本田翼、初の児童向け物語朗読!WEBムービー『ピータイルねこ』公開!

本田翼、初の児童向け物語朗読・ピータイルねこ

女優・本田翼(ほんだ つばさ)が朗読するWEBムービー『ピータイルねこ』が、2017年4月1日(土)より公開された。本作は、岡田淳 原作の児童書「ピータイルねこ」をアニメ化したもの。本田翼が朗読を担当し、ほのぼのとした世界観のWEBムービーに仕上がった。

本田翼にとって児童書の朗読の仕事は、今回が初。主人公で小学1年生の「みどりちゃん」と「黒ねこ」のニ役を演じ分けている。子供に読み聞かせるような本田翼の柔らかな声にも注目を♪

▼こちらにて観ることができる。

「Pタイル」は現在では一般名詞化しているが、実は1953年に田島ルーフィングが開発した国産初のプラスチックタイルの商品名。田島ルーフィングはPタイルを通じた社会貢献を目指しており、その発端として今回、Pタイルの登場する児童書「ピータイルねこ」のWEBムービーを制作することになった。

【WEBムービーメイキングエピソード】

本田翼、初の児童向け物語朗読・ピータイルねこ

ナレーション撮影で、本田翼は自ら進んで「黒ねこ」の声色を3パターン以上変えて朗読するという、演技へのこだわりを発揮し、茶目っけあふれる「黒ねこ」のナレーションを務めた。児童書の朗読は初挑戦ながら、「黒ねこ」と主人公で小学1年生の「みどりちゃん」の二役を見事に演じた本田翼のナレーションと、かわいらしいアニメーションは必見♪

本田翼、初の児童向け物語朗読・ピータイルねこ

【「ピータイルねこ」とは】
児童文学作家 岡田淳の『ふしぎの時間割』(偕成社刊)に収録されている短編。小学生向け道徳教材として、親世代から子世代まで幅広い世代に親しまれている。

【本田翼 PROFILE】

本田翼

名前: 本田翼
誕生日: 1992年6月27日
出身地: 東京都出身

2010年から雑誌「non-no」のモデルとなる。
2012年4月TBS「A-studio」の4代目アシスタントに抜擢。
最近では、映画「少女」、映画「土竜の唄 香港狂騒曲」、NTV連ドラ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」などに出演し、女優としても注目を集める。
また2017年冬公開予定の映画「鋼の錬金術師」でヒロインとしての出演も決まっており、今後の活躍が期待されている。

【新CM情報】

このWEBムービー公開に合わせ、4月1日(土)から、本田翼出演、スガ シカオ書き下ろし最新作「雨ノチ晴レ」をイメージソングとした新CM『屋上は問いかける』篇および、『床は問いかける』篇が、全国にてオンエア開始された。

本楽曲は、スガ シカオが田島ルーフィングのために書き下ろした最新作。現状リリースは未定。CM内でもこの最新曲を楽しめる。本田翼のクールで大人な表情と併せてCMをチェック♪

▼『屋上は問いかける』篇は、こちらにて視聴可能♪

▼『床は問いかける 』篇は、こちら♪

<新CM概要>
・CMタイトル : 『屋上は問いかける』篇(15秒/30秒)、『床は問いかける 』篇(15秒/30秒)
・放送開始 : 2017年4月1日(土)
・放送地域 : 全国
・CM楽曲情報:雨ノチ晴レ (田島ルーフィングCMイメージソング)

【スガ シカオ PROFILE】
プロフィール: 1997年2月26日、「ヒットチャートをかけぬけろ」でデビュー。1stアルバム『Clover』以降、全てのオリジナルアルバムがオリコン TOP10入りを記録。 2011年、所属事務所からの独立を発表、メジャー/インディーズの枠組みに捉われない独自の活動を行ってきたが、2014年にはシングル「アストライド/LIFE」でメジャーフィールドに完全復帰。2016年よりデビュー20周年イヤーに突入し、周年企画として6年ぶりのオリジナル アルバム『THE LAST』を1月にリリース、6月には自身がボーカルを務めるバンドkōkuaを再始動させ、1stアルバム 『Progress』をリリース。今年2017年5月には集大成イベントとなる「スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~」をさいたまスーパーアリーナで開催することも決定している。

※田島ルーフィングは「スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~」 に協賛している。

◎情報提供:田島ルーフィング株式会社