タグ別アーカイブ: ハリウッド

ローラ、ハリウッドで初めてのプレミア参加!『バイオハザード:ザ・ファイナル』興行収入40億円突破し、遂に全米公開!

ローラ『バイオハザード:ザ・ファイナル』プレミア

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の究極のアクション超大作でありシリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』が、全世界に先駆けて日本で公開されているが、公開34日目である1月25日(水)に興行収入が40億円を突破した。シリーズ最高のオープニング成績で初登場No.1を達成し、 3週連続興行収入No.1でお正月興行を制覇。1月25日までの累計興行収入は4,020,267,400円、 累計動員は2,728,135人。 バイオハザードの勢いはますます拡大して日本中を席巻している中、いよいよ全米にて1月27日(金)に公開スタートした。

ローラ『バイオハザード:ザ・ファイナル』

全米公開前の現地時間1月23日に行われたのは、 ミラ・ジョヴォヴィッチがアリスとして参加する最後の場となる、 LAプレミア!幼少期に映画を観て強い女性像に憧れたミラが、 今や自らが若い子たちから憧れられる存在となったことへの感動と喜びを感無量で語ってくれた。

そして、日本からはROLAローラ)が参戦!昨年末に六本木で開催されたワールドプレミアでも「女優」としての貫禄をたっぷりと見せてくれたローラだが、 今回のLAプレミアがハリウッドでの初めてのプレミア参加。 着実に「ハリウッド女優」としての道を歩み始めている。レッドカーペットでは、 普段のローラのイメージとは大きく異なり、流暢な英語でコメント。 誰もが知る「バイオハザード」シリーズに出演できたことへの喜びを語った。 15年もの間続いてきた「バイオハザード」シリーズの最後を華々しく飾る、 ラストプレミアとなった。

【開催概要】

・日時:1月23日
※現地時間
・場所:LA リーガル・LA・ライブ・シアター
・登壇者:
ミラ・ジョヴォヴィッチ、 ポール・W・S・アンダーソン監督、 ローラ、 アリ・ラーター、 ルビー・ローズ、 ウィリアム・レヴィ、 オーエン・マッケン、 エヴァ・アンダーソン

【レッドカーペットコメント】

『バイオハザード:ザ・ファイナル』

【ローラからのコメント】

★『バイオハザード:ザ・ファイナル』に抜擢されたことについて

そうね、 この役をもらうのは楽じゃなかったけど、 戦士みたいにゾンビを倒したかったの。 だからこの役をもらえてとても光栄に思ったわ。 撮影はとっても楽しかった!

★ミラについて

とても良かったわ!ミラはとっても親切で優しくって、 やる気があって…だからみんなから好かれているのよ!


【Milla Jovovich(ミラ・ジョヴォヴィッチ)からのコメント】

★強い女性キャラクターについて

映画で強い女性像を演じるということは、 ほかの女性たちのためにドアを開けてあげることだと思うわ。 12歳のときに初めて『エイリアン』を観て、 「すごい!」って感動したのを覚えているわ。 女の人があれほど強くてなんでもできるなんて思っていなかったから。 シガニー・ウィーバーにとても憧れたの。 そして今、 私に若い子が「すごかった!アリスを演じているあなたを観てとても感動したわ!」って言いに来てくれるのよ。 夢を追うことで、 自分が憧れてなりたかった人になれたわ。 私はもっと女性が強い女性像を演じることで、 将来の人たちにもっと選択肢というドアを開けてあげられると思うし、 それって素敵なことだと思うわ。

★娘エヴァについて

5歳の娘は私に「ママ、 女優になりたい」って言ってきて、 それからというものずっと演技の勉強を一生懸命していたから、 今回の出演の機会が訪れて、 「家族全員が撮影現場で一緒に仕事できるなんて素晴らしい経験だわ」と思ったの。 そして娘から学んだこともあったわ。 彼女はとても素晴らしいの。

【ポール・W・S・アンダーソン監督からのコメント】

★シリーズについて

これほどにもバイオハザードというシリーズが大きくなったことを誇りに思っているよ。 最初は小規模なインデペンデント映画として始めて、 いまや大きなスタジオのシリーズにまで成長したからね。 でも今回の最終作ではいろいろな面で1作目の良さに戻ったんだ。 もちろん観客たちが待ち望んでいる派手なアクションシーンは残してあるけど、 今回は本当の恐怖も味わうことができると思うよ。

★この映画の前提について

このバイオハザードシリーズは常にアリスの葛藤、 個人対大きな会社、 いや悪との戦いを描いているんだ。 そしてそれこそが人々がアリスを応援しようと思えるポイントだと思うんだ。 巨大な企業であっても人々の心を操っていいってわけじゃない。 だから、 今の世の中よりもっとひどい世の終末の世界でアリスは悪と戦う。 そしてこんな世界であっても友情、 恋愛、 勇気などがあるってミラが表現してくれるのがこの作品の良い部分なんだ。

★ミラとの仕事について

映画を作るのは大好きだし、 映画を撮ることが人生で一番したかったことだったんだ。 だから、 自分の情熱があることを愛する人と作れるなんて、 これ以上の幸せはないよ。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』

『バイオハザード:ザ・ファイナル』

大ヒット上映中!
・原題:Resident Evil: The Final Chapter
・全米公開:2017年1月27日
・監督:ポール・W・S・アンダーソン
・出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、 アリ・ラーター、 ショーン・ロバーツ、 ルビー・ローズ、 オーエン・マッケン、 ローラ、 イ・ジュンギ、 ウィリアム・レヴィ、 イアン・グレン
・配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

▼映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』新予告編映像

私が何者であろうと――この命を燃やす。 人類滅亡まで48時間――すべては彼女(アリス)に託された

「48時間で人類は滅びる」とレッドクイーンに告げられるアリス。 その言葉を体現するかのように、 宿敵アンブレラ社が放った絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく。 人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。 アリスはすべての物語がはじまった地=ラクーンシティへ戻る。 生き残った仲間クレアやコバルトらと共に、 アンブレラ社の心臓部である「ハイブ」を壊滅させるため、 いま、 最後の戦いが幕を開ける――。

主人公アリスは、 『バイオハザード』シリーズとともに進化を遂げてきた最強のアクション・ヒロイン、 ミラ・ジョヴォヴィッチ。 監督はシリーズすべてに携わってきたポール・W・S・アンダーソン。 アリスと共に戦う女戦士コバルト役で日本からはローラがハリウッドデビューし参戦!クレア・レッドフィールド役で人気を博したアリ・ラーターも最終作にカムバック。 そして、 これまで謎に包まれていた「アンブレラ社の陰謀」「T-ウィルスの開発」そして「アリスの誕生」の秘密がついに明かされる――。

公式サイト:
http://www.biohazard6.jp/
公式Twitter:
@biomovieJP
公式Facebook:
https://www.facebook.com/BiomovieJP

◎情報提供:株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

水原希子のハリウッド挑戦に完全密着!大根仁監督が手掛けるドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」始動!

水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

2017年1月18日(水)より「ひらけ、世界。」をキャッチコピーに、水原希子(みずはら きこ)のハリウッドでの挑戦を大根仁監督が追いかけたドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」が始動する。プロジェクト始動に伴い、ショートムービー本編「Borderless!Special Document Movie」が本日1月17日(火)より公開され、新TVCM「オーディション」篇、「過去」篇、「レッスン」篇、「移動中に」篇の4篇が1月18日(水)から2月11日(土)にかけて順次放映開始される。

<ドキュメンタリープロジェクト「Borderless」とは>

「Borderless!」プロジェクトにおける「ボーダー」とは、単に国境や言語の壁を超えるという意味だけではなく、すべての人の中にある「今までの自分と、新しい自分の境界線」を意味してつけられている。このプロジェクトは、今の自分から一歩踏み出して、新しいことに挑戦する人を応援したい、という想いからはじめたもの。第一弾となる本作では、モデルとしてキャリアをスタートし、女優として国内で活躍する水原希子の次のチャレンジを間近で取材。水原希子の姿を通して、また、文化・国境・言語等の“ボーダー”を越えて、今より大きな世界へ踏み出す人が続くことを願っている。

水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

<大根仁監督によるショートムービー本編と全7篇に及ぶドキュメンタリーCM4篇を2017年1月18日(水)より放映開始!>

明日より順次放映するTVCMは、水原希子が映画オーディションや現地エージェンシーとの打ち合わせのためにロサンゼルスに短期滞在した時の様子を、大根仁監督がスマートフォンなどを駆使し、7日間に渡り密着した全7篇にも及ぶドキュメンタリー映像となっている。水原希子がレッスンを受け発音を真剣に練習する様子や、自身の過去について語る様子など、ドキュメンタリーならではの水原希子の素顔を捉えた作品となっている。また、本日よりキャンペーンサイトにて公開される「Borderless! Special Document Movie」では、その全貌を5分39秒に渡る映像でお届け。

▼「Borderless! Special Document Movie」は、こちらにて視聴可能♪

【新CM概要】

★「オーディション」篇
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」
CM放映開始日:2017年1月18日(水)

(15秒)

(30秒)

★「レッスン」篇
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」
CM放映開始日 :2017年1月20日(金)

(30秒)

★「過去」篇
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」
CM放映開始日 :2017年1月26日(木)
(30秒)

★「移動中に」篇
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」
CM放映開始日 :2月11日(土)
(15秒)

(30秒)

・広告主 :NOVAホールディングス株式会社
・制作プロダクション :株式会社 東北新社
・プロデューサー/キャスティング :乗鞍大樹(ベクトル)
・プロデューサー :麻生峻司(東北新社)
・プロダクションマネージャー :菊地聖(東北新社)
・クリエイティブディレクター/コピーライター :田中直基(電通)
・アートディレクター :青木謙吾/瀧上ちひろ(電通)
・コ・ミュニケーションデザイナー :加我俊介(電通)
・クリエイティブアドバイザー :原田英樹(エイジアクロス)
・アカウントエグゼクティブ :藤原由唯/織戸沙輝子(ベクトル)
・監督/撮影(ムービー):大根仁
・撮影(スチール) :平野太呂
・音楽 :D.A.N

【CM撮影秘話】

水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

今回の撮影ではロサンゼルスで“挑戦”する水原希子のリアルドキュメンタリーにこだわり、大根仁監督を中心に、最低限のスタッフで打ち合わせ中、移動中、レッスン中、食事中、あらゆる瞬間も逃さないようカメラを回し続けた。

特に、移動中の車内や滞在先でのインタビューシーンでは可能な限り監督と水原希子二人のみの空間を作り上げ、リラックスした環境を整えたことにより、「素」の水原希子から出てくる、普段では聞くことができない、ありのままのエピソードが語られた。

また、撮影の合間に訪れたレストランで、現地の店員にスラスラと注文をする水原希子の様子を見て、大根監督がおもむろにスマートフォンで撮影を始め、本人も「こんなところまで撮るの!?」と驚く場面も。滞在中は、スケジュールの隙間を埋めるように本場L.Aの演技レッスンを受けていた水原希子。現地映画エージェンシーの演技レッスンでは、ネイティブ水準で同じ発音を何度も指摘される中で、めげることなく挑む姿がとても印象的であった。

【主演:水原希子 プロフィール】

水原希子

Date of Birth:1990.10.15
Birth Place:アメリカ テキサス州 ダラス生まれ、兵庫県育ち
Blood type:A型
Hobby:ショッピング、映画音楽鑑賞
Speciality:食べること

【監督:大根仁 プロフィール】

[大根仁] 1968年東京都出身。「週刊真木よう子」(08)
「湯けむりスナイパー」シリーズ(09・10・12)など深夜ドラマでその才能を発揮し、業界内外から高い評価を受ける。マキシマムザホルモン「予襲復讐」
スチャダラパー「ライツカメラアクション」などのMVや、ゆらゆら帝国のライブDVD「YURA YURA TEIKOKU LIVE
2005-2009」、ロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」などを手掛ける傍ら、ラジオパーソナリティ、コラム執筆、イベント主催と幅広く活動。2010年に手掛けたドラマ「モテキ」が大ブレイクし、同作の映画化作品『モテキ』(11/脚本・監督)で監督デビュー。『バクマン。』(15/脚本・監督)では第39回日本アカデミー賞優秀監督賞他、多数の映画賞を受賞。その他にTV「まほろ駅前番外地」(13/脚本・演出)映画『恋の渦』(13/編集・撮影・監督)ドキュメンタリー映画『DENKI
GROOVE THE MOVIE?』(15/監督)
「SCOOP!」(16/脚本・監督)など。最新作『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(17.9/脚本・監督)の公開を控えている。

生きた英語を毎日紹介する「KIKO’S NOTES」連載開始!
水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

また、本プロジェクトの一環として海外で使える生きた英語を紹介する「KIKO’S NOTES」を、1月18日(水)から3月31日(金)までNOVAの公式FACEBOOK及びInstagramにて毎日配信される。”言葉や文化の境界線を越えて「ボーダレス」に生きたい”そんな想いを後押しするリアルな
英語表現を綴っておりますので、要チェック♪

▼FACEBOOK
https://www.facebook.com/nova.jp/
▼Instagram
https://www.instagram.com/nova_official_insta/

水原希子×NOVAオリジナルノベルティグッズがもらえるキャンペーン開催中!
さらに来校、体験、入会特典として、オリジナルノベルティがもらえるキャンペーンを期間限定で実施!

水原希子 ドキュメンタリープロジェクト「Borderless!」

▼「Borderless」キャンペーンサイト
http://www.nova.co.jp/borderless/

◎情報提供:株式会社 NOVA

水原希子のハリウッドでの挑戦に完全密着したドキュメンタリー映像が公開決定!ティザー映像公開!

水原希子のハリウッドでの挑戦に完全密着したドキュメンタリー映像

水原希子(みずはら きこ)が出演する、英会話スクール「NOVA」のドキュメンタリープロジェクト「Borderless」のティザーCM「オーディション控え室(Teaser)」篇が、本日1月4日(水)からオンエア開始された。2017年1月18日(水)から始動する「NOVA」の「ひらけ、 世界。 」をキャッチコピーにしたドキュメンタリープロジェクト「Borderless」に先駆けた映像で、特設ティザーサイトも本日から公開された。

▼ティザー映像は、こちらにて視聴可能♪

本ドキュメンタリープロジェクト「Borderless」では、 2016年秋に水原希子がハリウッドでのオーディションを受けるために短期滞在したロサンゼルスでの様子を、 映画監督大根仁がスマートフォン片手に完全密着で追いかけ、 全7篇に及ぶドキュメンタリー映像が完成した。 本編公開に先立ち本日より放映されるティザーCMでは、 冒頭部分の「水原希子、 挑戦中。 in Hollywood」のテロップに続き、 机とソファが置かれた殺風景な控室で、 オーディション直前の水原希子が、 緊張した面持ちで台本片手に英語のセリフを練習する様子を捉えている。 1月18日(水)より放映予定の全7篇に及ぶドキュメンタリーCM並びに長尺映像「Borderless! Special Document Movie」では、 どんな素顔が公開されるのかを期待させる内容となっている。

水原希子

▼ティザーサイト 概要
http://www.nova.co.jp/borderless/

水原希子

【ティザーCM「オーディション控え室(Teaser)」 篇 概要】
・タイトル:「オーディション控え室(Teaser)」篇
・公開日:2017年1月4日(水)
・DR:大根仁
動画 (15秒)

(30秒)

水原希子
【主演:水原希子 プロフィール】

Date of Birth:1990.10.15
Birth Place:アメリカ テキサス州 ダラス生まれ、 兵庫県育ち
Blood type:A型
Hobby:ショッピング、 映画音楽鑑賞
Speciality:食べること

【監督:大根仁 プロフィール】

1968年東京都出身。 「週刊真木よう子」(08) 「湯けむりスナイパー」シリーズ(09・10・12)など深夜ドラマでその才能を発揮し、 業界内外から高い評価を受ける。 マキシマムザホルモン「予襲復讐」 スチャダラパー「ライツカメラアクション」などのMVや、 ゆらゆら帝国のライブDVD「YURA YURA TEIKOKU LIVE 2005-2009」、 ロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」などを手掛ける傍ら、 ラジオパーソナリティ、 コラム執筆、 イベント主催と幅広く活動。 2010年に手掛けたドラマ「モテキ」が大ブレイクし、 同作の映画化作品『モテキ』(11/脚本・監督)で監督デビュー。 『バクマン。 』(15/脚本・監督)では第39回日本アカデミー賞優秀監督賞他、 多数の映画賞を受賞。 その他にTV「まほろ駅前番外地」(13/脚本・演出)映画『恋の渦』(13/編集・撮影・監督)ドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE?』(15/監督) 「SCOOP!」(16/脚本・監督)など。 最新作『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』(17.9/脚本・監督)の公開を控えている。

◎情報提供:株式会社 NOVA