吉岡里帆、「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR」受賞!

女優・吉岡里帆・木村多江、SONOYA MIZUNO(女優)、コムアイ(アーティスト)、ブルゾンちえみ(芸人)、MIKIKO(演出振付家)、恩田陸(作家)、南谷真鈴(冒険家)「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」授賞式

女優・吉岡里帆(よしおか りほ)が11月24日(金)、東京・丸ビル マルキューブにて開催された「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」の授賞式に出席した。

女優・吉岡里帆・木村多江、SONOYA MIZUNO(女優)、コムアイ(アーティスト)、ブルゾンちえみ(芸人)、MIKIKO(演出振付家)、恩田陸(作家)、南谷真鈴(冒険家)「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」授賞式

「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」は、スタイル・生き方・美において雑誌VOGUE JAPANの読者をインスパイアした“ヴォーグ”な女性たちを選出するアワード。今年で13回目を迎える今年は、女優・吉岡里帆のほか、木村多江(女優)、SONOYA MIZUNO(女優)、コムアイ(アーティスト)、ブルゾンちえみ(芸人)、MIKIKO(演出振付家)、恩田陸(作家)、南谷真鈴(冒険家)が受賞した。また、『VOGUE JAPAN』が国内外のファッションシーンで活躍する新世代女性を応援するために贈る「Rising Star of the Year 」では、YOON(AMBUSH® デザイナー)が選ばれた。

女優・吉岡里帆・木村多江、SONOYA MIZUNO(女優)、コムアイ(アーティスト)、ブルゾンちえみ(芸人)、MIKIKO(演出振付家)、恩田陸(作家)、南谷真鈴(冒険家)「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」授賞式

授賞式では、受賞者それぞれが艶やかなドレスに身を包んでレッドカーペットに登場し、大観衆の歓声と祝福の拍手がわき起こった。

吉岡里帆、「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR」受賞

【吉岡里帆からの受賞コメント】
<div style=”background: #FFF0F5; border: 1px solid #D3D3D3; height:
100%; padding: 10px;”>このような賞をいただけてとても嬉しいです。夢のようで、賞が決まったとき、これまで共
に頑張ってきたマネージャーさんと「涙が出てしまうね」と話しました。仕事を頑張ってき
て、すごく良かったと心から思います。
今日のファッションのポイントは、賞に選んでいただいたと聞いたとき必ず着用したいと
思ったのが白でした。2017年は新しいことへの挑戦が多く、沢山チャンスをいただけた年
だったので、真っ白なキャンパスをイメージして白いドレスを選びました。</div>

【吉岡里帆(女優)PROFILE(プロフィール)】
1993年、京都府生まれ。女優。大きな話題を集めたTVドラマ「カルテット」、初のヒロインを演じた「ごめん、愛してる」や、映画『劇場版岩合光昭の世界ネコ歩き』(声の出演)、ロジャー・パルバース監督の『STAR SAND – 星砂物語- 』など多数の作品に出演した2017年。同年、ORICON上半期・下半期ともにブレイク女優ランキング1位にも輝く。

◎情報提供:「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」PR事務局

 

スポンサーリンク