タグ別アーカイブ: 映画

土屋太鳳×玉城ティナ、映画『PとJK』と特別コラボした「ViVi」に登場!「仲良し帰宅部女子」コーデ&インタビュー!

土屋太鳳 & 玉城ティナ

映画『PとJK』で共演する女優・土屋太鳳(22歳)とViViモデルの玉城ティナ(19歳)が、2月23日(木)発売の『ViVi』4月号に二人で登場する。今号の『ViVi』は、映画『PとJK』と特別コラボ!仲良しの二人が「帰宅部」をテーマに撮影したファッションのほか、お互いの第一印象や映画の撮影裏話などを語ったインタビューも紹介される。

『PとJK』は、累計310万部を記録した「別冊フレンド」(講談社)の大人気連載。 警察官と女子高生のラブストーリーを描いたもので、実写化された映画では、 主演を亀梨和也と土屋太鳳が演じる。 誌面では、 映画の中で親友役を演じる土屋と玉城を、「帰宅部」というテーマで撮影。

寄り道をしながら仲良く道を歩く姿や、 部屋でじゃれあう姿は、 まさに放課後に一緒に遊ぶ帰宅部の女の子そのもの。リンクコーデで統一した二人のファッションにも注目。

土屋太鳳 & 玉城ティナ

インタビューでは、 土屋太鳳は「ティナちゃんは話しかけたくなる人見知り」、玉城ティナは「たおちゃんにはマイナスイオンの膜がある」とお互いの第一印象を語る。 映画撮影中は、 玉城が土屋を大笑いさせる場面もあったとか。

「ティナちゃんがいきなり、 すごく面白い一言を言ったのを覚えてる。 その場面は忘れちゃったんだけど、 結構げらげら笑ったよね」(土屋)

「でも、 そこで笑ってもらえて助かりました。 人見知り全開だったので(笑)。 撮影中もよく話しかけてくれましたよね」(玉城)

「ティナちゃんは、 どういう子なんだろう?って思うから、 自然と質問が出てきたの」(土屋)

土屋太鳳 & 玉城ティナ

ちなみに土屋は中学ではバスケ部、 高校ではダンス部に所属。 玉城は、 中学でバレー部に所属するも「ほとんど出ていなくて、私が行くとみんなが笑う」状態だったとか。

そんな仲良しの二人は、 他にも演技のこと、 ファッションのこと、 これからの夢についてたっぷり語っている。

◆ViVi公式サイト「NET ViVi」 で、 企画詳細&【期間限定】原作漫画『PとJK』3話分の試し読み公開!
▼詳細記事と試し読みはこちらから♪
http://www.vivi.tv/topics/2017/02/3635/

【Profile】

◆土屋太鳳(つちや・たお)
東京都出身。 NHK連続テレビ小説『まれ』で主人公を演じ人気に。 今年は、 映画『PとJK』ほか、
6月30日に『兄に愛されすぎて困ってます』、 9月に『トリガール!』、 冬には『8年越しの花嫁』が公開予定。

◆玉城ティナ(たましろ・てぃな)
沖縄県出身。 2012年よりViVi専属モデルとなり、 16歳の時に史上最年少でソロ表紙デビューを飾る。 女優としても活躍中で、
映画『PとJK』ほか、 『サクラダリセット』『暗黒女子』が公開予定。

【ViVi 4月号情報】

・定価:670円(税込)
・発売日:2017年2月23日(木)※首都圏基準
・発行元:株式会社講談社

Photo: (C)蓮井元彦

◎情報提供:株式会社講談社

原菜乃華 主演!映画『はらはらなのか。』予告編映像公開!

映画『はらはらなのか。』

映画『はらはらなのか。』(4月1日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開)の予告編映像が公開された。

本作は、『いいにおいのする映画』で注目を浴びた新鋭監督・酒井麻衣監督の最新映画で、亡き母に憧れて女優の世界に飛び込んだ冴えない子役女優・原ナノカが苦悩しながらも成長していく姿が描かれる。主演を務めるのは、女子小学生向けファッション雑誌「キラピチ」の専属モデルやテレビ番組「おはスタ」の「おはガール」などで活躍している13歳の原菜乃華(はら なのか)。本作が記念すべき映画初主演作品で、本人役での登場だ。

原菜乃華

公開された予告編映像から、原菜乃華が1人2役を演じていることも明らかになった。

▼予告編映像は、こちらにて視聴可能♪

原菜乃華が主演を務め、亡くなったナノカの母・マリカ役を松本まりか、父・直人役を川瀬陽太、喫茶店の店主・リナ役を松井玲奈が演じる。

【映画『はらはらなのか。』概要】

映画『はらはらなのか。』

<CAST(キャスト)>
原 菜乃華 / 吉田凜音 粟島瑞丸 チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン micci the mistake 上野優華 広瀬斗史輝 水橋研二 松本まりか 川瀬陽太 / 松井玲奈

・監督・脚本:酒井麻衣

・音楽・主題歌:チャラン・ポ・ランタン「憧れになりたくて」(avex trax)
・原案・脚本協力:粟島瑞丸『まっ透明なAsoべんきょ~』
・企画:直井卓俊
・プロデューサー:和田有啓、戸山剛
・制作:マウンテンゲートプロダクショ ン
・撮影:伊集守忠/照明:小川大介/美術:鈴木千佳子/録音・効果・MA:吉方淳二/助監督:今井美奈子/衣装:藪野麻矢 /衣装協力:海口奈緒、まつながあき/ヘアメイク:菅原美和子/VFX:野島達司/制作担当:最上勝司/ミージカル振付:大 和/配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS/製作幹事:DLE
・製作:「はらはらなのか。」製作委員会
2017年/日本/カラー/ヨーロピアン・ヴィスタ/5.1ch/100分

★3.7(火)16:20/18:40【東京】新宿武蔵野館にて舞台挨拶付き先行公開!
★4.1(土)〜【東京】新宿武蔵野館【愛知】センチュリーシネマ【北海道】ディノスシネマズ札幌劇場【福岡】ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13【大阪】シネ・リーブル梅田ほか全国順次ロードショー!
★ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2017 公式出品作品(3.4/土 18:30-上映!)

▼Official Website
http://haraharananoka.com/
▼Twitter
https://twitter.com/haraharananoka

© 2017「はらはらなのか。」製作委員会

SHANTI、映画『サバイバルファミリー』トークショーで、主題歌をミッキー吉野と生披露!

葵わかな SHANTI 映画『サバイバルファミリー』

1月29日(日)、公開を2月11日(土)に控えた映画サバイバルファミリー』のトークショーイベントが開催され、主人一家の娘役である鈴木結衣を演じる女優・葵わかな矢口史靖監督が、撮影秘話を披露した。そして、映画の主題歌「Hard
Times Come Again No More」を担当したSHANTI(シャンティ)が、ミッキー吉野の生演奏でフルバージョンをお披露目した。

SHANTI

【葵わかな「心も体もハードに追い込まれた作品」】

「ある日突然電気がなくなる」という特異な設定を「CGや合成を使わず表現したかった」と語る矢口史靖監督。撮影は、文字通り役者の体を張ったお芝居に大きく委ねられた。<高速道路を自転車で走る>のも<食料の豚を追いかけて捕まえる>のも<筏で川を渡る>のも。矢口監督は、脚本に書いてあることはすべてそのまま出演者にやってもらった。葵わかなは、「本物の豚なんて見たこともどんな行動をするのかわからずヒヤヒヤした。噛まれるかもしれないなんて誰かが言い出してほんとに恐ろしかった。」とロケの思い出を語った。しかし、「冷たい川に入るのは、入るしかない!・・と腹をくくって川に飛び込んだ。」と役者魂をのぞかせた。「今、思えば楽しい現場でした」という葵に矢口監督が「じゃあ撮影中は、ボクを恨んでたってことですか?」と監督もタジタジだった。

葵わかな SHANTI 映画『サバイバルファミリー』

【SHANTI「監督と一緒に作り上げた曲」】

主題歌「Hard Times Come Again No More」フルコーラスを生演奏でお披露目したSHANTI。「アレンジのミッキー吉野さんと練習をしているところに監督がやってきて直接、話しながら作ることができた。みんなで作り上げていったという実感がすごくある」と矢口監督の音楽にかける心意気に感謝した。また編曲・プロデュースを担当したミッキー吉野は、矢口作品では、「スウィングガールズ」や「ハッピーフライト」でも音楽を担当している。「矢口監督との仕事は、いつもスリリングで新しい発見がある」と監督を賛えた。

SHANTI

【矢口組ゆかりのキャストが応援に駆けつける】

「ウォーターボーイズ」伊丹弥生役の秋定里穂が、応援に駆けつけ矢口監督と15年ぶりの再開を果たした。「ねぼけた矢口さんが詳細な絵コンテを『見せてくれた』ことをよく覚えている」と当時を振り返った。また、「ロボジー」に出演した川島潤哉も応援に駆けつけた。川島は、「サバイバルファミリー」に“水泥棒”役で出演している。

映画「サバイバルファミリー」

【映画「サバイバルファミリー」関連商品・イベント】

■主題歌「Hard Times Come Again No More」収録アルバム
『SHANTI sings BALLADS』(日本コロムビア)/発売中!

COCB-60120
発売:2016年12月21日(水)
価格:3,000+tax

<収録内容>
1: Home At Last [Traditional / SHANTI](新録)
2: Lullabye (Goodnight My Angel) [Billy Joel] from “SHANTI’S LULLABY”
3: Your Song [Elton John / Bernie Taupin] from “Jazz en Rose”
4: Fields Of Gold [Sting / Gordon M.Summer] from “SHANTI’S LULLABY”
5: Estrada Branca [Vinicius de Moraes & Gene Lees / Antonio Carlos Jobim] from “Lotus Flower”
6: Time After Time [Robert Hyman / Cyndi Lauper] from “Kiss the Sun”
7: Ev’ry Time We Say Goodbye [Cole Porter] from “Romance with Me”
8: Over The Rainbow [E.Y. Harburg / Harold Arlen](新録)
9: Across The Universe [John Lennon / Paul McCartney] from “SHANTI’S LULLABY”
10: Fly Me To The Moon [Bart Howard] from “Born to Sing”
11: Overjoyed [Stevie Wonder] from “Lotus Flower”
12: Hard Times Come Again No More [Stephen Foster] (新録)

SHANTI
SHANTI

■原作小説「サバイバルファミリー」(集英社)/発売中


■映画公式ガイド「サバイバルファミリーの歩き方」(誠文堂新光社)/発売中


■電子書籍「サバイバルファミリー 完全絵コンテ集」(誠文堂新光社)/2月上旬発売
■文庫版 小説「ロボジー」(集英社)/発売中
■超短編映画集「ONE PIECE」DVD BOX(ポニーキャニオン)/2/15発売

<「サバイバルファミリー」絵コンテ展 開催中>
フジテレビ7F・フジテレビショップ「フジさん」特設会場にて2月下旬まで

映画『サバイバルファミリー』

映画『サバイバルファミリー』

2017年2月11日(土)全国ロードショウ!

矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。

▼予告編映像

<CAST>
小日向文世 (鈴木義之 役)
深津絵里 (鈴木光恵 役)
泉澤祐希 (鈴木賢司 役)
葵わかな (鈴木結衣 役)
菅原大吉
徳井優
桂雀々
森下能幸
田中要次
有福正志
左時枝
ミッキー・カーチス
時任三郎 (斎藤敏夫 役)
藤原紀香 (斎藤静子 役)
大野拓朗 (斎藤涼介 役)
志尊淳 (斎藤翔平 役)
渡辺えり (古田富子 役)
宅麻伸 (高橋亮三 役)
柄本明 (佐々木重臣 役)
大地康雄 (田中善一 役)

▼映画『サバイバルファミリー』Official Website
http://www.survivalfamily.jp/
▼SHANTI 日本コロムビアWebsite
http://columbia.jp/shanti/

◎情報提供:日本コロムビア

大政絢主演映画『コスメティックウォーズ』トレーラー映像&特設サイト)公開!

大政絢主演映画『コスメティックウォーズ』

女優・大政絢(おおまさ あや)が主演を務め、株式会社アルビオンが撮影の舞台となった映画『コスメティックウォーズ』のトレーラー映像(90秒)及び特設サイトが2017年1月23日(月)に公開された。

▼予告編映像は、こちらにて視聴可能♪

大政絢が演じるヒロインは、株式会社アルビオンのロングセラー商品でもある「薬用スキンコンディショナー
エッセンシャル」の機密情報を盗むため、社員として潜入する産業スパイ・三沢茜役。正体を隠し任務を実行するが、日々の業務で関わる人たちの商品やお客様に対する熱い想いに触れていく中で、次第に自分自身がやっていることに疑問を感じていくという物語となっている。

本作品では、化粧品メーカーとしてアルビオンが実名で登場。主人公が美容部員教育を受けるシーンやオフィス、店舗での撮影には美容部員等が起用され、化粧品会社をよりリアルに描いたヒューマンビューティ映画だ。共演は、奥菜恵、渡部豪太、井上正大ほか、大政絢とぶつかり合う重要な役柄を高岡早紀が演じている。

特設サイトで公開されたトレーラーでは、ほぼすっぴんで挑んだ各出演者の、素顔に迫った表情が印象的となっている。綺麗になりたい女性であれば誰もが憧れ、華やかそうに見える化粧品業界だが、その裏側で繰り広げられる泥臭い女の戦いを、テンポ良く紹介している。荒波にもまれながら、身も心も美しくなっていく働く女性の成長過程を描き、女性たちのリアルな世界観が映し出されている。

【映画『コスメティックウォーズ』概要】

大政絢主演映画『コスメティックウォーズ』
2017年3月11日(土)、丸の内TOEI2ほか全国ロードショー!!

出演:大政絢、奥菜恵、渡部豪太、井上正大、柊子、松本若菜、尚玄、森岡豊、高岡早紀
監督:鈴木浩介 脚本:清水有生 音楽:遠藤浩二 プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
製作・配給:BS-TBS ©2017『コスメティックウォーズ』製作委員会
▼Official Website
http://cosme-wars.com/
▼予告編映像

<STORY>
一人前の経営コンサルタントを目指し産業スパイとなった三沢茜(大政絢)は、上司であり恋人の坂本剛(渡部豪太)の指示で、老舗化粧品会社の新入社員となって潜入する。美容部員として評価を受けた茜は、人事部の峰岸百合恵(奥菜恵)の推薦もあり、本社商品開発部へ異動となった。

そんなある日、坂本から指令が下る。それはモデルチェンジするロングセラー商品の機密情報を盗むことだった。茜は、山崎課長のパソコンに情報があることを確認して盗もうとするが、そこに現れたのが峰岸だった。

ファイルに罠が仕掛けてあることを茜に話す峰岸も坂本の部下で、茜が商品開発部に異動できたのも彼女のおかげだった。茜は、目当ての商品担当を命じられ研究所に出向く。担当の研究員・中野渡千香(高岡早紀)は、茜を冷たくあしらうが、それにもめげずに彼女から情報を得ようとする。

白神の研究所に行くことになった中野渡について行った茜は、山の中で遭難してしまう。見つかった茜を中野渡はビンタしつつも強く抱きしめる。初めて感情を見せた中野渡に茜はひどく動揺した。化粧品を作る社員たちの熱い想いにも触れていく中で、茜は徐々に今自分がやっていることに悩み始める。そして、中野渡の背負った悲しい過去を知り、茜の人生が変わり出す・・・。

<株式会社アルビオン 概要>
・所在地:東京都中央区銀座1-7-10
・創 業:1956(昭和31)年3月2日
・資本金:7億6098万円
・代 表:代表取締役社長 小林 章一
・従業員数:2890名(男490名、女2400名)
▼Official Website
http://www.albion.co.jp

◎情報提供:映画「コスメティックウォーズ」PR事務局

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』ポスタービジュアル解禁!「キャスト版」と「キャット版」両A面!

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』

大のねこ好きの顔を持つ女優・忽那汐里(くつな しおり)がヒロインを演じる、来春公開の映画『ねこあつめの家』のポスタービジュアルが解禁された。公開されたのは、「キャスト版」と「キャット版」からなる両A面の本ビジュアル。本記事冒頭の画像が、「キャスト版」。物憂げな表情の忽那汐里と、ねこを抱きかかえる伊藤淳史のコントラストに、もともとストーリーのないアプリから、どんな物語が紡がれるのか、展開が気になるビジュアルになっている。

そして、下記が「キャット版」のポスタービジュアルだ。

映画『ねこあつめの家』

「キャット版」は、まさに、モフモフなねこまみれ状態で、想いに耽る伊藤淳史を配したネコ好きには、たまらない仕上がり。もちろん、アプリ「ねこあつめ」ファンにも納得のエサとグッズを用意して準備万端に整えている、この庭先なら、きっと、まんぞくさんで、ただただ眺めても癒されるビジュアルとなっている。

本作は、驚異の 1,900 万ダウンロードを記録し、日本のみならず、全世界で注目を浴びるゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化する作品。2017年4月8日(土)より、新宿武蔵野館他全国ロードショーが決定した。

忽那汐里 映画『ねこあつめの家』ヒロイン

キャストからのコメントが到着したので、下記にて紹介。

【田口トモロヲ(浅草役)からのコメント】

蔵方政俊監督とは昔、助監督時代に鬼才神代辰巳監督の遺作となったTVドラマで御一緒しました。監督になられ久々に再会した蔵方さんの映画に対する真っ直ぐで真摯な目線は当時と変わらず、安心して撮影に臨むことが出来ました。そして…、小さな愛おしい映画が完成しました。常々、猫達の自由な気儘さを羨望の眼差しで見ていた僕にとって、癒しの作品になりました。みなさまの心にも届きますように!

【木村多江(洋子役)からのコメント】

どちらかというと犬っぽいと言われる私が猫っぽい人の役。未知の世界に踏み込んだ。ちょっと憧れる猫っぽい人になろうと思ったらちょっと変な人になってしまったかも?!猫の愛しさに目が奪われる映画。お楽しみに。

【大久保佳代子(不動産屋役)からのコメント】

唯一、ハマったスマホゲームが「ねこあつめ」。まさかの実写化にまさかの出演依頼。ただネコを集めるだけの小さい世界を、よくぞ人間ドラマに。しかもちゃんとネコを集めながら。私のお気に入りのキャラの子もヘビロテしていたグッズも実在。なんか、異次元の世界でお芝居しているようで、楽しかったし、やっぱりネコは可愛いかった。

映画『ねこあつめの家』概要

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』

【ストーリー】
若くして新人賞を取り一躍人気作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、暇に任せてエゴサーチして
はさらにドツボに陥る日々。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、佐久本
には苦しかった。そんなある晩、不思議な占い師から予言を受け、佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移住
する。だが、場所は変われど暮らしに変わりなく、生活は下降線をたどる一方。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1
匹の猫がやってくる。しばし見つめあう小説家と猫。ほどなく、ぷいっと猫は行ってしまう。猫にも見捨てられたよ。と落ち込
む佐久本。しかし、どうも猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める…。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

出演:伊藤淳史、忽那汐里
監督:蔵方政俊/製作総指揮:吉田尚剛/企画・脚本:永森裕二/原案:ねこあつめ(Hit-Point)
企画・配給:AMG エンタテインメント
制作プロダクション:MEDIAND
製作:「映画 ねこあつめ」製作委員会

◎情報提供:AMG エンタテインメント