タグ別アーカイブ: 忽那汐里

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』ポスタービジュアル解禁!「キャスト版」と「キャット版」両A面!

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』

大のねこ好きの顔を持つ女優・忽那汐里(くつな しおり)がヒロインを演じる、来春公開の映画『ねこあつめの家』のポスタービジュアルが解禁された。公開されたのは、「キャスト版」と「キャット版」からなる両A面の本ビジュアル。本記事冒頭の画像が、「キャスト版」。物憂げな表情の忽那汐里と、ねこを抱きかかえる伊藤淳史のコントラストに、もともとストーリーのないアプリから、どんな物語が紡がれるのか、展開が気になるビジュアルになっている。

そして、下記が「キャット版」のポスタービジュアルだ。

映画『ねこあつめの家』

「キャット版」は、まさに、モフモフなねこまみれ状態で、想いに耽る伊藤淳史を配したネコ好きには、たまらない仕上がり。もちろん、アプリ「ねこあつめ」ファンにも納得のエサとグッズを用意して準備万端に整えている、この庭先なら、きっと、まんぞくさんで、ただただ眺めても癒されるビジュアルとなっている。

本作は、驚異の 1,900 万ダウンロードを記録し、日本のみならず、全世界で注目を浴びるゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化する作品。2017年4月8日(土)より、新宿武蔵野館他全国ロードショーが決定した。

忽那汐里 映画『ねこあつめの家』ヒロイン

キャストからのコメントが到着したので、下記にて紹介。

【田口トモロヲ(浅草役)からのコメント】

蔵方政俊監督とは昔、助監督時代に鬼才神代辰巳監督の遺作となったTVドラマで御一緒しました。監督になられ久々に再会した蔵方さんの映画に対する真っ直ぐで真摯な目線は当時と変わらず、安心して撮影に臨むことが出来ました。そして…、小さな愛おしい映画が完成しました。常々、猫達の自由な気儘さを羨望の眼差しで見ていた僕にとって、癒しの作品になりました。みなさまの心にも届きますように!

【木村多江(洋子役)からのコメント】

どちらかというと犬っぽいと言われる私が猫っぽい人の役。未知の世界に踏み込んだ。ちょっと憧れる猫っぽい人になろうと思ったらちょっと変な人になってしまったかも?!猫の愛しさに目が奪われる映画。お楽しみに。

【大久保佳代子(不動産屋役)からのコメント】

唯一、ハマったスマホゲームが「ねこあつめ」。まさかの実写化にまさかの出演依頼。ただネコを集めるだけの小さい世界を、よくぞ人間ドラマに。しかもちゃんとネコを集めながら。私のお気に入りのキャラの子もヘビロテしていたグッズも実在。なんか、異次元の世界でお芝居しているようで、楽しかったし、やっぱりネコは可愛いかった。

映画『ねこあつめの家』概要

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』

【ストーリー】
若くして新人賞を取り一躍人気作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、暇に任せてエゴサーチして
はさらにドツボに陥る日々。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、佐久本
には苦しかった。そんなある晩、不思議な占い師から予言を受け、佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移住
する。だが、場所は変われど暮らしに変わりなく、生活は下降線をたどる一方。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1
匹の猫がやってくる。しばし見つめあう小説家と猫。ほどなく、ぷいっと猫は行ってしまう。猫にも見捨てられたよ。と落ち込
む佐久本。しかし、どうも猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める…。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

出演:伊藤淳史、忽那汐里
監督:蔵方政俊/製作総指揮:吉田尚剛/企画・脚本:永森裕二/原案:ねこあつめ(Hit-Point)
企画・配給:AMG エンタテインメント
制作プロダクション:MEDIAND
製作:「映画 ねこあつめ」製作委員会

◎情報提供:AMG エンタテインメント

ねこ大好き!忽那汐里、映画『ねこあつめの家』ヒロインに決定!

忽那汐里 映画『ねこあつめの家』ヒロイン

大のねこ好きの顔を持つ女優・忽那汐里(くつな しおり)が、来春公開の映画『ねこあつめの家』のヒロインを演じることが明らかになった。

本作は、驚異の 1,900 万ダウンロードを記録し、日本のみならず、全世界で注目を浴びるゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化する作品。ねこ好きのねこ好きによるねこ好きのための映画だ。「ねこあつめ」は 2014 年 10 月にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリで、庭先に訪れる猫たちをただただ眺めて楽しむゲームにファンが急増。人気は日本のみならず、世界に飛び火し、あの「CNN」でも特集されるなど世界中で、愛されるアプリとなっている。

忽那汐里が演じるのは、小説家の佐久本(伊藤淳史)を担当する若き編集者ミチル役。『マイ・バック・ページ』「家政婦のミタ」などに出演し、第 85 回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第 66 回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第 37 回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、さらに来年全米公開映画『THE OUTSIDER』でハリウッドデビューが決定した若き実力派にして、大のねこ好きの顔を持つ、忽那汐里のヒロイン抜擢により、さらに注目を集めそうだ。

映画『ねこあつめの家』

ストーリーのないゲームアプリと違い、映画では、小説家の佐久本(伊藤淳史)と、編集者のミチル(忽那汐里)の二人が、どう作品に繋がっていくのか?二人に恋は?そこに猫は?胸キュン必至のまさに猫まみれな作品の誕生。気になる本作は、2017 年 4 月 8 日(土)より、新宿武蔵野館他全国にてロードショーが決定!公開まで、『ねこあつめの家』を猫かわいがしながら猫も杓子も猫にまたたび状態で待とう♪

【忽那汐里 (十和田ミチル役)からのコメント】

こんなにたくさんの猫ちゃんとお仕事するのは初めてですが、現場に動物がいると本当に和やかな
雰囲気になります。この作品の主人公である作家の佐久本の人生の中で、様々な決断や変化ととも
に、猫ちゃんの魅力にたっぷり癒されながら見てもらえたらなと思います。この映画は決して大きなでき
ごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心にそっと寄り添う、そんなお話です。


映画『ねこあつめの家』概要

【ストーリー】
若くして新人賞を取り一躍人気作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、暇に任せてエゴサーチして
はさらにドツボに陥る日々。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、佐久本
には苦しかった。そんなある晩、不思議な占い師から予言を受け、佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移住
する。だが、場所は変われど暮らしに変わりなく、生活は下降線をたどる一方。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1
匹の猫がやってくる。しばし見つめあう小説家と猫。ほどなく、ぷいっと猫は行ってしまう。猫にも見捨てられたよ。と落ち込
む佐久本。しかし、どうも猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める…。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

出演:伊藤淳史、忽那汐里
監督:蔵方政俊/製作総指揮:吉田尚剛/企画・脚本:永森裕二/原案:ねこあつめ(Hit-Point)
企画・配給:AMG エンタテインメント
制作プロダクション:MEDIAND
製作:「映画 ねこあつめ」製作委員会

◎情報提供:AMG エンタテインメント

綾野剛・忽那汐里、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』 日本版の声優に決定!

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

7月9日(土)より全国にて上映されるフルCG映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』の“ニックス”と“ルナフレーナ”の声優として、綾野剛(あやの ごう)と忽那汐里(くつな しおり)が起用されたことが明らかになった。

綾野 剛(あやの ごう)『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』ニックス 役
ニックス 役:綾野 剛(あやの ごう)

2003年に俳優デビュー。数々のドラマや映画へ出演。忽那さんと同じく日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。2014年には主演映画『そこのみにて光輝く』で第69回毎日映画コンクールなど数々の主演男優賞を授賞。2016年はNYアジア映画祭にてライジング・スター賞を授賞するなど活躍し続けている。

忽那汐里(くつな しおり)『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』ルナフレーナ 役
ルナフレーナ 役:忽那 汐里(くつな しおり)

2006年に第11回全日本国民的美少女コンテストに参加、審査員特別賞を受賞。翌年の『3年B組金八先生』で女優デビュー。 2013年、綾野さんと同じく日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。その後もドラマやCMで活躍し続けている。

line2

綾野 剛(あやの ごう)『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』ニックス 役

<綾野 剛・メイキングレポート>

声優“初挑戦”となった綾野剛。収録日を迎える前に細かな確認を関係者と重ね、声が枯れるほど練習していた。収録前日には喉に鍼まで打ったそうで、熟練の声優ともいえるパフォーマンスだった。収録では、シーン毎の世界観、登場する全てのキャラクターの設定を確認するなど、綾野剛自身がニックスのオーラを身にまとい、役に成りきって収録を進めていた。

綾野 剛(あやの ごう)『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』ニックス 役

<綾野 剛からのコメント>

声優は“初挑戦”だったので「自分に務まるのか」という思いがありました。しかし、FINAL FANTASYが大好きなので、いちファンとして本作に関われるなんてこの先で一生ないと思い、恐縮ながら受けさせていただきました。関係者の皆さんとコミュニケーションを取りながらキャラを創っていくというのは、映画やドラマでもよくありますが、表情や感情に合わせてキャラを創っていくという難しさを感じました。それと同時に、声優の凄みを感じました。

やり遂げられたのは、FINAL FANTASYが大好きだからこそという点もあったと思います。僕らの年代ってFINAL FANTASYで色々なことが形成されたと思うんです。もはや血や骨みたいなものです。ゲームをプレイするとき、僕は感情移入してやります。「自分が旅に出てるんだ」と。この想いはファンの方なら理解してくれると思うんですが、そうでない方からすれば「なに言ってんだ」ってなりますね(笑)。
FINAL FANTASYを家で見るのではなく映画館で見るということはまずないことだと思います。友情・憂い・悲しみなどの様々な感情や、誰かを守りたい、何かを成したい、未来へ繋げたいという気持ちは、綺麗事かもしれないけど、大切なことだと思います。そうした意思が本作には表現されています。そこを皆様には体感していただきたいです。


line2
忽那汐里(くつな しおり)『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』ルナフレーナ 役

<忽那 汐里・メイキングレポート>

事前打ち合わせの段階で、既に年季の入った台本になっていた。常に最良の回答を追い求めるように、とてもストイックに“ステレオタイプなお姫様”ではない難しいキャラクターを作り出していた。忽那汐里が持っている尖った視点からくる表現力、博愛精神、そして奥底にある女性が憧れる芯の強さが、キャラクターと非常にマッチし、見事にルナフレーナを表現。シーン毎に関係者と細く設定や目的を確認するなど、とても丁寧に収録を進めていた。

忽那汐里(くつな しおり)『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』ルナフレーナ 役

<忽那 汐里からのコメント>

この話を頂いた時、声だけの長編作品は経験がなかったし、「ゲームの映画化」という点に対しても、非常に興味が湧きました。映像をはじめてみた時、見た目だけでなく、髪の毛の揺れや洋服の動きなど、違和感を探すほうが難しいくらいものすごい作品だなと思いました。
私の演じたルナフレーナは、お姫様で、控えめで、強さもあって。自分の信念や使命は貫き通すというキャラクターだなと感じました。セリフは、普段絶対に使わないセリフばかりなので、見ている方に対して丁寧な伝え方ができるように心がけました。
FINAL FANTASYを実際にしたことがあってもなくても、すぐ本作の世界に惹きこまれ、1つの映像作品として楽しむことができるはずです。ファンの方にとっては、懐かしいキャラクターが出てきたりしてビビッと感じることもあると思います。ぜひ公開を楽しみにしていて下さい。


line2

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』・映画情報

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』

全世界で1億1500万本以上の売り上げを誇る国内屈指のRPG「FINAL FANTASY」シリーズ最新作「FINALFANTASY XV」と同じ世界、時間、キャラクターで描く、もう一つの物語が「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」。

世界最高水準のCG技術をフルに盛り込み、新作のアクション映画を見る感覚で、「FINAL FANTASY XV」の世界をより多くの方が気軽に楽しめる内容になっている。「FINAL FANTASY XV」ゲーム本編は、ルシス王国の王子ノクティス視点で進行するが、「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」はノクティスの父である国王レギスの視点で進行し、レギスとノクティス、父と子の絆がそれぞれ描かれている。

【配給会社】
会社名:株式会社アニプレックス
所在地:東京都千代田区六番町4-5
代表者:代表取締役 岩上敦宏
設立:1995年9月
資本金:4億8千万円

【上映情報】
『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』
第1弾全国共通特別鑑賞券 全国劇場にて販売中!
【価格】 一般券:1,500円(税込)
【特典】 A3サイズ メタリックポスター
※数量限定の為、無くなり次第販売終了となります。予めご了承下さい。
※今後、第2弾全国共通特別鑑賞券の販売を予定しています。

『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』上映情報

【「ファイナルファンタジー」シリーズについて】
「FINAL FANTASY」シリーズは、1987年の第1作発売以来、最先端の映像技術と独特の世界観、豊かなストーリー性で、世界中のお客様から、高い評価を得ている、日本初のロールプレイングゲーム。欧米市場にも積極的に展開し、全世界で累計1億1,500万本以上(※)の出荷を達成している。(※パッケージのみ)

◎情報提供:スクウェア・エニックス  ファイナルファンタジーPR事務局