日別アーカイブ: 2017年1月25日

山口活性学園、ニューアルバム『NOTE3 』収録曲『ISHINE』をAWAで独占先行配信!

山口活性学園

2017年1月25日(水)、山口を拠点に活動する7人組のアイドルグループ「山口活性学園」の3作目となるニューアルバム『NOTE3 』の収録曲『ISHINE』が、音楽配信サービス「AWA」にて独占先行配信開始された。

2017年1月31日(火)にリリースされる同グループ3枚目のニューアルバム『NOTE3』の収録曲『ISHINE』は、彼女達の活動拠点山口県が力を入れている明治維新150周年キャンペーンに合わせ、幕末を強く生き抜いた維新志士たちをイメージして作られた和ROCKなナンバーだ。

「AWA」は、2016年11月7日(月)に、「オフライン再生」を除くすべての機能が月額無料で利用できる新「Freeプラン」の提供を開始。楽曲のショートバージョンをクロスフェードで再生できる新機能「ハイライト再生」も追加している。

【山口活性学園 3rd Album『NOTE 3』概要】


2017.01.31.RELEASE!
オリコンデイリーチャート第3位『PARADOX』や、オリコンデイリーチャート第2位『ONE』などのシングル曲はもちろん、5周年ライブ「REVENGER」で初披露され、話題となっている「ISHINE」等を含む山活らしさ全開の極上チューン全14曲を収録。

【収録曲】
01.Yamakatsu FIRE
02.CANDY
03.Sailing
04.ISHINE
05.対番兵器
06.シャクネツ
07.SOUL SCREAM
08.欠片
09.PARADOX
10.ファイヤーガール
11.It’s OK
12.ONE
13.ソラノシタ
14.mama

【山口活性学園 Profile】

山口活性学園

山口県を拠点に活動している女性アイドルグループ。運営はYKG 実行委員会。

<メンバー>
Yuly(ユリー)
・生年月日:1991年5月30日
・赤色

常岡 もい(つねおか もい)
・生年月日:1992年11月12日
・緑色

森脇 ゆい(もりわき ゆい)
・1995年4月24日
・ピンク色

岡村 百華(おかむら ももか)
・1997年10月24日
・オレンジ色

山塚 はるの(やまつか はるの)
・1998年4月8日
・紫色

藤井 澪奈(ふじい れな)
・2000年9月28日
・黄色

上田 咲花(うえだ はるか)
・1995年9月4日
・青色

◎情報提供:AWA株式会社

大政絢主演映画『コスメティックウォーズ』トレーラー映像&特設サイト)公開!

大政絢主演映画『コスメティックウォーズ』

女優・大政絢(おおまさ あや)が主演を務め、株式会社アルビオンが撮影の舞台となった映画『コスメティックウォーズ』のトレーラー映像(90秒)及び特設サイトが2017年1月23日(月)に公開された。

▼予告編映像は、こちらにて視聴可能♪

大政絢が演じるヒロインは、株式会社アルビオンのロングセラー商品でもある「薬用スキンコンディショナー
エッセンシャル」の機密情報を盗むため、社員として潜入する産業スパイ・三沢茜役。正体を隠し任務を実行するが、日々の業務で関わる人たちの商品やお客様に対する熱い想いに触れていく中で、次第に自分自身がやっていることに疑問を感じていくという物語となっている。

本作品では、化粧品メーカーとしてアルビオンが実名で登場。主人公が美容部員教育を受けるシーンやオフィス、店舗での撮影には美容部員等が起用され、化粧品会社をよりリアルに描いたヒューマンビューティ映画だ。共演は、奥菜恵、渡部豪太、井上正大ほか、大政絢とぶつかり合う重要な役柄を高岡早紀が演じている。

特設サイトで公開されたトレーラーでは、ほぼすっぴんで挑んだ各出演者の、素顔に迫った表情が印象的となっている。綺麗になりたい女性であれば誰もが憧れ、華やかそうに見える化粧品業界だが、その裏側で繰り広げられる泥臭い女の戦いを、テンポ良く紹介している。荒波にもまれながら、身も心も美しくなっていく働く女性の成長過程を描き、女性たちのリアルな世界観が映し出されている。

【映画『コスメティックウォーズ』概要】

大政絢主演映画『コスメティックウォーズ』
2017年3月11日(土)、丸の内TOEI2ほか全国ロードショー!!

出演:大政絢、奥菜恵、渡部豪太、井上正大、柊子、松本若菜、尚玄、森岡豊、高岡早紀
監督:鈴木浩介 脚本:清水有生 音楽:遠藤浩二 プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
製作・配給:BS-TBS ©2017『コスメティックウォーズ』製作委員会
▼Official Website
http://cosme-wars.com/
▼予告編映像

<STORY>
一人前の経営コンサルタントを目指し産業スパイとなった三沢茜(大政絢)は、上司であり恋人の坂本剛(渡部豪太)の指示で、老舗化粧品会社の新入社員となって潜入する。美容部員として評価を受けた茜は、人事部の峰岸百合恵(奥菜恵)の推薦もあり、本社商品開発部へ異動となった。

そんなある日、坂本から指令が下る。それはモデルチェンジするロングセラー商品の機密情報を盗むことだった。茜は、山崎課長のパソコンに情報があることを確認して盗もうとするが、そこに現れたのが峰岸だった。

ファイルに罠が仕掛けてあることを茜に話す峰岸も坂本の部下で、茜が商品開発部に異動できたのも彼女のおかげだった。茜は、目当ての商品担当を命じられ研究所に出向く。担当の研究員・中野渡千香(高岡早紀)は、茜を冷たくあしらうが、それにもめげずに彼女から情報を得ようとする。

白神の研究所に行くことになった中野渡について行った茜は、山の中で遭難してしまう。見つかった茜を中野渡はビンタしつつも強く抱きしめる。初めて感情を見せた中野渡に茜はひどく動揺した。化粧品を作る社員たちの熱い想いにも触れていく中で、茜は徐々に今自分がやっていることに悩み始める。そして、中野渡の背負った悲しい過去を知り、茜の人生が変わり出す・・・。

<株式会社アルビオン 概要>
・所在地:東京都中央区銀座1-7-10
・創 業:1956(昭和31)年3月2日
・資本金:7億6098万円
・代 表:代表取締役社長 小林 章一
・従業員数:2890名(男490名、女2400名)
▼Official Website
http://www.albion.co.jp

◎情報提供:映画「コスメティックウォーズ」PR事務局

本田なお 主演!日食なつこ書き下ろしの「ローカルミーハーのうた」MV公開!

本田なお ローカルミーハーのうた

「101回目のプロポーズ」「高校教師」などを手掛けた脚本家・野島伸司が講師を務めるポーラスター東京アカデミーの第二期特待生として注目されるタレント・本田なおが主演を務める、福屋不動産販売が2016年11月から展開している「東京ローカルプロモーション」のMV(ミュージックビデオ)が公開された。

ミュージックビデオでは、街に溢れる“ローカルミーハー”に本田なおが次々と触れていく。その過程で、普段はただのパン屋が「放課後は子供の秘密基地」になり、駄菓子屋は「礼儀作法を学ぶ道場」となるなど、遠くから街を見ているだけではわからない隠れた魅力に気づいていく。通勤や通学に便利、家賃、駅近、広さ…、スペックだけで住まい探しをせずに住んでいる人が自慢したくなるような、その街に根付く「物語」を住まい探しの新しい視点として提唱する福屋不動産販売の想いを表現している。

本田なお ローカルミーハーのうた

MV内に登場するエピソードは、SNSキャンペーンを通して募集した「実際に東京の街に実在」するものとなっている。流れている楽曲は、近年大型フェスへの出演など活躍の場を広げるアーティスト・日食なつこによる完全書き下ろし曲だ。

▼東京ローカルプロモーションミュージックビデオ「ローカルミーハーのうた」は、こちらにて視聴可能♪

「ローカルミーハー」とは、全国的に有名なことではなくても、「自分や地元の人なら知っている」というローカルな情報がテレビやメディアなどによって世間に公開されるとうれしくなったり、自慢したくなったりする人。また、そのような街のスポット(店/場所)や人に関する情報のこと。

【本田なお・インタビュー】

本田なお

Q. 本田さん自身の「ローカルミーハー」はありますか?

A. 私の地元に西新商店街という商店街があって、いつも行っていた「むっちゃん万十」というお店があるんですね。そこは地元の人が老若男女問わず訪れていて、そこの店主の方が私の名前は覚えてないんですけど、顔を覚えてくれてるんですよ。久しぶりに行っても、まるで昨日訪れたかのように暖かく迎え入れてくれて。そこが私にとってはローカルミーハーな場所ですね。


本田なお

Q. 今回の動画の見どころを教えてください。

A. 最初に今回の動画のお話をいただいて、脚本や内容を拝見したときに感じたのは、東京なのにすごく懐かしい感じがするというか、地元は九州なんですけど、東京にもこんなところがあるんだなあと思いました。今回のプロモーションのコンセプトもそうだと思うんですけど、こういう街の良さというか人と人のつながりとか、その街だけの愛情を感じられることって見落としがちだと思うんですよね。私も実際に訪れたお店や色んな人に触れあえたことで、懐かしさとかつながりのようなものを感じられて嬉しかったですね。誰が見てもどこか懐かしさを感じる動画なんじゃないかなと思います。

【本田なおプロフィール】

本田なお

・生年月日:1995年2月10日
・出身地:福岡県
・血液型:A型
・趣味:観た映画のイラストを描くこと、カレー屋巡り
・特技:韓国語

主な出演作品は、映画「リングサイド・ストーリー」(2017年春公開)、フジテレビ「スカッとジャパン」「Chef~三ツ星の給食~」、TVCM「リクナビNEXT」「モスバーガー」「象印 極め羽釜」など。
ラジオ日本「本田なおと梛野里佳子のきみのきのまま」
雑誌「Soup」2016年11月号/雑誌「ゼクシィ」2017年2月発売号

◎情報提供:アウル株式会社

エマ・ワトソン主演!実写版「美女と野獣」をフルオーケストラの生演奏付きで鑑賞するプレミアムな公演決定!

エマ・ワトソン主演「美女と野獣」
(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

今なお愛され続けている不朽のディズニー・アニメーション「Beauty and the Beast(美女と野獣)」が、 主演にEmma Watsonエマ・ワトソン)を迎え、 ディズニー渾身の実写映画として新たに生まれ変わる。 スケールやクオリティにおいて世界がディズニーに求めた全てを兼ね備えつつ、 その予想や期待を遥かに超越した、 100年語り継がれる史上空前のエンターテイメントの誕生だ。2017年3月17日より全米公開される。

そして、4月21日(金)に日本公開が予定されているが、 その日本公開記念として、 ディズニー実写映画「美女と野獣」の全編を90名のフルオーケストラ生演奏と合わせて楽しむ公演が、 4月29日(土・祝)30日(日) の二日間で4公演、 東京国際フォーラム・ホールAにて開催される。このシネオケ(R)*注1)公演は、 日本が世界初演の地となり、 また、 劇場公開中の映画作品では世界初。 全世界から注目されている。

指揮はニコラス・バック、 オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団で、 巨大なスクリーンに映し出される映像に合わせてサウンド・トラックを忠実にシンクロ演奏する。 映画の中のエマ・ワトソンとライブのオーケストラの共演を想像してみてほしい。

エマ・ワトソン主演「美女と野獣」
Presentation made under license from Disney Concerts, a division of ABC Inc.
(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

1991年にアメリカで公開されたディズニー『美女と野獣』は、 アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされただけでなく、 同時に3曲が歌曲賞の候補にあがるなど、 音楽の持つ力が高く評価された。 オスカーを受賞したテーマソング「美女と野獣/Beauty and the Beast」を始め、 「朝の風景/Belle」「ひとりぼっちの晩餐会/Be Our Guest」など、 いまも世界中で愛され続けている名曲ぞろい。 26年の時を経て実写化された本作には、 アニメーション版に登場したすべてのミュージカルナンバーが使われているうえ、 3曲の新曲が加わる。ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンが書き下ろした楽曲は、 ストーリーにより深みを与える、 美しくエモーショナルなナンバーばかりだ。

今回の公演『実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ』では、 その音楽をオーケストラがライブで奏でることによって、 観る者の感情を揺さぶり、 マジカルな物語をより生き生きと輝かせる。 音楽が紡ぎ出す珠玉のラブストーリーが、私達に魔法をかけてくれるに違いない。

この特別な機会をぜひ会場で堪能しよう♪

本日、1月25日(水)昼12時より、 最速先行販売開始。

▼お申し込み・公演内容詳細はオフィシャルウェブサイトにて♪
http://disney.jp/bb-concert/

【実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ】

実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ
(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

・日程:
2017年4月29日(土・祝)13時開演・18時開演
4月30日(日)  11時開演・16時開演
・会場:東京国際フォーラム・ホールA(東京・有楽町)
・指揮:ニコラス・バック
・管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
英語上映・日本語字幕あり

▼Official Website
http://disney.jp/bb-concert/

問:キョードー東京 0570-550-799(平日11時~18時 土日祝10時~18時)

ディズニー映画最新作/エマ・ワトソン主演 「美女と野獣」
今なお愛され続けている不朽のディズニー・アニメーション「美女と野獣」が、 主演にエマ・ワトソンを迎え、 ディズニー渾身の実写映画として新たに生まれ変わる。 スケールやクオリティにおいて世界がディズニーに求めた全てを兼ね備えつつ、 その予想や期待を遥かに超越した、 100年語り継がれる史上空前のエンターテイメントの誕生である。

・監督:ビル・コンドン(「シカゴ」)/
・出演:エマ・ワトソン/ダン・スティーヴンス/ルーク・エヴァンス
・原題:Beauty and the Beast
・全米公開:2017年3月17日
・配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

2017年4月21日(金)全国公開!!!

注1)<シネオケ(R)とは>
“大スクリーンでの映画上映 X オーケストラ生演奏による音楽” でお届けする新たなスタイルのコンサートがシネオケ。
映画のセリフや効果音はそのままに、 劇中に流れる音楽をオーケストラが演奏。 映像・音楽の迫力は、 臨場感を増幅させ、 記憶に残る名シーン・登場人物の心理模様までもがより鮮やかに響いてきます。
ヨーロッパやアメリカで人気を博し、 日本でも「ウエスト・サイド物語」「ゴッドファーザー」「E.T.」「インディ・ジョーンズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「タイタニック」「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「アリス・イン・ワンダーランド」「ハリー・ポッター」シリーズ等の珠玉の名作が上演され、 公演を重ねる度に熱烈なファンを築いています。

「シネオケ(R)」は、 株式会社キョードー東京の商標登録です。

◎情報提供:株式会社キョードーメディアス