日別アーカイブ: 2015年10月6日

資生堂、「SHISEIDO」ブランドを刷新!日本発のグローバルマーケティングカンパニーの実現を目指す!

SHISEIDO新広告ビジュアル-モデル

資生堂が5日、世界88の国と地域で展開する「SHISEIDO」の全面的なブランドイノベーションを2016年1月より推進することを発表した。

資生堂は“日本発のグローバルマーケティングカンパニー”の実現に向け、2014年12月に中長期戦略「VISION 2020」を策定し、ブランド価値の再構築に取り組んでいるが、「SHISEIDO」はその中核を担うブランドと位置付けている。「SHISEIDO」は、誕生時から最先端のテクノロジーとアートを融合させながら利用者の「内なる美」をひきだしてきたが、今回のブランドイノベーションでは「美しさは世界をよりよくする力である」という信念のもと、「共感」をキーワードにお客さまとのコミュニケーションを刷新し、顧客接点のさらなる拡大を目指す。

世界中の利用者との間に「共感」を生み出すため、商品や宣伝ビジュアル、モデル、店頭カウンター、ブランドロゴなどのコミュニケーションを、2016年1月より順次刷新していく。デザイン制作にあたっては、「SHISEIDO」が根底にもつ「コンテンポラリージャパン」の要素をグローバルな視点で表現するため、ニューヨークとパリのデザイン界で活躍し、多くのデザイン賞を受賞するなど、グローバルプレステージ市場での多様なバックグラウンドを持つRuba Abu-Nimahルバ・アブ=ニマ)が、「SHISEIDO」のクリエイティブ・ディレクターとして採用された。

ブランドロゴも新しいストーリーと新しい未来づくりの一環としてリニューアルし、「GINZA」と「TOKYO」を加え、“日本発の世界ブランド”としてのアピール力を高めていく。

SHISEIDO-新ブランドロゴ-GINZA-TOKYO

モデルは、“内なる美しさ”を体現する、エニコ・ミハリックイマーン・ハーンエイジア・チャウの3人が採用された。世界各国の女性から”共感”を生み出すことを狙っての起用だ。多様な美しさを応援する力強いメッセージを表現していく。

Ruba Abu-Nimah(ルバ・アブ=ニマ)=クリエイティブ・ディレクターによると、今までのビジュアルは商品が中心だったが、今後は叙情的な表現も加えていく方針で、3人のモデルには商品が自分達に与えている価値を表現してもらうことを狙ったようだ。モデルビジュアルの撮影は、世界的に活躍するフォトグラファー、Mario Sorrentiマリオ・ソレンティ)が務めた。

SHISEIDO新モデル

SHISEIDO」の店頭カウンターも刷新する。「現代の一期一会」をテーマに、日本の美的感覚を表現すること、そしてソーシャルの時代に生きるお客さまにふさわしい「おもてなし」のスタイルをつくることを狙う。壁をなくして、360度どこからも入店できるようにする。
また、お客さまとの出会いやお客さま同士の待ち合わせの目印ともなる花椿を模したアイコン、様々なニーズやシーンに合わせてブランド体験ができ、居心地よく感じていただけるソーシャルテーブル(カウンセリングテーブル)、商品への好奇心を刺激し、手に取りやすい機能的なテスターを配置。カウンターのデザインは、白色をベースに赤のラインを施した色づかいで、現代的なミニマリズムと豊かさ、温かさを併せ持たせる。

SHISEIDO-ソーシャルカウンター
また、「SHISEIDO」の商品の役割が、利用者によりわかりやすく伝わるよう、「Defend」(守る)、「Regenerate」(再生力を高める)、「Reveal」(美しく見せる)、「Express」(引き出す)という4つのアプローチを新たに定義。肌の美しさを守る(Defend)「アルティミューン」(2014年9月発売)と、肌そのものを美しく見せる(Reveal)新ファンデーション(2016年3月以降、世界で順次発売)からスタートし、今後新たな商品を展開していく。今後の世界展開が楽しみだ。

◎情報提供:株式会社資生堂

柴咲コウ出演!『ソフラン アロマリッチ ダイアナ』のTVCM、10月16日放映開始!

柴咲コウ『ソフラン-アロマリッチ-ダイアナ』TVCMプリンセス篇

女優の柴咲コウが出演するライオン株式会社の衣料用柔軟仕上げ剤『ソフラン アロマリッチ』の新アイテム『ダイアナ』のTVCM「プリンセス篇」が、10月16日(金)より全国で放映開始される。

『ソフラン アロマリッチ』シリーズは、アロマ香料を閉じ込めたアロマカプセルを配合して、動くたびにカプセルが弾けて香りを放出し、生まれたての香りが1日中つづく衣料用柔軟仕上げ剤。2015年10月7日に新発売する新しい香調『ダイアナ』は、華やかで凛とした女性をイメージした「ロイヤルローズアロマ」の香りを特長としている。そこで、本CMでは、柴咲コウが全身バラの花で構成された華やかで気品のあるデザインのドレスを身にまとい、3人の子どもたちとのかわいらしいやりとりで、奥深いバラの香りを表現している。

CM撮影現場では、イングリッシュガーデンで柴咲 コウがまとったバラのドレスは5kgもある重量級の衣装だったが、柴咲は、ドレスの重さを感じさせず、本物のプリンセスのような優雅な表情で奥深いローズの香りを表現。撮影途中、子どもたちが上手に踊れなくて泣き出してしまうアクシデントもあったが、柴咲 コウがやさしくなぐさめて撮影が再開した。3人の子どもたちのダンスを見つめる柴咲 コウの温かい眼差しも、このCMの見所だ。

「プリンセス篇」CMストーリーボード
柴咲コウ『ソフラン-アロマリッチ-ダイアナ』TVCMストーリー

line2

なお、シリーズCM「図書館篇」は、10月7日(水)より全国放映開始される。静寂に包まれた図書館で、柴咲コウが動くたびにアロマカプセルがはじけて香りが生まれている様子を表現。動きの表現だけで香りを感じさせる柴咲コウさんの姿に、一緒に出演している子どもたちだけではなく、見ているスタッフも魅了されたようだ。こちらも要チェック!

柴咲コウ『ソフラン-アロマリッチ-ダイアナ』TVCM図書館篇

「図書館篇」CMストーリーボード
柴咲コウ『ソフラン-アロマリッチ-ダイアナ』TVCMストーリー

line2

【柴咲コウ・プロフィール】

柴咲 コウ(しばさき こう)
1981年8月5日生まれ・B型
1998年女優デビュー。2015年ドラマ「○○妻」で連続ドラマ初主演を果たし、ヒロイン役を務めた月9ドラマ「信長協奏曲」は2016年1月23日に映画が公開、2017年にはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で井伊 直虎として主役を演じる。その一方でアーティスト活動も行い、2015年6月17日に初のカバーアルバム「こううたう」をリリース。2年半ぶりに全国ツアーを行うなど幅広く活躍中。

line2

【スタッフリスト】

・CD: 丸山 裕芳
・CMプランナー: 伊藤 恵太
・AD: 中谷 佳保里
・コピーライター: 前田 ゆう子
・プロデューサー: 村田 秀樹
・プロダクションマネージャー: 重信 弓月/笠原 時生
・演出: 丹羽 慎治
・カメラマン: 石坂 直樹
・美術: 相馬 直樹
・柴咲コウスタイリスト: Takeda Toshio
・柴咲コウヘアメイク: 丹羽 寛和
・音楽: 緑川 徹
・CG: 土井 昭人

◎情報提供:ライオン株式会社

次世代 AKB48 x ソーシャルギフトサービスcotoco(コトコ)タイアップキャンペーン開始!

次世代AKB48-cotocoタイアップキャンペーン

SK planet Japan株式会社が運営するソーシャルギフトサービス「cotoco(コトコ)」にて次世代 AKB48を起用したタイアップキャンペーンがスタートした。

その第一弾は、cotocoを使ってギフトを贈ると次世代 AKB48のデジタルThank Youカードが当たる「次世代 AKB48 Thank Youカードキャンペーン」。AKB48の中でも将来が期待される若手メンバーのcotoco限定“ありがとう”カードは、ファンならずとも手に入れたいはず。

どんなメンバーがエントリーされるのか?この秋は、ギフトを贈って、次世代 AKB48に要注目!

cotocoは、本キャンペーンを皮切りに、次世代 AKB48とさまざまな取り組みをおこなっていく予定。次世代のソーシャルギフトサービスcotocoと次世代のAKB48がタッグを組んだ時、どんな化学反応がおこるのか?今後の展開から目が離せない。
line2

【第一弾「次世代 AKB48 Thank Youカードキャンペーン」概要】

キャンペーン期間中にcotocoで対象ギフトを購入した方の中から抽選で10,000名に、ローソン「ウチカフェプレミアムロールケーキ」のギフトチケットがついたcotoco限定「次世代 AKB48 Thank Youカード」が届く。

・キャンペーンページ:https://cotoco.net/lp/nextakb_cp201509/
line2

【cotocoサービス概要】

・名称:cotoco
・WEBサイト:https://cotoco.net
・サービス開始:2014年8月5日(火)
・提携ブランド:
カフェクレープ、コニカミノルタプラネタリウム“満天”“天空”、
すかいらーく、スターバックス、てもみん、バーガーキング(R)、ファミリーマート、ポールバセット、honto、マリオンクレープ、ル ショコラ ドゥ アッシュ、
レコチョク、ラフィネ、ローソン ※2015年10月6日時点

・決済手段:クレジットカード決済、キャリア決済
・サービス概要:いつものメッセージに、すこしのサプライズを。
“ありがとう”、“おめでとう”、“ごめんね”、“頑張れ”、“元気出して”、“好きだよ”など、特定のシーンに限定せず、友達、恋人、同僚などの親しい人々に。

◎情報提供:SK planet Japan株式会社

AKB48・島崎遥香らが最大級の驚きの表情に!『ワンダ グランドワンダ』新TVCM放映開始!

AKB48入山杏奈-加藤玲奈-島崎遥香-横山由依-ワンダCM

ワンダのCMキャラクターであるAKB48入山杏奈加藤玲奈島崎遥香横山由依が出演する新TVCM『リフレッシュ』編が、本日10月6日(火)より全国で放映開始された。

【CMストーリー】

ワンダ グランドワンダ「リフレッシュ」編 (15秒)
舞台は会社のプロジェクトチームでの会議の一幕。取引先から今日中に企画書を仕上げることを頼まれ、重い雰囲気の会議室。プロジェクトリーダーが気持ちをリフレッシュするためにグランドワンダを飲んだところ、前向きに、「やりましょう!」と、AKB48扮するチームメンバーに呼びかける。その呼びかけの勢いに思わず島崎遥香が「そうですね。。。」とつぶやくも、プロジェクトリーダーの意外な一言に、メンバーたちは驚きの表情に。グランドワンダの商品ディスプレーカットがインサートされ、最後に島崎さんも前向きに「やりましょう。」と呼びかける。

【撮影時エピソード】

(1)表情や体の動きなど、難しい演技をこなす女優AKB48
「ワンダ グランドワンダ」の新CMでは、AKB48の4人は仕事で無理・難題に直面した会社員役を演じている。今回の撮影ではセリフが少ないぶん、表情での演技が求められた。監督から4人への指示も「もっと落ち込んだ感じを出して」、「もっと大げさに驚いた感じに」など、表情や姿勢などの演技についても事細かに入ったが、普段ドラマ等でも活躍するメンバーは、その要望に見事にこたえていた。

(2)難しい“驚きの表情”の演技は、チームワークで乗り切る!
演技のなかでも4人が特に苦労していたのが、上司のセリフに驚くシーン。4人の動きを合わせるのが難しい上、同時に驚いた表情も作らなければならない。最初の何度かは4人のタイミングがバラバラだったが、自然と「私、(振り向くのが)早すぎるよね」(横山由依)、「私、遅すぎるかも」(加藤玲奈)、「これくらいの早さかな?」(入山杏奈)など4人で相談し、アイコンタクトをとるように。ここからぐっとタイミングが合うようになり、数テイクで撮影は終了した。

(3)入山杏奈の会社員姿にメンバー大絶賛!
会社員を演じる4人の今回の衣装はいつもよりもシンプルなトーン。普段からファッション雑誌を読むのが好きという島崎遥香は、「全体的に落ちついた大人っぽい衣装が会社員さんっぽいな、と思いました」とのこと。また、横山由依と加藤玲奈は口々に「あんにん(入山)の会社員姿が似合いすぎてびっくり!すごく仕事ができそう」と入山杏奈の会社員姿を絶賛。その入山は「会社員やるなら、フロントの受付とかやってみたいですね」と言ってた。

line2

【CM概要】

・タイトル: 『リフレッシュ』編(15秒)
・撮影時期: 2015年9月
・出演者: AKB48 入山杏奈、加藤玲奈、島崎遥香、横山由依
・放映開始日: 2015年10月6日(火)
・放送地域: 全国
・CM楽曲: オリジナルソング

グランドワンダ

アサヒ飲料は、本年よりボトル缶商品『ワンダ グランドワンダ 微糖フルボディ』『ワンダ グランドワンダ ブラック』を展開しており、世界最大級の焙煎機メーカーである「PROBAT」(プロバット)社とタイアップした「焙煎を極めた缶コーヒー」として、コーヒー豆本来の美味しさを引き立てた味わいが好評。この度、『ワンダ グランドワンダ 微糖フルボディ』『ワンダ グランドワンダ ブラック』は、好評頂の味わいはそのままに、パッケージをリニューアルして発売。
『ワンダ』は、ターゲットである日本全国のサラリーマンの1日を応援するに相応しい存在としてAKB48をCMキャラクターに起用してきた。「グランドワンダ」リニューアルにあたり、引き続きAKB48をグランドワンダのCMにも起用し、全国のサラリーマンを応援するTVCMを展開中。

◎情報提供:アサヒ飲料株式会社