。どんどん上に行けるように頑張ります!


Q. ファンの皆さまへのメッセージをお願いします!

いつもTwitterなどで暖かいコメントをくださったり、今日もライブで優しく声をかけてくださったりとか、皆さんがすごく優しくしてくださるので、ぜひ、これからも応援よろしくお願いします!自分も、もっともっと頑張って、返していきたいなって思います。

絶対直球女子!プレイボールズ ・みゅう・デビューライブ

インタビューの際の撮影では、送りバントのポーズを決めてくれた。さすが、絶対直球女子!プレイボールズの期待のメンバー!

絶対直球女子!プレイボールズは、6月22日(水)に渋谷 WWWにて初のワンマンライブ開催も決定している。そして、3rdシングルも発売される。今後も彼女たちの活動から目が離せない。

line2

【絶対直球女子!プレイボールズ”初”ワンマンライブ・概要】

プレイボールズ主催試合(ライブ)2016.06.22

▼公演名
絶対直球女子!プレイボールズ主催単独試合
内野でも外野でもいい球場へ連れていってね発売&1周年記念
【1回表~球場へ連れていって編】

・開催日:2016年6月22日(水)
・会場:渋谷 WWW
(住所:〒150-0042 東京都渋谷区 宇田川町13-17 ライズビル地下)
・開場:18:45
・開演:19:15

▼チケット価格
①手売り通常¥2500(D別)
②手売り女性ペアチケット¥1000(D別)
③当日チケット¥3000
④プレイガイド通常¥2500(D別)
⑤プレイガイド女性ペアチケット¥1000(D別)
※①③④チケット共通で野球ユニフォーム着用者¥500キャッシュバック
※女性ペアチケットは1枚で女性2人の入場が可能です。ペアでご来場ください。
入場順:①→④→②→⑤→③とさせていただきます。
▼プレイガイド e+ (一般・女性ペアチケット同一URL)
http://eplus.jp/zettai-playballs/
(2016年3月21日10:00~ 発売)

line2

【絶対直球女子!プレイボールズ・PROFILE】

プレイボールズ

2015年3月27日に結成された女性アイドルグループ(11人組ユニット)。プロデューサーはHKT48のデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」の作曲を担当したコバヤシユウジ。イメージキャラクターは「熱血くん」。メンバーは、元野球部・ソフトボール部、野球部マネージャー、元チアリーダー、吹奏楽応援団など、何らかの形で野球に携わり、野球好きである。2017年開催予定のWBCに侍ジャパンが出場した際の公式サポーター就任を目指し活動中。ライブを「試合」、単独ライブを「主催試合」、合同ライブを「交流戦」、交流戦で共演する他のアイドルグループを「対戦相手」、ファンを「応援団」と呼ぶ。主催試合で応援団がアンコールを要請する際は「延長戦!延長戦!」とコールする。

千葉ロッテマリーンズの角中勝也選手が、プレイボールズの楽曲『スーパーサマー』を入場曲に起用するなど、野球関係者からの信頼も厚い。

【メンバー】
越智美咲 #2
みゅう #6
半田詩保子 #7
廣島明音 #8
中本羽鞠 #9
篠塚つぐみ #10
観月彩恵 #12
大道寺葵 #13
石田千紘 #22
木原美空 #39
奥愛梨 #73

▼Official Website
http://www.playballs.jp/
▼Twitter
@playballs_info

◎ACTRESS PRESS編集部