梨花、モデル人生”初”の「専属モデル」に!10/28発売『オトナミューズ』12月号より就任!

梨花-オトナミューズ専属モデル

梨花が、株式会社宝島社が発行する女性向けファッション雑誌『otona MUSE(オトナミューズ)』の専属モデルを務めることが決定した。明日10月28日(水)発売のotona MUSE(オトナミューズ)12月号より専属モデルを務める。梨花が専属モデルに就任するのは、1993年のモデルデビュー以来、今回が初めてのことだ。

梨花は、20~40代までの幅広い女性から絶大なる支持を集めており、インスタグラムは100万人という圧倒的なフォロワー数を誇っている。
https://instagram.com/rinchan521/

2015年、代官山のMAISON DE REEFURを大幅リニューアルし、夏にはオリジナルブランドLI HUÀを誕生させた。これまで『sweet(スウィート)』『BAILA(バイラ)』など数々のファッション雑誌で表紙を飾ってきたが、自分を偽らず「きちんと、丁寧に生きていきたい」と願い、これからも成長し努力し表現を続けていく場として今後は『オトナミューズ』を主体とした活動をする。『オトナミューズ』12月号本誌では、梨花が思いを語ったインタビューを掲載している。

『オトナミューズ』は、『sweet』のお姉さん版として2014年3月に創刊した、40歳前後の感度が高くおしゃれが大好きな女性に向けたファッション雑誌。「37歳 、輝く季節が始まる!」をコンセプトに、創刊号の表紙にも、梨花が登場し、これまで16回表紙を飾っている。

梨花-オトナミューズモデル

『sweet』『オトナミューズ』の兼任編集長である渡辺佳代子は、『オトナミューズ』での梨花さんの人気、今回の専属モデル就任について、「専属になっていただき、光栄です。sweet時代から長いお付き合いの梨花さんと、これからも大人の女性に向けた、新しい女性像を提案していけたらな、と思っています」とコメント。期待を寄せている。

『オトナミューズ』は創刊からわずか1年半で実売部数、前期比135%と急激に部数を伸ばしており、10月号は17万部を売り上げ完売している。毎号、1冊に1つ付いてくる他では入手できないブランドアイテム付録が大変好評で、その豪華さがたびたび話題となり、新しい読者が増えていることも好調の要因となっている。

『オトナミューズ』の専属モデルに就任した梨花の今後の活動が、ますます楽しみである。

◎情報提供:株式会社 宝島社