タグ別アーカイブ: 綾瀬はるか

綾瀬はるか、ハワイの休日を満喫する自然体の姿を披露!写真集『BREATH』4月14日(金)発売!

綾瀬はるか、ハワイの休日

国民的女優の綾瀬はるか(あやせ はるか)の最新写真集『BREATH』が、4月14日(金)に集英社より発売される。「ハワイでの休日」を満喫している自然体の綾瀬はるかを写した写真集だ。

気ままにビーチで遊び、カフェでちょっと一息、そしてボディボードに夢中になる…国民的女優・綾瀬はるかが過ごす“ハワイの休日”。そのすべてが自然体、ありのままにハワイの風物を楽しむ彼女の姿が切り取られている。

綾瀬はるか、ハワイの休日

スナップ写真のような“気軽さ”と被写体の息吹が聴こえてきそうな“近さ”で撮られた数々のショットは、まるで彼女のプライベート旅行を覗き見しているようだ。

綾瀬はるか、ハワイの休日

フォトグラファーは、「旅」をテーマにした写真集に定評のある人気写真家・高橋ヨーコが務めた。

また、写真集本体の152ページには収まりきらなかった、本人のお気に入りカットで構成した全20Pのアザーカットミニ写真集を抽選で300名様にプレゼントする企画も。

【綾瀬はるかからのコメント】

「今回の写真集は、テーマは特に決めていなかったんです。『これをこう撮る、ここで撮る』と決めずに、近しいスタッフの方々と本当に旅行して写真を撮ったような、そういうカットが詰まっています。ハワイでは、『海ってやっぱりいいなあ』と思いました(笑)。子供の頃、夏休みに家族と海に遊びに行ったときのことを重ねたりして、時間があれば海に入っていました。それで、無心になって遊んでいるところをいつの間にか撮られているとか。自然体に近い、、、、、“野生児・綾瀬はるか”に戻れたロケでした」

【綾瀬はるか最新写真集『BREATH』】

・撮影/高橋ヨーコ
・4月14日(金)発売
・定価:本体2、500円+税
・152ページ
・B5判変型・ソフトカバー
※綾瀬はるか特別編集20Pミニ写真集プレゼント応募はがき付き

【綾瀬はるか PROFILE】

綾瀬はるか(あやせ はるか/ AYASE HARUKA)

女優/ホリプロ所属

・生年月日:1985年3月24日
・出身地:広島県広島市
・身長: 165 cm
・血液型: B型

2001年、女優デビュー。以降、映画、TVドラマ、CMなど幅広い分野で活躍。2009年、映画『おっぱいバレー』で第52回ブルーリボン賞 主演女優賞、第33回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を受賞。2013年、NHK大河ドラマ『八重の桜』では主人公・新島八重を演じた。2015年には『海街diary』で第39回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞、第70回毎日映画コンクール 女優主演賞、第37回ヨコハマ映画祭 主演女優賞を受賞した。2017年は主演映画『本能寺ホテル』、NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』が公開された。

◎情報提供:株式会社 集英社



『第3回 カバーガール大賞』発表!大賞は高畑充希!乃木坂・西野七瀬、スパガ・浅川梨奈等が初タイトル!

カバーガール大賞・雑誌表紙

3月4日『雑誌の日』を記念して『第3回 カバーガール大賞』が発表された。『カバーガール大賞』とは、オンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌を中心に約10000誌を調査。表紙を飾った回数が多かった女性を選定し(※1)、第3回カバーガール大賞・各部門賞の受賞者として表彰する。本年からは、雑誌の表紙を飾った1000人以上の女性タレントについて、一部ディープランニングを利用した顔の識別を行い集計している。

3回目となる今回は、2016年(1月~12月31日)に発売された雑誌・電子雑誌のなかから、大賞の他、エンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞と10代~30代の各年代でトップを飾った方々の他に、読者やファン、メディアを“ざわつかせた”表紙とカバーガールの方を讃えて、カバーガール大賞実行委員会が選ぶ【話題賞】が新設された。

『第3回 カバーガール大賞』の各受賞者を下記にて紹介!

【カバーガール大賞】 高畑充希

2016年、最も雑誌の表紙を飾ったのは高畑充希
高畑充希・2016年、最も雑誌の表紙を飾ったの

大賞および20代部門を制したのは、昨年NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で大ブレイクをした高畑充希だった。2014年・2015年と大賞に輝いた石原さとみや、昨年2位の有村架純を抑えて大賞受賞だ。

高畑充希は、『週刊少年マガジン』(講談社)から『婦人公論』(中央公論新社)まで、年代に関係なく各ジャンルの雑誌の表紙に幅広く登場。視聴率だけでなく表紙を飾った回数もハイスコアとなり、まさに2016年の“顔”だった。

<各部門別受賞者>

【エンタメ部門】 西野七瀬(乃木坂46)

西野七瀬・乃木坂46・雑誌表紙

総合4位と大躍進。乃木坂46の一番人気は西野七瀬。乃木坂46は、ファイナリストのなかに白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥が登場。混戦模様だったが、総合4位【エンタメ部門】で見事NO.1を勝ち取った西野七瀬がトップとなった。

西野七瀬は、乃木坂46メンバーとして表紙を飾る他に『non-no』(集英社)の専属モデルとしても活躍。コスメ・ファッション誌、エンタメ誌のカバーガールを単体で幅広く務め、初のトップ5入りとなった。

3月22日(水)に発売される乃木坂46 の17thシングル「インフルエンサー」では、白石麻衣とWセンターを務める。また、映画化された『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の漫画「あさひなぐ」では、ヒロインの東島旭を演じることが決定しており、2017年も歌に演技にと目が離せない存在だ。

グループとしては、乃木坂46がアイドルグループの頂点になったことも目立った。AKB帝国だったカバーガール大賞。その牙城を崩して姉妹グループの乃木坂46が大躍進し、トップ10には白石麻衣と西野七瀬がランクイン。さらに、同じく姉妹グループの欅坂46の平手友梨奈も7位に登場と、AKB姉妹グループの活躍が目立った1年となった。

【コミック部門】 浅川梨奈(SUPER☆GIRLS)

浅川梨奈・SUPER☆GIRLS

新星現る!SUPER☆GIRLSの浅川梨奈。『第3回のカバーガール大賞』、一番のサプライズがSUPER☆GIRLSの浅川梨奈だった。【コミック部門賞】はAKB系姉妹グループの誰かで決まり?というのが実行委員会の下馬評だったが、並み居る強豪を抑えて見事受賞となった。

浅川梨奈は、2015年8月24日発売の『週刊ヤングマガジン』(講談社)で、ヤンマガ史上初、初登場で表紙と巻頭&巻末グラビアを飾ったことが話題になり、その“1000年に一度の童顔巨乳”が可愛すぎる!と評判に。 2016年のコミック誌には“なぁぽん”旋風が吹き荒れた。

【ファッション部門】 石原さとみ

石原さとみさん人気は健在
石原さとみ・雑誌表紙

V3は達成ならなかったものの石原さとみ人気は健在だった。総合では3位、【ファッション部門】で堂々の入賞だ。雑誌『美的』(小学館)の読者が選ぶ「美的ベストビューティーウーマン」に2年連続で選ばれるなど、もはやカバーガールとして殿堂入りレベルの存在感だ。

【グラビア部門】 石川恋<・h3>
2016年の最強グラドルは石川恋さん
石川恋

グループ系アイドルが多くの表紙を飾る中、見事、9位に入賞した石川恋。ウィークリー誌や青年コミック誌を中心にカバーガールを務めた。 2016年はドラマ『ラヴソング』(フジテレビ)や、映画『SCOOP!』(東宝)に。現在はドラマ『東京タラレバ娘』(日テレ)にレギュラー出演するなどモデルだけでなく「女優」としても活躍中だ。

【話題賞】 週刊プレイボーイ(43号)/ 二階堂ふみ

週刊プレイボーイ
話題賞は、50周年を迎えた週刊プレイボーイ(集英社)。創刊50周年企画の第2弾『週刊プレイボーイ』43号のぶち抜き36ページで掲載された “二階堂バニー”こと二階堂ふみの企画と、表紙に決定した。

二階堂ふみが自ら用意したバニーガールの衣装で撮影。また世界旅行中の二階堂さんの撮り下ろしショットも掲載されるなど、まるごと一冊二階堂ふみという、大胆かつレアな企画に。

また、続く44号では、『1976年、海の向こうから訪れた衝撃、アグネス・ラム奇跡の未公開写真発掘!』としアグネス・ラムの未公開グラビアが40年ぶりに登場。元祖、グラビアアイドルとして今なお愛されるアグネス・ラムが表紙を飾った。

SNSでは、新宿駅地下通路に登場した約30メートルにおよぶ『週刊プレイボーイ』の記事をピックアップした「駅貼り週プレ展」や、『週刊プレイボーイ』で活躍するアイドル10人の等身大カットが並ぶ「週プレ アイドルステーション」が。また山手線渋谷駅ホームなど都内21ヵ所で“二階堂バニー”のビルボードが展開され、大きな話題となった。

<年代別受賞者>

【10代部門】 広瀬すず

広瀬すず
V2達成!10代では敵無しの広瀬すず。【10代部門】は2年続けて広瀬すずが受賞。20代以上をターゲットとした雑誌が多いなか10代で総合6位と大健闘。『ちはやふる-上の句-』(東宝)で優秀主演女優賞を。『怒り』(東宝)で優秀助演女優賞と日本アカデミー賞でW受賞を果たすなど、着実に女優としてのキャリアを積む広瀬。2017年には、どのような新しい一面をみせてくれるのか楽しみだ。

【20代部門】 高畑充希

【30代部門】 綾瀬はるか

綾瀬はるか
大人女子から少年まで。幅広くカバーする綾瀬はるか。映画にドラマにCMにと大人気の綾瀬はるかだが、カバーガールとしてもさすがの安定感。総合8位で【30代部門】は綾瀬はるかが受賞となった。綾瀬はるかの魅力は、なんといっても『InRed(インレッド)』(宝島社)から『週刊少年マガジン』(講談社)まで、世代を軽く飛び越えてカバーを飾ることができるナチュラル感。その屈託のない笑顔に癒された読者も数多くいたのではないだろうか。

<トップ10>

1位 高畑充希 
2位 有村架純 
3位 石原さとみ 
4位 西野七瀬(乃木坂46)  
5位 桐谷美玲 
6位 広瀬すず 
7位 平手友梨奈(欅坂46) 
8位 綾瀬はるか  
9位 石川恋  
10位 白石麻衣(乃木坂46)  

(※1)複数人で撮影された表紙についても、個人の登場回数に含み集計されている。また、2016年の7月1日~12月31日の間に誕生日を迎えられた方は、年齢を繰り下げて集計。

▼大賞の高畑充希他、各賞受賞者の方々のコメントは、『カバーガール大賞 特設サイト』にて掲載されている。
http://magazinesummit.jp/covergirl/

カバーガール大賞実行委員会
【参加企業・団体】
一般社団法人日本雑誌協会
株式会社富士山マガジンサービス
マガジンサミット(運営企業:株式会社エイゼップ)
103R株式会社(技術協力)

◎情報提供:株式会社エイゼップ

綾瀬はるか、夢見ることをあきらめてしまった全ての女性に贈る!SK-II 新プロモーション動画第3弾「あなたの夢は、何ですか?」公開!

綾瀬はるか SK-II CM

女優・綾瀬はるか(あやせ はるか)が出演する、SK-IIの新動画「あなたの夢は、何ですか?」が、本日2017年1月10日公開された。

SK-IIは、「運命を、変えよう。~#changedestiny~」という、人生を前向きに切り開く女性を応援するキャンペーンを2016年1月より世界展開してきた。同6月からは、夢をテーマとした「SK-II DREAM AGAIN ~もう一度夢を見よう~」キャンペーンへと進化し、同時に公開した動画は世界で総再生回数2500万回を突破。9月には第2弾となる動画も公開し、多くの女性たちに「もう一度夢を見よう」と、呼びかけた。本日公開された動画は、「もう一度夢を見よう」シリーズ第3弾。今年でSK-IIアンバサダー7年目を迎える綾瀬はるかが出演している。

目の前のことにがむしゃらに向き合うことで、夢のカケラが見つかるはず。自分の直感を信じて突き進んでいけば、夢は必ず叶うはず。夢について語る綾瀬はるかの表情に迷いはなく、いつのまにか夢を追いかける気持ちを忘れてしまった女性たちに、力強いメッセージが贈られる。今回の動画を通して、すべての女性たちに「もう一度夢を見よう」という思いが込められている。

子供の頃の夢、「女優」という夢を手繰り寄せたのちの苦悩、そして掴んだ「夢」への確固たる信念を、屈託のない笑顔で語る印象的な姿。身に纏ったオールホワイトの衣装の印象が眩しく、その圧倒的な存在感で目を引く綾瀬はるかの透明感あふれるクリアな素肌にも注目だ。

▼新CMは、こちらにて視聴可能♪

【「あなたの夢は、何ですか?」綾瀬はるか| SK-II Japan内容】
今回の動画は、綾瀬はるかが語る言葉の一つひとつを通して、様々な理由で夢をあきらめてしまった女性たちに「もう一度夢を見よう」と語りかける。

自身の中に迷いがあった時期もあったという綾瀬はるかだが、1年間に渡る大河ドラマの過酷な撮影をやり切った時、演じることを心から楽しんでいる自分に気づいたそう。この時、本当の意味で夢を掴んだと言えるのかもしれない。「直感を信じて突き進んでいけば、その夢は、いつか必ず叶うと思います」と語るその表情はとても晴れやか。目の前のことに必死に、がむしゃらに向き合い続けた先に、夢のカケラは転がっているはず。苦しくても、辛くても、自分の直感を信じて突き進んでいけば、夢は必ず叶うはず。SK-IIは、夢をあきらめてしまった全ての女性に、綾瀬はるかのメッセージを通してその思いを届けたいと強く願い、今回の動画を制作された。

綾瀬はるか SK-II CM

【綾瀬はるか プロフィール】

綾瀬はるか・SK-Ⅱ新CM・あの日の決断が今日の私

2004年TVドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で一躍脚光を浴びる。その後も活躍を続け、2008年「僕の彼女はサイボーグ」、「ハッピーフライト」へ出演、2009年に出演した映画「おっぱいバレー」ではブルーリボン賞最優秀主演女優賞をはじめ、日本アカデミー賞では話題賞「俳優部門」を受賞した。最近では2010年テレビドラマ「ホタルノヒカリ2」、2011年ドラマ「JIN-仁-完結編」に出演。ドラマ「南極大陸」や2012年映画「ホタルノヒカリ」、「あなたへ」、「映画ひみつのアッコちゃん」にも出演。2013年は大河ドラマ「八重の桜」で主演を務める。年末には「第64回NHK紅白歌合戦」の紅組司会を務めた。2014年は、テレビドラマ「きょうは会社休みます。」にて主演を務める。2015年には、「ギャラクシー街道」、「海街diary」に出演。主演を務めた「海街diary」では、カンヌ国際映画祭にも出席し、第37回「ヨコハマ映画祭」主演女優賞、第28回「日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」主演女優賞、第70回「毎日映画コンクール」主演女優賞、第25回「東京スポーツ映画大賞」主演女優賞を受賞した。2016年は、大河ファンタジー「精霊の守り人」、映画「高台家の人々」(6月4日公開)、「いしぶみ」(7月16日公開)、「海賊とよばれた男」(12月10日公開)に出演するなど、活躍を続けており、2017年1月14日より公開する映画「本能寺ホテル」で主演として出演予定。2017年1月21日からはNHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」(土曜21時~)が放送開始する。

綾瀬はるかさんは約7年前よりSK-IIを使用されていて、2010年11月からSK-IIのアンバサダーを務めている。SK-IIのブランドアンバサダーは、SK-IIの製品を実際に愛用いただいている方が起用されている。

【SK-IIとは】

1980年に日本で生まれた高級スキンケア ブランド。現在日本を含む世界13の国と地域へ市場を広げ世界中の人々に愛され続けています。杜氏の手はなぜ美しいのか、という発想から「発酵」に着目して生まれた独自の整肌保湿成分ピテラ?*を全製品に配合。現在も売上げの一位を誇る基幹製品の化粧水「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」から始まり、「透明感あふれる美しい肌づくり」をめざした研究開発により、年齢・肌質を問わず多くの方から愛用されている。現在、製品数は約50種に増え、世界で一番厳しい目を持つ日本市場において、トップクラスの高級スキンケア ブランドへと成長。2017年、SK-IIはブランド誕生37年目を迎えた。
*ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分)

◎情報提供:P&Gプレステージ合同会社 SK-II

綾瀬はるか、溶岩に覆われた乾いた世界で輝く美しい素肌を披露!SK-II 新CM公開!

綾瀬はるか SK-IIアンバサダー CM

女優・綾瀬はるかが出演する高級スキンケアブランド・SK-II新CM「厳しい環境でも揺るがない。綾瀬はるかの美肌| SK-II(SK2/エスケーツー)公式」が、2017年1月10日(金)より、全国でオンエア開始される。今年でSK-IIアンバサダー7年目を迎えた綾瀬はるかが、凛とした美しさを纏った透明感のある肌を披露している。

今回の新CMは「厳しい環境でも揺るがない肌」がテーマ。あたり一面溶岩に覆われた暗く乾いた世界観の中に、凛とした美しさを放つ綾瀬はるかのクリアな素肌が輝く。それは、綾瀬はるか自身が20代から未来を見据え、本格的なスキン ケアをすると決めてお手入れをしてきたからこそ。「理由はきっと、20代の決断。」と語る綾瀬はるかのメッセージが、今回のCMテーマそのものを象徴している。

綾瀬はるか SK-IIアンバサダー CM

撮影地として選ばれたのはハワイ島の火山。美しい肌に風を浴びながら大地を力強く駆け抜ける自信に満ちた表情と、丘の上の美しい光景を前に浮かべた笑顔からは、ここまで辿り着くことができた喜びと、これからもクリアな素肌と共に前に向かって走り続けるという未来への決意が表れている。

過酷な環境でも揺らぐことのない綾瀬はるかの決意の表情、そして、未来への自信の源ともなった“厳しい環境でも揺るがない美しい肌”に注目しながら、観てみよう。

▼新CMは、こちらにて視聴可能♪

【CM概要】
・CM対象商品 : SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス
・CMタイトル : 「厳しい環境でも揺るがない。綾瀬はるかの美肌| SK-II(SK2/エスケーツー)公式」
・CM放送開始 : 2017年1月10日(火)~
・CM放送エリア : 全国

【綾瀬はるか プロフィール】

綾瀬はるか・SK-Ⅱ新CM・あの日の決断が今日の私

2004年TVドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で一躍脚光を浴びる。その後も活躍を続け、2008年「僕の彼女はサイボーグ」、「ハッピーフライト」へ出演、2009年に出演した映画「おっぱいバレー」ではブルーリボン賞最優秀主演女優賞をはじめ、日本アカデミー賞では話題賞「俳優部門」を受賞した。最近では2010年テレビドラマ「ホタルノヒカリ2」、2011年ドラマ「JIN-仁-完結編」に出演。ドラマ「南極大陸」や2012年映画「ホタルノヒカリ」、「あなたへ」、「映画ひみつのアッコちゃん」にも出演。2013年は大河ドラマ「八重の桜」で主演を務める。年末には「第64回NHK紅白歌合戦」の紅組司会を務めた。2014年は、テレビドラマ「きょうは会社休みます。」にて主演を務める。2015年には、「ギャラクシー街道」、「海街diary」に出演。主演を務めた「海街diary」では、カンヌ国際映画祭にも出席し、第37回「ヨコハマ映画祭」主演女優賞、第28回「日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」主演女優賞、第70回「毎日映画コンクール」主演女優賞、第25回「東京スポーツ映画大賞」主演女優賞を受賞した。2016年は、大河ファンタジー「精霊の守り人」、映画「高台家の人々」(6月4日公開)、「いしぶみ」(7月16日公開)、「海賊とよばれた男」(12月10日公開)に出演するなど、活躍を続けており、2017年1月14日より公開する映画「本能寺ホテル」で主演として出演予定。2017年1月21日からはNHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」(土曜21時~)が放送開始する。

綾瀬はるかは約7年前よりSK-IIを使用しており、2010年11月からSK-IIのアンバサダーを務めている。(SK-IIのブランドアンバサダーは、SK-IIの製品を実際に愛用している方が起用されている。)

【CM撮影秘話】

綾瀬はるか SK-IIアンバサダー CM

ごつごつした足場を走るシーンでは、思わず靴が脱げるハプニングも!
全編がハワイ島の火山で撮影された今回のCM。溶岩が広がる台地は非常に足場が悪い環境だったが、走るラインを確認すると、持ち前の運動能力で難なく走り抜けた。途中で靴が脱げるハプニングもあったが、怪我することもなく、無邪気な笑顔をスタッフに見せてくれた。

カメラに向けた表情にスタッフも思わず「amazing」
スタッフとの打ち合わせの際には常に笑顔を見せている綾瀬はるかも、カメラを向けると力強い表情に一変。SK-IIの化粧水を持ち、美しいポーズでカメラに目線を配る姿に、外国人スタッフも思わず「amazing」「beautiful」など、感嘆の言葉が漏れていた。

過酷な環境での撮影後は、いつも以上の保湿ケア
日差しを遮るもののない中行われた撮影中、お肌のコンディションに気をつける綾瀬はるか。「日差しが強かったり、非常に乾燥している土地での撮影などの後は、保湿を重視したケアをすることで、肌が荒れるのを防いでいます」と、普段のスキンケアのコツも語ってくれた。

【SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス 商品情報】

商品名:SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス
価格:75mL ¥8,500(税抜)

160mL ¥17,000(税抜)

230mL ¥22,000(税抜)

透明感あふれるクリアな素肌へ導くエッセンス。特別な酵母の、独自の発酵から生まれたSK-II独自のスキンケア成分・ピテラ™*でほとんどができている稀少なエッセンス。肌本来の働きを整えるとともに、しっとりとした潤いをたっぷりと補充。一人一人の肌悩みに応え、乾燥をケアし、ツヤ・ハリを与え、肌を明るくキメを整える。
*ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分)

SK-IIのブランドメッセージ「運命を、変えよう。~♯changedestiny~」
多くの女性は、「運命は変えられない」「自分はこういう運命なんだ」「人生なんてそう簡単に変えることはできない」と思っているもの。しかし、SK-IIは誕生して37年の間で、女性たちが肌を変え、自信を持ち、人生を変えてきた姿を見てきた。だからこそ、決められた運命はない、運命は変えることができると信じ、多くの女性たちが勇気を持って、運命を変えていくことを応援、サポートしていく。

SK-IIとは
1980年に日本で生まれた高級スキン ケア ブランド。現在日本を含む世界13の国と地域へ市場を広げ世界中の人々に愛され続けている。杜氏の手はなぜ美しいのか、という発想から「発酵」に着目して生まれた独自の整肌保湿成分ピテラ™*を全製品に配合。現在も売上げの一位を誇る基幹製品の化粧水「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」から始まり、「透明感あふれる美しい肌づくり」をめざした研究開発により、年齢・肌質を問わず多くのお客様からの信頼によって支えられている。現在、製品数は約50種に増え、世界で一番厳しい目を持つ日本市場において、トップクラスの高級スキン ケア ブランドへと成長。2017年、SK-IIはブランド誕生37年目を迎えた。

【CM制作スタッフリスト】

Adveriser : プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
Agency : ビーコンコミュニケーションズ株式会社
Production Campany : C3Film
Producer : 加藤久哉
Producer : 山梨広暁
Director : 未公表
DoP : 上野千蔵
Assistant Director : 木村昌嗣
Cordinator (Hawaii) : Mike Maekawa(Production Partners, Inc.)
Colorist : Ben Conkey (Cutters)
Offline Editor : 松本千秋/菊地佳紀(Digital Garden Inc.)/正見聡(Digital Garden Inc.)
Online Editor : 志村暢之(Digital Garden Inc.)/照井清(Digital Garden Inc.)
Mixer : 石黒広明(Digital Garden Inc.)/石村高明(Digital Garden Inc.)
Music Producer : Sam Billen (Primary Color Music)
Talent : 綾瀬はるか
Stylist : 椎名直子
Hair & Make-Up : 中野明海
Production Manager : 坂本式立
Production Manager : 新井上

◎情報提供:P&Gプレステージ合同会社 SK-II

綾瀬はるかのレディな魅力があふれる「セイコー ルキア」新CM公開!

綾瀬はるか セイコー ルキアCM

女優・綾瀬はるか(あやせ はるか)が出演する、セイコーウオッチ株式会社の女性向けの主力ブランド「セイコー ルキア」の新TV-CM「なりたい私になっていく。」2016秋冬篇が、12月9日(金)よりオンエアされる。今春に引き続きイメージキャラクターに起用された綾瀬はるかが、レディな魅力を表している。

今回のCMは、「なりたい私になっていく。」をテーマに、ルキアとともに、上質で輝く毎日を過ごしてほしいというメッセージが込められている。CM楽曲は、今春に引き続き、女性を中心に幅広い層から人気のaikoの楽曲「信号」だ。

▼新CMは、WEBにて先行公開され、こちらにて視聴可能♪

【CMストーリー】
そっと手を開くと表れるルキア。そのルキアを着けた綾瀬はるかを、光と影で包み込み、”憧れの大人女性”である綾瀬はるかの美しさが最大限に引き出されている。また、様々な角度から映るルキアは、常に正確に時を刻み、ゆったりと流れる上質な時間に彩りを添えている。美しい綾瀬はるかの姿と輝くルキアが印象的なCMに仕上がった。

【CM楽曲】
「信号」 作詞/作曲:AIKO
CMの世界観にあった、大人っぽく女性らしいメロディが特徴。

【CM商品】
セイコー ルキア
今回のCMに登場する新作は、人気の高いシルバーとピンクゴールドのツートンカラーが美しく輝く2モデル。配色としては「王道」といえるカラーリングで、女性の手元を美しく彩る。

また、ステンレススチールに比べて比重が約40%軽く、金属アレルギーやニッケルアレルギーを起こしにくいチタン素材を使用したモデルなので、軽くて肌に優しい着け心地を実感できます。
働く女性に嬉しいデザインと機能が充実した新作モデルだ。

【「癒しの時間」キャンペーンを開催】

セイコー ルキア 「癒しの時間」キャンペーン

セイコー ルキアの商品をお買上げの方に、ソイキャンドルをプレゼントするキャンペーンを実施中!煙が出にくいソイキャンドルが、ルキアのロゴが輝くオリジナルグラスの中で瞬く。クリスマスの気分を盛り上げるため、1年頑張った自分へのご褒美時間のため…様々な癒しの場面で活躍するアイテム。
※なくなり次第終了。

http://www.seiko-watch.co.jp/lukia/cp/

◎情報提供:セイコーウオッチ株式会社