オスカー女優・ブリー・ラーソン、『NIWAKA(俄)』を着用してメット・ガラのレッドカーペットに登場!

ブリー・ラーソン NIWAKA(俄)

2016年5月2日(米国現地時間)、ニューヨークで開催された「Met Gala メット・ガラ(正式名称:コスチューム・インスティテュート・ガラ」にて、映画ROOMルーム)』で本年度のゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞の主演女優賞に輝いたBrie Larsonブリー・ラーソン)が、NIWAKA(俄)のジュエリーを身に纏いレッドカーペットに登場した。

“ファッション界のアカデミー賞” と称される「メット・ガラ」は、ファッション業界関係者はもちろん、女優やモデルなど、ジャンルを超えて世界中のセレブリティ達がニューヨークのメトロポリタン美術館に集結するモードの祭典。趣向を凝らした華やかなドレスファッションが繰り広げられることで知られるこのソーシャルイベントは、毎年テーマを持っており、今年のテーマは『Manus x Machina: Fashion in an Age of Technologyテクノロジーの時代におけるファッション)』だった。映画「ルーム」の演技で数々の映画賞を受賞し、注目が集まるブリー・ラーソンは、アカデミー賞授賞式とジャパンプレミアに続き、NIWAKAのジュエリーを着用してレッドカーペットに彩りを添えた。

ブリー・ラーソン NIWAKA(俄)

今回、ブリー・ラーソンは、日本伝統の霞文様をモダンにデザインしたリング「八重霞(やえがすみ)」をレイヤードスタイルで重ね着けしたコーディネートで登場。メタリックなスパンコールが印象的なドレスと組み合わせ、今回のテーマである『テクノロジーの時代におけるファッション』を表現した。

line2

【NIWAKAについて】

NIWAKAは、四季折々の情景や伝統文様など、日本の美意識をジュエリーで表現する京都で誕生したジュエラー。厳選した最高位の素材を使用し、卓越した職人技と美しい造形への挑戦から生み出されるジュエリーは、国内外で幅広く支持されている。現在、京都本店の他、銀座店、南青山店、伊勢丹新宿店をはじめ、全国に16店舗の直営店を展開している。

<NIWAKAのジュエリーの特徴>
ジュエリーを「作品」としてとらえ、その素材、デザイン、仕上げの全てにおいて妥協を許さない姿勢を貫いている。見えない箇所にも徹底した完成度を追求し、着けた人がより美しく見えるように細部に至るまで緻密で繊細なデザインを設計し、完璧な仕上げを施している。NIWAKAのこだわりは、正面からは勿論、側面、裏面に至るまで、360度どの角度から見ても美しい最高品質のジュエリーを生み出している。

【メット・ガラで着用されたジュエリー】

ジュエリー NIWAKA(俄)
【上】
コレクション名:八重霞(YAEGASUMI)
アイテム:リング
マテリアル: 750WG, Diamond

【下】
コレクション名:八重霞(YAEGASUMI)
アイテム:リング
マテリアル: 750WG, Blue Sapphire

ジュエリー NIWAKA(俄)

コレクション名:八重霞(YAEGASUMI)
アイテム:リング
マテリアル: 750WG, Diamond

◎情報提供:株式会社 俄