タグ別アーカイブ: 映画

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』ポスタービジュアル解禁!「キャスト版」と「キャット版」両A面!

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』

大のねこ好きの顔を持つ女優・忽那汐里(くつな しおり)がヒロインを演じる、来春公開の映画『ねこあつめの家』のポスタービジュアルが解禁された。公開されたのは、「キャスト版」と「キャット版」からなる両A面の本ビジュアル。本記事冒頭の画像が、「キャスト版」。物憂げな表情の忽那汐里と、ねこを抱きかかえる伊藤淳史のコントラストに、もともとストーリーのないアプリから、どんな物語が紡がれるのか、展開が気になるビジュアルになっている。

そして、下記が「キャット版」のポスタービジュアルだ。

映画『ねこあつめの家』

「キャット版」は、まさに、モフモフなねこまみれ状態で、想いに耽る伊藤淳史を配したネコ好きには、たまらない仕上がり。もちろん、アプリ「ねこあつめ」ファンにも納得のエサとグッズを用意して準備万端に整えている、この庭先なら、きっと、まんぞくさんで、ただただ眺めても癒されるビジュアルとなっている。

本作は、驚異の 1,900 万ダウンロードを記録し、日本のみならず、全世界で注目を浴びるゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化する作品。2017年4月8日(土)より、新宿武蔵野館他全国ロードショーが決定した。

忽那汐里 映画『ねこあつめの家』ヒロイン

キャストからのコメントが到着したので、下記にて紹介。

【田口トモロヲ(浅草役)からのコメント】

蔵方政俊監督とは昔、助監督時代に鬼才神代辰巳監督の遺作となったTVドラマで御一緒しました。監督になられ久々に再会した蔵方さんの映画に対する真っ直ぐで真摯な目線は当時と変わらず、安心して撮影に臨むことが出来ました。そして…、小さな愛おしい映画が完成しました。常々、猫達の自由な気儘さを羨望の眼差しで見ていた僕にとって、癒しの作品になりました。みなさまの心にも届きますように!

【木村多江(洋子役)からのコメント】

どちらかというと犬っぽいと言われる私が猫っぽい人の役。未知の世界に踏み込んだ。ちょっと憧れる猫っぽい人になろうと思ったらちょっと変な人になってしまったかも?!猫の愛しさに目が奪われる映画。お楽しみに。

【大久保佳代子(不動産屋役)からのコメント】

唯一、ハマったスマホゲームが「ねこあつめ」。まさかの実写化にまさかの出演依頼。ただネコを集めるだけの小さい世界を、よくぞ人間ドラマに。しかもちゃんとネコを集めながら。私のお気に入りのキャラの子もヘビロテしていたグッズも実在。なんか、異次元の世界でお芝居しているようで、楽しかったし、やっぱりネコは可愛いかった。

映画『ねこあつめの家』概要

忽那汐里 主演!映画『ねこあつめの家』

【ストーリー】
若くして新人賞を取り一躍人気作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、暇に任せてエゴサーチして
はさらにドツボに陥る日々。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、佐久本
には苦しかった。そんなある晩、不思議な占い師から予言を受け、佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移住
する。だが、場所は変われど暮らしに変わりなく、生活は下降線をたどる一方。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1
匹の猫がやってくる。しばし見つめあう小説家と猫。ほどなく、ぷいっと猫は行ってしまう。猫にも見捨てられたよ。と落ち込
む佐久本。しかし、どうも猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める…。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

出演:伊藤淳史、忽那汐里
監督:蔵方政俊/製作総指揮:吉田尚剛/企画・脚本:永森裕二/原案:ねこあつめ(Hit-Point)
企画・配給:AMG エンタテインメント
制作プロダクション:MEDIAND
製作:「映画 ねこあつめ」製作委員会

◎情報提供:AMG エンタテインメント

映画『メッセージ』オスカーノミネーション前に40受賞に到達!早くもアカデミー賞最有力の声!

映画『メッセージ』
© ABImages

5月に日本で公開予定の映画『メッセージ』(監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 主演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー。ソニー・ピクチャーズが配給。)が、世界各地で行われている映画賞を受賞しており、ついにその受賞数が40に達した。さらにナショナル・ボード・オブ・レビューでも主演女優賞を受賞した主演のAmy Adamsエイミー・アダムス)が先日にはハリウッドの殿堂入りを果たし、『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と共演のジェレミー・レナーらとウォーク・オブ・フェイムの星形プレートを前に喜びを分かち合った。

本作は、英国アカデミー賞では9部門ノミネートを果たし、各ギルド賞でも軒並みノミネートされており、米「ハリウッド・リポーター」誌の最新のオスカー予想でも、作品賞、監督賞、主演女優賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、美術賞、録音賞、音響効果賞、視覚効果賞の10部門で“フロントランナーズ”(第一候補グループ)とされている。第89回アカデミー賞®に向けて勢いは増すばかりで、日本時間の1月24日午後10時18分に発表されるオスカーノミネーションでは、大量ノミネートが期待されている。

▼予告編映像は、こちら♪

【映画『メッセージ』ストーリー】

突如 地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。

言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)はヘプタポッドと呼ばれる知的生命体が人類にとって平和の使者なのか脅威なのかを判断するため、彼らと接触し言葉を理解してほしいと軍から依頼を受ける。物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)とチームを組み、人間のものとは全く異なる、まるで動く絵画のような異質な言語解読に没頭するうちに ルイーズは時間が逆行するような奇妙な錯覚に陥っていく??。そして言語の謎が解けたとき、彼らが地球にやってきた驚くべき真相と、人類に向けた美しくもせつないラストメッセージが明らかになっていく。

全ての人の胸を打つ感動のSF作を手掛けたのは『複製された男』『プリズナーズ』で高い評価を受け、あの『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』の監督に大抜擢されたドゥニ・ヴィルヌーヴ。名だたるSF文学賞を数多く受賞した米作家テッド・チャンの短編『あなたの人生の物語』を原作に、エイミー・アダムスやジェレミー・レナー、そしてフォレスト・ウィテカーというアカデミー賞キャストで映画化。

映画 メッセージ

<CAST>
エイミー・アダムス(『アメリカン・ハッスル』『バットマンvs スーパーマンジャスティスの誕生』)

ジェレミー・レナー(『ハート・ロッカー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』)

フォレスト・ウィテカー(『ラストキング・オブ・スコットランド』『大統領の執事の涙』)

<STAFF>
・監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『プリズナーズ』『複製された男』『ボーダーライン』『ブレードランナー2049』)
・脚本:エリック・ハイセラー(『ライト/オフ』)
・原作:テッド・チャン(「あなたの人生の物語」ハヤカワ文庫刊)

全米の各映画賞で 40の受賞、22のノミネート

『メッセージ』受賞一覧 (1月20日現在)

★受賞

ナショナル・ボード・オブ・レビュー
主演女優賞(エイミー・アダムス)/作品トップ10

アメリカ映画協会賞
作品トップ10

ブロードキャスト映画批評家協会賞
脚色賞/SF・ホラー映画賞

オンライン映画批評家協会賞
脚色賞

ゴッサム賞
ゴッサムトリビュート(エイミー・アダムス)

インディワイアー映画批評家協会賞
作品トップ10

キャメリメージ
シルバー・フロッグ賞

ワシントンDC映画批評家協会賞
脚本賞

サンフランシスコ映画批評家協会賞
脚色/編集賞

ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞
作品トップ12

ダラス?フォートワース映画批評家協会賞
作品トップ10

ダブリン映画批評家協会賞
監督賞(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)/女優賞(エイミー・アダムス)/脚本賞

フェニックス・オンライン映画批評家協会賞
SF映画賞

カンザスシティ映画批評家協会賞
作品トップ1/脚色賞

インディアナ映画批評家協会賞
作品トップ10

サウスイースタン映画批評家協会賞
作品トップ10

ネヴァダ映画批評家協会賞
脚色賞

フロリダ映画批評家協会賞
視覚効果賞

オースティン映画批評家協会賞
脚色/作品トップ10

ノーステキサス映画批評家協会賞
作品トップ10

ノースカロライナ映画批評家協会賞
脚色賞

オクラホマ映画批評家協会賞
主演女優賞(エイミー・アダムス/Body of Work(エイミー・アダムス)/ 脚色賞/ 作品トップ10

シアトル映画批評家協会賞
撮影賞/視覚効果賞/作曲賞

セントラルオハイオ映画批評家協会賞
作品トップ10

アイオワ映画批評家協会賞
主演女優賞(エイミー・アダムス)

ハワイ映画批評家協会賞
視覚効果/SF・ホラー映画賞

デンヴァー映画批評家協会賞
SF・ホラー映画賞

・5月 TOHOシネマズ新宿他全国ロードショー
・配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

▼Official Website
http://www.message-movie.jp/

◎情報提供:株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

古畑星夏 映画初主演!『人狼ゲーム ラヴァーズ』 衝撃の予告編&ポスタービジュアル&場面写真 公開!

人狼ゲーム ラヴァーズ 古畑星夏

2017年1月28日(土)に公開される映画「人狼ゲーム」シリーズ最新作『人狼ゲーム ラヴァーズ』の本編映像初公開となるポスタービジュアルと予告編、そして、本作で初主演を務める古畑星夏(ふるはた せいか)の鬼気迫るショットほか場面写真が公開された。(ポスタービジュアルは、本記事冒頭の画像。)

古畑星夏 人狼ゲーム ラヴァーズ

本作は、原作小説&コミカライズがシリーズ累計70万部突破!アプリゲームもスマッシュヒットの「人狼ゲーム」の実写化第五弾で、今回は、参加者全員人狼ゲーム経験者。クセモノたちの知力を尽くした騙しあい、生き残りをかけて争う。

人狼ゲーム ラヴァーズ

古畑星夏 人狼ゲーム ラヴァーズ

桜庭ななみ主演『人狼ゲーム』(2013年)、土屋太鳳主演『人狼ゲーム ビーストサイド』(2014年)、高月彩良主演 『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(2015年)、小島梨里杏主演『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』(2016年)に続く主演を射止めたのは、Seventeen専属モデルで女優としても活躍する古畑星夏。記念すべき映画“初”主演だ。過去に「人狼ゲーム」で勝利した経験を持つ主人公・高野蘭子を演じる。

古畑星夏 人狼ゲーム ラヴァーズ

古畑星夏 人狼ゲーム ラヴァーズ

古畑星夏は、映画『青鬼』『近キョリ恋愛』、ドラマ「時をかける少女」など話題作に続々出演。さらに、2016年12月4日スタートのMBS・TBS系連続ドラマ・2017年公開の映画『咲-Saki-』にてメインキャスト竹井久役、その他、2016年11月25日公開映画『L-エル-』にてリノ役、2017年2月18日公開映画『一週間フレンズ。』にて近藤まゆ役でも出演が決定しており、これからの活躍が期待されている。

▼いよいよ解禁された予告編は、こちらにて視聴可能♪

メガホンを取るのは『人狼ゲーム』シリーズ第3弾、第4弾に続き、dTVオリジナルドラマ「みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブウォーズ~」を監督し、『映画 みんな!エスパーだよ!』(2015年)や『リアル鬼ごっこ』(2015年)、『新宿スワン2』(2017年公開予定)など日本映画界を代表する鬼才・園子温作品の助監督として活躍する、園子温監督の秘蔵っ子とも呼ぶべき綾部真弥監督。

映画『海すずめ』『風のたより』や2017年秋公開の話題作『トリガール!』の出演も控える佐生雪、特撮ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャー」の森高愛、ドラマ「チア☆ドル」主演の溝口恵、特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」、映画『ライチ☆光クラブ』の池田純矢、「ZIP!」(NTV)流行ニュースBOOMERS 担当の平田雄也、お笑いコンビ「まえだまえだ」として活動し、近年は映画『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・裁判』など俳優としても活躍する前田航基、など、それぞれの分野で抜群の存在感を示す若手俳優たちが出演する。今、もっともフレッシュなキャストが集結した極限のデスゲーム・ムービーが開幕する!要チェック♪

佐生雪
佐生雪

森高愛
森高愛

溝口恵
溝口恵

line2

【『人狼ゲーム ラヴァーズ』 公開情報】

人狼ゲーム ラヴァーズ
人狼ゲーム ラヴァーズ

2017年1月28日(土)より新宿武蔵野館ほか公開
出演:古畑星夏、佐生雪、平田雄也、溝口恵、前田航基、森高愛、春川芽生、安藤瑠一、鈴木知尋、中村萌、池田純矢
監督:綾部真弥
脚本:川上亮、綾部真弥
原作:川上亮「人狼ゲーム LOVERS」竹書房刊
企画・配給:AMGエンタテインメント

<STORY>
目覚めると私は「人狼ゲーム」に参加していた。今回の参加者は、全員が人狼ゲームを勝ち上がった経験者らしい。私、高野蘭子も同じ。家族を借金から救うために、もう一度このゲームに勝たないといけない。新しく追加された「キューピッド」と「恋人」のルールで混迷する状況のなか、「人狼」に加えて「恋人」の役職を得た私は、見え隠れするゲーム運営側の気配を感じつつ完全勝利を目指す……!

▼Official Website
http://jinro-game.net
(C)2017「人狼ゲーム ラヴァーズ」製作委員会

◎情報提供:AMGエンタテインメント

前田敦子 主演!短編映画『サポステ』製作決定!前田敦子×河瀬直美監督 初タッグ!

前田敦子 主演 短編映画『サポステ』

「もらとりあむタマ子」主演し、女優として活躍中の前田敦子(まえだ あつこ)が、短編映画サポステ』にて主演を務めることが明らかになった。本作は、厚生労働省は、若年無業者等の支援を行っている地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)の広報活動の一環として製作される映画で、前田敦子が演じる地域若者サポートステーション(サポステ)の新米スタッフの休日を描いたストーリー。監督は、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した、世界的映画監督である河瀬直美監督が務める。主演女優 前田敦子と河瀬直美監督の初タッグに注目が集まる。

短編映画『サポステ』は、2017年2月9日(木)公開予定だ。公開に先駆け、本日12月26日より、本作のビジュアルと「サポステ」について前田敦子が分かりやすく解説する公式ウェブサイト(http://saposute.mhlw.go.jp)が期間限定で公開されている。要チェック♪

【期間限定公開ウェブサイトについて】
前田敦子 主演 短編映画『サポステ』

2016年12月26日(月)より、前田敦子が初めての人にも分かりやすくサポステを紹介する期間限定のホームページが公開された。内容は、前田敦子が「サポステ」とはどんな場所でどのようなメリットがあるのか解説する「あっちゃんのサポステ入門」、「サポステ」について気軽に相談できる「サポステTALK」、短編映画のポスタービジュアル。また、2017年2月9日(木)から短編映画『サポステ』が同ウェブサイトで公開される。今後随時情報が更新されるので、乞うご期待♪

前田敦子 主演 短編映画『サポステ』

【「地域若者サポートステーション」について】
地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)は、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っている施設。サポステは、厚生労働省が委託した若者支援の実績やノウハウがあるNPO法人、株式会社などが実施しており、全国に160箇所設置されている。

◎情報提供:厚生労働省

ねこ大好き!忽那汐里、映画『ねこあつめの家』ヒロインに決定!

忽那汐里 映画『ねこあつめの家』ヒロイン

大のねこ好きの顔を持つ女優・忽那汐里(くつな しおり)が、来春公開の映画『ねこあつめの家』のヒロインを演じることが明らかになった。

本作は、驚異の 1,900 万ダウンロードを記録し、日本のみならず、全世界で注目を浴びるゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化する作品。ねこ好きのねこ好きによるねこ好きのための映画だ。「ねこあつめ」は 2014 年 10 月にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリで、庭先に訪れる猫たちをただただ眺めて楽しむゲームにファンが急増。人気は日本のみならず、世界に飛び火し、あの「CNN」でも特集されるなど世界中で、愛されるアプリとなっている。

忽那汐里が演じるのは、小説家の佐久本(伊藤淳史)を担当する若き編集者ミチル役。『マイ・バック・ページ』「家政婦のミタ」などに出演し、第 85 回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第 66 回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第 37 回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、さらに来年全米公開映画『THE OUTSIDER』でハリウッドデビューが決定した若き実力派にして、大のねこ好きの顔を持つ、忽那汐里のヒロイン抜擢により、さらに注目を集めそうだ。

映画『ねこあつめの家』

ストーリーのないゲームアプリと違い、映画では、小説家の佐久本(伊藤淳史)と、編集者のミチル(忽那汐里)の二人が、どう作品に繋がっていくのか?二人に恋は?そこに猫は?胸キュン必至のまさに猫まみれな作品の誕生。気になる本作は、2017 年 4 月 8 日(土)より、新宿武蔵野館他全国にてロードショーが決定!公開まで、『ねこあつめの家』を猫かわいがしながら猫も杓子も猫にまたたび状態で待とう♪

【忽那汐里 (十和田ミチル役)からのコメント】

こんなにたくさんの猫ちゃんとお仕事するのは初めてですが、現場に動物がいると本当に和やかな
雰囲気になります。この作品の主人公である作家の佐久本の人生の中で、様々な決断や変化ととも
に、猫ちゃんの魅力にたっぷり癒されながら見てもらえたらなと思います。この映画は決して大きなでき
ごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心にそっと寄り添う、そんなお話です。


映画『ねこあつめの家』概要

【ストーリー】
若くして新人賞を取り一躍人気作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。現在は大スランプ中で、暇に任せてエゴサーチして
はさらにドツボに陥る日々。担当編集者のミチル(忽那汐里)は、佐久本を励ますが、若さあふれる熱血アドバイスは、佐久本
には苦しかった。そんなある晩、不思議な占い師から予言を受け、佐久本は、多古町という片田舎の古民家に逃げるように移住
する。だが、場所は変われど暮らしに変わりなく、生活は下降線をたどる一方。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1
匹の猫がやってくる。しばし見つめあう小説家と猫。ほどなく、ぷいっと猫は行ってしまう。猫にも見捨てられたよ。と落ち込
む佐久本。しかし、どうも猫が気になる佐久本は、ペットショップの店主・洋子からアドバイスを受け、不思議な庭作りを始める…。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

出演:伊藤淳史、忽那汐里
監督:蔵方政俊/製作総指揮:吉田尚剛/企画・脚本:永森裕二/原案:ねこあつめ(Hit-Point)
企画・配給:AMG エンタテインメント
制作プロダクション:MEDIAND
製作:「映画 ねこあつめ」製作委員会

◎情報提供:AMG エンタテインメント