AKB48「0と1の間」・乃木坂46「今、 話したい誰かがいる」、トリプル・プラチナ作品に認定!

12月10日、一般社団法人日本レコード協会から「2015年11月度ゴールドディスク認定作品」が発表され、AKB48「0と1の間(アルバム)、乃木坂46「今、話したい誰かがいる(シングル)がトリプル・プラチナ作品として認定されたことが明らかになった。

<AKB48「0と1の間」>


AKB48の3枚目のベスト・アルバム。2015年11月18日発売。

2005年12月8日に東京・秋葉原のAKB48劇場で初公演を行ってから、今年で10周年を迎えたAKB48。本アルバムは、AKB48結成10周年を記念してリリースされたもの。2006年2月にリリースされたインディーズ1stシングル「桜の花びらたち」から全シングルを対象とした“オールタイムベスト”だ。

11月18日に発売され、発売初週に62.6万枚を売り上げ、 11月30日付けのオリコン週間アルバムランキングで 初登場1位を獲得。 その後も売上を伸ばし、ゴールドディスク認定となった。


【CM】 0と1の間 / AKB48

<乃木坂46「今、話したい誰かがいる」>


乃木坂46・13作目のシングルとして10月28日にリリースされた。楽曲のセンターポジションを白石麻衣と西野七瀬が務め、乃木坂46“初”のダブルセンター体制となったシングルだ。5形態での販売(DVD付きのType-A・B・C、CDのみの通常盤・アニメ盤)。リリース初週62.7万枚を売り上げ、11月9日付週間シングルランキング1位に初登場。12作連続の1位である。「From AQUA」のCMソングにもなっている。


乃木坂46「今、話したい誰かがいる」

▼ゴールドディスク認定作品・詳細は下記ページにて♪
http://www.riaj.or.jp/f/data/cert/gd.html

◎情報提供:一般社団法人日本レコード協会